ハイキュー!!最新刊(34巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~ゴミ捨て場の戦い~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

『ハイキュー!!』34巻のアニメも漫画も無料の動画配信サービス!あらすじとネタバレもあり~ゴミ捨て場の戦い~

   
 

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

アニメ好きが選ぶべき動画配信サービス

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

春高バレー2回戦。
優勝候補の一角でもあった稲荷崎高校をフルセットで破った烏野高校は、3回戦で孤爪擁する音駒高校と対戦することになります。
”脳”として機能するために、チーム内は”血液”として動き回ります。
この戦いも息の詰まるような戦いとなりそうです。

あらすじ

守りの音駒と攻めの烏野

影山のサービスエースで点が獲れない中、ブロックとレシーブで活躍する音駒の黒尾。
守りの音駒の活躍が目立つ中、月島のブロックが冴えわたります。
それをきっかけに、影山のサービスエースが決まるのでした。

烏野のアタックが拾われていく中でも、烏野もリードを少しずつ広げていきます。
しかし音駒の”脳”である孤爪は、さまざまな戦略がシミュレーションしているようです。
孤爪はただただ日向という烏の羽を捥いでみたくてしかたがない様子。

プライドを利用したプレー

3か月前にはレシーブの穴だった日向も、しっかりとレシーブをあげていきます。
合宿での経験が生きているのです。

しかしどんな攻撃でも拾い続ける音駒に対して、烏野は攻めきれずにいました。
同時多発位置差(シンクロ)攻撃でセットポイントまで追い詰めますが、ミスを誘った頭脳プレーで逆にセットポイントを取られてしまうのです。

烏野の猛攻に返すので精一杯と思われた孤爪からの返球!
しかしこれを烏野はお見合いでボールを落としてしまい、1セット目を落としてしまいます。
烏野のミスと思われたこのプレーは、実は殴り合いを制してきたプライドを孤爪に利用されたプレーだったのです。

面白いままでいてね

烏野は日向にレシーブをさせるためにボールが集まっていると分析。
日向しか獲れない位置以外は、他でカバーすることを確認し合います。

音駒は孤爪が淡々とメンバーに指示を出し、「翔陽がいつも10点取っているところから2、3点削れればいいんだ」と言うのです。

始まった2セット目、烏野は日向がボールを拾い、勢いを落とさぬままレシーブを撃つという離れ業を見せつけます。
そのプレーを見た孤爪は日向に「面白いままでいてね」と言うのでした。

感想

音駒は徹底的な日向潰しに出てきましたね。
日向は動けないことにイライラして、ほかのメンバーもイライラしてきているようです。

1セット目は見事に孤爪の作戦にしてやられた感じでしたね。
でも2セット目では気持ちいいほどの日向のアタックで試合が始まりました。

しかし孤爪は日向に「面白いままでいてね」と言うのが、とにかく不気味で、まだ日向潰しやるの?と少しゾッとしてしまいました。
孤爪、やるなら徹底的に追い詰めそうですもんね。

しかも今まで”殴り合い”で試合を制してきた烏野にとっては、2、3点づつ削り落とされていく作戦は、じわじわとボディーブローが効いてくるような感覚なのかもしれません。

影山と孤爪のどちらの頭脳が勝つのか、ハラハラする展開の予感です!

他の『ハイキュー!!』ネタバレ・あらすじも読まれています

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP