「デスノート」第26話のあらすじ・ネタバレ・感想~Lのいない世界~ | VODの殿堂

アニメ

「デスノート」第26話のあらすじ・ネタバレ・感想~Lのいない世界~

   
 

タイトル:「デスノート」第26話
放送局:日本テレビ・他
放送期間:2006年10月4日~2007年6月27日
アニメーション制作:MADHOUSE
キャスト:夜神月・宮野真守、/リューク・中村獅童/L・山口勝平/弥海砂・平野綾/ワタリ・小林清志/夜神総一郎・内田直哉/松田桃太・内藤玲/ニア・日高のり子/メロ・佐々木望/魅上照・松風雅也/高田清美・岡村麻純
閲覧したVOD:Hulu(2017年12月11日時点で無制限)

ミサを救うため、レムがデスノートでLを殺害しました。
可哀そうなレムは、死んで砂となってしまいましたね。
こうなると、ライトを止められる者は誰もいません。
もともと退屈しのぎに人間界へ降りてきたリュークにとって、Lがいなくなったらあまり面白くなさそうですよね。
しかしライトは、自分の理想の世界を創るために邁進。
どうやらリュークにとって、まだまだ面白みがある様です。
そして、L亡き後、Lが死んだことを報告される二人の少年。
彼らはいったい何者なのか!?
26話の前半はLの手記を読む形での総集編です。
もう一度見たいシーンがある方は、おさらいできますよ~。
(そうじゃない方は飛ばしちゃってもいいかも!)

『デスノート』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月21日(月)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

Lが残した記録

誰かが犯罪者を裁いている。
世界中がそのことに気づき、騒然となる。
その人物はキラと呼ばれ、その存在は日に日に大きくなり、一部ではキラ崇拝者まで出る始末。
そんな時、どんな事件でも解決してしまうという天才探偵「L」が捜査に乗り出す。

Lは今までの殺人を分析し、キラは日本にいると断定。
そしておそらく、殺人のためには顔と名前が必要。
一般には知られていない情報を得ている可能性が高く、警察関係者やその周辺の者を疑う。
その中に、刑事局長である夜神総一郎の息子、ライトがいた。
FBIを使い関係者を調べさせるLだか、FBI捜査官全員を抹殺されてしまった。
ライトを調べていた捜査官の死に不審な点が多く、部屋にカメラと盗聴器を仕掛けて監視することにする。
だが、どんなに調べても証拠は出てこない。
そこでLは、ライトと同じ大学に入学し、「L」としてライトに近づく。

そのころ、今までのキラとは違う、第2のキラが現れ、世間を騒がせていた。
第2のキラは、顔だけで殺せる可能性が高い。
Lはライトに捜査協力を依頼し、一緒に捜査しつつライトを監視することにする。
ライトに近づく女性の中に、ミサがいた。
ミサの部屋から第2のキラに関する証拠が多数見つかったため、身柄を拘束し尋問する。
そのさなか、ライトが「自分はキラかもしれない」と言いだし、自ら監禁を要望。
だが監禁してから2週間以上たって、止まっていた犯罪者殺しが再開した。
50日に渡る監禁を経て、ついにライトとミサの監禁は解け、ライトはLと共に捜査を続ける。

捜査をしていくうちに、ヨツバという会社が怪しいということになり、詳しく調べることに。
松田の無茶とミサの活躍により、火口という男がキラだと発覚。
火口を追い詰め、デスノートの存在を白状させる。
デスノートに触れたとたん見えるようになった死神。

ノートを検証するにつれ、ノートに書かれたルールの1つである「ノートに名前を書いた者は、13日以上書き込まずにいると死ぬ。」というルールに引っかかる。

ここまでが、Lの残した手記。
ライトはその記録の全てを消し去ってしまった。

 

L目線での事件記録と言った感じです。
ライトにとっては都合の悪いデータですので、全て消去。
改めて過去の回を振り返ると、あそこであーしてれば!!的なシーンは結構ありますね。

L亡き後の捜査本部

Lが死んでから10日後。
捜査本部では、Lとワタリの死を隠し、捜査を続けていた。
そして今後は、誰かが2人の役を演じ、世界を動かしながら操作することに決まる。
Lとワタリ役は、あっさりライトに決定。
自宅では捜査しづらいため部屋を借りたいと言うライトに、仕送りをすると言う総一郎。
今後はその部屋が捜査本部となる。
また、ライトはミサと同棲することに決めた。

 

まだ警察でもない人間、しかも一度はキラだと疑われた人間をあっさりLの代役にする日本警察って一体・・・。
父の総一郎すら、ライトがLの役を引き受けるとホッとしているなんて、こんなんじゃライトは絶対に捕まらない。
無能なのか、ライトが凄すぎるのか・・・。

新世界の創生

Lが死んでしまい、これ以上面白いことは無さそうだと言うリュークに、「新世界の創生を見せてやるよ。」というライト。
キラ事件に関わったヨツバ社員や、アイバーにウェディなど、関係者を殺害。
そして、悪人裁きを加速させていった。
数年後、ライトは警視庁へ入庁。
表立ってはLとして捜査を続け、裏では裁きを行っていた。

世の中はキラに怯え、ひれ伏し、キラに賛同する国まで現れる。
キラが法律になる日が目前に迫っているようだった。

 

かなり時が経ちました。
3年くらいでしょうか。
やはり、Lがいなくなると、だれもキラを止められないようですね。
キラに怯える人がいる一方、悪者がいなくなることで助かる民もまた大勢いるはず。
法律という縛りがあるから、表立ってキラに賛同できなくても、腹の中ではキラを応援する人は多そうです。
実際の世の中でも、もしもキラが現れたら、意外と歓迎されるんじゃないかな~なんて思います。

新たなる動き

Lが死んでからしばらくして。
Lの使っていたPC画面には、カウントダウンが映っている。
カウントがゼロになると、一人の老人に「Lが死んだ」というメッセージが届く。

彼は二人の少年よ呼び出し、Lの死を伝えた・・・。

 

おそらく、一定期間Lのアクションがない場合、自動的に死んだことを伝える仕組みになっていたんでしょうね。
この老人はとても悲しそうな顔をしています。
そして、呼ばれた二人の子供。
一体誰なんでしょうか。

まとめ

Lの死後、世界はライトの思い描く通りに生まれ変わろうとしています。
しかし、Lに次ぐ天才が現れ、ライトの思い通りにはいかなくなってきてしまいます。
次回以降、デスノートを廻り世界を股にかけた戦いが!
今まで安心だと思っていたライトの家族にも危機が訪れます。
総一郎はともかく、母親や粧裕は蚊帳の外に居てほしかった(涙。
Lも過激だなとは思っていましたが、それとはまた違った方向の過激な人物が登場し、いろいろ引っ掻き回してくれます。
新たな展開のスタートです!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP