「デスノート」第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~松田のピンチ!~ | VODの殿堂

アニメ

「デスノート」第19話のあらすじ・ネタバレ・感想~松田のピンチ!~

   
 

タイトル:「デスノート」第19話
放送局:日本テレビ・他
放送期間:2006年10月4日~2007年6月27日
アニメーション制作:MADHOUSE
キャスト:夜神月・宮野真守、/リューク・中村獅童/L・山口勝平/弥海砂・平野綾/ワタリ・小林清志/夜神総一郎・内田直哉/松田桃太・内藤玲/ニア・日高のり子/メロ・佐々木望/魅上照・松風雅也/高田清美・岡村麻純
閲覧したVOD:Hulu(2017年11月2日時点で無制限)

ヨツバにとって都合の悪い人物が週末に死亡し、その結果ヨツバの株価が上昇していることを突き止めたライトたち。
アイバーとウェディという新たな仲間を加え、慎重に捜査を始めようとします。
しかし松田が勝手な行動をとり、ピンチに!
いくら役に立ちたいとは言え、勢いで行動しすぎです。
Lのあきれ顔といったら・・・。
果たして松田は助かるのでしょうか!?
その救出劇も注目ポイントですよ。

『デスノート』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月21日(月)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

勝手な行動を取る松田

表向きはミサのマネージャー「松井太郎」として動いている松田。
他のメンバーよりも活躍できていない事を気にし、自分にも何かできないかと考えていた。
偶然にもミサの撮影現場近くにヨツバ本社があり、今日は金曜日。
何かが起こるかもしれないと考えた松田は、一人でヨツバへ乗り込んでしまう。
運良く会議が行われる部屋を突き止めた松田は聞き耳を立て、「殺す」、「キラ」といったキーワードを聞くことができた。
だが次の瞬間、会議室の扉が開き、松田の存在がバレてしまう。

そのころ捜査本部では、ヨツバ社員の樹多がLの正体を探るため、三大探偵の一人である「エラルド・コイル」にコンタクトをとっていることを知る。
エラルド・コイルも気にかけなくてはいけないのかとため息をつく総一郎。
だが、三大探偵は全て自分のことであり問題ないというL。
アイバーにはコイルのふりをしてもらい、ウェディにはヨツバ本社のセキュリティを破ってもらうことにする。
絶対に自分たちが目をつけていることを知られないように、慎重に捜査をしようというL。
だが次の瞬間、ヨツバ本社内から松田のSOSが発動。
作戦は振出しに戻ってしまった。

 

これから慎重に捜査をしようと思っていたところに、松田からのSOS。
だから、「これだから松田は!」って言われちゃうんですよね。
今までも、軽い発言とか行動をたしなめられることが多い松田でしたが、今回ばかりは「やっちまったぜ・・・」という感じですね。

松田のピンチ!

ヨツバ社員達に見つかってしまった松田は、咄嗟にミサの営業に来たことにする。
ミサのマネージャーであることを利用し、「ミサミサを御社のイメージキャラクターに使ってもらえませんか?」と出まかせを言う松田。
別室に連れていかれ監視され、残ったヨツバ社員たちは松田をどうするかについて話し合っていた。
半ば死を覚悟している松田。
だがそこにLから電話がかかってきた。
飲みの誘いのふりをして会話し、松田がピンチであることを知ったL。
ミサの協力があれば助け出せるかもしれないと言い、ライトからミサにあることをお願いしてもらう。

 

松田にしては咄嗟に良い嘘をつきましたね。
いや、マネージャーということになっているので、嘘ではないわけですが。
でも、ミサを巻き込んだら、ミサにも危険が及ぶかもしれないのに、そういうことを考えないのでしょうか。

松田死亡!?

撮影終了後、松田に呼び出されたミサは、ヨツバ本社に現れる。
「本物はもの凄く可愛いな。」とどよめくヨツバ社員。
ミサは事務所の女の子達をマンションの一室に集め、ヨツバ社員たちを接待すると言い出す。

ためらいながらも接待を受けることにした社員たち。
Lに指示された通り、松田は酔っぱらったふりをしてベランダに出ると、手すりにつかまり逆立ちを始める。
やめろと騒ぐヨツバ社員達。
次の瞬間、わざと手を滑らせた松田は、落下したと見せかけて下の階に転がり込む。
地上ではアイバーが松田のふりをして横たわり、救急車で運ばれていく。

人手が足りず、救急隊員のふりをしていたLは、思わず「松田のバカ。」とつぶやいた。

 

ミサは本当に度胸がある。
Lも今回のミサには感心しています。
ミサの恋心を利用したくないと言っていたライトですが、今回ばかりはマツダを助けるためにお願いしたようですね。
ライトの言うことなら断るどころか、それ以上のことをやってのけるミサです。
普段、めったに外に出ないLですので、救急隊員の役なんてやりたくなかったでしょう。
松田に振り回される形になったLですが、ちょっとかわいいです。

ヨツバの会議

ヨツバの樹多は、コイルに成りすましたアイバーから、「Lの正体を探る」ことに関する報酬の件で連絡を受けた。
その内容は、もしも依頼をしなかったとしても、口止め料が発生するというもの。
コイルはかなりのところまで知っている。

怖くなった羽鳥は、「僕はもうこの会議から抜ける。」と言い出す。
だが他の社員に「お前、明日には死んでるな。」と言われ、慌てて訂正。
羽鳥を含む8人全員一致で、コイルにL探しを依頼することになった。

ほどなくして、ウェディの力でヨツバの会議を監視できるようになった捜査本部。
そこには7人しかいなかった・・・。

 

やはり、羽鳥は殺されてしまったのでしょうか。
会議から抜けたら、羽鳥から外部に情報が出てしまうこともあるわけで、キラとしては殺しておきたいでしょうね。
しかし、容赦ない。

まとめ

ミサの協力もあって、松田は助かりました。
ヤレヤレといった感じですね。
松田の活躍で、ヨツバ社員達がキラにかかわっていることが分かりましたが、多分何もしなくてもそのうちわかってましたよね・・・。
次回は、L達がヨツバ社員に接触します。
なんとかキラを断定したいLと、人命優先のライトや総一郎。
どちらの意見も取り入れられる方法をLよりも早く思いついたライトに、「私が死んだらLの名を継いでもらえますか?」というL。
意味ありげな言葉ですよね。
一体どんなつもりで言っているのか気になります。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP