ママレード・ボーイ 第30話ーライバル「ゆー、大好きよ」ーのあらすじ・ネタバレ・感想~すず、やっぱり登場!?メダイユもない光希はどうするの?~ | VODの殿堂

アニメ

ママレード・ボーイ 第30話ーライバル「ゆー、大好きよ」ーのあらすじ・ネタバレ・感想~すず、やっぱり登場!?メダイユもない光希はどうするの?~

   
 

タイトル:ママレード・ボーイ 第30話ーライバル「ゆー、大好きよ」-
放送局:テレビ朝日系列
放送期間:1994年3月13日~1995年9月3日
声優:小石川光希・國布田マリ子
松浦遊・置鮎龍太郎
秋月茗子・山崎和佳奈
須王銀太・金丸淳一
小石川仁・田中秀幸
小石川留美・川浪葉子
松浦要士・島田敏
松浦千弥子・江森浩子
佐久間すず・丹下桜
鈴木亜梨実・久川綾
土屋蛍・石田彰
三輪悟史・太田真一郎
村井・関智一
閲覧したVOD:U-NEXT(2020年5月31日 23:59まで配信)

遊とすれ違いな日々を送り、不安を感じていた光希。
ですが光希なりに、この状況を少しは乗り越えることができました。
遊のCM撮影も無事終わり、これでようやくすずとの接点もなくなることに対し、安心した光希。
ですがまだ、メダイユが見つからない不安は残ったままです。
遊と交換したメダイユは、光希の元に無事、戻ってくるのでしょうか?
実はこのメダイユ、蛍が隠し持っているのですが、蛍がこの先どのような行動に出るのか・・・。
今回は、蛍のこのメダイユに対する行動も見どころの一つです。
またそれだけではなく、いよいよ遊の撮影したCMがどのような内容なのかも明らかになるので、ここも絶対に見逃せません。

『ママレード・ボーイ』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月17日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

~あらすじ~

ー光希の部屋ー

ーーー遊にもらったメダイユが、見つからないの・・・どうしよう。

メダイユを紛失してしまったことを、茗子との交換日記に綴る光希。
遊にもらったオルゴールを鳴らしながら、遊とすずのCM撮影についても、更に考え込む光希だった。

ー小石川・松浦家ー

「どういうCMだったの?」

全くCMの内容を教えてくれない遊に対し、またCMのことを質問する光希。
だがそれでも、遊は内容を教えてくれない。
光希だけではなく、両親達にも同様の態度を取る遊。
千弥子も、にやにやするだけで、全く内容を教えてくれないのだった。

ーーーどんなCMなのかな?

イライラしながら、光希は1人でますます考え込むのだった。

ーアイスクリームショップー

光希が落としたメダイユを、見つめる蛍。
自分のポケットに、メダイユを突っ込む。

「おはよう!」

遊のCMのことで、もやもやしている光希に対し、挨拶をする蛍。
蛍は、光希に遊とのことを質問し、光希は照れつつも答える。
この状況で、続けて蛍はメダイユの話題を出す。

「実は俺・・・この前」

ポケットに手を入れ、光希にメダイユを返そうとするものの、客が来てしまう。

「いらっしゃい♪」

接客をする光希に続き、蛍も接客をするのだった。

ー帰り道ー

「大丈夫かよ?」

遊と帰宅していた銀太は、この時初めて光希がアイスクリームショップでバイトを始めたことを知る。
そして、テニス部との部活の両立を、心配する銀太。

「それじゃ、あんま無理しないように言っとくよ」

銀太の言葉を聞いて、遊はこう答えるのだった。

「ん?」

この時、反対側の道で、外人の女性と一緒に歩いている村井の姿を発見する銀太。
銀太と共に、村井を見つめる遊。
亜梨実のファンクラブの1人である村井が、別の女性と歩いている姿を見て、亜梨実のことを考える銀太。

ーーーあいつ、鈴木さんはどうしたんだよ。

だが、すぐに浮気ではなく、他の可能性も考える銀太。

「んなわけあるか、ありゃ外人だ!!」

こう言い放ち、村井のところへ走って向かい出す。

「おい!」

ドガッ!

村井が呼ばれて振り返ったのと同時に、銀太は顔を殴る。

「きゃああああ!」

隣の外人の女性は、倒れた村井を見て叫ぶ。
言い合いになって殴り合う状況を、遊が止める。
遊が止めた途端、銀太は走り去ってしまうのだった。

ー亜梨実の高校の陸上部ー

六反田に声を掛けられたもののスルーし、陸上部で亜梨実を呼ぶ銀太。

「やだ、どうしたの?その顔!」

殴られた銀太の顔を見て、驚く亜梨実。
そして、村井の出来事を説明する銀太。

「いいじゃない別に、アメリカンスクールのエミリーでしょ?村井君の彼女の♪」

予想外な亜梨実の答えに、驚く銀太。
そしてこの時初めて、亜梨実と村井は付き合っていないということを知る。

「ばっかねぇ!喫茶店くらい誰とだって行くでしょ?」
「3人とも、他の学校にちゃーんと本命の彼女がいるんだから」

更に、亜梨実のファンクラブは遊びだということも知り、銀太は呆気に取られる。

「人・・・殴っちゃったよ、生まれて初めて・・・どうしよう俺」

自分がしてしまったことを、後悔する銀太。
この銀太の姿を見て、ハッとする亜梨実。

「私のために・・・?」

銀太の手を取り、亜梨実は傷の手当てをするために、保健室へ向かうのだった。

ー小石川・松浦家ー

「ただいまー!」

ついに千弥子が、遊のCMビデオを持ってくる。
遊以外の家族は、これを観るのをとても楽しみにしていた。
千弥子の説明の元、CM上映が始まる。
最初に、すずが最初に登場する。

「そこには、美しい女王様が彼女を待ち受けてるの」

この千弥子の説明の後に、その美しい女王様が登場する。
なんとこの美しい女王様こそが、遊だったのだ。

「どう?遊ってば、とってもきれいだったでしょ?」

千弥子に肩を掴まれていた遊は、全員に笑われると予測していた。
たが、誰も笑わないこの状況を不思議に思う遊。

「笑えない・・・きれいすぎる」

遊の予想とは逆に、このCMを見た家族全員が、遊の美しさに驚いているのだった。
再びビデオを巻き戻して、映像を観る光希。

ーーー遊ってば、本当にきれい。

遊の美しさに驚く光希は、同時にCMの内容に安心する。
そして、すずと遊の接点がこれでなくなることに対し、ほっとするのだった。

トゥルルルル・・・。

この時、三輪から遊に電話がかかってくる。
遊はこの時、三輪の従兄妹の家庭教師のバイトを、頼まれるのだった。

ー高校ー

高校では、遊がCMで出ていたコスメの話題が出ていた。

「俺はどっちかってーと、一緒に出てくる背の高い方が・・・あっちが好みだな♪」

すずがかわいいという話題が出ている中、こう答える銀太。

ボカ!

この話を聞いた遊は、銀太を後ろから殴る。
高校では、光希と茗子以外CMに遊が出ているということは、知られていない。
この様子を見て、光希と茗子は爆笑する。

ー高校の中庭ー

「ごめんね松浦君♪絶対誰にも言わないわよ!」

光希は、茗子にだけ遊の出演の話をしていたことを、遊に謝る。

「遊子ちゃん、コマーシャル・・・見たよ♪」

いきなり三輪が、こう話しながらやって来る。
三輪も、遊のCM出演を知っていたことを、不思議に思う遊。
遊を茶化す三輪に、本気で怒り出し遊は無言になってしまう。
この遊の態度を見て、必死に謝る三輪。

「お兄ちゃん、遊ーー!」

この時、いきなりすずが駆け付ける。
すずがいることに驚く遊。

ーーー佐久間すず・・・本物?

本物のすずの可愛さに驚く光希。

「こないだ話した、俺の従兄妹」

三輪にこう紹介された佐久間すずに対し、驚く遊。

「会いたかったんです私!」

すずは、いきなりこう話し出す。

「えっと、はじめまして・・・」

光希は挨拶をするが、すずの視線は茗子に向いていた。

「思った通り、すっごい綺麗な人!遊にぴったり!美男美女!」

戸惑う茗子の前で、べた褒めする。
そんな勘違いに対し、説明する三輪に、すずはがっかりする。
光希はこの状況に、複雑な気持ちになる。
ここですずは、自分の趣味である、写真撮影を提案する。

「じゃ、撮りますよー」

カシャカシャカシャカシャ・・・

写真を撮りまくるすずを見て、変わった子だと感じる光希と茗子。

「すずの一番のお気に入りは・・・遊よ!」

このすずの発言に、驚く光希。

「とってもきれい、大好きよ♪」

だがそんな光希を気にせず言い放ち、写真を撮り続けるすずだった。

~感想~

あー・・・やっぱり出てきましたね、すず!(笑)
しかも三輪の従兄妹という設定で出てくるなんて、めちゃくちゃ予想外な展開でした。
まあ、三輪も確かにモテるカッコイイ設定であるということを考えると、すずが従兄妹にいるのも設定としては、違和感はありませんが・・・。
ですがまさかこういう感じで再び登場するとは思わなかったので、びっくりしました。
CMの内容にほっとしていた光希は、まだまだ安心できなさそうで、ちょっとかわいそうです。
おまけに、すずの家庭教師をするような流れになっているじゃないですか、遊。
これはもう光希、不安だらけの日々が確実に再スタートしますね。
しかもすずは遊の彼女、茗子だと勘違いしていましたし。
これはめちゃくちゃ光希、傷ついたのではないでしょうか?
でも、芸能界で活躍しているすずが、茗子のことをべた褒めしていた状況から、改めて茗子が本当に美人な人であるということは、わかりましたね。
本当に茗子の凄さを改めて実感してしまいました。
このすずのことだけではなく、光希はメダイユがないということも不安要素の一つになっていましたよね。
光希に、蛍はメダイユを返そうとしていたので、本当は蛍もいい人なんだな!なんて思ったんですけど、今回はタイミングがよくありませんでしたね。
ベストなタイミングで、今度は蛍がしっかりと光希にメダイユを返すことができるといいですね、本当に。
次回くらいに、さっさとメダイユを光希に返してあげないと、ますます光希・・・思い悩んじゃいそうなので(苦笑)
とにかく、すずがより身近になってしまったこの状況を、光希はどう乗り越えるのか・・・ここは次回のママレード・ボーイの注目すべき部分として楽しみたいですね。

ママレード・ボーイをU-NEXTで見るならこちら

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額2,189円(税込)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP