「デスノート」第35話のあらすじ・ネタバレ・感想~誘拐された清美~ | VODの殿堂

アニメ

「デスノート」第35話のあらすじ・ネタバレ・感想~誘拐された清美~

   
 

タイトル:「デスノート」第35話
放送局:日本テレビ・他
放送期間:2006年10月4日~2007年6月27日
アニメーション制作:MADHOUSE
キャスト:夜神月・宮野真守、/リューク・中村獅童/L・山口勝平/弥海砂・平野綾/ワタリ・小林清志/夜神総一郎・内田直哉/松田桃太・内藤玲/ニア・日高のり子/メロ・佐々木望/魅上照・松風雅也/高田清美・岡村麻純
視聴したVOD:hulu(2017年12月17日時点で無制限)

ついにニアとライトの会見の日取りが決まりました!
ここからは、二人の知恵比べ合戦みたいな感じですね。
ライトは、魅上や清美に指示を出し、ニアを殺すための万全の準備を整えたと思っている。
一方ニアも、ライトのやろうとしていることは、マルッとお見通しだ!と意気込んでいます。
二人の作戦がわからないので、みているこっちはウズウズ(笑。

『デスノート』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月21日(月)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

決戦の日が決まる

ライト、ニア、メロは、決戦に向けてそれぞれ準備を進めていた。
そしてついに、ライトとニアの会見の日取りが決定。
ニアはあらかじめ買い取っておいた倉庫を場所に指定。
ライトの作戦を読んでおり、その倉庫ならライトが仕掛けてくるだろうと考えていた。
また、お互いの捜査陣を全て連れてくるという条件を出し、ライトはこれに同意する。
既に、魅上と清美には指示を出してあり、勝つのは自分だと自信を見せるライトだった。

 

ニアが予想しているライトの作戦って何なのでしょう。
気になる~。
ライトも清美たちに指示を出しているみたいですね。
一体どんな指示なのか。
ところで、リュークがライトの後ろにいました!
久しぶりに見た気がします。
ライトの持っているノートは、レムのノートだと思うので、もともと死神がついてなかったんですよね。
しかし、総一郎にデスノートを所有させるとき、自分はデスノートの所有権を放棄しました。
そのノートをまた使ったってことですかね・・・。

清美が誘拐されてしまった

たくさんの護衛に囲まれてNHNに入ろうとする清美。
だが、何者かの襲撃によって、あたりは煙に包まれてしまった。
清美を安全な場所へ誘導するリドナーの目の前に現れたメロ。
リドナーはメロだと知りながら、清美を託してしまう。

メロのバイクを清美の護衛たちが追い、安全な場所で清美を引き受けようとするが、メロはそのまま逃走。
困惑する清美だが、途中で彼が「メロ」であることに気が付く。
メロは、用意してあったトラックに清美を乗せると、身に着けているものを全て箱の中に入れるよう指示。

「下着を脱ぐときだけは・・・」と毛布を受け取り、隠れてブラジャーに仕込んでいたデスノートを取り出す。
そしてトラックが動き出すと、メロの名前をデスノートに書き込む覚悟をした。

 

メロはどうして清美を誘拐したのでしょうか。
キラを捕まえニアに勝つための行動だとは思いますが、どうするつもりだったのかわかりません。
リドナーも、どうしてメロに託しちゃったの?

清美は殺されてしまった

誘拐されてからしばらくして、ライトに清美から連絡が入る。
「助けて・・・」と言う清美を落ち着かせるように、ライトはいくつか質問をする。
キラの代弁者という立場上、危険にさらされる可能性は常にあった。
「もしそうなった時、どう行動すればよいか話したのを覚えてるか?」とライト。
「覚えてるわ。夜神君の言うとおりにした。」と清美。
その手には、メロの名前が書かれたデスノートを握りしめていた。

メロを殺害した後することは、できる限りの裁き。
ライトに「やるんだ。」と言われ、涙を流しながら「やるわ。」と答える清美。
魅上に連絡し、「できる限りの裁きの分」の情報を送ってもらう。
清美から連絡がきたことで、おそらくメロは死に、清美は動けぬ状況にあると考えた魅上は、何かをしに出掛けてしまった。
逆探知から清美の居場所をつかんだライトたちは、清美のもとへ向かうことに。
何の問題もなく後部座席に座ったライトは、時計に仕込んであるデスノートに清美の名前を書き込んだ。
身の回りの物を全てもやし、焼身自殺をするという状況を付け加えた清美の死。
リドナーやライトが到着したころ、清美は既に自殺を図っていた。

自分が危険な状態になるのに、冷酷にも「指示通りに裁きをしろ。」と言われてしまった清美。
デスノートに関わることがどんなに恐ろしいことか、身に染みたでしょうね。
そして、ライトの冷酷な感じにもショックを受けている気がします。
でも、ライトには逆らえない。
哀れな女でしたね。

まとめ

メロの暴走で清美が死んでしまいました。
しかし、メロと接触した時のことは、あらかじめ打ち合わせしていたので、このシナリオも想定内だったのでしょうね。
ただ気になるのが、魅上の動きです。
清美が動けぬ状態と判断し、何かをしに行きます。
コレってまた余計なことなんじゃないかな~。
次回はいよいよ、ライトとニアがご対面。
ライトは、自分の筋書き通りに事が運びすぎて、笑いが止まりません!
果たしてニアたちは、身を守ることが出来るのでしょうか?
エンディング一つ手前の重要なストーリーですよ!

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP