『ちはやふるー上の句ー』競技かるたに魅了された千早と仲間たちの青春ストーリー!(ネタバレありの感想) | VODの殿堂

映画

『ちはやふる-上の句-』競技かるたに魅了された千早と仲間たちの青春ストーリー!(ネタバレありの感想)

   
 

監督:小泉徳宏
脚本:小泉徳宏
原作:末次由紀
製作:北島直明,巣立恭平
出演者:広瀬すず,野村周平,新田真剣佑,上白石萌音,矢本悠馬,森永悠希,松田美由紀,國村隼他
音楽:横山克
製作会社:ROBOT,2016映画「ちはやふる」製作委員会
公開:2016年3月19日
視聴したVOD:hulu(2019年9月13日時点で視聴可)

あらすじ

小学校時代、千早、太一、新の3人は、かるたを通じて親交を深めていましたが、新の転校などで離ればなれになってしまいます。高校で再会した千早と太一は、競技かるた部を発足し、東京都大会に出場するため猛特訓の日々を送ります。太一が久しぶりに新に連絡をすると…

百人一首が題材のかるた漫画

映画『ちはやふるー上の句ー』は、BE・LOVEという漫画雑誌に2008年から連載された同名の少女漫画が原作です。
作者の末次由紀さんがどういう連載漫画にしようか悩んでいたとき、担当編集者の人に“かるた”を題材にしてはどうか?と提案をされ、かるたの経験があった末次さんは、かるた漫画を描き始めたそうです。

この『ちはやふる』というタイトルは、小倉百人一首の“ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは”から取ったもの。
公開前のインタビューで、末次さんは「『ちはやぶる』とは、荒々しく勢いが強いというさまで、本当の意味を理解した主人公・千早がそれを表現していくお話です」と答えています。

今回メガホンを取ったのは、『タイヨウのうた』や『カノジョは噓を愛しすぎてる』など青春映画を多く手掛けている小泉徳宏監督です。
小泉監督は『ちはやふる』のコミックが3巻ぐらい出た頃から読んでいて、映像化できないかと考えていましたが、映像化権はすでにどこかが持っていることがわかりあきらめていたそうなんです。
それがどういうわけか回りまわって小泉監督のところに話がきて、シナリオを書き始めたんだとか。
小泉監督と『ちはやふる』は、見えない糸でつながっていたんですね。

『ちはやふる』の主人公がひたむきに愛した“競技かるた”

無駄美人(静かにじっとしていれば美人)と噂されている綾瀬千早(広瀬すず)は、幼なじみの真島太一(野村周平)と高校で再会し、2人で競技かるた部を発足します。
すぐに白波かるた会で一緒だった西田優征・通称肉まんくん(矢本悠馬)が入部、人数が足りないため千早は、半ば強引に大江奏・通称かなちゃん(上白石萌音)と駒野勉・通称机くん(森永悠希)も入部させます。

千早に競技かるたの楽しさを教えてくれたのは、もう一人の幼なじみ・綿谷(新田真剣佑)でした。
その新は、小学校卒業と同時に福井のおじいちゃんの家に引っ越ししてしまいます。
千早は、新に会いたいがためにかるたを続けていたのですが、太一もまた千早のことが好きで千早と同じ高校に入学したのです。

千早たちかるた部5人は、友情を深めつつ切磋琢磨しながら東京都大会に出場、千早は新に会うことができるのでしょうか?

公開前の予告映像では

綾瀬千早は小学校時代の親友で卒業と同時に離ればなれになった新に会うために、かるたを続けていればいつか会えると信じてずっとかるたをつづけてきたのです。

高校に入って新しい仲間と出会い、かるたの腕を磨いていく千早をそばで見守る太一。

それぞれの個性がじゃまをしてなかなかチームにはなりきれず、それでも悩みながら前に進んでいく瑞沢高校かるた部…という感じなんですが、このCMを見ただけでもすごく面白そうで観たい!と思ってしまいました。

原作を見ていなくても大丈夫

コミックやアニメを知らない人でも、かるたや百人一首をしたことがなくても、スッと入っていけるというか十分楽しめる映画だと思います。

アニメでは、小学校時代のことが細かく描かれています。
映画ではいきなり高校から始まり、小学校時代は回想でときどき思い出す程度ですが、話の内容もきちんと伝わってきました。
今回あまり出番がなかった新ですが、福井弁を知らない私でもすごく自然な感じで聞きとれました。

かるた部全員の見せ場もちゃんとあってそれぞれいい味があるのですが、特に後半の机くんには感動させられました。ここはアニメよりも感動的だったかも。

あと千早役の広瀬すずさんの着物姿が本当にきれいで、目力もすごくてそれを見ることができただけでも得したな~という気分になります。

最初、野村周平さんが太一役と聞いて「え?」と思ったんですが、見ていくうちに「野村周平さんで正解!」と思うほど似合っているなと感じました。
演技がうまいと、その役にハマっていくものなんでしょうかね。

そしてなんといっても太一の片思いは成就するのかどうか、千早、太一、新の三角関係の行方も非常に気になるところです。

Twitterで、こんな意見を見つけました。

私も同意見です。
机くんの気持ちが、痛いほどわかりました。
その後の、巻き返しがすごかった。尊敬します。

本当に全員の着物姿が、めちゃめちゃかっこよかったです。
でも、たすき掛けをしてなかったからちょっと袖がじゃまそうでした。

ここから先はネタバレになります。問題ない方は読み進めてください。

この映画の中で気になったシーン

呉服屋の娘・奏が、かるた部に入部する条件とは?

強引なまでに、千早からかるた部に入ってくれと勧誘を受けた奏が出した条件…
それが後半まで秘密になっていたんですが、東京都大会の会場でその真相がわかりました。

実家である呉服屋のパンフレットに千早の着物姿を載せることと、大会には全員着物を着て出場することでした。
部員たちが着物を着て大会に臨む姿は本当にすてきでした。かなちゃん、ありがとう!

千早は、試合が終わると?

かるたの試合ですべての力を出しきる千早は、試合が終わると死んだように白目をむいて寝てしまいます。
それを知らない対戦相手は、「し、死んでる!」と驚くのですが、千早を小さいころから知っている白波かるた会の原田先生は「寝てるだけです」と相手にもしないところが笑えます。

机くんは秒単位で動く

初めは人数合わせのために入部した机くんなんですが、驚くべきことが判明しました。
学年2位という成績の机くん(1位は太一)は、秒単位で行動しているんです。
かるた部で発したことばが「あと11秒で帰らないと塾に遅れる」です。
分刻みで動いている総理大臣も、あっぱれでしょうね。

千早の耳はいい感じ

競技かるたをする上でもっとも重要なのが、読手の声(音)を聞き取る聴力です。
“感じがいい”と言われる耳を持っている千早は、音になる少し前に発する呼吸音だけでかるたを取りにいくんです。
これはもう“かるたのクイーン”になるために生まれてきたといっても過言ではないでしょう。

何もかもそろっているのに…

成績は常にトップ、父親と祖父が医者という裕福な家庭に育ち、しかもイケメンの太一。
そんな太一の悩みは、運がないこと…かるたでもここぞというときに実力が発揮できず、運命戦(持ち札が1枚ずつになること)になると、必ず相手側の札が詠まれて負けることが多いようです。
しかし太一は、自分がいつ神様から見放されたのか知っています。

それは小学校のとき新のメガネを隠したり、かるたなんて好きでもないのに千早のそばにいたくてかるた部を作ったり…自分はずるくて嘘つきなんだと原田先生の前で卑下するんです。
何もかもそろっている太一が、人間くさいところ見せたシーン…「それでもいいじゃん、人間だもの」と励ましたくなりました。
そんな太一に、きっとかるたの神様がほほ笑んでくれると信じています。

新が「かるたはやらん」と言った本当の意味は?

新は、病気の祖父の面倒をみていたんですが「すぐ帰るから」と約束していた家族が帰って来ず、かるた大会に行けなくて困っていたら、祖父のほうから「行ってきなさい」と言われ大会に行くんです。
そのあと祖父の容態が悪化して、責任を感じた新は「かるたをやめる」と言ってしまったんです。
小学校のとき、千早に「かるたの名人になる。世界一になるんや」と言っていたのに…
新は、このままかるたをやめてしまうんでしょうか!?

まとめ

競技かるたは文化部ではなく、スポーツ部に匹敵するほどの体力と、札の位置を暗記する頭も必要だということが『ちはやふる』を見てわかりました。
この映画を観て、競技かるたを始めた人がすごく多いというのも納得ですね。
私は競技かるたを始めるほどの体力と頭はありませんが、百人一首にすごく興味を持ちました。

そんなかるた部に、半ば強引に勧誘されて入った机くんとかなちゃんを加えた、かるた部員5人の個性が光っていて最高に面白かったです。
かなちゃんは、もともと和歌が大好きな女の子なので、すんなり入れた感じがします。
後半の机くんの葛藤には、「わかる~、わかるよ」と、共感できる場面が多かったです。

千早たち瑞沢高校かるた部は、全国大会に行けるのか?太一の片思いは?
私は、ぜったい太一派です。(笑)

二部構成になっているので、下の句(後編)につづきます。
どんな展開になるのか、とても楽しみです。

『ちはやふる-上の句-』を見るならhuluがおすすめ!

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP