ハイキュー!!最新刊(39巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~小さいことは無力ではない!~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

『ハイキュー!!』39巻のアニメも漫画も無料の動画配信サービス!あらすじとネタバレもあり~小さいことは無力ではない!~

   
 

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

アニメ好きが選ぶべき動画配信サービス

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

春高バレー3日目。
先に始まった梟谷VS貉坂の試合は、エースの木兎VS桐生の戦いでもありました。
試合中どんどんノってきた木兎に引っ張られる形で梟谷が勝利します。
今の”小さな巨人”対決となった鴎台VS烏野。
両アタッカーの活躍が見どころです!

あらすじ

弱さを知ることの強さ

個人の能力より組織が束になるほうが断然強いということを両チームわかっています。
ブロックが強い鴎台に対し、烏野もブロックで応戦するのです。

星海は小さいころから家族の中で自分だけが小さいことを気にしていました。
しかし母に言われます。
「大きくなる確かな方法は多分ないけど、強くなる方法はたくさんある。今なら光来が”強い”に一番乗りだね」
星海は自分が小さくて弱いということを知っているのです。

鴎台の3枚ブロックに苦しむ烏野。
鴎台に1セット目を取られます。

壁の原因を知ればこわくない

鴎台のブロックに圧倒されそうになる烏野ですが、監督は攻略の糸口を見つけます。
鴎台は攻撃の強化をする布陣で第2セットに挑みます。
その思惑を裏切るローテーションを烏野は組みます。

そしてコートの幅をめいっぱい使った”ワイド移動攻撃(ブロード)”が成功します。
そして日向を囮にした攻撃も成功。

しかし鴎台のブロック3枚の壁に日向が必ず当たってしまうローテーションでもあったのです。
ブロックで徹底的に日向を機能させない作戦の鴎台。
しかし烏野はそのブロックを切り開くために、攻撃し続けます。

日向は前衛・後衛関係なしに得点を決めてきます。
烏野高校は日向と影山のコンビが大活躍です。

感想

イケイケな感じで最後は終わりましたね。
この様子では烏野が勢いで勝ってくれるのではないかと期待してしまいます。

しかしあくまでも日向と影山の2人で試合を回しているわけではありません。
しかも試合中に東峰がロックオンされているのがいくつか見られました。
東峰は烏野の主砲であり、ここが機能しないことには烏野の勝利は考えられません。

東峰に試練が襲い掛かるということで、チームの危機はもちろんのこと、東峰のメンタルが気になるところです。
ここで日向の明るさに期待したいところですが、3年間苦楽を共にしてきた澤村がキーマンになるのではないかと思っています。

日向と木兎の師弟対決が見たい!
なのでここで負けている場合じゃありませんよ!

他の『ハイキュー!!』ネタバレ・あらすじも読まれています

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP