『ハイキュー!!』(7巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~烏野高校VS青葉城西高校~無料情報 | VODの殿堂

電子書籍

『ハイキュー!!』(7巻)のあらすじ・ネタバレ・感想~烏野高校VS青葉城西高校~無料情報

   
 

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

アニメ好きが選ぶべき動画配信サービス

アニメ『ハイキュー!!』についてはこちら

タイトル:ハイキュー!! 7巻
作者:古舘春一
登場人物:日向翔陽、影山飛雄、菅原孝支、及川徹、ほか
閲覧したVOD:U-NEXT

東峰や西谷、そして日向たちの活躍もあって「鉄壁」と呼ばれる伊達工業高校に勝利した烏野。
3回戦の相手は、県内トップのセッター・及川率いる青葉城西高校です。
影山は「同じセッターとして負けられない」という思いから焦り、らしくないミスを連発。
そんな彼の様子を見かねたコーチは、影山と交代で菅原をコートに投入します。
気になるその後を、さっそくレビューしていきたいと思います!

あらすじ

烏野のもうひとりのセッター・菅原

影山と交代で菅原がセッターとして試合に参加することに。
笑顔でコートに入ってきた彼につられ、ほかのメンバーたちも笑顔になります。
そして試合が再開!
影山と比べて背が低い菅原、しかし今の彼にとってはそれさえも武器なのです。
ブロックの直前で場所を入れ替わる「スイッチ」など、影山とはまた違った計画的な作戦で確実に青葉城西を揺さぶっていきます。

日向の挑戦

第1セットも大詰め、烏野は終盤でも及川のサーブに苦戦することになります。
青葉城西のセットポイントで、なんとか上がったボールを日向が拙いながらも必死に攻撃。
そしてなんと、菅原からアドバイスを受けた彼は、初めて囮ではなくブロックしたのです!
しかし結果は惜しくもアウト、1セットを青葉城西に奪われてしまいます。

3年生の意地

一進一退を繰り返す烏野と青葉城西。
そろそろ影山と菅原がまた交代する、という雰囲気になったそのとき、東峰が声を掛けます。
「次の1本俺に寄越せ。絶対決める」
東峰、すっかりエースらしくなりましたね…!
そして宣言通り彼がスパイクを決め、再びセッターが交代。
影山がコートに戻ってきます。

不器用な影山の努力

コートに入るや否や、なにやら怪しげな笑みを浮かべる影山。
どうやら笑顔でメンバーに接していた菅原のマネのようです(笑)
一度交代したことで落ち着きと調子を取り戻した影山は、なんとリベロからサービスエースを獲るほどの好調っぷり。

点を取った日向に「良くやった」といったり、普段はあまり話そうとしない月島に自分から話しかけたり、と変化を見せます。

真っ向コミュニケーション

「月島とは『真っ向コミュニケーション』だぞ」と影山にいう菅原。
どうやら、月島にも考えがある様子です。
それは連続のフェイントからの強打。
菅原からのアドバイスのおかげできちんと意思表示をしたふたりは、見事に相手を惑わせて点を奪います。

6人で強い方が強い

着実に成長している影山を見て、及川は中学時代を思い出します。
元々かなりの実力者だった及川、しかし県内最強といわれていた白鳥沢学園にだけは勝てずにいました。
それに加えて、当時自分の背後に現れた天才児・影山に焦らされ、彼は自分のことしか考えられなくなっていました。
そんな彼の目を覚まさせたのは、相棒・岩泉の言葉。
「バレーはコートに6人だべや!!『6人』で強い方が強いんだろうがボゲが!!!」

及川・岩泉VS影山の頭脳戦

その後、県内トップのセッターにまで登りつめた及川。
そんな彼の憎き天才後輩・影山が目の前にいて、彼が本気にならない訳がありません。
しかし、それを超えてくるのが烏野です。
昔から及川と岩泉を知っている影山は、重要な場面で彼らがどのような攻撃を仕掛けてくるのかがわかるのです。
そうして彼が攻撃を予測し、なんと第2セットを烏野が奪い返します。

「爽やか君」とコート上の王様

影山に自分のセットアップを読まれたことが信じられない及川。
「コート上の王様」「横暴な独裁者」とまで言われていた彼が今、まともな王様になろうとしているのです。
そんな事実に気づいた及川は苛立ったような、ワクワクしたような表情。
完全に火が付いた両チーム、いよいよ運命の第3セットが始まります!

「あと一歩」を作り出す

3セット目でもまったく焦りを見せない青葉城西。
「あと一歩」が欲しい烏野は、日向と影山にそれを託します。
ようやくかみ合ってきた彼らの未知の可能性、それがこのふたりなのです。

そして強烈なワイド移動攻撃を決めた日向たち、その良い流れに東峰も続き、同点に追いつきます。

感想

3回戦、盛り上がってきましたね~!
菅原が影山と交代でコートに入ったときは、期待半分不安半分のような気持ちで見ていました。
でも、そんな心配は杞憂に終わりましたね。
誰よりもコートの外側からチームを見てきた彼だからこそ、いざ試合に参加しても冷静に状況を見定められるのでしょう。
特に、月島と菅原の位置をギリギリで切り替える「スイッチ」。
背が低い自分が狙われると分かっていないと、あんなことできませんよね。
プレイしたのは1セットにも満たない少ない時間でしたが、烏野が流れを取り戻せたのは確実に彼のおかげだと思います。

そして影山。
試合中にベンチに下げられたという事実は彼のプライドを傷つけるのではないか、と心配でした。
しかし、今の彼はそんなことで一喜一憂するほど弱くはありませんでした。
「影山君の強さ・上手さの要因は、高いプライドと、でもそれを上回る上達への貪欲さだと思うから」
これは武田先生がコーチにいった言葉なのですが、まさにその通りですよね。
復活した影山の変化は、まさに今の烏野を成長させるものだと思います。
第3セット、今でやっと青葉城西に追いついたような状態です。
同点からどう持っていくのか、次巻が楽しみでしょうがありません!

他の『ハイキュー!!』ネタバレ・あらすじも読まれています

『ハイキュー!!』無料立ち読み配信先一覧


無料
現在、提供しているサービスがありません。

定額
現在、提供しているサービスがありません。

ポイント

31日間無料
新規登録で600円分無料

レンタル
現在、提供しているサービスがありません。

※画像をクリックすると配信先に移動します。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

この記事も読まれています

PAGE TOP