覆面系ノイズ(3話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ユズの声が泡になった理由~ | VODの殿堂

アニメ

覆面系ノイズ(3話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ユズの声が泡になった理由~

   
 

タイトル:覆面系ノイズ(3話)
放送局:関西テレビ
放送期間:2017年4月14日~6月30日
キャスト:有栖川仁乃/早見沙織、杠花奏/山下大輝、榊桃/内村昴輝、悠埜佳斗/小野大輔、珠久里深桜/高垣彩陽、黒瀬歩/福山潤など
閲覧したVOD:hulu(2017年12月25日時点では無制限で見放題)

覆面系ノイズ(2話)のあらすじ・ネタバレをチェックする

ニノとモモの出会いと別れ、ユズとの出会いと別れが明らかになった。
ユズは小学生の頃、ニノが叫んでしまわないように、曲を作ってあげていた。
しかし、またニノが叫び出してしまいそれを止めるためにユズが歌う。
その後、ユズと会えなくなってしまった。
ユズと会えなくなった原因はなんなのか。
3話のあらすじです。

『覆面系ノイズ』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月23日(水)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

〈ニノに気づいていた〉

モモは同居人の久瀬月果に
「学校でニノを見かけた。ニノに話しかけてしまうと曲が書けなくなると思う。」
と話す。

〈深桜、脱退〉

軽音部の部室で、深桜がボーカルをやめると言っている。
ハルヨシが引き止めるが、深桜は
「アリスと再会してから、ユズ、曲書けるようになったじゃん。深桜じゃダメだってわかったまま続けるなんて、そんなの無理なんだよ!」
と言う。
そこにニノが現れ、深桜は走って逃げてしまった。
ニノは深桜を追いかけ、引き止めた。
ニノは
「私の歌には何が足りない?」
と聞く。
ニノは自分の声を好きな人(モモ)に届けたいことを熱く語った。
その熱意に押された深桜は
「付いて来て。」
と言った。

〈ニノに足りないもの〉

深桜はニノを屋上に連れて行き、基礎がなってないと指導してくれ、一緒に腹式呼吸の練習をした。
練習をするうちに、僅かながらだが、2人に友情が芽生えていた。
校庭にユズを見つけ、ニノはユズの名前を呼んだ。
ユズは嬉しかったが、照れにより反応せず、そのまま駅に向かった。
駅のホームに榊がいた。
ユズは榊がモモだとは知らない為、2人はたわいもない話をして少しだけ仲良くなった。

〈桐生桃〉

ニノはどうすれば自分の声がモモに届くのか考えていると、テレビの音楽番組の作曲の名前に『桐生桃』と書いてあるのを見つけた。
ニノはモモの母親の旧姓が桐生だった事を思い出し、桐生桃がいる音楽会社へ向かった。
受付に桐生桃に会わせてくださいと頼むが、突然の訪問の為、断られてしまった。
諦めて帰っていると『桐生桃プロデュースボーカルオーディション』というポスターを見つけ、応募することに決めた。

〈イノハリの正体〉

イノハリのマネージャー、梁井壬散(通称ヤナ)が、ユズ、ハルヨシ、クロ、深桜を呼び出した。
イノハリがテレビデビューする為に
「新しいボーカルは有栖川仁乃にしようと思う。ユズ、お前次第だ。」
とヤナが言う。
なんと、イノハリの正体はユズ達だった。
しかしユズは
「嫌だよ!解散したいって言ったのになんでこんなことになってるの!?絶対に…嫌だ。」
と言い、出て行ってしまった。
ヤナは何故あんなに嫌がるのかと言うと、深桜は
「ユズは自分の声の事、知られたくないんだよ。」
と話した。

〈聞いてしまったニノ〉

次の日、ニノはモモを見つけたかもしれないとユズに伝えた。
喜んでくれると思ったが、ユズは浮かない表情だ。
ユズは
「もし受かったら、モモの曲、歌うの?」
と聞くと、ニノは
「受かったときのことを考えてなかったけど、そうなるわね。」
と答えた。
するとユズは
「嫌だ…!」
と呟き、走り去ってしまった。
ニノも追いかけるが、ユズが逃げた場所にハルヨシとクロがいた。
それに追いついたニノ。
ハルヨシが
「やっぱり納得いかないわ。ユズが歌えなくなったのは、有栖川仁乃のせいなのに…。6年前、あの子のために歌ったりしなければ、ユズはまた歌えるようになっていたかもしれないのに。」
と話していたのをニノが聞いてしまった。

〈歌ってほしいユズ〉

ユズがその場から離れ、屋上へ逃げる。
ニノも屋上へ行った。
ハルヨシが言ったことは嘘で、自分は歌えると言う。
ユズはニノを不安にさせない為に歌おうとするが、声が出ない。
ニノが
「あの時、私が叫んだりしたから…」
と言うと、ユズは
「違う!アリスのせいじゃない。僕はただ君にずっと歌ってほしかっただけなんだ。だから、気にしないで。絶対、絶対に。君は、歌って…」
と、ニノのせいではないと否定する。
すると、ニノがユズが作曲した曲を歌う。

〈ユズの声〉

ユズは6年前、突然ニノの前から姿を消した事を話す。
ユズは作曲をして、自分で歌う事が大好きだった。
しかし喉の病気を患い、歌うことができなくなった。
好きな歌を歌うことができないストレスは、毎週水曜日に病院を抜け出し、砂浜に大きく譜面を書くことで鬱憤を晴らしていた。
そこでニノに出会い、ニノの歌声を聞き
『無くした僕の声を見つけた。』
と思った。
しかし叫ぶニノを止める為に歌ってしまった後、都内の病院に転院することになってしまった為、砂浜に行けなくなったと言う。
ユズは
「新歓ライブの時、君が歌ってくれてとても嬉しかった。変わらず歌ってくれてたんだって。アリス、だからこれからも歌ってほしい…。」
と言うが、ニノは
「無理よ!ごめん、ユズ…。」
と言い、走り去ってしまった。
1人になったユズは
『ごめんを言うのは僕の方だ。君の心を引き裂いた。でも君が全てを知った瞬間、ずっと抱いていた夢がひとつ叶ったんだ。…君が、僕のために歌ってくれた。初めて、僕のためだけに…。』
と空を見上げて、喜びを噛み締めていた。

〈選考突破〉

ニノが桐生桃のオーディションの選考に残った。
それを知ったモモが月果を問い詰める。
「あー、それやっぱりニノちゃんなんだ。勘違いしないで。ニノちゃんだから残したんじゃないわよ。誰よりも忘れられない声をしてた…。」
と月果が言った。

〈ユズの決意〉

ユズはニノにイノハリのボーカルになってもらうことを決意した。

『もう隠す事も怖いものもない。君をモモから奪いたい。どうしても、今すぐ…!』

感想

3話では、ユズの声が泡になってしまった理由が描かれていました。
やっぱり6年前に姿を消したのは、ニノが叫ぶのを止めるために歌ってしまったせいでした。
自分の歌うことを引き換えにしても、ユズはニノを守りたかったのでしょう。
まだ小さいのに、すごい覚悟ですね。
そして何故ユズはニノを避けているのだろうと思っていたのですが、ニノのせいで歌えなくなったと思われたくなかったからなのですね。
それを隠す為に、好きだけど、ニノを傷つけたくなかったのです。
男前すぎます。
でももう知られてしまったので、ニノをモモから奪うためにイノハリのボーカルになってもらうようです。
イノハリのメンバーがユズ達だったのは、驚きでした。
イノハリのボーカルを務めていた深桜が脱退し、新ボーカルがニノになるかもしれない。
でもニノはモモプロデュースのボーカルオーディションも受けるつもりなので、どうなるのでしょう。
ユズをとるのか、モモをとるのか。
現時点では、ユズとモモなら完全にユズ派ですが、今後モモの過去が明らかになるとモモの事も好きになってしまいそうです。
なにか複雑な過去がありそうですね。
せっかくニノに気づいたのに話しかけないって何か理由があるのでしょう。
モモも作曲をしているのですが、なぜニノと話してしまうと曲が書けなくなるのか。
その点も4話で明らかになってほしいですね。

覆面系ノイズをhuluで見るならこちら

huluを詳しく知りたい方はこちら
hulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
覆面系ノイズ(1話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ユズとの再会~
覆面系ノイズ(2話)のあらすじ・ネタバレ・感想~6年前のモモとの別れ~
覆面系ノイズ(4話)のあらすじ・ネタバレ・感想~6年前の約束~
覆面系ノイズ(5話)のあらすじ・ネタバレ・感想~最悪の再会~
覆面系ノイズ(6話)のあらすじ・ネタバレ・感想~初めてのヤキモチ~
覆面系ノイズ(7話)のあらすじ・ネタバレ・感想~交差する想い~
覆面系ノイズ(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想~初めてついた嘘~
覆面系ノイズ(9話)のあらすじ・ネタバレ・感想~モモの本心~
覆面系ノイズ(10話)のあらすじ・ネタバレ・感想~素直になれない~
覆面系ノイズ(11話)のあらすじ・ネタバレ・感想~さよならを告げる~
覆面系ノイズ(最終話)のあらすじ・ネタバレ・感想~願いが叶いますように~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP