『ハイキュー!!』(13巻)のあらすじ・ネタバレ~代表決定戦、開幕~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

『ハイキュー!!』(13巻)のあらすじ・ネタバレ~代表決定戦、開幕~無料情報

   
 

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

アニメ好きが選ぶべき動画配信サービス

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

タイトル:ハイキュー!! 13巻
作者:古舘春一
登場人物:日向翔陽、影山飛雄、沢村大地、照島遊児、ほか
閲覧したVOD:U-NEXT

いよいよ開幕した全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称『春高』。
3年生にとっては最後の公式戦となる大事な試合です。
烏野のひとりひとりが東京遠征で得た新たな技を駆使して、順調に勝ち進んでいきます。
月島たち1年生にも、新たな心境の変化があった様子で、彼らはどんどん成長しているのです。
そして、とうとう全国出場をかけた最後の戦い・代表決定戦当日を迎えます。
その様子を、さっそくレビューしていきたいと思います!

あらすじ

とうとう始まる代表決定戦!

ついに代表決定戦当日がやってきました。
会場に着いた日向たちの前に現れたのは、予選で清水をナンパした選手たち。
彼女に馴れ馴れしく話しかける彼らに、飛びかかろうとする西谷と田中(笑)
そのとき、ひと際目立つ金髪の選手が「1回戦ヨロシク」と言います。
そう、彼らは1回戦で烏野と戦う『条善寺高校』の選手だったのです。

お祭りチーム・条善寺

いよいよ試合が始まろうとしていました。
条善寺は『お祭りチーム』と言われており、インターハイではベスト4という結果を残しているチーム。
試合開始直後も、エンドラインから強打を打ったり、足を使ってボールを繋いだり、と型にはまらない攻撃で烏野を驚かせます。

しかし、そこでされるがままの彼らではありません。
コート外に飛んでいったボールを繋ぎ、懸命に攻撃していきます。
どちらが最後まで遊び倒せるか、勝負です!

渾身のブロック

点を取って取られての一進一退をくり返す烏野と条善寺。
相手のハイレベルな攻撃も、主将の沢村の安定した守備のおかげで日向たちの速攻に繋がります。
彼らの攻撃は、土台であるレシーブがあってこそなのです。
しかし、条善寺もなかなか折れません。
ムキになった影山は、ものすごい反応速度でツーアタックを止めに行きます。
しかし、勢いよくブロックしたせいで、相手の攻撃が顔面に直撃してしまったのです…。

選手交代!

顔面ブロックのせいで鼻血が出た影山は、しぶしぶ試合を抜けて止血をしに行きます。
彼の代わりに試合に参加したのは3年生セッターの菅原。
また、日向も2年生のミドルブロッカー・成田と交代しベンチに下がります。
「影山なしで日向をコートに入れておく理由が無い」
それがこの交代の意味でした。
しかし、日向もその事実を自分でわかっているのです。
「やることがいっぱいだ」と嬉しそうにつぶやきます。

初見のシンクロ攻撃!?

菅原と成田の攻撃もスムーズに決まり、烏野のペースになってきました。
そして、シンクロ攻撃によって彼らは1セット目先取目前に。
しかし、そこで条善寺が思わぬ行動にでます。
なんと、菅原たちのシンクロ攻撃を初見で真似したのですが、やはり噛み合わず、彼らのミスによって烏野が1セット目を先取します。
劣勢のセットポイントで見よう見まねの攻撃に挑戦するとは、なんという無鉄砲さでしょうか…。

チームの『土台』

そして2セット目、やっと日向と影山コンビが試合に復活します。
しかし、気合が入りすぎたのか、うまく攻撃がかみ合いません。
そこに、彼らがミスをすることを先読みしていたかのような速さで、沢村がフォローに入ります。
「俺にはド派手プレーは無理だけど、『土台』なら作ってやれる。まぁ存分にやんなさいよ」
主将らしい彼の言葉に感激する日向たち、それを見て条善寺の主将・照島はなにかを思い出したような表情になります。

『楽しくない』時間

2セット目も烏野のペースで試合が進んでいきます。
そんな中、条善寺のマネージャー・三咲華は、気合だけで試合をなんとかしようとする照島たちを見て、悩んでいました。
彼女は、バレー部で唯一の3年生。
同期だった前主将・奥岳の言葉を思い出します。
「必ず『楽しくない』時間はやってくる。そのとき、お前はどうする?」
今の条善寺はまさに、その『楽しくない』ときなのです。

『遊ぶ』ことと『考えない』ことはイコールではない

彼らを見かねた三咲は、タイムアウトを取って照島たちに話します。

それは、奥岳の「遊ぶにはまず遊び場が必要」という言葉から来たものでした。
その言葉の真意を知った部員たち、新たな思いで試合に臨みます。

最後まで攻め抜く条善寺

1セット目までとは違い、様々な作戦を立てて烏野に挑んでいく条善寺。
日向たちの速攻にも瞬時に対応していきます。
しかし、日向はそれくらいでは折れません。
打つ瞬間に目を瞑るのをやめたおかげで、コースをしっかり見極めて攻撃できるようになったのです。
また、東京遠征で得た必殺技『フェイント』も使い、とうとう烏野がマッチポイントに。
しかし、そんな崖っぷちの状況でも、条善寺は攻めることを止めません。

賭けのシンクロ攻撃

なんと、照島たちはまた見よう見まねのシンクロ攻撃をしたのです。
この1点を取られたら負ける、そんな状況であっても、彼らが考えているのは『成功したときの快感』だけ。
しかし、1セット目と同様に、アウトになってしまいます。
よって、烏野は2回戦に進出します!

マネージャー・三咲華の本音

試合後、三咲は選手たちに言います。
「アンタたちの常に本気で遊ぶってスタイル、けっこう好きよ」
その目にはうっすらと涙がにじんでいます。
『遊ぶ』ことの本当の意味を知った条善寺高校、これからも強くなっていくことでしょうね。

鉄壁ブロッカー・青根との再会

そのとき、日向は別の場所で伊達工業高校のブロッカー・青根と再会していました。
「明日、お前を止める」
それだけを日向に言って去っていきます。
明日、青根たちと戦うためにも、まずは2回戦を突破しなくてはなりません。
そして、その2回戦の相手は和久谷南高校。
コーチいわく、守備力と粘り強さが武器のチームなんだそうです。
生き残って勝ち進むために、日向たちも気合を入れなおします!

粘りの和久南

そして、いよいよ春高2日目。
コーチは武田先生に言います。
「気合入れるぜ先生…。単なる俺の感覚の話だけど、この和久南ってチーム、多分烏野と相性悪いから」
その言葉の通り、和久南の選手たちは日向と影山の速攻を見ても驚いた様子を見せません。
また、影山の強烈なサーブにもしっかりとレシーブを返します。

次世代の『小さな巨人』

和久南の武器は守備だけではありません。
主将・中島はブロックアウトを中心とした空中戦に長けているのです。
それを見たコーチは呟きます。
「今の県内では、もしかしたらプレースタイルが一番似ているのかもな…。かつての小さな巨人に」

主将・沢村の身になにが…?

中島のブロックアウトに悩まされる烏野。
沢村や西谷を中心に、弾き飛ばされたボールを拾うので精いっぱいの様子です。
長い長いラリーの中で、何回も繰り返されるブロックアウト。
沢村がなんとかそのボールを繋ぎ、烏野はリードを奪います。
しかし、喜ぶ部員たちの後ろには、顔を抑えてうずくまる沢村の姿が。

一体、なにがあったのでしょうか…。

感想

いよいよ代表決定戦が始まりましたね!
初めてということもあって、烏野の部員全員がいつもよりやる気に満ちている気がします。
だからこそ起こるミスもあるのでしょうね…(笑)
条善寺高校との試合の際、影山が顔面でブロックをしたときには、私も読みながら思わず「痛そう…!」と呟いてしまいました。
でも、あのいつも余裕そうな表情を浮かべている彼がそこまで必死になるとは、それだけこの試合に勝ちたいという思いが強いからなのでしょう。
結局、止血のために一時試合を抜けてしまいましたが…(笑)
でも、そのときに日向までベンチに下げられたのは、コーチの言葉を見るまでは正直不思議でした。
やはり、2年生の成田・木下あたりよりも試合の出場経験の多い彼を優先すると思ったんです。
でも、日向が影山無しでもコートに残れる日も近いと思います。
彼自身、今の自分の立場を自覚しているようですしね。

そして、和久谷南との戦い!
彼らは、烏野が苦手とする「自分たちのペースを守りつつ、こちらの攻撃にも適切に対処してくる」いわゆる音駒や青葉城西のようなチーム。
しかも、日向が尊敬する『小さな巨人』にプレースタイルが似ているとなると、彼らは熱くなることでしょうね(笑)
しかし、烏野の守備の土台である沢村の身になにかが起きた様子。
怪我でしょうか…。
気になるところです。

他の『ハイキュー!!』ネタバレ・あらすじも読まれています

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP