人気コミック『ママレード・ボーイ』が実写映画化!光希と遊の恋の結末は!?(ネタバレありの感想) | VODの殿堂

映画

人気コミック『ママレード・ボーイ』が実写映画化!光希と遊の恋の結末は!?(ネタバレありの感想)

   
 

監督:廣木隆一
脚本:浅野妙子、廣木隆一
原作:吉住渉『ママレード・ボーイ』
製作:松橋真三、北島直明、里吉優也
出演者:桜井日奈子、吉沢亮、佐藤大樹、優希美青、筒井道隆、谷原章介、檀れい、中山美穂、寺脇康文、他
音楽:世武裕子
製作会社:映画『ママレード・ボーイ』製作委員会
公開:2018年4月27日
視聴したVOD:hulu(2019年9月13日時点で視聴可)

あらすじ

吉住渉原作の大人気コミック、『ママレード・ボーイ』が映画実写化!両親がパートナー交換をしたことでひとつ屋根の下で暮らすことになった、光希と遊の純愛ラブストーリー。

大人気コミックが実写映画化!

少女漫画誌『りぼん』で連載されていた、吉住渉の超人気作品『ママレード・ボーイ』。
大人気となったこの作品は、漫画の枠を越えてテレビアニメ化も果たしました。
そして、長い時を経て2018年、ついに実写映画化!
原作ファンにとっては本当に嬉しいですよね。

豪華キャストが映画を彩る!

この映画の見どころといえば、なんといってもキャスト陣の豪華さではないでしょうか。
主演の光希役に抜擢されたのは、ドラマ『僕の初恋を君に捧ぐ』や映画『ういらぶ。』などの作品で脚光を浴びた桜井日奈子さん。
そして遊役を務めるのは、朝ドラ『なつぞら』、映画では『銀魂』や『キングダム』などのヒット作に出演する、引っぱりだこの人気俳優・吉沢亮さんです。

そして忘れてはいけないのが、二人の両親役。
ここになんと、光希の両親役に筒井道隆さんと檀れいさん、遊の両親役に谷原章介さんと中山美穂さんという、なんとも華やかな顔ぶれがずらりと並びます。
『ママレード・ボーイ』をこれだけの役者さんたちが再現するのかと思うと、ワクワクしますよね!

両親同士がパートナー交換をして再婚!?

原作を全く知らない方でも楽しめるよう、どのようなお話なのかを少しだけご紹介します。

女子高生・小石川光希の両親(小石川仁・留美)が、旅先で出会ったもう一組の夫婦とパートナー交換をすると言い出したところから物語は始まります。
離婚してもう一組の夫婦とパートナー交換をし、再婚するなんて、設定からまずぶっ飛んでますね(笑)。
そのもう一組の夫婦というのが、松浦要士と千弥子。
要士と千弥子の子どもが、光希と同い年の遊というわけなんです。

たった一人、光希だけはこのパートナー交換に大反対。
「ママもパパも大好きだから離れたくない」という光希の言葉を聞き、なんとこの2家族でルームシェアして同じ家に暮らすことになってしまったのです。
パートナー交換を反対していた光希の心情はどう動いていくのか、そしてどんなふうに光希と遊の恋が始まるのか…気になるポイントがたくさんありますね。

そして予告映像では、光希と遊がラブラブで楽しそうにしているシーンが印象的ではありませんでしたか?
胸キュンシーンがどんなふうに盛りこまれているのかも、筆者個人としては注目しているところです(笑)。
他にも、原作の再現度もチェックしておきたいですね。
どこをとっても見どころが満載の作品となりそうです。

素敵な映画だったけど、少し物足りない?

『ママレード・ボーイ』の映画を観た率直な感想を一言で表すと、「よかった!でもなんか物足りない…」です。
よかった部分は、原作を再現されている部分や、光希・遊の両親の豪華さですかね。
筆者も実は『ママレード・ボーイ』世代で、小学生の頃に劇場版アニメを友だちと映画館で観た記憶があります。
遠い昔の話ですが、数十年経って映画を見ても、ストーリーがどんどんよみがえってくるんです!
「あ、このシーンあった!」「そうそう、このあとはこうなって…」
こんなふうに思うところがありました。

そして、光希と遊の両親の豪華さにはやはり興奮いたしました!(笑)
桜井日奈子さんと吉沢亮さんの両親なら、納得ですね(笑)。

ただ、物足りなかったと感じる部分もあったのは事実。
原作とは違う設定になっているところもあったし、あれだけのストーリーを無理やり2
時間に詰め込んでいるような印象も受けました。
あらゆる原作シーンを詰めこみすぎて、肝心な光希の感情の変化が省かれていたように思います。


この方の感想にとても共感してしまいました…。
全体的に、時間の流れや感情の変化がつかみづらかったんですよね。
原作をなんとか頑張って再現しようとしているのは感じられたけど、それが原因で一つ一つのシーンがとても短いように思いました。


こんな感想も見かけました。
原作を知っていると「あれ?」って思うところが多く、楽しめなかったという人も多いみたいです。
原作ファンにとっては、実写版ってやはり期待してしまいますからね…。
原作を知らない人の方が、観おわったあとの満足度は高いかもしれませんね。

ここから先はネタバレになります。問題ない方は読み進めてください。

映画『ママレード・ボーイ』のここに注目してほしい!

ここからは、映画の『ママレード・ボーイ』についてネタバレを加えながらお話していきます。
この作品の見どころについて、筆者なりにまとめてみましたのでご覧ください。

原作をしっかり再現できているところに注目!

感想を述べた前章でも少しお話しましたが、原作の再現度が高いなぁと感じたところに特に注目してほしいです。
一番に思いつくのは、遊の再現度の高さ
吉沢亮さんのヘアスタイル(カラーもばっちり!)はもちろん、ルックスそのものが本当に“遊”でした。
遊についてはまさしく原作通りで、評価も高かったようです。
誰にでも優しく明るいように見えて、実は心の中に闇を抱えている…。
そんな遊を、吉沢亮さんが見事に演じきってくれました。

そしてもう一人、光希の幼なじみ・須王銀太もとても原作のキャラにあっていました!
銀太を演じたのは、EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバー、佐藤大樹さんです。
佐藤大樹さんも遊役の吉沢亮さんと同じく、銀太そのもの!でしたよ。

他にも、光希の親友・秋月茗子(優希美青)は、原作通り学校の先生と恋におちていたところが再現されていたし、光希が遊のことを「遊ってママレードみたい。」と例えるところもばっちり入っていました。
遊の元カノ・鈴木亜梨実(遠藤新菜)も映画に登場します。

あなたもぜひ、原作と同じ部分を映画本編から探し出してみてください!

テニスをしているシーンに注目!

光希や銀太はテニス部に所属、さらに遊も転校前の学校でテニスをしており、なんと県大会で優勝するほどの腕前を持つという設定です。
映画の中でも彼らがテニスをするシーンが映し出されるのですが、とにかく皆さんめちゃくちゃ上手いんです!
撮影前にかなり練習したのではないかと思いますが、本当に大会に出ていてもおかしくないほどのプレイ(素人から観た感想ではありますが…)をこの作品で見ることができますよ。

気になって調べてみましたが、桜井日奈子さんはバスケットボールを、佐藤大樹さんはサッカーをされていたそうです。
吉沢亮さんは剣道で二段の腕前をもつほどで、仮面ライダー作品にも出演していたことから運動神経はバツグン。
もちろん、佐藤大樹さんはEXILEメンバーですからダンスパフォーマンスのプロなわけで、やはり皆さん体を動かすことが得意なんでしょうね^^

迫力もあるしとてもかっこいいので、ぜひ注目してみてください!

吉沢亮さんの目で訴える演技力がすごい!

吉沢亮さんといえば、大きな目が印象的な俳優さんですよね。
そんな彼の“目の演技”に注目してほしいのです。

人物の感情の変化が読みとりづらかった、という話を先にしていますが、吉沢亮さんに限ってはそうでもありませんでした。
吉沢さんはセリフもない短いシーンの中に、目の演技をしっかりと入れこんでいましたよ!

『ママレード・ボーイ』は、ひとつ屋根の下で暮らすことになった光希と遊が少しずつ心を惹かれあっていくというラブストーリーですが、遊の感情が動いたところは吉沢さんの演技でよく伝わってきました
光希への熱い思いが遊の視線から伝わってきて、とてもよかったです。

真っすぐで初々しい恋愛がまぶしい!

まさにこの作品は、王道ともいえる青春ラブストーリー。
(親同士がパートナー交換するという設定はぶっ飛んでますが…)
主役が高校生ということもあって初々しく、キラキラと輝いて見えました!

特に、物語後半で光希と遊のラブラブシーンが満載になるわけですが、純粋な二人のやり取りがとてもいいな~と思いました。
キュンキュンするというよりは、心が温かくなるような印象でしたね。

二人で北九州を旅行するシーンでは、観光名所でお互いに写真や動画を撮りあいます。
そのやり取りがちょっと多すぎるようにも感じましたが(笑)、若さゆえといいますか、なんだか微笑ましかったです。

涙なしでは観られない、感動のラスト

光希と遊は互いに惹かれあい、恋人同士になります。
そんな中、遊は偶然にも両親たちの昔の写真を目撃してしまうのです。
その写真には、若いころの両親たちが、再婚後の今のパートナー同士で仲むつまじく写ってしました。

「旅先で偶然出会って意気投合し、パートナー交換することになった」とはじめに聞かされていた光希と遊。
遊は、父親である要士と血がつながっていないと思っていたため、その写真を見たときに“自分の本当の父親は光希の実父・仁だったんだ”と悟ります。

遊は自分と光希が血縁関係にあることを知り、許される恋ではないとして、無理やりにでも光希と距離をとって離れようとしました。
しかし、光希はそんな遊を追いかけて再びよりを戻し、気持ちを諦めずに貫くことを決意すします。

二人はこの関係を反対される覚悟で両親たちの元へ帰りますが、このときに“全て遊たちの勘違いだった”ことが分かったのです。
遊は要士と血がつながっており、光希と遊は血縁関係ではありませんでした。

真相を確かめるべく、両親に思いをぶつける光希、そして全ての真実を知ったときに流れた遊の大粒の涙。
役者さんたちの迫真の演技に、思わず筆者も涙を流してしまいました。

ラストは涙なしで観られないと思います。
ぜひご自身の目で確かめてみてください!

まとめ

原作を好きな上に、出演している役者さんのことも注目している筆者にとって、期待しかなかったこの作品。
しかし、原作を知っている筆者にとっては、少し物足りなさを感じてしまいました。
恋愛にフォーカスした作品は、気持ちの移り変わりや心の中の複雑なモヤモヤを描いてこそかなぁ、と思います。
そこがなかったのは残念ではありましたが、『ママレード・ボーイ』のちょっと変わった家庭事情や恋愛が実写化されて、それを映画で観ることができたというのはやっぱり嬉しかったです!
ハッピーエンドだったので、観終わったあとは心もスッキリしていましたよ^^
気になっているけどまた観ていない、という方は、ぜひ観てみてくださいね。

映画『ママレード・ボーイ』を見るならhuluがおすすめ!

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP