ハイキュー!!最新刊(37巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~終わらなでほしい試合~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

『ハイキュー!!』37巻のアニメも漫画も無料の動画配信サービス!あらすじとネタバレもあり~終わらなでほしい試合~

   
 

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

アニメ好きが選ぶべき動画配信サービス

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

春高バレー3回戦、3セット目。
オープンという攻撃法が1つ増えた烏野高校は、高身長の犬岡、灰羽の上を行くアタックで攻め続けます。
今まであまり動かず考えるばかりだった孤爪が本能的にボールを追ったとき、バレーボールを楽しいと感じるのです。
いよいよ長い試合も決着の時を迎えます。

あらすじ

まだ死なないでよ

孤爪は日向が今考えているであろうことがわかったと思います。
それは自分がゲームで魔王を倒すべく、ひん死の自分を操りながら、矛盾しつつも思うこと。
「まだ死なないでよ」

続くラリーが苦しいけど、まだ終わらないでほしいと思ってしまうのです。
しかし最後は孤爪が汗ですべったボールを落としてしまいます。
烏野の25点目が入り、ゲーム終了。

試合が終了して孤爪は黒尾に言います。
「俺にバレーボール教えてくれてありがとう」

両チーム、お互いをたたえ合い、監督同士も握手をします。
日向は孤爪に言います。

「研磨!来年もやろうな!!」
「うん、やろう」

孤爪も答えます。

別コートでは梟谷学園が木兎の活躍で3回戦をストレートで勝利します。

小さな巨人はどっちだ?

春校バレーでは魔の3日目と言われているものがあります。
基本1日1戦ですが、3回戦と準々決勝だけは同日に行うのです。
梟谷の次の対戦相手は貉坂高校、烏山は鴎台高校に決まりました。

日向は鴎台の星海光来から声をかけられます。
「どっちが今の”小さな巨人”か決めようぜ」
日向は「はい」と答えるだけです。

梟谷VS貉坂

まず梟谷VS貉坂の試合が始まります。
イケイケな木兎に対し、試合前に木兎から声をかけられたのが作戦なのか悩む桐生八。

しかし試合が始まれば、木兎と桐生のエース対決となります。
どんな悪球でもスパイクを打ってくる桐生の活躍もあり、貉坂がどんどん点差を開いていきます。

しかし木兎は連続でスパイクを決めてきます。
そしてメンバーに言います。
「俺は今まで”皆のおかげのエース”だったけど、ただのエースになるよ」

感想

とうとう音駒との戦いが終わってしまいましたね。
同日に準々決勝があることを考えると、さくっとストレートで勝っておきたい試合だったと思いますが、お互い死力を尽くしたのがわかります。

でも日向も孤爪も試合が終われば友達。
また来年やろうという約束が、二人の関係、そして孤爪がバレーボールのことを好きになったことを物語っていると思いました。

それにしても春高バレーはなんと無茶苦茶なスケジュールを立てるんでしょう!
1日に2試合できて喜んでいるのは日向くらいです(笑)

日向の師匠である木兎のいる梟谷は、九州の強豪である貉坂と対戦です。
エース対決ですが、底抜けに明るい木兎とすべてを背負う桐生という、真逆な正確がどのようにぶつかるか。

勝ち上がれば必ず当たるであろう両校の試合も気になります!

他の『ハイキュー!!』ネタバレ・あらすじも読まれています

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP