ハイキュー!!最新刊(15巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~因縁の再戦~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

ハイキュー!!最新刊(15巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~因縁の再戦~無料情報

   
 

タイトル:ハイキュー!! 15巻
作者:古舘春一
登場人物:日向翔陽、影山飛雄、及川徹、菅原孝支、ほか
閲覧したVOD:U-NEXT

怪我をした澤村の代わりに試合に投入されたのは、2年生のウイングスパイカー・縁下力。
ブロックアウトに悩まされる烏野ですが、縁下や日向たちの活躍もあり、見事準々決勝を突破したのです!
彼らの試合の後に行われていたのは、伊達工と青葉城西の試合。
勝つのはいったいどちらなのでしょうか。
さっそくレビューしていきたいと思います!

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

あらすじ

伊達工と烏野の再会

準々決勝に駆けつけたのは、伊達工のバレー部を引退した3年生たち。
どうやら第1セットはもう終わっている様子で、彼らはどちらが先取したのかが分かりません。
そんな3年生たちに「あの…1セット目は青城でした」と声を掛けたのは澤村。
かつての宿敵に声を掛けられて、伊達工の彼らは驚いているようです(笑)

新たな1年生セッター・黄金川貫至

2セット目も青葉城西がリードしているようですが、伊達工も武器であるブロックで対応していきます。
そのなかでひとり、ひと際身長が高く、素人くさい動きをしている選手が。
澤村と一緒に話していた伊達工の前主将の茂庭によると、彼は1年生の新たな大型セッター・黄金川貫至。

しかしセッターとしての技術はまだまだ発展途上らしく、ミスをしては涙目で謝っています(笑)

新しい鉄壁

鉄壁ブロックに苦戦する青葉城西。
さすが伊達工、どんな攻撃もしっかりブロックで止めに行くのです。
及川の攻撃を止めた後輩たちを見て、茂庭は得意げに言います。
「あれがウチの、新しい鉄壁です」

ど真ん中!!

善戦する伊達工ですが、やはり先にマッチポイントを迎えたのは青葉城西。
勝利を目前にしたそのとき、青城のウイングスパイカー・岩泉が及川に言います。
「いつも通りでいい。俺に勝負させろ」
伊達工のブロックを警戒していた及川は、わざとネットから離れた位置にトスを上げていたのです。
その後、岩泉は自分よりも何センチも高いブロックを相手に、腕のど真ん中を打ち抜きます。

因縁の相手・青葉城西高校

青葉城西が準決勝に進出し、烏野の相手は彼らに決定します。
前回の辛い思い出がある烏野の部員たちは、ピリピリしている様子。
そのなかでも影山は、同じセッターとして譲れないものがあるようで、思いつめた表情です。
そんな彼に、日向が言います。
「俺たちの新速攻で、リベンジだ!!」

青城の3年生たちの信頼関係

試合前、烏野が強敵だと3年生部員たちに言う及川。
しかし、彼らは笑顔で「信じてるぞ、キャプテン」と言います。
珍しい言葉に驚く及川、しかしこれには続きがあったのです。
「初っ端のお前のサーブを信じてる。ミスったらラーメン奢りで」
こんな会話も、信頼関係がないとできないことですよね(笑)

烏野の進化

そして、いよいよ試合が始まります。
最初のサーブを文句なしの出来で決めた及川。
しかし、澤村はそれをしっかり拾います。
そして、なんとそのボールで西谷がトスを上げ、さらにそれで東峰がスパイクを打ったのです。
その後も、日向たちが前回の公式戦であるインターハイで青城に負けてからずっと練習してきた新速攻を決め、烏野の進化を見せつけます。

攻めのメンバーチェンジ

前回の経験を生かして、攻撃にしっかり対応していく日向たち。
しかし、このときのために新技を得たのは彼らだけではありません。
及川は、以前のサーブとは比べ物にならないような、まるでスパイクのような威力のサーブを放ったのです。
あまりの速度に驚きを隠せない烏野のメンバーたち、しかしそのサーブはアウトで、彼らが先に第1セットのセットポイントを迎えます。
そのとき、青葉城西がまさかのメンバーチェンジ。
見たことのない選手が試合に投入されたのです。

ボールを奪った京谷

『京谷』と呼ばれたその選手は、なんと及川が金田一に上げたトスを無理やり奪い、乱暴にスパイクを打ったのです。

しかし、その攻撃はアウト。
ラッキーなことに、相手のミスのおかげで烏野は1セット目を先取します。

『狂犬ちゃん』の実力

そして試合は第2セットに突入します。
今度はスタンディングから参加している、例の乱暴な選手。
ちなみに、名前は京谷堅太郎というらしく、及川からは『狂犬ちゃん』と呼ばれています(笑)
先ほどの攻撃では荒っぽさが悪目立ちしましたが、2セット目では鋭角なコースのスパイクで烏野のメンバーの肝を抜きます。

未知の青城

しかし、まだ京谷が加わった攻撃に慣れない分、ギクシャクしている青葉城西。
そんな彼らを見て、澤村は言います。
「シメて行こう。アレは、俺たちの知らない青城だ」
その後、調子づいてきた京谷に連続得点を決められ、点差がどんどん開いていきます。
流れを変えたい烏野の烏養コーチは、コートにセッター・菅原を投入。
しかし、交代するのは影山ではないというのです。

戦術的ワンポイントツーセッター

ふたり目のセッターとして投入された菅原。
コートに入るか入らないかのギリギリのコースのサーブで、青城を揺さぶっていきます。
そして、なんと菅原のトスを影山が打つという珍しい攻撃も成功。

コートにふたりのセッターがいるからこそできる技ですね!

山口の視線

しかし、そのいい流れも京谷によって阻止されてしまいます。
このセットの大半をかけて及川に慣らされた彼はさらに調子が上がっており、強気な攻撃でどんどん烏野を追い詰めていきます。
さすがに焦りを見せ始めたコーチ。
そのとき彼は、ベンチで待機していた山口からの熱視線に気がついたのです。
彼は、無言ながらも目でコーチに訴えかけます。
「俺に行かせてください」

感想

準決勝の烏野の相手、やはり青葉城西でしたね~。
伊達工にも青城にも新たな部員が増えており、最後までどちらが勝つのか先が読めない展開になってきています。
あ、ちなみに、レビューでもちょこちょこ出てくる『青城』というのは、青葉城西の略称です。
伊達工の新たな大型セッター・黄金川は、まだまだ素人っぽさが残るプレーが初々しくて可愛らしいですね(笑)
しかし、1年生ながらもかなり身長が高いので、セッターとしての活躍だけではなく、鉄壁の一角を担うブロッカーとしての活躍も期待できそうです。
次に烏野と戦うときにはもっと強くなっていそうで、末恐ろしいですね…。

そして、青葉城西の新メンバー、京谷堅太郎。
黄金川とは真逆で、かなりアクの強そうな選手ですよね。
金田一のトスを無理やり奪ったり、明らかに決まらない攻撃もフルスイングしたり…と、 『気持ちよく攻撃を決めること』にこだわりがあるようです。
しかし、彼の実力は確かなもの。
今も調子づいてきていますし、これ以上流れに乗せるのは怖いですよね…。
あと、どうしても彼の顔を見ると脳裏に田中の顔がよぎるんです(笑)
髪型といい目つきといい、このふたりけっこう似ていませんか?
とても個人的な願望なのですが、ぜひ京谷と田中の絡みが見てみたいです。

『ハイキュー!!』第16巻のあらすじ・ネタバレはこちら

『ハイキュー!!』第14巻のあらすじ・ネタバレはこちら

『ハイキュー!!』をスマホで見る方法

『ハイキュー!!』をスマホで読みたい!

そんなあなたは、U-NEXTで一気読み!

31日間無料、登録で600ポイント(1巻無料分)がもらえます。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP