『ハイキュー!!』(14巻)のあらすじ・ネタバレ~烏野高校VS和久谷南高校~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

『ハイキュー!!』(14巻)のあらすじ・ネタバレ~烏野高校VS和久谷南高校~無料情報

   
 

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

アニメ好きが選ぶべき動画配信サービス

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

タイトル:ハイキュー!! 14巻
作者:古舘春一
登場人物:日向翔陽、影山飛雄、縁下力、山口忠、ほか
閲覧したVOD:U-NEXT

代表決定戦の1回戦の相手は、『お祭りチーム』と呼ばれている条善寺高校。
型にはまらない攻撃で烏野を翻弄します。
しかし、主将・沢村の安定したレシーブのおかげもあり条善寺高校を破って準々決勝に進出。
対戦相手である和久谷南高校は、主将・中島を筆頭にブロックアウトなどの多彩な攻撃スタイルで烏野を苦しめます。
そんな、ボールを繋ぐことに精一杯な彼らの前で、沢村が倒れたのです…。
一体なにがあったのでしょうか?
さっそくレビューしていきます!

あらすじ

衝突した田中と沢村

和久谷南高校との試合中、烏野の主将・沢村が顔をおさえてうずくまります。
なんと、彼と田中が同じボールを追いかけて激突し、かなりの勢いで顔を打ったというのです。
なんとか起き上がって試合に戻ろうとする沢村、しかし顧問の武田がそれを許しません。

それもそのはず、彼の口からは血が垂れており、さらには歯も折れている様子。
沢村は「頼むぞ…!」と東峰に言い、残りの試合を託します。

主将代理・縁下力

そして問題は、チームの土台の代わりを誰が務めるのかということ。
「お前しか居ない。頼むぞ」という菅原の声とともにコートに入ったのは、2年生のウイングスパイカー・縁下力。
そのとき、彼に田中が弱々しく謝ります。
縁下は、東峰にも協力してもらって、珍しく弱っている彼を元の調子に戻します。
パッと見れば気弱そうな彼ですが、実は2年生メンバーの中でもかなりのしっかり者なんですね(笑)

逃げる方がしんどい

そして試合が再開します。
安定したレシーブでボールを繋いでくれていた沢村が抜けたことで、守備が甘くなった烏野。
その守備の穴を、和久南は的確に狙っていきます。
自分を狙う彼らの攻撃対応できない縁下、しかし彼は心の中でこう唱えます。
「逃げる方が絶対後からしんどいって事は、もう知ってる」
気合を入れなおした縁下は、改めて沢村の代理として試合に挑みます。

一度は逃げた過去

春高が始まる前、コーチから「次の主将をそれとなく考えておくように」と言われた2年生部員たち。
すると、縁下以外の2年生たち全員が彼を推したのです。
しかし、当の本人は弱々しく言います。
「でも俺は逃げた。チームのトップなんてできるワケないだろ」
そう、1年前の夏休みに、厳しい練習から逃れようと、縁下を含めた2年生数人が部活を立て続けにサボったのです。

『どっちも分かる奴』

その後、苦しくなった縁下は部活に復帰。
そんな中途半端な自分には主将は務まらないと思っているのでしょう。
しかし、彼に田中は言います。
「だからかもな!!俺は自分と違うタイプの奴のことはよくわかんねえけど、お前は多分どっちもわかる奴だ!」
そして、そんな根性なしの縁下はもういません。
和久南の強烈なサーブを、拾って繋いでいきます。

山口の唯一の武器・サーブ

そんなとき、ピンチサーバーとして山口が投入されます。
ギリギリのネットインでセットポイントに持ち込んだ彼は、ミスを恐れて普通のサーブを打ったのです。
なんとか1セット目を先取した烏野、しかしコーチは山口に怒ったような表情で近づいていきます。
そんなコーチを止めたのは縁下。

自分の根性の無さに、山口は苛立ったような表情を見せます。

主将の存在の大きさ

そして試合は2セット目に突入。
しかし、沢村不在のせいで当然のように上がっていたボールが上がらなくなり、烏野は和久南に大幅にリードされていました。
その状況で冷静に点を取る和久南の主将・中島。
烏野は、あっけなく2セット目を奪われてしまいます。

縁下なりの作戦

3セット目もブロックアウトに悩まされる日向たち。
日向もブロックアウトを狙って攻撃しますが、なかなかうまくいきません。
しかし、影山のサービスエースや東峰のフォローもあって烏野も追い上げていきます。
そんなとき、縁下が同じポジションである田中と東峰に言います。
「ブロックアウト狙ってきたときのボール、俺が拾います」
なんと、コート外に吹き飛ばされたボールを彼が拾うというのです。

主将代理から『縁下力』へ

宣言通り、飛んで行ったボールを全力で拾いに走る縁下。
「これを拾えなければ、このコートで俺に価値はない」
そんな思いで繋がれたボールを、日向は東京遠征で得た技「リバウンド」を使って得点にしていきます。
そしてこのワンプレーで、縁下の中で「自分は代替品だ」という感覚がなくなったのです。
勢いに乗った烏野は、不利な状況から同点にまで追いつきます。

小さな巨人に憧れる者同士の戦い

しかし、和久谷南は崩れません。
「粘りの和久南、ナメんじゃねえぜ!!!」
小さな巨人に憧れる者同士、中島は日向に張り合っているようにも見えます。
点を取って取られてを繰り返したのち、先にマッチポイントを迎えたのは烏野。
焦って攻撃がうまく決まらない日向、しかしそんな彼に縁下がフォローを入れます。

勝負の行方

最後の最後で中島が狙ったのは、またもやブロックアウト。
しかし、それも縁下がしっかり繋ぎます。
和久南の一瞬の油断を突いた日向の攻撃が決め手となり、烏野は準決勝に進出します!

次の相手は…?

烏野の試合が終わったころに行われていたのは、伊達工と青葉城西の試合。
勝った方が次の準決勝で烏野と戦うことになります。
両者のハイレベルな戦いを見て不安そうな顔になる縁下。
しかし、そのとき治療を終えた沢村が帰ってきたのです。
喜ぶ部員たちを見て「次の試合では人一倍働くから」と言う沢村、本当に頼もしいですね!
そんな次の相手は、いったい伊達工と青葉城西のどちらなのでしょうか…?

感想

とうとう烏野が準決勝まで駒を進めましたね!
沢村不在のなか、正直和久南に勝つのは難しいのではないかとヒヤヒヤしていました。
しかし、彼の代わりである縁下の実力は予想以上。
私自身、彼は絶対に弱気なタイプだと思っていたので、予想と現実のギャップに驚きましたね(笑)
部活から逃げたという過去が、彼を強くしたのでしょう。
一度逃げたところに再び戻ってくるということは、かなりの勇気と根性が要ります。
つまり、縁下にはそれ相応の勇気と根性があるということ。
それを証明したのが、あの『ブロックアウトのボール拾います宣言』だったのではないでしょうか。
本編に「向こうがうまいのはわかってんじゃん!!だからどうしようかってハナシだろォ!!」という日向の言葉で、縁下がなにかに気づいたような表情をするシーンがあるんです。
向こうが上手だからこそ、自分にできることは限られている。
だから、それを精一杯やる。
きっと、そのことに縁下が気づいた瞬間だったのですね。
沢村が戻ってきたので、彼が今後の試合出るのかは不明ですが、これからの活躍に期待大ですね!

そして、次巻ではいよいよ準決勝での対戦校が決定します。
伊達工と青葉城西、どちらが勝ち進んでもおかしくないですよね。
勝負の行方が気になります…!

他の『ハイキュー!!』ネタバレ・あらすじも読まれています

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP