ハイキュー!!最新刊(23巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~東京都代表決定戦、決着~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

ハイキュー!!最新刊(23巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~東京都代表決定戦、決着~無料情報

   
 

タイトル:ハイキュー!! 23巻
作者:古舘春一
登場人物:弧爪研磨、灰羽リエーフ、黒尾鉄郎、芝山優生、ほか
閲覧したVOD:U-NEXT

東京都代表決定戦の準決勝は、音駒対梟谷。
接戦を繰り広げますが、全国で5本の指に入る絶対的エースを止めることができず、破れてしまいます。
そして挑んだ3位決定戦。
音駒は戸美高校と戦いますが、怪我でリベロの夜久が離脱してしまいます。
その後の試合の様子も含めて、さっそくレビューしていきますよ!

あらすじ

黒尾と夜久の昔話

音駒のキャプテン・黒尾とリベロの夜久は、出会った当時は全く仲が良くありませんでした。
性格が合わないうえに、好みは真逆。
しかし、そんなふたりに共通しているものがありました。
それは、バレーに対する情熱。
部活をするうえでの目標を聞かれた彼らは、口をそろえて即答します。

そして今、彼らは同じ目標に向かって進む仲間となったのです。

主将の仕事

夜久が離脱し、重い空気を漂わせる音駒の選手たち。
そこに、弧爪からとある作戦が提案されます。
それは、交代で入ったリベロの芝山の選手交代回数を減らし、代わりに黒尾が多めにコートに残るというもの。
「いっつもイイとこ夜久パイセンにもってかれるんでね。たまには主将にもカッコイイ仕事させてちょうだいよ」と黒尾は笑顔で言います。

音駒、復活!

タイムアウトが終了し、試合が再開します。
夜久の代わりに黒尾がしっかりレシーブを上げていき、どんどん勢いを取り戻していく音駒。
芝山も、リベロの名に恥じない活躍っぷりです。
そのまま戸美が動揺したところに畳みかけ、音駒が1セット目を先取します。

エースの意地

2セット目は、どちらもリードを譲ることなく進んでいきます。

リエーフのスパイクもだんだんと決まるようになり、音駒の全体的な攻撃力も上がり調子。
そんななか、戸美はしつこく山本を狙ってサーブやスパイクを放ちます。
しかし、彼らの揺さぶりに全く動じることなく、山本はきっちりレシーブを上げていくのです。
「夜久さんが後ろに居ないってことに、俺は正直ビビっている。もう煽りに噛みついてる余裕もねえんだわ」
勢いもそのままストレートアタックを決め、点差はどんどん広がっていきます。

どこかで吹く追い風のため

2セット目も相変わらず礼儀正しく審判に接する戸美の選手たち。
彼らは、以前からずっと陰で罵声を浴び続けてきました。
「審判にだけ良い子チャンだからな。セコい試合しやがって」
しかし、彼らはそんな声に動じません。
『試合中に確実なものなんて1つもない。全ては、どこかで吹く追い風のため』
これこそが、彼らにとってのバレーボールなのです。

一進一退

その後、一時的に復活した戸美のエース・沼井が連続得点を決め、戸美が流れをつかんでいきます。
彼らを勢いに乗らせたくない音駒。
コースの打ち分けが得意なスパイカー・福永にボールを託し、即座に流れを切ります。
一人時間差攻撃やフェイントを駆使し、頭脳派プレーで挑んでいく両校。
試合はどんどん進んでいきます。

後ろに居るから

試合終盤、黒尾が手の怪我で一時離脱。
レシーブはリベロの芝山に託されます。
「灰羽くん!!僕、後ろにいるから!」とリエーフに言う芝山。
しかし、その言葉の意味がいまいち分からないリエーフは、生返事を返します。

全部繋がっている

戸美のスパイカーたちに気圧され、レシーブミスをした芝山。
メンバーに謝る彼を見て、彼は疑問を抱きます。
「サーブミスを除いたら、『誰のせいってことなかなかないのに』」と。
そのとき、彼は気づきます。
「『誰かのせい』って簡単に言えないのは、文字通りプレーは全部繋がっているから」だと。
リエーフは、一言呟きます。
「…夜久さんじゃ、ねえよ」

守りの音駒の真骨頂

戸美のサーブを1本で切り、音駒が先にマッチポイントを迎えます。
最後の1点を取らせまい、とレシーブで必死に粘る戸美。
しかし、それは音駒も同じです。
リエーフがブロックしたボールを芝山がしっかりレシーブし、さらにそのボールで山本が強烈なスパイクを決めます。
この1点が決定打となり、音駒は戸美を破り、見事全国大会出場の切符を手にしたのです!

チームワークがハマる瞬間

試合終了直後、リエーフと芝山は熱いハイタッチを交わします。

彼らは、試合前に黒尾が言った言葉を思い出したのです。
「チームワークがハマる瞬間てのは、多分お前が思ってるよりずっと気持ちいいぞ」
その言葉の真意を、やっと理解したようですね。
その後、夜久と抱き合って喜ぶ部員たち。
その目には涙が浮かんでいます。

出揃った東京都代表校

試合中に戸美の選手たちの悪口を言っていた人たちの元へ向かった黒尾。
彼らに向かって、こう言います。
「そんなんじゃ次当たっても勝てないよ」
そのころ、別のコートで行われていた決勝戦も終了します。
戦っていたのは、梟谷学園と井闥山学院。
勝ったのは井闥山でしたが、すでに1勝している梟谷は、全国大会に出場することができます。
これで、東京都代表の3校が決定したのです!

そのころの烏野

そのとき、家にいた日向のもとに弧爪から1通のメールが。
短く「春高行くよ」とだけ書かれたそのメールを見て、日向は飛び跳ねながら喜んでいます(笑)
そして次の日、日向たちのもとにビッグニュースが届きます。
なんと、影山に全日本ユース強化合宿の招集がかかったというのです!

感想

音駒の成長が本当に著しいですね!
もともとレシーブに長けているのは知っていたものの、リエーフが入ったことで決定力も加わったのではないでしょうか。
夜久が離脱しても慌てない冷静さと、何といっても高いレシーブの技術。
決定的な戦力を欠いてなお強豪に勝つというのは、全員のレベルが高くないとできないことですよね。
正直、芝山くんの実力に驚きました。
控えの1年生リベロとはいえ、かなりの実力者だと思いました。
彼のような1年生の選手がこれからも登場していくのでしょうか?
気になるところです。

そして、あらすじにはあまり登場してないのですが、戸美の選手を紹介します。
私が気に入っているのは、これまた控えスパイカーの潜。
準決勝でエースの沼井が怪我をし、彼の代わりにコートに投入された選手です。
無気力ながら、その攻撃とフォームは夜久や弧爪も読めないほど。
しかし、戸美の監督は、やる気を前面に押し出しているような熱い選手が好きらしく、普段の試合で彼の出番はあまりないのだそうです。
結果的に彼らは負けてしまいましたが、これからどんどん頭角を現していきそうですね!
ここからの成長が楽しみです。

舞台は変わり、次巻からは再び烏野のお話に戻ります。
影山にかかった全日本ユース強化合宿の招集、いったいどのようなものなのでしょうか?
気になりますね!

『ハイキュー!!』をスマホで見る方法

『ハイキュー!!』をスマホで読みたい!

そんなあなたは、U-NEXTで一気読み!

31日間無料、登録で600ポイント(1巻無料分)がもらえます。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP