僕のヒーローアカデミア 3巻のあらすじ・ネタバレ・感想~ヴィランの襲撃と雄英体育祭~ | VODの殿堂

電子書籍

僕のヒーローアカデミア 3巻のあらすじ・ネタバレ・感想~ヴィランの襲撃と雄英体育祭~

   
 

タイトル:僕のヒーローアカデミア 3巻
作者:堀越耕平
登場人物:緑谷出久、オールマイト、イレイザーヘッド、爆豪勝己、轟焦凍、麗日お茶子、飯田天哉、他
閲覧したVOD:U-NEXT

夢の高校生活が始まり、スポーツテストや戦闘訓練などを経てクラスメイトたちとの仲も深まってきた出久たち1年A組。
しかし、校外の施設へ救助訓練に来ていたところを謎のヴィラン連合に襲われてしまいます。
ヴィランの個性によりクラスメイトたちはバラバラになってしまいますが、日ごろの授業を生かし、何とか対抗。
その中でも出久と梅雨、そして峰田は頭脳派チームプレイで見事ヴィランを倒します。
しかし、生徒たちを守るためにひとりでボスであろうヴィランと戦っていた相澤先生が、ヴィランの個性と圧倒的なパワーによって倒されてしまったのです。
果たしてA組はどうなってしまうのでしょうか。
そんな波乱の第3巻をレビューしていきたいと思います!

アニメ『僕のヒーローアカデミア』もオススメ!ヒロアカの魅力についてはこちら!

スポンサーリンク

あらすじ

頭脳派の腕の見せ所

その頃、バラバラに散ってしまったクラスメートたちもヴィランと戦っていました。
その中でも、飯田君とお茶子たちは外部に助けを求めるため、何とか外に出ようと奮闘。
しかし相手の個性はダークホールのようなもので、彼らは攻撃することができません。
そんな中、お茶子があることをひらめきます。
それは、たとえ個性がダークホールであっても、実体はあるのではないかということ。
その予想は見事的中し、ほかのクラスメイトの助けもあって、飯田君はは何とか外へ。

恐怖の個性「崩壊」

しかしその頃、イレイザーヘッドは敵のヴィランに圧倒されていました。
彼はどう対抗することもできず、ただただ攻撃を受けるのみです。
トップヒーローの彼でさえも対抗できないとは…。
触れた腕がボロボロになっているので、「崩壊」か何かの個性なのでしょう。
そしてその魔の手は、隠れて見ていた出久たちにも忍びよります。
その手が梅雨に触れようとした瞬間、相澤先生が最後の力振り絞って個性を発動します。
出久も危機感を感じ必死で攻撃しますが、彼らには全く効ません。
もうダメだと思ったそのとき、やってきたのはオールマイトでした。

平和の象徴は殺させない

怒りの表情を見せるオールマイト。
いつものような笑みを見せません。
彼は一瞬で相澤先生を助け、出久たちも救い出します。
まったく焦る素振りをみせないヴィランですが、オールマイトは構わず攻撃を繰り返します。
そのとき、出久は思い出します。
オールマイトの活動時間の限界を。
そう、彼のヒーロー活動が持続可能な時間はわずか3時間なのです。
しかしその間にも、ヴィランはじわじわと彼を追い詰めていきます。
それを見ていられず、出久は飛び出してしまいます。
しかし同時にそこに現れたのは轟くんや勝己たち。
彼らの助けもあり、オールマイトは圧倒的な強さで一体のヴィランを吹っ飛ばします。

「プロ」の実力と不屈の精神

その攻撃を最後に活動時間の限界が来てしまったオールマイト。
しかしヴィランの攻撃は続きます。
そのことに気づいた出久。
出久はまたもや飛び出していきます。
彼はオールマイトの秘密を知っているからこそ、ジッとしていられないのでしょう。
しかしその瞬間、飯田くんが呼んできたプロヒーローたちが到着します。

一度はやられてしまった13号も参戦し、圧倒的な速度でヴィラン達を蹴散らしていきます。
出久たちがプロヒーローを目指す理由も分かります。本当にかっこいい。

経験は必ず糧になる

危険を察知したヴィランたちは早々に逃げ出してしまいます。
入試早々、プロの世界が戦っている世界の恐怖を目の当たりにしてしまったこと。
そして、トップヒーローの卵と言われながらも何もできなかったこと。
それらにショックを受ける出久たち。
しかし、オールマイトは彼ら強いヒーローになることを確信します。

雄英高校体育祭!

そして襲撃事件の次の日。
全身包帯だらけの姿で相澤先生がやってきます。
痛々しいのになぜか笑えてしまいます(笑)
先生は「雄英高校体育祭が迫ってる!」と告げます。
雄英高校の体育祭。それは日本のビッグイベント1つで、かつてのオリンピックに変わるようなものなのです。
しかし出久はまだ個性の調整が思うようにできません。
そんなとき、オールマイトは彼にこう言います。
「君が来た!ってことを世の中に知らしめて欲しい!!!」
自分が個性の後継者として期待されているのだと痛感する出久。
体育祭は刻一刻と迫ってきます。

「俺が1位になる」

そしていよいよ体育祭当日!
選手宣誓はまさかの勝己(笑)
彼、実はこれでも入試1位通過なんですよ。
「俺が1位になる」
勝己はそう言い切ります。

しかし、これは自信過剰でも何でもありません。
彼なりに自分を追い込んでいるんです。
そして早速始まった第一種目「障害物競走」。
これはいわゆる予選で、この競技で上位に残れば本選に進めるというわけです。
コースさえ守れば何をしてもいいというルールもまた雄英高校らしい。
さっそくレースがスタートします!

こんな結果誰が予想した?

スタート直後から、どんどん他のクラスと差をつけていくA組。
その中でも、轟焦凍は圧倒的な速度でトップを駆け抜けていきます。
それもそのはず、彼はオールマイトに次ぐナンバー2のフレイムヒーロー「エンデヴァー」の息子なのです。
しかしその彼は「クソ親父が見てるんだから」とケンカ腰。
2人の間に何があったのでしょうか。
そんななか、出久も順調に進んでいきます。
しかし前を走る勝己や轟くんには追いつくことができません。
しかし、一面地雷原にたどり着いたとき、あることを思いついた出久。
地雷の爆発の威力を利用しようというのです。
その作戦が功を奏し、出久は轟や勝己を追い越し、何と1位でゴール!
この後、どうなっていくのでしょうか?

感想

ヴィラン連合の襲撃から体育祭まで、3巻は内容が濃いですね!
ヴィラン連合といえば、「崩壊」の個性が恐怖でしかないです。
プロヒーローのイレイザー・ヘッドでさえも簡単に反撃ができないとは…。
これ以上の接触は避けたいものの、再登場の予感がしますね。
そんな敵に、オールマイトのために自分の体を犠牲にする覚悟で飛び込んでいく出久は、本当にかっこいいと思うんです。
その後のことはまったく考えていませんが(笑)
入試試験で足がすくんでしまっていた彼とはもう別人ですね。
彼の成長っぷりは、読んでいるこっちまで清々しくなってきます。
そしてそんな彼が迎えた初の体育祭!
まさか出久が1位通過するとは全く思っていなかったのでかなりビックリしました(笑)
彼はあいかわらず頭脳派プレイとなると光るものがありますよね。
そして何より嬉しいのは、A組のクラスメイトたちの成長!
出久だけでなく、彼らも確実に成長しています。
今回のレビューでは書くことができなかったものの、気になる個性のクラスメイトたちも多数登場しているんです。
これからの体育祭の本編でまた紹介していこうと思っています。
また、体育祭ということで、ほかのクラスや学科のキャラクターの登場も期待されます。
今のところ1位通過の出久も、その他のキャラクターたちにも注目ですね!!

『僕のヒーローアカデミア』第4巻のあらすじ・ネタバレはこちら

『僕のヒーローアカデミア』第2巻のあらすじ・ネタバレはこちら

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP