「仮面ライダーフォーゼ」第42話 【射・手・君・臨】のあらすじ・ネタバレ・感想~ヴァルゴ=江本と交わす友情のシルシ~ | VODの殿堂

キッズ

「仮面ライダーフォーゼ」第42話 【射・手・君・臨】のあらすじ・ネタバレ・感想~ヴァルゴ=江本と交わす友情のシルシ~

   
 

タイトル 「仮面ライダーフォーゼ」第42話【射・手・君・臨】
放送局  テレビ朝日
キャスト 福士蒼汰、吉沢亮、高橋龍輝、山崎一、鶴見辰吾 他
視聴したVOD:hulu(2018年5月17日時点では視聴可)

ヴァルゴによって友子がダークネビュラへ送られてしまい、友子の行方を探すライダー部員たちが次々と襲われてしまいます。
危機を感じた美羽・隼・JK・ユウキはライダー部を去り、仮面ライダー部は事実上解散となってしまいました。
残った弦太朗・賢吾・流星の前に突然現れたのは、なんとタチバナ!
「ヴァルゴや他の敵に勝つため」として、命がけの特訓を弦太朗にさせます。
しかし特訓の最中、賢吾の解析によってタチバナはヴァルゴであることが判明します!
ヴァルゴは、怒りに狂ったメテオまでもをダークネビュラへと送ってしまうのでした。
江本=ヴァルゴ=タチバナという、予想だにしない展開となっています!
ヴァルゴのしていることは明らかにひどいものですが、私の中にはまだ何か引っかかるものがあります…。
今回はタイトル【射・手・君・臨】からして、我望がいよいよ動き出すことになりそうですね!

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

ヴァルゴはやはり敵!?

ダークネビュラへメテオを送ったヴァルゴに怒ったフォーゼは、ヴァルゴに襲い掛かる。
リブラが代わってフォーゼに攻撃しようとするが、ヴァルゴはそれをやめさせ、二人は姿を消した。

二人は校長室へ。
「余計なことを嗅ぎまわるな!消すぞ!」とヴァルゴはリブラに言い残し、M-BUSの中へ移動した。

そしてヴァルゴはM-BUSの中でスイッチをオフし、タチバナの姿になる。
「リブラめ…どこまで聞いていたか。
急がねばな。このままコズミックステイツになれないのなら、フォーゼも必要ない。」

えっ…?
ということはやはり、敵、ということなのでしょうか?
コズミックステイツのパワーが必要だった、というたったそれだけのために弦太朗たちを欺いていたのでしょうか!?

ホルワンコフが見つけたもの

二人きりになった弦太朗と賢吾のそばで、ホルワンコフが鳴いていた。
ホルワンコフや他のフードロイドたちが集まるところにあったのは、メテオのストームトッパー(メテオストームの駒状の武器)だ。

ストームトッパーは、止まることなくグルグルと回り続けていた。

どういうことなのでしょうか!?
メテオがどこかにいるという証拠…?早く真実が知りたいです!

弦太朗の決意

美羽やJKたちは、ライダー部から離れて自分たちなりの日々を過ごしていた。
弦太朗は、そんな彼女たち一人ひとりに声をかけ、励ますのだった。

ラビットハッチでは、弦太朗一人でコズミックステイツになる方法を探っている賢吾が頭を抱えていた。
そんな賢吾に対しても弦太朗は差し入れをし、励ます。

そして「タチバナさんとの特訓の続きに行ってくる!あれをやり切れば、タチバナさんとダチになれるかもしれないしな!」と弦太朗が言うのだ。

それを聞いた賢吾は反対し激怒するが、弦太朗は、
「タチバナさんとダチにならなきゃなんねぇ!
流星は生きてる。これ(回り続けるストームトッパー)がその証拠だ。
アストロスイッチは使ってる人間の気持ちに応えてくれる。
こいつが回ってるってことは、流星の心が消えてない証拠だ。
コズミックスイッチから二人(流星と友子)の気持ちが感じられる。
ヴァルゴは二人を消してはいない。」
と話した。

賢吾は納得し、二人は手を取り合う。

弦太朗の熱い思いをひしひしと感じました。
ラビットハッチを去った美羽たちの思いも、そしていなくなってしまった流星と友子のことも、タチバナのことも全力で向かい続ける弦太朗。
とってもカッコイイですね!

ヴァルゴが我望に伝えたのは

メテオをダークネビュラへ送ってしまったヴァルゴに対し、我望は「メテオらの背後にいる人物を探るためにも、まだ泳がせる必要があったのでは。」と意見する。
するとヴァルゴは、
「メテオの背後にいる人物を掴んだので、必要なくなりました。
ヤツを支援していたのは、反ゾディアーツ同盟。
動いているのは、タチバナと名乗る男です。
タチバナの件は私にお任せください。」
と言ったのだ。

ヴァルゴはスイッチをオフして江本に戻った。
「友情などというくだらないものに引きずられると進化を見失うぞ?
あの日(我望・江本・歌星の3人で過ごしていた頃)、君に言ったね。
『私は常に真実を射抜く矢だ。』
今も的を見据えているよ、ヴァルゴ。いや…江本。」

我望は、目を赤く光らせて江本にそう話した。

びっくりしました。
「タチバナという人物がいた」という話を我望にしてしまうなんて。
この二人の会話を見る限り、やはり江本は弦太朗たちの味方なのでは?と思ってしまいます。

次なる特訓は?

弦太朗と賢吾は、タチバナと特訓していた場所を訪れた。
するとタチバナが現れる。
タチバナは驚きながらも、「今度はこの壺を割ってみろ。命がけだぞ。」と次の指令を弦太朗に出した。
タチバナはヴァルゴとなり、弦太朗はフォーゼに変身する!
「仮面ライダーフォーゼ、本気で特訓やらせてもらうぜ!」

フォーゼはたくさんのスイッチを駆使しながら、ヴァルゴの攻撃に立ち向かう。
「あんたは確かにホロスコープスだが、いい奴だ。
本気でフォーゼを強くしようとしてくれている。
流星や友子だって生きてるんだろ?」

フォーゼがヴァルゴに問うと、ヴァルゴは突然怒り出した。
「仲間を信じれば裏切られる!
己の心の弱さとなるだけだ!」

怒って攻撃してくるヴァルゴの手を制止し、フォーゼは
「そんなことねぇ!絆は力をくれる!」と言った。

するとヴァルゴは
「人間の絆など、強大な力に必ず屈する!私がそうだった。
友のことで悩んだことがあったが、それを振り切った時、この力を手に入れたのだ!」
と言いながらフォーゼに攻撃する。
しかしフォーゼはその攻撃を手で押さえ込みながら、
「それで分かったぜ。あんたがこの力を振るう時、どこか悲しそうだったわけが。」
と話した。

「ならば教えてやろう!絶対的な恐怖の力を!それがもたらす絶望を!
非情になれ、如月弦太朗!自分一人で戦うのだ!」
ヴァルゴはそう叫びながら、強力な力でフォーゼに攻撃する!
するとフォーゼはコズミックスイッチをオンし、コズミックステイツになりその攻撃を跳ねのけたのだ!

コズミックステイツの攻撃により、壺は真っ二つに割れて転がった。

ヴァルゴには、友情に関することで何かトラウマがあるようですね…。
我望と歌星緑郎との間に、何かあったのでしょう。
厳しい態度ではあるものの、ヴァルゴは全力で弦太朗に立ち向かってくれているようですね。

友情はダチだ!

「分かってくれたようだな。
君は友情を捨て、非情になる覚悟を決めたことで、コズミックの力を手に入れた。」
ヴァルゴがそう言うと、弦太朗はこう答えた。

「それは違うな、タチバナさん。
俺は友情の絆でコズミックになったんだ。
あの時コズミックになれなかったのは、俺自身が自分の心を疑っていたからだ。
あいつらが戦いの場にいなければ、絆が崩れるんじゃないかって…。
だけど、あいつらに会って分かった。
みんなが一緒にいなくても、それぞれがそれぞれの道を信じて進んでいれば、俺は絆を信じられる!」

するとそこにユウキ・美羽・隼・JKたちが駆けつけ、それぞれに思いをぶつけてきた。
「仮面ライダー部もやる、宇宙飛行士にもなる!それが私の一直線!」とユウキは笑顔で。
「ずるいっすよ…あんなに真剣に応援されちゃ、逃げる気もなくなるっすよ!」とJK。

賢吾も、「これが弱点だとあなたは言うかもしれない。でも、甘さも弱さもひっくるめて強さに変えてくれる。これが如月弦太朗だ!これがフォーゼの強さなんだ!」とヴァルゴに向かって力強く話した。

「友情は危険なんかじゃない、友情はダチだ!」
弦太朗の言葉、そしてライダー部員たちの言葉を受け止めたヴァルゴは、
「負けたよ。君たちの言う友情を信じてみてもいいのかもしれない。」
そう言って、メテオと友子を弦太朗たちの元へ解放した。

弦太朗たちのそばで回り続けていたストームトッパーが、ようやくメテオの元へと帰る。
そしてメテオは変身を解除し、流星の姿となった。

「ダークネビュラへ飛ばしていなければ、みんな処刑されていた。
二人はM-BUSで眠ってもらっていた。
私が処刑した幹部もみんな、そこで眠っている。」
スイッチをオフしたタチバナはこう話した。

あれだけ友情を否定し続けていたヴァルゴに対して、こんなふうに気持ちを動かすことが出来るなんて…。
さすが、弦太朗たちですね!
流星と友子が帰ってきて、本当に良かったです。

ついに素顔を見せたタチバナ

賢吾は、ゲートスイッチを自分に渡したこと、フォーゼシステムを見つけさせたことなどの理由をタチバナに問う。
流星も、自分をメテオにしたのはなぜかと尋ねた。
「話してください、江本先生。」
友子がそう言うと、他の部員たちは驚いた。

タチバナはマスクを外し、素顔を見せた。

「私は裏切り者だ。メテオの支援者であることが彼らに知られてはならなかった。
だからタチバナの仮面をかぶった。
賢吾くんにフォーゼシステム、流星くんにメテオドライバーを送ったのは…。」

タチバナが理由を話そうとした時、言葉を遮るように弦太朗はすっと江本に手を差し出した。
「一緒に戦う仲間が欲しかったんだろ?」と弦太朗は笑顔で尋ねる。
江本も笑顔でうなずき、「どんなことがあっても君の友達のことを守ってやってくれ。」と弦太朗に話す。

そして二人は友情のシルシを交わした。

良かった!この時をずっと待っていました!
やっぱり江本教授は、みんなの味方だったんですね!

サジタリウス登場

江本と弦太朗が友情のシルシを交わした直後、突然鋭い攻撃が江本を襲う。
その攻撃は江本の胸を一直線に突き破った。

そこに現れたのは、サジタリウスゾディアーツ(我望)だ。
江本は負傷しながらもスイッチを押し、ヴァルゴになる。
「残念だよ、ヴァルゴ。私のパートナーは君だと思っていたが。」

サジタリウスは弓を構え、ヴァルゴやライダー部員たちに向けてたくさんの矢を放った。
その瞬間ヴァルゴは自分の羽を広げ、ライダー部員たちをかばう。

全ての矢の攻撃を一人で受けたヴァルゴは、重症を追ってしまった。

怒りに狂った弦太朗と流星は、それぞれフォーゼ、メテオに変身!
サジタリウスに立ち向かった!

ヴァルゴは隼・美羽・JK・ユウキ・友子の5人を「安全な場所へ…。」と言いながら杖を一突きし、避難させた。
そして「賢吾くんは私と一緒に…。」と言い、同じように杖を一突きし、ヴァルゴと賢吾もワープした。

ついに最強のラスボス、サジタリウスが登場となりました。
不運にも、ヴァルゴが弦太朗たちの味方であることをこのタイミングで知られてしまうなんて。
どうか、ヴァルゴやライダー部員のみんなが無事でありますように!

江本からの告白

ヴァルゴと賢吾は、学園の屋上へワープした。
ヴァルゴはスイッチをオフして江本の姿になり、「歌星緑郎を殺したのは私だ。」と打ち明ける。

さらにヴァルゴが賢吾に何かを伝えようとしたところで、それを遮るようにヴァルゴを追ってきたリブラとレオが現れた!

負傷した体を引きずるようにしながら、江本はスイッチを押しヴァルゴの姿へ。
リブラとレオは一斉にヴァルゴへと襲い掛かる。

ヴァルゴは一人、必死に立ち向かいながら「こいつらの目的は、12個のホロスコープススイッチを集めることだ!君たち仮面ライダー部は、それを阻止してくれ!頼むー!!!」と叫び、杖を突いてリブラ、レオと共にどこかへワープした。

辛い…辛すぎます。
賢吾を守るために3人だけでワープしたのだと思います。
江本は、賢吾に何を言おうとしていたのでしょうか。

最後まで悪と立ち向かった江本

ヴァルゴは、傷だらけの体でリブラとレオに立ち向かう。
しかし、レオによって後ろからとどめを刺されてしまった。
江本の姿となり、ヴァルゴの羽が舞う中で息を引き取った。
「最後にまた、友達ができた…。」と微笑みながら。

無事でいてくれることを願っていたのですが、あれだけの傷を負っていた体でしたもんね…。
強敵の二人と戦うには、無理がありましたね…。
本当に悲しいです。

フォーゼとメテオも

サジタリウスに攻撃を続けるフォーゼとメテオ。
しかし、サジタリウスによる鋭い矢の攻撃を受けた二人は、変身が解除された状態で倒れてしまった。

江本の思いを胸に

流星、友子、賢吾、弦太朗は、江本を月面へ埋葬した。
「父さんが眠るこの月で、もう一度友情を紡ぎ直してください。
しかし…あの時、江本さんは何を言おうとしていたのだろうか…。」
と、賢吾は江本が最後に言いかけて聞けなかった言葉を気にしている。

そして弦太朗は、江本に言われた「どんなことがあっても友達を守ってくれ」という言葉を胸に刻み、守ることを誓った。

スポンサーリンク

第42話【射・手・君・臨】まとめ

タチバナの仮面を外し、江本の姿で弦太朗たちと初めて向き合えたシーンは本当に感動しました。
やっと…やっとこの時が来た!という、熱い思いでいっぱいになりました。
しかしその後、怒涛のように押し寄せてくる不運の連続…。
仮面ライダーって、確か子供向け番組ですよね?(笑)
そんなことを忘れてしまいそうなほどに、大人がハマってしまうストーリーです。

やはり、流星たちの違和感は正しかったんですね。
ヴァルゴは敵ではありませんでした。
最強の奴らが集うホロスコープスの中に、こんなにも温かい人がいたなんて、心が救われましたね。

最後、レオの手によって江本が命を落としてしまうシーンは、本当に悲しかったです。
ヒーローは絶対助かる!なんていう安易な予測を見事に打ち破ってくれる展開となりました。
賢吾に言いかけたあの言葉を知ることができる日は来るのでしょうか…?

仮面ライダー部の力強い味方となってくれていた江本がいなくなってしまったことに対して、少し不安を感じてしまった私。
ですが、弦太朗たちが最後まで悪と戦い抜いてくれるところを見届けたいです!

仮面ライダーフォーゼを見るならhuluがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 仮面ライダーオーズWONDERFUL 将軍と21のコアメダル(映画)
・仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX(映画)
・仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(映画)
・仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(映画)
・仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム(映画)
・仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z(映画)

hulu(フールー)

一部見放題でそれ以外は有料というサービスが多い中で、全作品見放題なのはhuluだけ!月額933円(税抜)で安心して全作品を楽しめます。初回登録なら2週間無料!

詳細はこちら

huluを詳しく知りたい方はこちらhulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
「仮面ライダーフォーゼ」第28話 【星・嵐・再・起】のあらすじ・ネタバレ・感想~生まれ変わったメテオ~
「仮面ライダーフォーゼ」第29話 【後・輩・無・言】のあらすじ・ネタバレ・感想~大杉先生にバレちゃう!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第30話 【先・輩・無・用】のあらすじ・ネタバレ・感想~大杉・キター!~
「仮面ライダーフォーゼ」第31話 【昴・星・王・国】のあらすじ・ネタバレ・感想~メテオの正体、そして弦太朗の死~
「仮面ライダーフォーゼ」第32話 【超・宇・宙・剣】のあらすじ・ネタバレ・感想~誕生!コズミックステイツ~
「仮面ライダーフォーゼ」第33話 【古・都・騒・乱】のあらすじ・ネタバレ・感想~京都、キター!!~
「仮面ライダーフォーゼ」第34話 【天・穴・攻・防】のあらすじ・ネタバレ・感想~京都でのミッションの結末は~
「仮面ライダーフォーゼ」第35話 【怪・人・放・送】のあらすじ・ネタバレ・感想~選んだのは友情ではなく、未来~
「仮面ライダーフォーゼ」第36話 【本・気・伝・歌】のあらすじ・ネタバレ・感想~魂のギターで届ける歌~
「仮面ライダーフォーゼ」第37話 【星・徒・選・抜】のあらすじ・ネタバレ・感想~戦友はゾディアーツ~
「仮面ライダーフォーゼ」第38話 【勝・者・決・定】のあらすじ・ネタバレ・感想~仮面ライダーとゾディアーツは、友達になれない~
「仮面ライダーフォーゼ」第39話 【学・園・法・度】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗がついにリーゼントをやめた!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第40話 【理・念・情・念】のあらすじ・ネタバレ・感想~明らかになったヴァルゴの正体~
「仮面ライダーフォーゼ」第41話 【部・活・崩・壊】のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにタチバナの正体が明らかに!!~
「仮面ライダーフォーゼ」第43話 【双・子・明・暗】のあらすじ・ネタバレ・感想~友情の危機!疑われたユウキ~
「仮面ライダーフォーゼ」第44話 【星・運・儀・式】のあらすじ・ネタバレ・感想~弦太朗とユウキの約束~
「仮面ライダーフォーゼ」第45話 【天・秤・離・反】のあらすじ・ネタバレ・感想~12個のホロスコープススイッチ~
「仮面ライダーフォーゼ」第46話 【孤・高・射・手】のあらすじ・ネタバレ・感想~ついにワープゲートが…!?~
「仮面ライダーフォーゼ」第47話 【親・友・別・離】のあらすじ・ネタバレ・感想~賢吾の運命~
「仮面ライダーフォーゼ」第48話(最終回)【青・春・銀・河】のあらすじ・ネタバレ・感想~宇宙仮面ライダー部、キター!!~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP