ママレード・ボーイ 第6話ーラブゲーム「銀太なんか大嫌い!」ーのあらすじ・ネタバレ・感想~茗子、ついに関係が遊にばれた!?テニスの試合でまさかの坊主!?~ | VODの殿堂

アニメ

ママレード・ボーイ 第6話ーラブゲーム「銀太なんか大嫌い!」ーのあらすじ・ネタバレ・感想~茗子、ついに関係が遊にばれた!?テニスの試合でまさかの坊主!?~

   
 

タイトル:ママレード・ボーイ 第6話ーラブゲーム「銀太なんか大嫌い!」ー
放送局:テレビ朝日系列
放送期間:1994年3月13日~1995年9月3日
声優:小石川光希・國布田マリ子
松浦遊・置鮎龍太郎
秋月茗子・山崎和佳奈
須王銀太・金丸淳一
小石川仁・田中秀幸
小石川留美・川浪葉子
松浦要士・島田敏
松浦千弥子・江森浩子
名村慎一・古谷徹
鈴木亜梨実・久川綾
六反田務・田中一成
閲覧したVOD:U-NEXT(2020年5月31日 23:59まで配信)

光希と遊の両親の離婚で、いきなり6人家族での生活がスタート!
・・・そんな複雑な状況の中、光希は遊のことが日に日に気になるようになってきます。
更に、昔好きだった銀太からも、光希は再度告白をされてしまい、2人のどっちが自分でも好きなのかがわからない状態に。
光希は、果たして遊と銀太のどちらを選ぶのでしょうか?
一方で、茗子はあの名村先生との関係を、遊に目撃され、知られてしまいます。
茗子は遊に関係がばれてしまい、どうなってしまうのでしょう?
光希と茗子、それぞれの心境も注目ポイントです。
それだけではなく、ついに遊と銀太がペアを組むテニスの試合の展開も注目ですよ!
今回のテニスの試合には、新たな人物が登場するので、この人物も見逃せません。

『ママレード・ボーイ』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月17日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

~あらすじ~

ー茗子の部屋ー

名村先生との関係を、ロボットのおもちゃに録音し、光希に伝えようとする茗子。

「光希、私・・・」

だが結局、途中でやめてしまう。
そしてまた古い図書館での出来事を、思い出す茗子。

「見るつもりはなかったんだけど、偶然」

途中で放送で呼び出しが入り、名村先生はいなくなった時に、遊が出てきて茗子は驚いたのだ。

「光希、このこと知ってるの?」

口止めをした茗子に対し、遊は誰にも言うつもりはなかったものの、このことが気になっていた。

「言ってない」

茗子は、名村先生とのことは光希にも、内緒にしていた。

「そっか」

それを聞いた遊は、古い図書館からそのまま外へ出て行ったのだった。
この状況を思い出し、またロボットのおもちゃに録音をし、光希に伝えようとするものの、結局できない茗子だった。

ーお昼の高校ー

また校内放送で、遊が登場し、お昼を食べていた光希は驚く。
実は、遊がテニス部の招待試合に助っ人として出場することが、話題となっていたのだ。
おまけに、銀太と光希との三角関係についての話題に対し、全く否定しない遊。
そんな遊の反応に、光希はイラ立ち、銀太も困ってしまうのだった。

ーーーったく、遊ったら何考えてるのよ。

校内中に知れ渡ってしまい、困る光希。
そして、自分が結論を出すことができていない状況に対し、更に悩んでしまうのだった。

ーテニス部招待試合ー

「うわー!すっごいギャラリーの数!」

校内放送のお陰で、ギャラリーがたくさんいる状態に驚く光希。

「こんにちはー」

そんな時、遊と亜梨実が現れる。
亜梨実も、応援しに来たのだ。

ーーー遊、招待試合のこと亜梨実さんに教えたんだ。

この状況に、もやもやする光希。

「何で招待試合のこと、知ってるんだ?」
「だって対戦相手、うちの高校だもん」

この時、遊が亜梨実に質問し、あっさり光希のもやもやは解消する。

「・・・てことはもしかして!?」

この時、遊は対戦高校を初めて知り、複雑な表情をする。

「そう、あいつがいるのよ」

さらに嫌そうな顔をする遊。
そんな遊に対し、あいつとは誰なのか、光希は気になるのだった。

「おーい松浦!」

銀太が遊を、試合前の練習のために呼びに来る。

「中学の時の同級生なんだけど、そいつ、同じテニス部員なのに、一度も俺に勝てないからって俺を目の敵にしていてさ・・・」

光希だけではなく銀太に対しても、あいつのことを説明する遊。
おまけに、亜梨実のことがそいつは好きだったが、遊と付き合ったためさらに恨まれているのだということを知る光希と銀太だった。

「六反田務!」

なんとなく遊の話を耳にして、どんな奴なのかが想像できていた銀太は、遊と声をそろえてそいつの名前を口にする。

「まさかお前が前言っていた、絶対に負けたくない奴って・・・」

遊は、銀太がこの名前を知っていて驚きつつも、銀太も以前負けたくない奴がいると話していたことを思い出し、こう話す。

「久しぶりだな、松浦」

この時、六反田務が現れる。
闘志に満ちている六反田は、亜梨実を見つけて嬉しそうな顔をする。

「あんたなんか、問題外なの!いい加減諦めてよ!」

一方六反田に対し、冷たい態度を取る亜梨実。
この状況に爆笑する銀太。
六反田と銀太は、言い争いになってしまう。
実はこの2人は、従兄弟なのだった。

似ていることに納得する遊に対し、もっぱら否定する2人だった。

ーーーへぇ、亜梨実さんに片思いしている、銀太の従兄弟か。

光希はこう思い、世間の狭さを感じていた。
そんな時、いきなり六反田に銀太と光希の過去の話を突き出され、焦る光希と銀太。
この話を、いつの間にか近くに集まっていたギャラリーに、聞かれてしまい驚く光希。
ギャラリーに質問攻めにあってしまい、光希は戸惑う。

「銀太のおしゃべり、もう大っ嫌い!」

こう言い放ち、光希は走り去ってしまう。

ーーー大っ嫌い・・・大っ嫌い・・・大っ嫌い・・・。

光希のこの言葉が突き刺さり、銀太はショックを受ける。
そんな銀太を笑い飛ばす六反田に対し、怒りをぶつける銀太だった。
いよいよ、名村先生が呼びにやってきて、試合が始まる。

「負けたほうが坊主になるんだ!」

銀太の提案で試合に負けたほうが、坊主になることが決まってしまい、焦る遊。

ーーーったく、冗談きついぜ。

いよいよ試合が始まる。
だが、遊の調子はいいものの、銀太のイージーミスが続いてしまう。
この状況に、余裕を見せる六反田だった。

ーーーやれやれ、不調の原因は、光希の大っ嫌いだ。

遊は、銀太がなぜ不調なのかを理解していた。

「ちょっと六反田!遊を坊主なんかにしたら、一生口きいてやんないからね!」

この状況を見ていた亜梨実は、六反田にこう叫ぶ。

ーーーメンタルコントロールも、実力のうちさ。

六反田はそんな亜梨実の言葉にも、特に影響を受けない様子。
だが銀太は、次々とミスを連発する。
一方光希は、試合が気になるものの、悩んでいて足を運ぶことが出来ない状態だった。
そんな光希を、亜梨実が呼びに来る。

「しっかり応援しないとだめじゃない!」

試合の状況を伝える、亜梨実。
そして、負けたら坊主になるということも知り、光希は亜梨実と試合を見に行く。

「何やってるのよ銀太!どうしちゃったのよ!頑張ってよ!いつもみたいにかっこよくスマッシュ決めてよ!」

いつもの力を出し切れていない銀太を見て、光希はいきなりこう叫びだす。
この光希の叫びが銀太に届き、銀太は急にいつもの調子を取り戻す。
あっという間に、遊と銀太のペアは巻き返す。
ハラハラする試合展開に、必死に応援する光希と亜梨実。
遊が真面目な顔で試合に取り組んでいる状況に、驚く銀太。
追い込まれた状況になったものの、試合は遊と銀太が勝利を掴む。
喜びをかみしめる、遊と銀太。

ーーー負けた、坊主だ・・・。

六反田は負けてしまい、坊主にならなければいけなくなったため、ひどく落ち込むのだった。

ー帰り道ー

「本当によかったね、おめでとう!」

帰り道、遊と銀太にこう話す光希。
この時、銀太は六反田が目の前にいるのを、発見する。

「賭けのことは忘れてないよな?」

遊と銀太は、六反田に対し念を押す。

「待ってたのよ、須王君!」

この時、待ち伏せしていた亜梨実と遭遇する。
光希は、遊ではなく銀太を亜梨実が、待っていたという予想外の展開に驚く。

「は?」

この状況に、銀太も困惑する。

だが亜梨実は、テニスの試合で銀太が気に入ったという理由で、無理に銀太を引っ張り出し、2人でさっさと行ってしまう。
この状況に驚く遊と、ショックを受ける六反田。
そしてこの状況に、ちょっと複雑な心境な光希だった。

~感想~

今回も、ママレード・ボーイ面白かったですね!
テニスの試合では、新しい人物・六反田が登場したのですが、まさか銀太の従兄弟だとは。
銀太にこんな従兄弟がいたなんて、ちょっと予想外の展開でした。
おまけに遊とも知り合いで、テニスだけではなく亜梨実のことでも、遊に対して恨みをもってるなんて、本当に世間って狭いですね。
そして亜梨実・・・やっぱりモテるんですね~。
銀太は、光希の「大っ嫌い」の言葉でテニスの試合が絶不調になってしまうなんて、めちゃくちゃメンタル弱いなーなんて思ったりもしたのですが、まあ可愛いともとれますよね、この部分は(笑)
それでも最終的に、光希が叫んだ言葉のお陰で、調子を取り戻すことができ、坊主を回避できてよかったです!
遊もめちゃくちゃ真剣にテニスの試合を頑張っていましたが、恐らくこれは銀太が抱いてるテニス魂のようなものではなく、ただ坊主になりたくなかっただけ・・・だと思いますが(苦笑)
それでも遊と銀太は、無事勝利して本当によかったです!
ですが後半で亜梨実が、また光希の気持ちをひっかきまわすような行動に出ましたよね。
銀太を気に入って、連れ出してしまうとは。
まあ六反田もショックを受けていましたが(笑)
それよりも、光希のあの複雑そうな顔!
ていうか光希、ちょっとふらふらしすぎなんじゃあ・・・。
なんて思ったりもしましたけど、この亜梨実の行動で自分の気持ちに光希は気づくことができるのでしょうか?
この展開、光希の気持ちがようやく次回ははっきりしそうな感じもするので、次がとにかく楽しみですね!

ママレード・ボーイをU-NEXTで見るならこちら

U-NEXT

国内最大級のVOD。新作映画がいち早く配信されるのが最大の魅力。U-NEXTなら、月額1,990円(税抜)で上記シリーズがすべて見放題!31日間無料トライアル実施中!

詳細はこちら

U-NEXTを詳しく知りたい方はこちらU-NEXTの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP