ママレード・ボーイ 第8話ー大人の香り「やきもちなんてやいてない!」ーのあらすじ・ネタバレ・感想~家庭の事情の悩みもついに解決?!光希が取った行動とは?~ | VODの殿堂

アニメ

ママレード・ボーイ 第8話ー大人の香り「やきもちなんてやいてない!」ーのあらすじ・ネタバレ・感想~家庭の事情の悩みもついに解決?!光希が取った行動とは?~

   
 

タイトル:ママレード・ボーイ 第8話ー大人の香り「やきもちなんてやいてない!」ー
放送局:テレビ朝日系列
放送期間:1994年3月13日~1995年9月3日
声優:小石川光希・國布田マリ子
松浦遊・置鮎龍太郎
秋月茗子・山崎和佳奈
須王銀太・金丸淳一
小石川仁・田中秀幸
小石川留美・川浪葉子
松浦要士・島田敏
松浦千弥子・江森浩子
名村慎一・古谷徹
鈴木亜梨実・久川綾
六反田務・田中一成
閲覧したVOD:U-NEXT(2020年5月31日 23:59まで配信)

両親達の離婚で、6人暮らしをすることになった光希は、連れ子である遊の存在が気になってしまいます。
ですが、遊だけではなく銀太も気になる光希は、どっちが好きなのかが自分でもわからず、もやもやしている状態です。
そんな状況で、さらに亜梨実が銀太と仲がいい状態になってしまい、焦る光希。
修学旅行でも、さんざん亜梨実に銀太との仲を見せつけられ、ヤキモチを焼いてしまいました。
そんな状況で、まだ悩み続けている光希は、結局どちらを選ぶのでしょうか?
光希の悩みっぷりも、注目ポイントですがそれだけではなく、今回は光希の家庭に対する気持ちの変化も現れるので、ここも見逃せません!
素直な光希の気持ちが、どう行動にでるのか・・・楽しみですね。

『ママレード・ボーイ』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月17日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

~あらすじ~

ー光希の部屋ー

朝、窓を向いて伸びをする光希。
机の上にある修学旅行の写真を見て、修学旅行の出来事を振り返る。

ーーー遊より銀太が好きなのかな。

ロボットのおもちゃに問いかける光希。

「やっぱわかんないよね!」

そう思い、明るく言い放ったものの、結局考え込んでしまうのだった。

「今日が日曜日でよかった」

銀太の顔を見ないで済むという安心感から、のんびりベッドの上で、ずっとごろごろしていようと考える光希。

「こら!寝坊助光希!」

ドンドンとドアをノックしながら、遊が呼びにやって来る。

ーーー困っちゃったな・・・。

困りつつも、結局起きる羽目になる光希だった。

ー小石川・松浦家の庭ー

「すごーい!!」

光希が起きて庭へ行くと、全員がバーベキューの準備をしていた。

「おいしそうでしょ!バーベキューパーティーよ!」

全員が張り切っている状況を見て、光希も笑顔を取り戻す。

「遊と光希!修学旅行からおかえりなさ~い!」

そして、この掛け声で、乾杯をする。
遊と光希が帰ってきたことで、また6人で食事ができると喜ぶ両親達を見て、呆れる光希と喜ぶ遊だった。

「やはり家族は、全員揃っていないとな!」

こう言いながら、どんどんバーベキューを食べながら、修学旅行の思い出を聞きたがる両親達。

ーーーしまった、また私ったら和気藹々しちゃってる!

この複雑な家庭環境には染まらず、一線を引くと決意を固めていた光希。
気づけばまた、馴染んでいる状態になってしまい、もやもやする。
それでも、家族といる間は、銀太と亜梨実のことは考えていなかったことにも気づく光希。

ーーーまあいっか、今日くらいは付き合ってあげても!

こう思い、光希もバーベキューを楽しむことにするのだった。

「今日は、天気もいいことだし食事が終わったら、家族で出かけないか?」

光希がせっかく前向きになったとき、両親達の提案でバーベキューの後、家族全員で映画を見て食事をするという流れになる。

「嫌!絶対行かないからね!!」

そんな両親達に、大反対をする光希。
知り合いに会ったら困るという理由で、光希だけが反対をする。

ーーーそ、そんな前で見ないでよ。

全員が複雑そうな心境で、光希を見つめる。
この常識はずれな状況がばれたくないという一心で、必死に否定をする光希。

「6人で外出なんて、絶対に嫌だからね!!」

最後にこう叫び、家を飛び出してしまうのだった。

ー雑貨屋ー

ーーー何さ、私だけをみんな悪者扱いにして。

飛び出してきた光希は、ふらふらと歩き続け、適当な雑貨屋に入り、時間を潰そうとしていた。
その時、亜梨実に遭遇する。
メイクでキレイになっている、亜梨実。

ーーーなんか、とっても大人っぽい。

テディベアの陰から亜梨実を覗く。

そして雑貨屋のガラスに映った自分が、とても子供っぽく感じてしまう光希。
この時、亜梨実と目が合う光希。

「こんにちは」

にっこりして、亜梨実が光希に近づいてくる。

「1人?」
「う、うん」

近づいてくる亜梨実に、普通に答える光希。

ーーーいい匂い、香水かな?

亜梨実のいい匂いに惹かれる光希。

「銀太と待ち合わせてるから、お先に」

こう言い放ち、その場を後にする亜梨実。

ーーー銀太・・・銀太って呼んでいるんだ、亜梨実さん。

銀太と呼んでいる亜梨実に、ショックを受ける光希だった。

ー小石川・松浦家ー

「ただいま!」

帰宅をする光希。

ガシャーン!

光希が帰宅したのと同時に、花瓶が割れる音がする。
この音に驚く光希。

「何?今の音」

こう言い、居間の外にいる遊の横へ駆けつける。
床には落ちた花瓶の痕が。

「あーあ、誰がやったの?」

こう言い、居間をぐるりと見渡すと、雰囲気が悪い状態で両親達が立っている。

「お前たちは、部屋に行っていなさい」

部屋に行けと促される光希は、この状況に驚くことしかできなかった。

ー高校ー

「喧嘩じゃねえの?」

高校の庭で、遊と話をする光希。

ーーーどうして、今まではあんなに仲が良かったのに。

不安になる光希は、遊の話でそれぞれの意見の対立で、こうなったということを知る。
この時、2人が話している姿を、銀太は後ろから見つめていたのだった。

ー小石川・松浦家ー

ガシャーン!

何かが割れる音に驚き、居間へ駆けつける光希と遊。

「もう我慢できない!これ以上こんな生活続けられないわ!」

両親達が、また言い争いをしている。

「同居は、解消しよう!」

思いがけない言葉を耳にし、驚く光希と遊。

「ちょっと、どういうことなの?」

思わず光希も、口を挟む。
展開が早すぎて、全くついていけない光希は、この状況に困惑する。

「ようやく俺、学校にも慣れてきたところだったのに・・・」

同居を解消することで、元の生活に戻るため、遊もまた転校をすることになってしまう。
このことに遊は、若干困惑してしまう。

ーーー遊が転校!?

遊が転校することに対し、光希もショックを受けてしまう。

「ちょっと待ってよ!」

ここで光希が、ついに口を挟み、光希は自分の気持ちをぶつける。

「光希、それじゃお前は、今の生活に不満はないんだな?」

世間体が気になりつつも、同居を解消してほしくないという気持ちが芽生えた光希に対し、こう問いかける両親。

「ずっとこのままでいいんだな?」

更に念を押され、違和感を覚える光希。

「え?うん・・・」

光希がこう言ったとたん、両親達が大喜びをする。
状況を把握することが出来ない光希。
実は光希が意地を張って、馴染まないようにしていた姿を見て、両親達が芝居をしたのだった。
両親達は、光希の本当の気持ちを知ることができ、満足する。

「やっぱりね、そんなことだろうと思った」

遊だけは、途中からこの芝居に気づいていたのだった。
この状況に、光希の怒りは頂点へ・・・。

ー光希の部屋ー

うわあああぁぁあああん!

両親達の芝居に騙された光希は、大声で部屋にこもり、ベッドに顔を伏せて大泣きする。
そんな光希の部屋のドアをノックし、謝る両親達。

「うるさい!あっち行けーー!」

両親達に対し、こう叫ぶ光希。

コンコン・・・

「光希、開けろよ!」
「遊!!」

窓の外に、遊の姿が。
驚く光希は、窓を開けて遊を部屋に入れる。
隣の窓から、壁にへばりついて遊はやってきたのだ。

「びっくりして涙、止まっただろ?」

遊のこの言葉で、涙が止まっていることに気づく光希。
光希は、遊に説得されて両親達を許すことにするのだった。

ーーーいっつもからかってばっかりのくせに、そんなに真面目にやさしくされたら、どうしていいかわかんなくなっちゃうよ・・・。

遊に惹かれる光希だった。
遊のおかげで、無事両親達と仲直りをした光希は、茗子との交換日記に今日の出来事を綴っていた。

コンコン・・・。

その時、千弥子が現れもう一度謝罪をし、自分の会社が今度発売する予定のメイクセットを、プレゼントする。
メイクセットに大喜びの光希。

「ねえ、これからももっとお化粧のこと教えてくれる?」

色々と千弥子にメイクの話を聞き、メイクに興味を持つ光希。

ーーーコロンを付けたら、ちょっぴり大人になった気がした。

そう思い、千弥子と一緒に鏡の前で笑顔を見せる光希だった。

~感想~

修学旅行から帰ってきて、まだはっきりと遊と銀太のどちらが好きかがわからない光希・・・。
そんな光希がついに今回は決断するのかなーなんて思っていたのですが、まだでしたね(笑)
しかも今回は、高校メインではなく、家庭の事情がメインのお話でした。
確かに、恋愛もぐだぐだと光希は悩んでいますが、そうでした・・・!
家庭の事情に対しても、まだ光希はもやもやしている状態だったんですよねー。
・・・って、家でも落ち着かないし、高校でも恋愛で落ち着かないって、光希ってなかなか大変な心境で生活していたんだなって改めて感じました(笑)
まさにストレスフルってかんじですね~。
ですが今回でようやく家庭の事情に対しては、無事解決したようなので、これで一つ悩みは減り、ストレスフルから脱却できたのかなって感じですね。
まあ光希が家庭の事情に関しては、勝手に意地張っていただけというのもあるのですが。
それでも、無事これで家庭の事情に対してはスッキリ解決できて、よかったです!
家を飛び出した時に、また亜梨実に気持ちをかき乱されて、銀太の事ばかりを考えていたようですが、何だかんだ今回の家庭の事情の件で、また遊に気持ちが揺らいでいたようですね。
今回で、銀太よりもどちらかというと遊の方が好きなのかな?なんていう感じに、気持ちが傾いてきたのでしょうか。
家庭の事情に対しては、無事解決したので今度はこの調子で、遊と銀太のどっちなのかをはっきりしてほしいですね!
なかなかはっきりしないなーとは思うものの、それでもゆっくりゆっくり前に進んでいる光希の行動を、次回も楽しみたいと思います!

ママレード・ボーイをU-NEXTで見るならこちら

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP