銀魂(259話)のあらすじ・ネタバレ・感想~身体の自由が奪われた銀時の叫び~ | VODの殿堂

アニメ

銀魂(259話)のあらすじ・ネタバレ・感想~身体の自由が奪われた銀時の叫び~

   
 

タイトル:銀魂(259話)
放送局:テレビ東京
キャスト:坂田銀時/杉田智和、志村新八/阪口大助、神楽/釘宮理恵、近藤勲/千葉進歩、土方十四郎/中井和哉、沖田総悟/鈴村健一、桂小太郎/石田彰など
閲覧したVOD:hulu(2018年12月28日時点では視聴可)

前回の話で、鈴蘭の想い人は、舞蔵である事が判明した。
舞蔵の腕を斬り落とし、鈴蘭を始末しようとしたのは、定定だと知った銀時達。
幕府を相手取り、定定に戦いを挑む。
今回は、定定の用心棒:朧が登場する。
この男、銀時が忘れたくても忘れられない、因縁の男だった。
松陽先生の死について触れる259話のあらすじです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

〈血まみれの舞蔵〉

舞蔵の苦しみに気付けなかったそよ姫は、今度は舞蔵の力になるために、銀時達に協力したいと、懇願する。
そよ姫を人質に、本丸へと乗り込む銀時達に、幕府軍が襲いかかる。
信女も銀時達と共に、幕府軍を斬り、定定の元へたどり着いた。
信女は、幕臣暗殺容疑で定定を逮捕すると言うと、定定は
「この国を統べる私は、法そのもの。その私をどう裁くとでも?」
と言い、笑う。
右腕を斬り落とされた舞蔵が、血を流し、倒れていた。
定定は斬り落とした右腕を放り投げ
「その男には、指切りどころか、愛しい女を抱きしめる事すら出来ぬ。吉原まで命が持つかどうかじゃな。まさしく、地を這いずるイモムシに相応しい。」
と言い、あざ笑う。

〈朧の登場〉

銀時は一瞬で定定の前に移動し、木刀を振り落とす。
そこに、暗殺集団、天照院:奈落が現れる。
奈落の首領であり、最強の男:朧が、銀時を止める。
銀時は、朧が振った刀を歯で噛み砕き、天蓋を被っている朧の頭部に木刀を突き刺し
「約束の指なら残ってるぜ。てめぇを天井から地獄へ引きずり落とすための俺達5本の指がな。」
と言い、怒りで震えていた。

〈松陽先生の死〉

新八と神楽が、舞蔵を連れて、吉原へ向かうが、幕府軍に足止めをくらう。
銀時、月詠、信女と奈落の戦いが始まる。
今までの者達とレベルが違い手こずる3人。
銀時は毒針を刺され、毒を抜かなければ、死んでしまう状況になる。
天蓋を脱いだ朧の顔を見た銀時は、固まった。
朧は、攘夷戦争の時、戦った相手だったのだ。
昔、天人との関係悪化を懸念した定定は、侍を弾圧するよう命じた。
戦いは長期化し、幕府は天導衆の指揮の元、攘夷に関わる者を根こそぎ粛清した。
その時に、定定の手足となって働いた朧は、銀時と出会っていた。
侍達が剣を捨てる中、銀時、桂、高杉、辰馬達は、松陽先生を奪還する為に、剣を捨てず、立ち向かった。
朧は、定定に松陽先生の事を覚えているかと、問うと、定定は
「はて?そんな者いたかね?踏み台になったイモムシの死骸をいちいち覚えているとでも?」
と言う。

〈銀時の叫び〉

処刑を止める事が出来なかった松陽先生の生首を思い出す銀時は、手が震え、白夜叉の目になり、朧に襲いかかる。
しかし、毒に侵された銀時は、殴り倒される。
朧は
「お前の護ろうとしたものが、あの時みたいに全て壊れていく様を、見るがよい。松陽も見ていよう。己の命を落としてまで、護った弟子が、何も護る事も出来ずに、無様に壊れていく様を…。」
と言い、毒針を刺した。
銀時は動かない体を必死に動かそうとし
「待ちやがれ!てめぇら…てめぇらだけはぁ…。」
と、叫ぶが、口から大量の血を吐く。
月詠や神楽達に襲いかかる無数の敵、どれだけ捌いても、一向に減らない。
無謀に思えた国盗合戦だが、幕府軍が一斉に倒れた。
神楽達の前に現れた近藤が
「すいませーん。夜遅くにこんな所で何やってるのかな?」
と言う。
銀時達の前に現れた異三郎が
「こんばんは、おまわりさんです。」
と言い、銃口を向けるのであった。

感想

そよ姫は、茂茂の妹らしく純粋で、とてもいい子でした。
茂茂もそよ姫も純粋で素直だからこそ、定定にいいように使われ、結果、定定が幕府を裏で操れる状況になっているのですね。
今回は、松陽先生が処刑され、生首になるシーンがあり、観るのが苦しかったです。
松陽先生は、田舎で子供達に剣と手習いを教えていたという罪で、処刑されたそうです。
それだけの事で処刑を命じた定定が、許せません。
定定を殺してやりたいですし、高杉が幕府を許せず、過激派攘夷になっているのも、理解できました。
朧は幕府側の人間ですが、松陽先生と面識があるような口振りでした。
松陽先生に直接手を下した相手は登場しませんでしたが、命じたのは紛れもなく定定です。
定定が松陽先生や舞蔵をイモムシとあざ笑うのが、憎くてたまりません!
銀時達のピンチに駆けつけた真選組と見廻組ですが、最強の助っ人ですよね。
異三郎は誰に銃口を向けたのか分かりませんでしたが、奈落が倒れていたので、銀時達に加勢してくれるのでしょう。
しかし、警察である真選組と見廻組が幕府に楯突いていいのでしょうか。
次回、真選組と見廻組が駆けつけた理由が明らかになります。
やる時はやる茂茂に注目です。
また、銀時と朧の戦いも最終局面に突入します。

銀魂を見るならdTVがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
・劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
・銀魂 -ミツバ篇-(実写ドラマ)
・銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-(実写ドラマ)
・銀魂(実写版映画)
・銀魂2 掟は破るためにこそある(実写版映画)

dTV

月額500円(税抜)という安さが魅力。国内ドラマも多数配信。dTVオリジナル作品も配信中!

詳細はこちら

dTVを詳しく知りたい方はこちらdTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
銀魂(249話)のあらすじ・ネタバレ・感想~外道丸からの贈り物~
銀魂(250話)のあらすじ・ネタバレ・感想~お年玉の中身~
銀魂(251話)のあらすじ・ネタバレ・感想~コタツの中に、広がる宇宙~
銀魂(252話)のあらすじ・ネタバレ・感想~最終回に、誠意を込めて謝罪する~
銀魂(253話)のあらすじ・ネタバレ・感想~忘れ去られる銀時、慕われる金時~
銀魂(254話)のあらすじ・ネタバレ・感想~忘れた記憶を取り戻そうと頑張る銀時~
銀魂(255話)のあらすじ・ネタバレ・感想~金でも銀でもなく、友を信じる~
銀魂(256話)のあらすじ・ネタバレ・感想~絆で繋がる仲間~
銀魂(257話)のあらすじ・ネタバレ・感想~伝説の花魁、想い人と交わした約束~
銀魂(258話)のあらすじ・ネタバレ・感想~舞蔵の夢物語、死よりも重い約束~
銀魂(260話)のあらすじ・ネタバレ・感想~松陽先生との約束を護り抜く~
銀魂(261話)のあらすじ・ネタバレ・感想~皆が繋いでくれた約束を果たす舞蔵~
銀魂(262話)のあらすじ・ネタバレ・感想~半身サイボーグになってしまったアニキ~
銀魂(263話)のあらすじ・ネタバレ・感想~仲間の為、頭を下げる銀時~
銀魂(264話)のあらすじ・ネタバレ・感想~泣きたい時ほど、笑っていよう~
銀魂(265話:第2期延長戦最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~子犬の飼い主を探す定春~
銀魂(266話)のあらすじ・ネタバレ・感想~万事屋以外の時間が止まる~
銀魂(267話)のあらすじ・ネタバレ・感想~電池を離さない土方の手~
銀魂(268話)のあらすじ・ネタバレ・感想~山崎、卵さんに恋に落ちる~
銀魂(269話)のあらすじ・ネタバレ・感想~特殊な暗記法を教える銀時~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP