「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」のあらすじ・ネタバレ・感想~歴代ヒーロー、全員参戦!みんなで宇宙最高のお宝を掴め!~ | VODの殿堂

映画

「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」のあらすじ・ネタバレ・感想~歴代ヒーロー、全員参戦!みんなで宇宙最高のお宝を掴め!~

   
 

タイトル:「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」
公開:2012年
監督:金田治  
キャスト:井上正大、渡部秀、福士蒼汰、吉沢亮、小澤亮太 他
視聴したVOD:hulu(2018年9月10日時点では視聴可)

この作品は、特撮ファンの間ではお馴染みとなった仮面ライダーとスーパー戦隊のコラボ「スーパーヒーロー大戦」、記念すべき一作目です。
たくさんのヒーローが出演した作品となった上に、人気シリーズ「ディケイド」や「フォーゼ」、「ゴーカイジャー」なども出演しているため、かなり話題となったこの作品。
あなたが子どもの頃、夢中になっていたあの人ヒーローも登場します!
かなり豪華ですが、内容は衝撃的かもしれません…。
突然始まってしまった、仮面ライダーとスーパー戦隊の争い。
なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

目次

あらすじ

突如として勃発したヒーロー同士の戦い

2012年4月ー

ゴーカイジャーのキャプテン・マーベラスが変身するゴーカイレッド(小澤亮太)は突然、伝説の7人ライダーたちに攻撃を仕掛ける。
7人全てのライダーを倒したゴーカイレッドは、「全てのライダーは俺が倒す」と宣言。

すると、その場にいた門矢士が変身する仮面ライダーディケイド(井上正大)は、「ならば、全ての戦隊は俺が倒す。」と言い放った。

仮面ライダーフォーゼ

天ノ川学園を襲った新たな敵

如月弦太朗が変身する仮面ライダーフォーゼ(福士蒼汰)、ユウキ(清水富美加)、美羽(坂田梨香子)は、月面でたくさんの流星を発見する。

そしてそのうちの一つがラビットハッチに衝突した!
しかしこれは、流星ではなく何者かによる攻撃だったのだ。

その後、天ノ川学園には大勢のゴーミンやザンギャックが姿を現し、次々と生徒たちを襲い始めた。
弦太朗が生徒たちを守ろうとゴーミンたちに立ち向かう。
そこで爆発に巻き込まれた弦太朗の目の前には、マーベラスの姿が。

「大いなる力をもらいに来た。」と話すマーベラスに、「ダチになりたいのならなってやるぜ!」と弦太朗は答える。
しかしマーベラスは、「友達なら間に合ってる。俺がもらうのは、ライダーの命だ。」と言い、ゴーカイレッドに変身!

ゴーカイレッドとフォーゼの戦い

弦太朗はユウキと賢吾(高橋龍輝)が見守る中、フォーゼに変身し、二人は戦闘を開始する。

ゴーカイレッドはチェンジマンやマジレンジャーなど、レンジャーキーを使用して歴代のあらゆる戦隊に変身。
フォーゼもまた、コズミックスイッチを使ってエレキステイツやファイヤーステイツなどに変身し、攻撃を続けた。

しかし、戦闘はゴーカイレッドが優勢。
さらに大勢のゴーミンとザンギャックも現れ、フォーゼを狙おうとする。

そこへ現れたのは、ゴーカイレッドを除くゴーカイ戦士たち。

彼らはゴーミンを倒し、変身を解いたジョー・ギブケン(山田裕貴)や伊狩鎧(池田純矢)が「なぜライダーを倒す?彼らも悪を倒すヒーローだ。」とゴーカイレッドに問う。

しかしゴーカイレッドは聞く耳を持たない。

マーベラスの手によって、消滅する仮面ライダー

上空を飛ぶ大ザンギャックの艦隊からは、無数のザンギャックが降りてきた。
マーベラスの手下になったというザンギャックたちを倒しにやってきたのは、話を聞きつけた仮面ライダーメテオ(吉沢亮)だ。

メテオはザンギャックに立ち向かうが、突然現れたライダーハンター・シルバの攻撃、さらにマーベラスの一撃も受け、消滅してしまう。

ルカ・ミルフィ(市道真央)は、マーベラスにこれ以上の攻撃をやめるよう説得するが、「仮面ライダーディケイドによって多くのスーパー戦隊を倒された。やめるわけにはいかない。」と話した。

特命戦隊ゴーバスターズ

ゴーバスターズ VS ディケイド

メタロイドではない謎の生命体が出現し、街の人々を襲い始めた。
桜田ヒロム(鈴木勝大)、岩崎リュウジ(馬場良馬)、宇佐見ヨーコ(小宮有紗)の3人は、「人類の敵はどんな相手でもシャットダウンする!」と、ゴーバスターズとして出動。

ライダー界の全ての悪が集結したという大ショッカーの先頭に立つのは、ドクトルG(奥田達士)と名乗る人物だ。
そしてドクトルGは、「こちらが大ショッカーの大首領だ!」と言い、仮面ライダーディケイド・門矢士を呼び出した!

士は、ゴーバスターズを潰すためにディケイドへと変身。

そしてヒロムはレッドバスターへ、リュウジはブルーバスターへ、ヨーコはイエローバスターへ変身し、ディケイドに立ち向かう!
「バスターズ、レディーゴー!」

ディケイドはファイズやカブトといった歴代ライダーに変身する。
様々な技を繰り出すディケイドに、ゴーバスターズの3人は苦戦しているようだ。

ディケイドはなぜスーパー戦隊を襲う?

大ショッカーの怪人たちも参戦し、ディケイド優勢で戦闘する最中、マーベラス以外のゴーカイジャーも戦闘に加わった。

マーベラスが言っていたことの真意を確かめるため訪れたゴーカイブルーたち。
彼らはディケイドがゴーバスターズを襲う様子を見て、マーベラスの言っていることが本当だったと確信する。


「ディケイド!なぜスーパー戦隊を倒すんだ!?」
ゴーカイシルバーがそう尋ねると、ディケイドはこう答える。
「じゃあなぜ戦隊はライダーを倒す?
マーベラスは仮面ライダー1号をはじめ、多くのライダーを倒した。
俺にできることはこれ以上ライダーが潰されないよう、戦隊を倒していくことだ。」

そしてドクトルGはたくさんの怪人を呼び、ゴーカイジャーたちに攻撃させる。
怪人やディケイドの攻撃により、ゴーカイイエロー、ゴーカイピンク(小池唯)、ゴーカイシルバーは消滅。
ゴーカイブルー、ゴーカイグリーン(清水一希)、そしてゴーバスターズの3人はその攻撃から逃れた。

マーベラスが次に狙うのは?


全ての戦隊の悪が集結した大ザンギャックを束ねるマーベラスは、次の戦闘について指示を出していた。
次に狙うライダーは、オーズのようだ。
「全てのライダーを倒すまでは、絶対に気を抜くんじゃねぇぞ!」

仮面ライダーオーズ

狙われたオーズ、バース


火野映司(渡部秀)、泉比奈(高田里穂)の前に姿を現れた大ザンギャックたち。
映司はオーズに変身し、戦いに挑む。

伊達明(岩永洋昭)、後藤慎太郎(君嶋麻耶)もそれぞれバースに変身し、オーズと共に立ち向かった。

ゴーカイレッド VS ディエンド

その様子を影から見ていたマーベラスの元に現れたのは、海東大樹(戸谷公人)だ。
二人は顔を合わせるなり戦闘を始める。

ライダーを滅ぼそうとする動機を大樹が尋ねると、「宇宙最高のお宝のためにライダーを倒す!」とマーベラスは言う。

「じゃあ、そのお宝は僕が頂く。」
大樹はそう言うと仮面ライダーディエンドに変身!

ディエンド対ゴーカイレッドの戦いが始まった。

戦いの最中、ゴーカイレッドは傍で争っていたオーズらの元へ行くと、バースの二人、そしてオーズに攻撃をし消滅させてしまった。

行動を共にすることになった、比奈と大樹

さらに怪人たちは、比奈が持つメダルを狙おうとする。
大樹はそんな比奈をかばい、大ショッカーが集まる要塞の中へと逃げ込んだ。

二人が物陰から様子をうかがっていると、次はゴセイジャーを狙うよう、ドクトルGらに指示する士の姿があった。

大樹が侵入していることに気が付いた士は、「俺と手を組め」と大樹に声をかける。
しかし大樹はそれを断り、比奈を連れて要塞から脱出した。

ヒーロー同士の争い、原因を探る4人

ジョー、ハカセとの出会い

大樹と比奈が脱出した先にいたのは、仲間を失ったばかりのゴーカイ戦士・ジョーとハカセの二人。

比奈と大樹を追ってやってきたショッカー団は、大樹と比奈を見失い、代わりに偶然居合わせたジョーとハカセを狙い始める。
ジョーはゴーカイブルーに、ハカセはゴーカイグリーンに変身し、ショッカーたちに立ち向かった。

その様子を見た比奈は、二人が戦隊だということを知った上で「助けてあげて!」と大樹に言う。
そして比奈は持ち前の怪力ぶりを発揮し、そばにあったドラム缶を怪人に投げつけた。

比奈に触発され、大樹はディエンドに変身して参戦。

大樹が仮面ライダーだと知ったジョーは

しかし大樹がライダーと知ったジョーは、「仲間をライダーに奪われた仇、取らせてもらう」と言い、大樹に襲い掛かってしまう。

ハカセはジョーをなだめ、冷静になった4人はそもそもなぜ戦隊とライダーが戦うことになってしまったのか、原因を探ることに。
「直接話を聞くのが一番なのでは?」と比奈は言うが、マーベラスの行先は分からない。
そこで、士が次に狙うと言っていたゴセイジャーの元を訪れることに。

マーベラスはなぜそんな行動を?

しかし、到着したばかりの4人の目の前で、士が変身するディケイドによってゴセイジャーは消滅してしまった。
その様子を見て怒り狂ったジョーはゴーカイブルーに変身し、ディケイドに襲い掛かる。
しかし怪人らの攻撃を受けたゴーカイブルーは変身が解け、倒れ込んでしまう。
倒れ込むジョーは怪人にさらに追い込まれ、とどめをさされそうになってしまったその時、マーベラスがジョーをかばったのだ。

その様子を見たハカセやジョーはホッとしたような表情を見せるが、「今回だけは助けてやる。ただし二度と邪魔をするな。」とマーベラス。
ジョーは「なぜつぶし合いをするのか」と尋ねるが、「ライダーを滅ぼさない限り、戦隊が滅びちまう。俺が嘘をついたことがあるか?」とマーベラスは答える。

さらにマーベラスは、「アカレンジャーだけが真実を知っている」とジョーに話した。
そしてマーベラスと士は、「ここで蹴りを付けよう」と言い合い、二人はそれぞれ変身する。
大ショッカーや大ザンギャックたちを撤退させ、ジョーたちが見守る中、二人は激しく争い始めた。

楽しむかのように争った2人は、「一番の楽しみは最後にとっておいてやる」と言って争うのをやめた。

争いの理由を知るため、動き出す4人

ジョーはマーベラスのことを信じたいが信じ切れない、そんな葛藤を抱え、大樹に襲い掛かってしまう。

大樹、そして比奈、ハカセもまた、立場が違えど仲間に対する思いは同じだった。

「大切な仲間をこれ以上失いたくない…。」ジョーはそうつぶやく。

「アカレンジャーだけが真実を知っている」と言っていたマーベラスだが、既にアカレンジャーを含むゴレンジャーは、ディケイドによって倒されてしまっていた。
すると大樹は、「ゴレンジャーが活躍した過去に戻れば、話が聞けるさ。」と言うのだ。

デンライナーに乗って、過去へ!

「こいつを盗んでおいて良かったよ。」と、大樹はジャケットからプリンを取り出す。
比奈たちは意味が分からず首をかしげるが、その後すぐ4人の目の前に、時をかける列車・デンライナーが到着したのだ。

「てめぇ見つけたぞコノヤロー!
てめぇか、俺のプリン盗んだのは!?」
デンライナーが到着するなり、大樹を見て怒り出したのはモモタロス(声:関俊彦)だ。

他にもウラタロス(声:遊佐浩二)、キンタロス(声:てらそままさき)、リュウタロス(声:鈴村健一)らも揃い、デンライナーの中は賑やかだ。

4人はそんなデンライナーに乗り込み、ゴレンジャーが活躍していた1976年の冬へと向かった。

アカレンジャーと合流する4人、しかし事態は思わぬ方向に


4人はアカレンジャーに現状を伝える。
アカレンジャーは4人の話を聞き、「今こそ力を合わせ、悪にとどめをさすのだ。私をその未来へ連れて行ってくれ。」と言う。

そしてジョーたちは、アカレンジャーと共に現在である2012年4月に戻ってきた。
アカレンジャーはまだ生き残る戦隊たちと合流。
するとそこへ、仮面ライダー1号がキバやカブトといった他のライダーを連れて姿を現す。

するとアカレンジャーは、「長きに渡るライバル関係に、決着をつける時が来たな。」と言い出した。
仮面ライダー1号もまた、「仮面ライダーとスーパー戦隊は共存できない!」と言い放ち、再びライダーと戦隊の戦争が始まってしまった。

裏切られたジョーたち

戦いによって多くのヒーローが再び消滅し、残るはアカレンジャーと仮面ライダー1号。

「アカレンジャー、なぜこんなことを!?」
ジョーが問いただすと、「俺は、アカレンジャーではない。」と言う。
アカレンジャーの正体はなんとマーベラス、そして仮面ライダー1号の正体は士だったのだ。

「スーパー戦隊の力を結集させたのは、ライダーどもを一網打尽にするためだ。」とマーベラス。
マーベラスが戦いのために仲間の信頼を利用したと知り、ジョーは怒り狂う。
「お前たちを仲間だと思ったことは一度もない」とまでマーベラスが言い、ジョーを切りつけようとしたその時、大樹がジョーをかばった。

「彼は十分傷ついた。もういいだろ。」
大樹はマーベラスにそう言って戒めるが、士の手によって大樹は切りつけられ消滅。
また、ジョーもマーベラスの手によって消滅した。

何も出来ずに見守っていた比奈とハカセは、マーベラスと士の行動を見て愕然とする。

「そろそろけりをつけるか。ライダーとスーパー戦隊、この戦いで負けた方が滅びる。」
士とマーベラスは、再び激しく争い始めた。

ヒーローたちよ、最終決戦へ挑め!

ヒーローは、消滅していなかった!


「俺たち、死んだのか…?」
もやのかかった空間にいるジョーと大樹は、事態が把握できない。
そこへ、先に消滅していたはずの他のゴーカイ戦士・ルカ、アイム・ド・ファミーユ、鎧の3人が。

そして映司も現れ、「本当の戦いは、ここからだ。」とジョーたちに伝える。

士とマーベラスは騙されていた…?

士とマーベラスが戦っていると、ドクトルGやライダーハンター・シルバらが姿を現した。
「よくやった。
おかげでスーパー戦隊とライダーを全滅させることができた。
貴様らは我々の手の中で、踊らされていたに過ぎん。
ライダーと戦隊、どちらかしか生き残れないという嘘にまんまと騙されたのだ。」

戦闘で体力を失った様子のマーベラスと士は、その場に倒れてしまう。

大ショッカー、そして大ザンギャックたちは士とマーベラスを騙し、手を組んで最終兵器・ビッグマシンを作り出そうとしていたのだった。

騙されていたのは、お前たちだ!

そしてドクトルGとシルバがビッグマシンを作り出そうとしたその時、突如として起き上がった士、マーベラスによる銃撃によってそれが阻止されたのだ。

「手の中で踊らされてたのは、お前らの方だ。」と微笑むマーベラス。
「お前らが巨大な計画を立ててライダーと戦隊を潰そうとしていることを知った俺たちは、自らその先頭に立つことにした。」と士。

手っ取り早く実行させてどんな計画かを探り、その計画を壊すために士とマーベラスは騙された振りをし続けていたのだ。

真実を知ったドクトルGたちは焦りを見せるが、「どうやって作戦を壊すつもりだ?我々と戦うライダーもスーパー戦隊も、もういないではないか!」とシルバたちは言う。

「それはどうかな?」
マーベラスの笑みと共に現れたのは、消滅したと思われていたジョーを含むゴーカイ戦士、オーズ、1号、そしてアカレンジャーたちだ。

「マーベラス!俺たちを騙すなんて、人が悪すぎる!」
事態を把握したジョーは、マーベラスにそう言った。

遠くから様子をうかがっていたハカセも喜び、仲間の元に駆け寄る。
比奈もまた、オーズの姿を見て安堵した。


マーベラスや士によって消滅したと思われていたヒーローたちはみな、時空の狭間へ送りこまれていただけだったのだ。

ここからが本当の戦いだ!

「悪を倒すためなら、どんな汚れた泥でもかぶる。
それが、本当のヒーローってもんだろ。」

士の言葉を聞いたドクトルGは、「ディケイド!何なんだお前は!?」と叫んだ。

「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ。」
士はそう言って、ディケイドへと変身する。
マーベラスやジョーたちも、6人揃ってゴーカイ戦士へと変身した。
「派手に行くぜっ!」

怪人たちも集結するが、そこへさらにフォーゼとメテオ、ゴーバスターズの3人も駆けつけた。
そして全ての歴代ライダー、スーパー戦隊も集まり、ヒーロー全員で悪へと立ち向かった!

戦闘開始!


リュウタロスとキンタロスはマイペースに戦いを繰り広げ、ウラタロスはスーパー戦隊の女性をナンパしながら戦う。


他のライダーと戦隊たちも、協力しながら数々の敵を打ちのめしていった。

そんな中、ザンギャックのワルズ・ギルとアクドス・ギルは、巨大化してヒーローたちに攻撃を開始した。
ゴーバスターズの特命部司令官・黒木タケシ(榊英雄)は、ゴーバスターオーを起動。
レッドバスター、イエローバスター、ブルーバスターの3人はゴーバスターオーに乗り込み、ワルズ・ギルらに立ち向かった。

大樹の様子がおかしい…?

激しい争いが行われる中で、大樹は突然こう話し始める。
「敵を騙すのは味方から、敵を倒すのも見方から。
そして最後には大逆転、見事だよ。
でも、見事過ぎて気に入らないねぇ。」

大樹がそう言って士たちに見せたのは、大ショッカーと大ザンギャックのビッグマシンを作るための割符だ。

「君は作戦成功のために、友情とやらを踏みにじった。
僕はそんなものに興味はないが、心の痛み、君も味わいたまえ。」

大樹は士に向かってそう言い、割符を合わせてビッグマシンを作り上げてしまったのだ。

巨大化ししていたワルズ・ギルらは、ビッグマシンの完成に喜ぶ。
しかしビッグマシンは暴れ回り、ワルズギルらを倒してしまった。
そして大樹はディエンドに変身し、ビッグマシンに乗り込んだ。

ビッグマシンはゴーバスターオーにも容赦なく攻撃し、大きなダメージを与える。
その衝撃により、イエローバスターはマシンの外へと投げ出されてしまった!

仮面ライダーがスーパー戦隊のロボを操縦!?

様子を地上から見ていたフォーゼがロケットスイッチを起動し、イエローバスターを救うことに成功。
そこへ駆けつけた賢吾から、ロケットスーパーワンスイッチとドリルスーパースリーというスイッチを受け取った。

フォーゼは、負傷したイエローバスターの代わりにゴーバスターオーに乗り込むことに!
「うおぉぉぉ!戦隊ロボ、キター!!」

フォーゼはウサダに挨拶をし、ロケットスーパーワンスイッチをオン!
ゴーバスターオーの両腕に大きなロケットが装着された。

「行くぞウサギ!!」

両腕のロケットをビッグマシンに突き刺し、そのまま宇宙へと飛んで行った!

地上での決戦も、最終段階へ

地上では、まだ生き残っていたシルバ、ドクトルGが暴れていた。
シルバの攻撃によって、ゴーカイジャーたちは倒れてしまう。

「ゴーカイジャー!これを!!」

オーズはそう言って、自分の持つメダルを投げ渡す。
ゴーカイ戦士がそれぞれ受け取ると、メダルはライダーキーへと姿を変えた!

「ゴーカイチェンジ!仮ー面ライダー!オーズ!」
ライダーキーを使って変身したゴーカイ戦士は、様々なコンボを使用したオーズへと姿を変える。

そして6人でゴーカイガレオンバスターを使ってとどめをさし、シルバは消滅した。

一方、ディケイドたちはドクトルGと争っていた。
「ゴセイジャーのカードだ。使って!」
ディケイド、ブレイド、龍騎は、ゴセイジャーから受け取ったカードを使って変身!
3人のライダーキックにより、ドクトルGも消滅。

ドクトルGは鳴滝へと姿を変え、「おのれディケイド!お前がいる限り、私の旅も終わらない。」と言い残してその場を去った。

ビッグマシンにとどめだ!!

レッドバスター、ブルーバスター、そしてフォーゼが乗ったゴーバスターオーは、ビッグマシンにとどめをさすため宇宙を飛び回る。

「旋回して加速する!」というレッドバスターの合図で、ゴーバスターオーは土星の環の上を走り出した。

「スイングバイ!!」
フォーゼは賢吾から預かった最後のスイッチ、ドリルスーパースリーをオン!
ゴーバスターオーの両足には、大きなドリルが装着された。

「戦隊ライダー宇宙キーック!!
これが俺たちの、仮面ライダーとスーパー戦隊の力だ!!」

攻撃は見事に命中し、ビッグマシンは宇宙で爆破した。

戦いを終えて

戦いを終え、比奈は映司と再会出来たことを喜んでいた。

「ところで、マーベラスが言ってた宇宙最高のお宝って何のことだったの?」
ハカセの問いに、「それならもう手に入れたみたいだ。」とジョーは言う。
ジョーたちの目線の先には、フォーゼとゴーバスターズの姿が。

彼らの間には友情が生まれ、フォーゼとレッドバスターは友情のシルシを交わしていた。

ジョーたちに合流したマーベラスは、「仮面ライダーとスーパー戦隊の友情、それこそが宇宙最高のお宝かもしれねぇな。」と映司に言う。
映司、比奈とゴーカイジャーたちの間にも、友情が生まれていた。

そして、争いに敗れた大樹に対し、手を差し出す士。

「お前の言う通り、作戦には落とし穴があった。勝負は引き分けってことだ。
一応伝えておくが、もし俺が友情ってものを感じたことがあるとしたら、それは…。」

士の言葉を遮るように大樹はこう話す。
「よしてくれ。君のことなど二度と考えたくないね。
だが、忘れもしないさ。」

「あいつにも、友情の手が届いたみたいだな。」
様子を見守っていたジョーは、二人を見てそうつぶやく。

大樹はジョーと最後に微笑み合い、姿を消した。

「これからも人類の平和のため、共に頑張ろうな!
悪に立ち向かう心に、ライダーも戦隊もないもんな!」
と、ブルーバスター、レッドバスターはフォーゼに言う。

「俺たちの心は、一つだぜー!って、ほら、一緒に!」
フォーゼは、いつもの「宇宙キター」のポーズをみんなに促す。
そしてゴーバスターズの3人とフォーゼは、「一つだー!」と叫んでポーズを決めた。

感想

何度見ても、やっぱりワクワクするこの作品。
どこがワクワクするかって、やっぱり出演者が豪華なところだと思います。
テレビ放送シリーズや他の劇場版などで、時々歴代のヒーローが出演することはありますが、ここまで一斉に揃う豪華な作品は本当にないと思います。
やはり、平成だけではなく昭和のヒーローも集結するところが魅力的ですよね。
ただ揃うだけではなく一緒に協力して攻撃したり、他のヒーローのアイテムを使って新しい技を繰り出したり…。
どのシーンも見逃せないほど、とても素敵でした!

最後まで視聴すれば全ての真相が分かるわけですが、この作品の始まり方はやはり衝撃的と言えます。
しかも、謎が解けるのはほぼ終盤。
終盤までは、マーベラスも士も完全に悪に見えますよね(笑)。
ただ、仲間として一緒に悪と戦ってきたマーベラスや士ですから、そんな悪人っぽい姿が信じられないんですよね。
だからこそ、ジョーのように苦しい思いが生まれてしまう…。
マーベラスのことを信じたいのに、自分の目の前で次々とライダーを倒していくわけですから。
さらに、最後の方には「仲間だと思ったことは一度もない」なんて言っちゃうんですよ。
ドクトルGやシルバを欺くための徹底的な演技だったわけですが、やはり言われたジョーの立場としては深く傷ついてしまいますよね。

終盤までは「どういうことなの?なんでそんなことするの?」と、ハテナだらけになってしまいますが、最後の最後でホッとした視聴者の方は多いはずです。
さすがは数多くの強敵を倒してきたヒーローたち!
真相が分かった途端の団結ぶりは、かっこよかったですね。

しかし、どうしても大樹の行動は腑に落ちない私です(笑)。
マーベラスや士が信頼を失いかけてまで演技をし、戦闘に挑んだというのに…作戦が水の泡になりそうでしたよね(汗)。
「友情に興味はないが、友情を踏みにじった士のことが許せない」ということを言っていましたが、行動からして、多分友情に一番興味があるのは大樹、あなただと思います(笑)。
ビッグマシンを完成させて乗り込むなどといった行動はめちゃくちゃなんですけど、最後の士とのシーンを見ても、やっぱり大樹って憎めません。
ディケイドシリーズも以前に視聴していますが、大樹って謎めいていますよね…。

そして、マーベラスが言っていた「宇宙最高のお宝」は、なんと仮面ライダーとスーパー戦隊の友情だったことが最後に分かりましたね。
確かに、この戦いで友情が生まれないわけがありません!
今後も、スーパー戦隊と仮面ライダーがコラボしたいろんな劇場版が見てみたいですね。

仮面ライダーフォーゼを見るならhuluがオススメ!

配信中のシリーズ
・仮面ライダーフォーゼ
・劇場版 仮面ライダーオーズWONDERFUL 将軍と21のコアメダル(映画)
・仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX(映画)
・仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(映画)
・仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム(映画)
・仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z(映画)

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「仮面ライダーフォーゼ」第1話 【青・春・変・身】のあらすじ・ネタバレ・感想~何だか分かんないけど…宇宙キター!~
「仮面ライダーフォーゼ」第2話 【宇・宙・上・等】のあらすじ・ネタバレ・感想~フォーゼドライバーはお前に~
「仮面ライダーフォーゼ」第3話 【女・王・選・挙】のあらすじ・ネタバレ・感想~賭けに負けたら弦太朗が転校!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第4話 【変・幻・暗・躍】のあらすじ・ネタバレ・感想~新しいライダー部員、美羽~
「仮面ライダーフォーゼ」第5話 【友・情・表・裏】のあらすじ・ネタバレ・感想~盗まれたエレキスイッチ~
「仮面ライダーフォーゼ」第6話 【電・撃・一・途】のあらすじ・ネタバレ・感想~JKとの友情~
「仮面ライダーフォーゼ」第7話 【王・様・野・郎】のあらすじ・ネタバレ・感想~戦いを邪魔してくる隼!~
「仮面ライダーフォーゼ」第8話 【鉄・騎・連・携】のあらすじ・ネタバレ・感想~パワーダイザーは隼に任せる~
「仮面ライダーフォーゼ」第9話 【魔・女・覚・醒】のあらすじ・ネタバレ・感想~魔女になりたい友子、でも…~
「仮面ライダーフォーゼ」第10話 【月・下・激・突】のあらすじ・ネタバレ・感想~新しいライダー部員、友子~
「仮面ライダーフォーゼ」第11話 【消・失・月・戸】のあらすじ・ネタバレ・感想~ラビットハッチから出られない~
「仮面ライダーフォーゼ」第12話 【使・命・賢・命】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗を友達だと認めた賢吾~
「仮面ライダーフォーゼ」第13話 【学・校・拒・絶】のあらすじ・ネタバレ・感想~さそり座ゾディアーツの正体は…~
「仮面ライダーフォーゼ」第14話 【毒・針・猛・襲】のあらすじ・ネタバレ・感想~校長先生もゾディアーツ…?~
「仮面ライダーフォーゼ」第15話 【聖・夜・合・唱】のあらすじ・ネタバレ・感想~ラストワンを超える生徒~
「仮面ライダーフォーゼ」第16話 【正・邪・葛・藤】のあらすじ・ネタバレ・感想~2人目の仮面ライダー~
「仮面ライダーフォーゼ」第17話 【流・星・登・場】のあらすじ・ネタバレ・感想~編入生はメテオ~
「仮面ライダーフォーゼ」第18話 【弦・流・対・決】のあらすじ・ネタバレ・感想~流星が初めて見せた素顔~
「仮面ライダーフォーゼ」第19話 【綱・竜・無・双】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗と賢吾の仲が…~
「仮面ライダーフォーゼ」第20話 【超・絶・磁・力】のあらすじ・ネタバレ・感想~磁石のような友情~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP