「魔法陣グルグル」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想〜長い声のネコ~ | VODの殿堂

アニメ

「魔法陣グルグル」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想〜長い声のネコ~

   
 

タイトル:「魔法陣グルグル」第3話
放送局:テレビ東京系列
放送期間:2017年7月12日~12月20日
アニメーション制作:Production I.G
キャスト:ニケ・石上静香/ククリ・小原好美/キタキタおやじ・小西克幸/ギップル・櫻井孝宏/ルンルン・大西沙織/トマ・藤井ゆきよ/ジュジュ・大地葉/レイド・岡本信彦/カヤ・飛騨展男/ゴチンコ・小山力也/ギリ・銀河万丈
視聴したVOD:hulu(2018年8月4日時点では配信終了)

キタキタ踊りの尻の動きが魔法陣になっていることに気が付いたニケ。
戦闘モードになったククリは、魔法陣で魔人を呼び出すことに成功するみたいですね。
一体どんな攻撃をするのでしょうか?

また、謎の女性から新しい魔法陣を教えてもらうみたいですね。
こちらもどんな魔法なのか、気になりますね~。

『魔法陣グルグル』(2017年)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月25日(金)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

魔人ベームベーム

オヤジの尻の動きを見て魔法陣を覚えたククリ。
魔人ベームベームを呼び出し、敵を一網打尽にしてしまう。
あまりに強力な攻撃に怖くなったククリは、「もおいいよ~」と言い攻撃を終わらせる。
すかさずニケは、グリエルから聞いたボスの弱点を突き、見事勝利する。
しばらく歓喜するニケたち。
突然オヤジのスネに「封印は解かれた」という文字が浮かび上がり、オヤジはますます嫌われてしまう。

キタキタ踊りのひみつ

町では、ニケたちの「追悼慰霊祭り」の横断幕が準備がされていたが、無事に戻ったことで「祝賀会」が開かれることになった。
そこで知った衝撃の事実。

なんとキタキタ踊りは、本来女性の踊りで、踊りを見るためにたくさんの観光客が訪れていた。
だが、ある時から女の子がぱったり生まれなくなってしまった。
踊りを見せ物にしたせいだと考えたオヤジは、自らキタキタ踊りを踊り始めたのだった。
強力な魔法陣は、なぜキタキタ踊りに隠されていたのか。
グルグルのことをもっと知りたくなった二人は、ジミナ村に戻ることにした。

グルグル様に吸い込まれる!?

故郷のジミナ村に戻り、オババの元を訪れたニケとククリ。
もっと魔法を覚えたいというククリだが、経典には新しい魔法が載っていないという。
キタキタ踊りにも隠されたいたのだから、何らかの形で他の地にも隠されているかもしれない。
オババは、昔から村にある「グルグル様」をもう一度調べてみたらどうかと言う。

いまさらと思いつつグルグル様に触ると、ククリが吸い込まれてしまった!
ククリを追うように吸い込まれたニケ。
二人が着いた先は、コーダイ城の地下だった。

長い声のネコ

コーダイ城の地下には巨大な魔法陣があり、王様が痔の治療のために利用していた。
秘密を知ってしまった二人は牢屋へ入れられてしまう。
二人をどうしようかと悩むコーダイ王。
カヤという怖い顔をした家臣は、殺すべきだと助言。
そのころ、謎のエキゾチックな女性がククリの前に現れ、「迎えに来た」と言い出す。
だがすぐに、カヤに見つかってしまい戦いに。
まるで手品大会のような魔法合戦に盛り上がるニケとククリ。

謎の女性は、スカーフに描かれている魔法陣をククリに渡し、使うように指示。
ククリが魔法陣を描くと、「オワ~~~~~~~~~~」と間抜けな声を出す猫が現れた。
全ての魔法を無効にする「長い声のネコ」という魔法陣。
「長年守り続けてきた魔法陣がコレ・・・」と唖然とする謎の女性。

だが、その成果でカヤの魔法が解け、モンスターが現れた!
しかも、猫が鳴くたびに、モンスターだけでなく、味方のやる気もすっとんでしまうというおまけ付き。
日ごろから気が抜けているニケにはこの魔法が効かず、あっさりとモンスターを倒すことに成功。
ニケとククリは、謎の女性と共に旅立つことにした。

感想

魔人ベームベームはかなり強いですね!
魔人ですので、「トカゲのしっぽ」や「ツチヘビ」とは違った種類の魔法なのでしょうか。
勝手に敵を見定めて攻撃していましたが、オヤジが除外されていたことにガッカリしていたニケに笑ってしまいました。

それにしても、キタキタ踊りって女性の踊りだったんですね。
女性が踊っていたのなら、名物になるのも頷けます。
現在、唯一の女の子であるミグは踊りを全拒否していますので、しばらくはオヤジのキタキタ踊りしか見られなそうですね。

そして、新たな魔法陣「長い声のネコ」。
見た目も効果も間抜けな魔法陣ですが、案外使えそうじゃないですか?
長年魔法陣を守ってきたという謎の女性はガッカリしてましたけどね。
もっとカッコいい魔法を期待していたのでしょう。
魔人ベームベームという魔法陣が「オヤジの尻」に隠されていたことを知ったら、さらにガッカリするでしょうね(笑。

ククリを迎えに来たということですが、今回は詳細が明らかにされていませんでした。
迎えに来るなんて、一体何者なのでしょうか?
ミグミグ族とどんな関係があるのか!?
話の流れからすると、ニケが何者なのか?ということもわかるかもしれませんね。
親の影響で勝手に「勇者」ってことになっていますが、実は本当にすごい奴なのかもしれません!
次回も楽しみですね!

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP