ハイキュー!!最新刊(17巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~対青葉城西戦、決着~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

ハイキュー!!最新刊(17巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~対青葉城西戦、決着~無料情報

   
 

タイトル:ハイキュー!! 17巻
作者:古舘春一
登場人物:日向翔陽、影山飛雄、及川徹、牛島若利、ほか
閲覧したVOD:U-NEXT

ピンチサーバーとして試合に投入され、見事にその役目を果たした山口。
しかし、接戦の末試合はファイナルセットにもつれ込みます。
その後、青葉城西にマッチポイントを許してしまった烏野は、最後の勝負として3年生セッター・菅原をコートに投入します。
その後の様子を、さっそくレビューしていきたいと思います!

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

あらすじ

戦術的ワンポイントツーセッター、再び

メンバーチェンジで菅原が試合に参加します。
コート内にセッターがふたりいる「戦術的ワンポイントツーセッター」という配置ですね。
そして、試合が再開します。
菅原がサーブで青城を揺さぶり、乱れたボールをなんと日向がブロックしたのです!

彼の反応の速さに、及川も舌を巻いています。

いつでも強気なセッター・影山

日向のブロックのおかげで、青葉城西に追いついた烏野。
その後の影山の強気なツーアタックで、なんと彼らはマッチポイントを迎えます。
彼の土壇場での強気を羨ましがる青葉城西の控えセッター・矢巾。
そんな彼に、及川は言います。
「才能開花のチャンスを掴むのは今日かもしれない。体格ばかりは何とも言えないけど、無いと思ってたら多分一生無いんだ」

阿吽の呼吸

そして、タイムアウトを挟んで試合が再開します。
菅原版のシンクロ攻撃で決まったと思われたその攻撃、しかし青城の3年生・花巻が繋ぎます。
繋がったものの乱れたボールを託されたのは及川。
彼はなんと、コートの端から逆サイドにトスを上げたのです。

『6人で強い方が強い』

無茶苦茶だと思われたその攻撃、しかしそこにエース・岩泉がすでにスタンバイしていたのです。
相棒である及川からのトスに、渾身のスパイクで答える岩泉。
しかし、その攻撃を田中が必死に喰らいついて繋ぎます。
『6人で強い方が強い』とは、まさにこのことですね。

正面対決!

両者ともギリギリで攻撃を繋ぎ、なかなかラリーは終わりません。
そこで、ボールは影山の手に渡ります。
インターハイでの雪辱を晴らすために、日向と影山の最強の武器で、青城に正面からぶつかります!

変人速攻の行方は…?

日向がスパイクを打つ直前、及川はまるでふたりのセットアップを読んだかのように動きます。
しかし、日向はインターハイのときとはもう違います。
どこに打てばいいか、ちゃんとわかっているのです。
京谷のブロックの端を狙ったそのスパイクは、軌道を変えてコートに落ちます。
念願の、烏野の勝利です…!

『エース』として

試合後のミーティングで、青城の監督・入畑は選手たちに言います。
「…何を言おうとも、結果は結果のまま。悔しさが薄まる事もない。それでも、先ずは言わせてもらいたい。よく戦った」
その言葉を聞いて、思わず涙するメンバーたち。
そのなかでも岩泉は、最後の攻撃を決めきれなかったことが『エース』として許せない様子です。
しかし、同級生たちが彼の背中をたたき、どうにか涙をこらえます。

王者・牛島若利の絶対的自信

その後、及川の前に現れたのは王者・白鳥沢学園のエースである牛島若利。
彼は、及川に言います。

牛島の絶対的な強さを確信したような物言いに、彼は怒りをにじませながらも答えます。
「俺は自分の選択が間違いだと思ったことは一度も無いし、俺のバレーは何ひとつ終わっていない。取るに足らないこのプライド、絶対に覚えておけよ」
同時に、烏野についてもこう言ったのです。
「カラスは群れで大きな白鷲さえ殺すかもね」

澤村たちの過去

帰りのバスの中、疲れ切った部員たちは全員が爆睡していました(笑)
そのなかで澤村は、自分たち3年生がまだ1年生だったころの夢を見ていました。
彼が入部した当時、バレー部は『全国優勝』という大きな目標だけが空回る、パッとしない部活でした。
そんななか、このままではだめだと思い、動き始めたのが澤村たちだったのです。
しかし、最後の試合の結果は2回戦敗退。
当時の主将・田代は彼らに泣きながらこう伝えました。
「この先、烏野が強くなることなんてないのかもしれない。それでも、チャンスが来たら掴めよ…!!」

チャンスが訪れている瞬間

その後の2年間、ガムシャラに走り続けてきた澤村たち。
そんな彼らのもとに現れたのが、烏養前監督だったのです。
夢から覚め、高校に到着するや否や、澤村は部員たちにはっきりと言い切ります。
「狙うのは、全国大会優勝だ」
あたり前のようにその言葉を肯定する部員たちを見て、彼は確信します。
今こそ、チャンスが訪れている瞬間なのだ、と。

応援に駆け付けた人々

そして、いよいよ代表決定戦の決勝当日がやって来ます。
会場には女子バレー部の主将・道宮や、中学時代に人が足りなかったバレー部のために、日向と共に戦った同級生・泉と関向の姿が。
そして、烏野OBや烏野商店街の人たちが集まった『烏野応援団』も結成されているようです。
しかし喜びもつかの間、会場には彼らの何倍もの数の応援団を従えた白鳥沢学園の選手たちがいたのです…。

小細工なしの正面突破

試合前、烏養コーチは日向たちに、白鳥沢は『県内で最も未完成なチーム』だと言います。
白鳥沢のセッターは、確実に点を取りたい場面では、なんの小細工もなく必ず牛島にボールを託すというのです。
理由はただひとつ、それで点が取れるから。
彼以外の選手たちももちろん実力者ばかり、しかし日向たちは緊張こそしていますが焦ってはいない様子です。

王者の1球

そして、とうとう試合が始まります。
この決勝は、プロと同じ5セットマッチ。
いつもと違う環境、プレー時間による体力の消耗も心配されます。
試合開始早々、白鳥沢の空気に呑まれてサーブミスやレシーブミスを連発する烏野。
そこに、エース・牛島の強烈なスパイクが決まります。
なんと、その威力は西谷が拾えないほどでした。

烏野の守護神・西谷でさえも苦戦するスパイカー

「3本下さい。必ず慣れてみせる」そう宣言した西谷。
なぜ牛島のスパイクを拾いにくいかというと、彼が左利きだからなんだそうです。
西谷は、試合の数日前にコーチにこんなことを言っていました。
「『白鳥沢にウシワカ有り』なら、烏野には俺有りっスから」
しかし、今はなかなか攻撃を繋ぐことができません。

宣言通りの3本目

そんななか、月島も牛島を止めるために色々なことを考えていました。
彼に秘密で試合観戦に来た兄・月島明照は言います。
「うちの弟はね、がっかりするくらい冷静なんです!信じるのは『目の前の情報』だけ」
牛島のスパイクに思っていたように対応できない彼は、珍しく苛立っている様子です。
そして次の牛島のサーブのターン。
なんと、宣言通りの3本目で、西谷がレシーブを繋いだのです!

感想

対青葉城西戦、とうとう決着が付きましたね…!
最後のロングセットアップの数ページは、ずっとはらはらしながら読み進めていました(笑)
拾って繋いでを繰り返す両校に、敵味方関係なく「頑張れ…!」と思う気持ちでいっぱいでした。
勝敗が決まった瞬間、やはり一番最初に叫んだのが3年生の菅原だったということも印象深いです。
1回でも負ければ即終了してしまう、そんな気持ちから気が張っていたのでしょうね。

そして、烏野だけでなく、負けてしまった青葉城西サイドのお話も、読んでいてとても胸に来るものがありました。
烏野の3年生と同じで、彼らも負ければもうあとは引退しか残っていないわけですから「勝ちたい」と思う気持ちも同じです。
最後のセットアップで、ドンピシャのタイミングで攻撃できたにも関わらず、決められなかったことを泣いて悔しがる岩泉。
そんな彼の姿を見て、ほかの3年生部員たちが無言で背中を叩くシーンがあるんです。
何も言わずとも言いたいことは分かっている、そんな信頼関係がそのワンシーンで垣間見えたような気がしました。
この17巻で一番好きなシーンです。

そして、次巻からはいよいよ本格的に決勝戦がスタートします!
絶対王者・白鳥沢学園を相手にどんなプレーを見せてくれるのか…楽しみですね!

『ハイキュー!!』第18巻のあらすじ・ネタバレはこちら

『ハイキュー!!』第16巻のあらすじ・ネタバレはこちら

『ハイキュー!!』をスマホで見る方法

『ハイキュー!!』をスマホで読みたい!

そんなあなたは、U-NEXTで一気読み!

31日間無料、登録で600ポイント(1巻無料分)がもらえます。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP