カードキャプターさくら『クロウカード編』第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~よきライバル登場~ | VODの殿堂

アニメ

カードキャプターさくら『クロウカード編』第8話のあらすじ・ネタバレ・感想~よきライバル登場~

   
 

さくらのクラスに新しい友達が増えることになります。
李小狼という男の子で、香港からやってきたそうなのですが、なぜかさくらを睨み付けて敵意をあらわにします。
もちろんさくらは知らない男の子に睨み付けられて、困ってしまいます。
その後、小狼に呼び出され、「クロウカードを渡せ!」と言われてしまうので、さくらはますます困惑してします。
実は小狼は、クロウ・リードの遠縁でした。
クロウカードの封印が解かれたことを察した李家が、クロウカードを回収するため小狼を送り込んできたのです。

果たしてさくらはカードキャプターとしてクロウカードの回収を続けることができるのでしょうか?
そして小狼とよきライバルになることはできるのでしょうか?

『カードキャプターさくら』クロウカード編配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
dアニメ 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年1月28日(火)時点のものです。
※アニメを見るには各動画配信サービスにて会員登録が必要です

あらすじ

【夢】

さくらは再び夢を見る。

(この夢…前に見た夢だ…。)

(誰…?私じゃない。)

目を覚ましたさくらは、ケルベロスに夢のことを話す。

「さくらには多少魔力があるさかい。その夢な…予知夢かもしれん。」

「予知夢?」

「その中国服の奴と、近い将来会うかもしれんちゅうこっちゃ。」

ケルベロスは、神妙な顔で話していた。

【転校生】

学校まで桃矢と雪兎と一緒に登校できたさくらは、朝からご機嫌だった。
しかしそれは、さくらのクラスに転校してきた少年によって、打ち壊されてしまった。
香港からやってきたという少年、李小狼は、教室に入ってくるなり、ジッとさくらを睨み付けていた。
さらに小狼の席は、さくらの後ろの席になってしまった。
席に行く途中、小狼はスッと立ち止まって、さくらのことをずっと睨むから、さくらはタジタジだった。

授業中も、さくらをずっと見つめる視線に、さくらは終始困り顔だった。
そして休み時間、さくらは小狼に呼び止められて、校庭の隅に出向く。

「玉帝有勅、神硯四方 、金木水火土、雷風、雷電神勅、軽磨霹靂、電光転、 急々如律令!」

板のようなものを取り出したかと思うと、突然呪文らしきものを唱え始める小狼。
詠唱が終わると、板は光だし、まっすぐとさくらを指し示した。

「やっぱり!お前クロウカードを持っているな!!」

「ど、どうして・・・っ。」

小狼がもっていた板は、【羅針盤】といって、クロウカードを探すために作られた物だった。

「出せ!クロウカード。」

小狼は険しい表情のまま、さくらに向かって手を伸ばす。
しかしさくらはケルベロスとカードを集めることを約束しているため、クロウカードを渡すことを拒絶。
しかし2か月もクロウカードを集めているにもかかわらず、ケルベロスが力を発揮できない状態であることを知り、さくらを痛烈に批判する。

「残りは俺が探す。出せ!」

小狼は、無理やりクロウカードをさくらから奪い取ろうとする。
しかし友枝小学校の隣にある星條高校からフェンスを越えて、桃矢が助けに入った。

「てめぇ!うちの妹に何しやがる!」

乱入してきた桃矢に、一旦さくらから距離を取った小狼は腕を振り上げて攻撃の意思を見せる。
さくらを背中に庇う桃矢も、見慣れない構えに警戒しながら腕を前に構える。
一触即発の空気にさくらと、さくらを探していた知世が息を飲んだが、雪兎が現れたことでその空気は散っていった。
雪兎は売店にあった肉まんを届けに走ってきたようだ。
袋の中身を確認すると、自分、桃矢、さくら、知世、そして小狼に肉まんを手渡していく。

「ほら、肉まん。」

ニコニコ笑顔で肉まんを手渡す雪兎に、今度は小狼が困惑した表情を浮かべ、それから顔を真っ赤にして走って逃げて行ってしまった。

【李家】

学校の帰り道、さくらと知世は、大きな雷を音を聞いたので、雨をよけるため慌ててペンギン公園の滑り台の中へ逃げ込んだ。
すると大きな雷が街灯に落ち、雷は街灯から街灯へ移動していく。
さらに通りかかった人を追い払うような雷を落とした後、雷はいなくなってしまった。

帰宅したさくらは、眠るケルベロスに「今日は一日大変だったんだよ!」と苦情を言う。
そして桜の叫び声で目覚めたケルベロスに、今日起こった出来事を話し始めた。

「李小狼?そらおそらく李家の人間やな。」

李家とは、クロウ・リードの母方の血筋だった。
クロウ・リードが使用する魔術には、西洋魔術と東洋魔術が混ざっているものが多く、さくらが魔法を使用するときに出現する魔法陣も、英語と漢字が入り乱れていた。
クロウ・リードは並みの魔術師では難しい、新しい魔術を生み出した人間だったようだ。

「ま、本人はいろいろ問題あったけどな…。」

ぽそりと呟いたケルベロスは、さらに李家の説明を続ける。
李家は中国で有名な道士の家系で、李小狼はクロウ・リードの遠い親戚筋に当たる者だった。
それを聞いたさくらは、クロウカードを小狼に渡した方がよかったのではないかと狼狽える。
しかしケルベロス曰く、クロウカードが封印されていた本を開くことができたさくらには、クロウカードを使用する資格があり、さらにこれまでクロウカードを封印したのはさくらの功績であり、カードに名前を書いている限り、クロウカードの持ち主はさくらなのだ。

【雷ーサンダーー】

話がまとまったところに、知世から連絡が入る。
空を見てほしいと言う知世の言葉に従って、さくらとケルべロスが外を見てみると、雲が街を覆って雷鳴が轟いていた。

「今日は雷探検ということもあって、帯電しないように、すべてゴム素材にしてみました。」

知世はビデオを回しながら、本日のバトルコスチュームの説明をする。
ケルベロスに装着されている鈴も、電気を通さない素材で作られているそうだ。

まるで生きているように、あちこちに雷を落としているのは、【雷ーサンダーー】のカードの仕業だった。
さくらは【翔】を使用して、空へ飛んでいく。
その途中、ケルベロスが小狼が使用していた羅針盤について話始めた。
羅針盤もクロウ・リードが作り出したもので、母親の実家に置いてきたと話していたそうだ。

「よし!その小僧もサンダーを察知してやってくるかもしれん。その前にカードを捕まえてしまおうやないか!」

「うん!頑張る!」

クロウカード捕獲への決意を新たにしたさくらだったが、どうすれば【雷】を元の姿にすればいいか思い浮かばず、【跳】を使用して【雷】の攻撃を交わしながら小学校の時計塔に辿りつく。

「サンダーの元の形ってなんなの?」

さくらがケルベロスに問いかけると、別の方向から「そんなことも知らないのか。」という厳しい言葉が飛んでくる。
恐る恐る声の方を見ると、式服を着た小狼が時計塔に佇んでいた。

「李くん!」

小狼はさくらの方を見ることなく、剣を構える。

「雷帝招来、急々如律令!」

呪文を唱えた後、大きく剣を振り降ろす。
すると電撃が【雷】に向かって飛んでいった。
墜落した【雷】を追う小狼をみたさくらは、その光景が夢と同じであることに気が付いた。
【雷】は、本来の姿である雷獣に戻っていた。
さくらは【風】のカードを使用しようと考えたが、すぐに小狼に馬鹿にされてしまった。

「シャドウのカードは持っているか?」

突然の問いかけにさくらが素直に頷くと、【影】のカードを使用するように指示を出し、もう一撃攻撃を【雷】に与える。

「今だ!」

「シャドウ!!」

さくらが使用した【影】のカードは、【雷】を包み込む。

「汝のあるべき姿に戻れ!クロウカード!」

封印できたクロウカードを拾い上げるさくらに、「本当に何も知らないんだな。」と小狼が呆れたような声を出す。
落ち込んでしまったさくらを庇うため、ケルベロスが小狼の前に立つ。

「こ、これが封印の獣…ケルベロス?黄金の瞳の最高の守護獣が、こんなぬいぐるみ…。」

その言葉にムカッとしたケルベロスは、小狼の指にガブっと噛み付いた。

叫び声を上げる小狼は、なんとかケルベロスを引きはがすと、「その程度の力で、クロウカード集めは無理だ。」とさくらに言い放って帰って行った。
その言葉を聞いたさくらは、クロウカードと杖をギュッと握りしめて、暗い表情で佇んでいた。

スポンサーリンク

感想

ようやく登場したさくらのライバル、李小狼が登場しました。
クロウカード編では、さくらのライバルという立ち位置ですが、2018年1月から放送開始の【クリアカード編】では、さくらの好きな人となります。
2人は両想いで、告白も済ませているのですが、現在連載しているクリアカード編でも、恋人というハッキリした表現がないので、一読者としてはやきもきしています。
ちなみにクロウカード編では、ただクロウカードを取り合うライバルというだけではなく、雪兎をめぐるライバルでもあります。
CLAMP作品では、年齢性別関係なく恋愛感情のようなものを抱くのは珍しくありません。
この恋愛感情と簡単に言うことができない、曖昧な愛の表現がとても素晴らしい作家さんですが、やはり女性が女性を、男性が男性に好意を抱くという表現は、なかなか受け入れられる時代ではありませんでした。
今でこそ、『BL』『GL』『腐女子』『腐男子』なんて言葉が一般的に知られるようになりましたが、カードキャプターさくらが放送されている時期は、日陰でこっそり楽しむジャンルでした。
もちろん原作でも直接的な描写はありませんでしたし、アニメ化の時も、原作よりもソフトな表現に変更されましたが、NHKでそういった表現のまま放送されたことに、当時、大変驚いたものです。
ちなみに小狼が雪兎に魅かれた原因には、いろいろな秘密と仕掛けがあるのですが、これはクロウカード編の終盤、さらに続編のさくらカード編で明らかになりますので、こうご期待です。
次回はさくらの友だち、利佳がクロウカーの引き起こす騒動に巻き込まれてしまいます。
クロウカードの捕獲を優先する小狼と、友達を傷つけたくないさくらの対決に注目しましょう。

アニメ『カードキャプターさくら』クロウカード編 第9話はこちら

アニメ『カードキャプターさくら』クロウカード編 第7話はこちら

アニメ『カードキャプターさくら』シリーズ関連記事はこちら

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP