覆面系ノイズ(2話)のあらすじ・ネタバレ・感想~6年前のモモとの別れ~ | VODの殿堂

アニメ

覆面系ノイズ(2話)のあらすじ・ネタバレ・感想~6年前のモモとの別れ~

   
 

タイトル:覆面系ノイズ(2話)
放送局:関西テレビ
放送期間:2017年4月14日~6月30日
キャスト:有栖川仁乃/早見沙織、杠花奏/山下大輝、榊桃/内村昴輝、悠埜佳斗/小野大輔、珠久里深桜/高垣彩陽、黒瀬歩/福山潤など
閲覧したVOD:hulu(2017年12月12日時点では無制限で見放題)

覆面系ノイズ(1話)のあらすじ・ネタバレをチェックする

6年前に曲だけを残し、突然いなくなったユズと再会したニノ。
ライブでボーカルを務めることになったニノだったが、モモとの思い出の曲を聞き、歌い叫んでしまった。
それに合わせてメンバーが演奏していたが、ニノを呼ぶモモの声が聞こえて、歌うのをやめた。
ニノはモモと再会することができるのだろうか?
2話のあらすじです。

『覆面系ノイズ』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月23日(水)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

〈幼稚園の頃〉

ニノの隣の家に住んでいたモモ。
寝れない夜は、2人できらきら星を歌っていた。
ニノはモモがいれば無敵だと思っていた。

〈小学生の2人〉

ニノとモモは小学生になっても仲が良かった。
モモの両親は喧嘩ばかりしているが、なんとか離婚せずにいるようだ。
4年生の頃、いつものように2人が手をつないで帰っていると、三戸田が茶化してきた。
それに対しモモが
「手を繋ないでくれる女子がいないからって、僻むな。みっともない。」
と呆れて、言い返した。

〈守るモモ〉

音楽の時間、ニノの歌声がうるさいとクラスメイトに言われる。
それに気付いたモモは別のクラスだったが、ニノを守るために音楽室へ駆けつけた。
モモがニノを庇い、言い返すが、クラスメイト達に
「お前ら、おかしいんじゃないか!?」
と反論されてしまう。

〈そのままのニノがいい〉

ニノとモモは、花火大会に行く。
ニノはクラスメイトにおかしいと言われた事にショックを受けている。
また親にもよくうるさいと言われるから、歌うのをやめたほうがいいのかと悩んでいる。
それを聞いたモモが
「歌っていい。ダメでも迷惑でも歌っていい。そのままのニノがいい。」
と言う。
「もし会えなくなっても、お前の歌を目印に会えたらいいな。」
とモモが言った。

〈いなくなったモモ〉

次の日、モモの家に行くと誰もいなかった。
ニノの母がモモは引っ越したと言う。
いつも一緒だったモモが、いなくなり心に穴が空いたニノ。
モモの名前を叫び続けるが、返答がなく、息が出来ない程、苦しい。
モモの事を考えるたびに、叫び出しそうになってしまう為、マスクをしているニノ。

〈ユズとの出会い〉

また叫んでしまいそうになったニノは、海岸へ行く。
マスクを外し、叫ぼうとした時
「あー!何、踏んでんの!?」
と怒られた。
怒った相手は、小学生の頃のユズだ。
牛乳を飲みながら、怒っている。
砂浜に譜面を書いていて、それをニノが踏んだ為、怒っていたのだ。
「こんな素敵な譜面、初めてみた。」
と言うニノは、
『今すぐモモに聞かせたい…。』
と思い、歌い出した。
その歌声を聞いたユズは
『見つけた…、僕の声。』
と呟き、ニノに名前を聞いた。
ユズは
「曲の続きを書くから、毎週水曜日ここで会おう。」
と言い、去っていった。
ニノは叫ばずに歌えることに喜びを感じ、歌ってモモに届けたいと思っていた。

〈歌えないユズ〉

次の水曜日、海岸でユズに会った。
ニノがモモに届くように歌いたいと話すと、ユズは
『よっぽど大切なんだな、その女の子のこと。』
とモモが女の子だと勘違いしていた。
ニノはユズになぜ曲を作っているのかと問うと
「自分で歌うためだよ。でも、もう歌わないけど。歌うと泡になって消えるから。」
と答えた。
それから毎週水曜日にニノはユズの書いた曲を歌い、それを聞いているユズは頬を赤らめている。

〈モモの手紙〉

近所のおばさんたちがモモの家族が夜逃げしたと噂をしていた。
母に問いただすと、モモからニノ宛てに預かっていた手紙を渡してくれた。
手紙には
「ニノ、一緒に歌ってくれてありがとう。もう会えないけど、どうか元気で。」
と書いているの手紙を読み、ニノは苦しくなって、外へ走る。
海岸沿いで泣き叫ぶニノを見つけたユズは、必死に叫ぶのを止めようとするが、ニノは止まらない。
ユズはニノを抱きしめ、歌を唄った。
ユズの歌はニノの心の中の何もか溶かしてしまうような歌声だった。

〈ユズの優しさ〉

落ち着いたニノは、ユズに事情を説明する。
ユズはモモが男の子と気付き
「そいつが好きなんでしょ?だったら会えるって信じて歌ってよ。届くって信じてよ。また叫びそうになったら、僕の曲を歌えばいいよ。もし叫んじゃったら、一緒に歌ってあげてもいいよ。もし、どこか遠くにいたら見つけ出してあげる。君の声、見失うわけないから。」
と言った。

〈ユズとの別れ〉

次の週の水曜日、ユズに会いに行くが、ユズはいなかった。
また次の水曜日に海岸に行くと、新しいメロディーと『ばいばいアリス』という文字が書いてあるだけで、ユズの姿はなかった。

〈ユズの願い〉

新歓ライブで突然、歌うのをやめたニノだったが、演出と思われ、軽音部の廃部は免れた。
次の日ニノは学校を休み、海岸でずっと歌っていた。
心配したユズがニノを探し、ニノを見つける。
ニノは
「昨日、モモの声が聞こえた気がしたの。まだ好きなの。モモの事…。」
と話す。
ユズは
「また作るから歌えば?叫びたくなった時に。また新しく曲、作るから。安心して、歌えばいいよ。」
と言った。
しかしこの時ユズは、心の中で
『永遠にモモと会えなければいい。神さま、アリスの恋が永遠に叶いませんように。』
と何度も空に祈っていた。

感想

2話では、ニノの過去、モモとの出会い、別れ、ユズとの出会い、別れが描かれていました。
こんな過去があれば、モモのことを忘れることが出来ないのは仕方ないですね。
小学生にして、カッコ良すぎます。
周りの目とか関係なく、ニノが歌いたいように歌っていいって言ってくれるモモはどう成長してしまったのでしょうか。
親の都合での別れなら、再会した時にどうして声をかけてあげなかったのでしょう。
モモは1話でユズに「人が曲を作っているの初めて見たわ。」と言っていたので、現在はモモも作曲しているのではないでしょうか?
もしかすると、イノハリの曲を作ったのがモモなのかもしれません。
そして、ユズ。
切ないですね。
初めはモモの事を女の子と思っていたのに、ニノのことを好きになってしまってから、ニノの好きなモモは男だと気づいてしまいました。
それでもニノが叫んで壊れてしまわないように曲を作ってあげるって…。
好きな子の好きな相手に届ける為の歌を作るユズの気持ちを考えるといたたまれませんでした。
結局ユズとも突然の別れになるのですが、ユズは歌うと泡になってしまうと言っていたので、喉の病気を患っていて、ニノの為に歌ってしまったのが原因で悪化してしまったのかな?と思っていますが、どうなのでしょうか。
3話では、モモの現在を知りたいです。

覆面系ノイズをhuluで見るならこちら

huluを詳しく知りたい方はこちら
hulu(フールー)の無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
覆面系ノイズ(1話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ユズとの再会~
覆面系ノイズ(3話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ユズの声が泡になった理由~
覆面系ノイズ(4話)のあらすじ・ネタバレ・感想~6年前の約束~
覆面系ノイズ(5話)のあらすじ・ネタバレ・感想~最悪の再会~
覆面系ノイズ(6話)のあらすじ・ネタバレ・感想~初めてのヤキモチ~
覆面系ノイズ(7話)のあらすじ・ネタバレ・感想~交差する想い~
覆面系ノイズ(8話)のあらすじ・ネタバレ・感想~初めてついた嘘~
覆面系ノイズ(9話)のあらすじ・ネタバレ・感想~モモの本心~
覆面系ノイズ(10話)のあらすじ・ネタバレ・感想~素直になれない~
覆面系ノイズ(11話)のあらすじ・ネタバレ・感想~さよならを告げる~
覆面系ノイズ(最終話)のあらすじ・ネタバレ・感想~願いが叶いますように~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP