銀魂(257話)のあらすじ・ネタバレ・感想~伝説の花魁、想い人と交わした約束~ | VODの殿堂

アニメ

銀魂(257話)のあらすじ・ネタバレ・感想~伝説の花魁、想い人と交わした約束~

   
 

タイトル:銀魂(257話)
放送局:テレビ東京
キャスト:坂田銀時/杉田智和、志村新八/阪口大助、神楽/釘宮理恵、近藤勲/千葉進歩、土方十四郎/中井和哉、沖田総悟/鈴村健一、桂小太郎/石田彰など
閲覧したVOD:hulu(2018年12月27日時点では視聴可)

前回の話で、銀魂に最終回を迎えさせ、新しいアニメを始めようとしていた金時。
しかし、銀時の仲間との絆の深さにより、その野望は打ち砕かれ、金時自身も改心した。
今回から、一国傾城篇が始まる。
伝説の花魁から依頼を受け、想い人を探す事になった万事屋。
その想い人は、将軍家の人間だと分かるが、将軍家の屋敷に入る事は許されない。
しかし、唯一、将軍家と繋がりのある人物がいた…。
257話のあらすじです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

〈伝説の花魁〉

天女に勝る美しさを持つ伝説の花魁:鈴蘭に呼ばれ、銀時は吉原に向かう。
銀時は心躍らせながら部屋で待っていると、腰が曲がり、点滴をしながら、ヨタヨタ歩く、鈴蘭がやって来た。
年老いた婆さんになっていたのだ。
鈴蘭は舞を踊るが、激しすぎ、入れ歯が外れ、呼吸が荒くなっていた。
銀時が
「マズイよ、救急車呼ぶか?」
と言うと、鈴蘭は
「平気だよ。じゃあ、床入れしましょうか。」
と言い、入院用のベッドに入り、治療をする。
鈴蘭は自分の髪の毛を抜き、銀時の小指に結び付け
「今日は私の最後の座敷に、来てくれてありがとうございました。約束してくれますか?月が出たら、また会いに来てくれるって…。私、月が出るのをずっと待ってますから…。」
と言う。

〈鈴蘭の想い人〉

銀時が騙されたと、文句を言っていると、年を取っても鈴蘭が遊女を続ける理由を、日輪が話す。
昔、吉原では、髪の毛を相手の指に結び、互いの愛を誓っていた。
鈴蘭には『一緒に吉原から抜け出そう。』と、約束した人がいた。
相手にとって、そんな約束など戯言だったかもしれないが、鈴蘭は、年老いた今でも、小指に想い人の髪を結び、待ち続けていた。

〈徳川定定という男〉

話を聞いた銀時は、日輪に内緒で、鈴蘭の想い人について調べていた。
月詠も調べており、銀時と鉢合わせする。
鈴蘭の想い人も約束を覚えていて、鈴蘭を待っていると、信じる乙女チックな人間だと思われるのが恥ずかしい2人は
「あんな話、ババァが騙されたに決まってんだろ?」
と、嘘をつく。
しかし、お互いバレてしまい、月詠は『吉原の女の心を踏みにじった男にケジメをつける』銀時は『男に会わせたら、溜め込んだ遺産全部貰う』という目的で探すと言い張り、素直にならない。
本当は、鈴蘭が死ぬ前に、一目だけでも会わせてあげたかったのだ。
新八達の情報によると、鈴蘭は先代将軍のお気に入りだったらしい。
城内に侵入すれば、死罪。
将軍を出待ちしても、死罪。
13代将軍:徳川定定は、天人襲来の際、幕府を立て直した名君。
将軍職を辞した今でも、相談役として、城中で絶大な権威を持っている。
その一方で、遊興が派手な事で有名だ。
将軍家の人間に近づく事すら出来ない状況に、頭をかかえる。

〈そよ姫と友達〉

銀時達は、将軍家の屋敷の中にいた。
神楽が茂茂の妹:そよ姫と、友達だったからだ。
そよ姫は、神楽との再会を喜び、銀時達を歓迎する。
最近、何者かによる幕府要人の襲撃事件が続いており、戒厳令がひかれている。
城は緊張感が漂っており、そよ姫に仕える六転舞蔵は
「姫さま、くれぐれもお静かに!」
と、忠告する。
殿中の警護を任せられている見廻組の佐々木異三郎が現れ
「我々が警護する以上、姫様方の身は安全ですから。」
と言い、その場を後にした。

〈缶が直撃〉

そよ姫には、信女が護衛についており、城を動き回れない。
自由に城内を動き回る為に、缶蹴りをしようと、月詠が提案する。
なぜが舞蔵と信女もノリノリで、参加する。
銀時が思いっきり蹴った缶は、屋敷の方に飛ぶ。
屋敷の襖が開き
「騒がしいぞ、そよ。全くお前は、いつになったら、将軍の妹ととして自覚が…。」
と、言う茂茂の額に、猛スピードで飛んだ缶が直撃し、茂茂は吹っ飛び、気絶した。
顔面蒼白の銀時は
「しょ、しょ、将軍かよォォォ!」
と、叫ぶのであった。

感想

鈴蘭に呼ばれた銀時は、布団のどこにティッシュを置くかで、とてと迷っていました。
日輪は「大丈夫。ここは吉原。男が下手でもちゃんと芝居してくれるから。」と、声をかけていました。
鳳仙が亡き後も、吉原で遊女として商売しているようですね。
14話で登場したそよ姫が、まさかこのような形で再会するとは、思いませんでした。
神楽とそよ姫が友達だったので、今回、将軍家に入れたのですが、この為に、14話で神楽とそよ姫の繋がりを作っていたとは、驚きです。
今回、将軍家がいかに凄いか、説明され、驚きました。
茂茂やそよ姫は、話しやすく、素直で、愛嬌があり、親しみやすいので、そこまで凄い人だと思っていませんでした。
今まで茂茂を散々な目に合わせてきたのに、バレてないのか、茂茂がバカなのか分かりませんが、銀時はお咎めなしなので、将軍家を見くびっていました。
舞蔵は、そよ姫から『爺や』と、呼ばれていましたが、本当は『G嫌』、グレートに嫌という意味でした。
舞蔵は頑固で融通が効かない人だと思ったのですが、そよ姫とのやり取りを観ていると、そよ姫を大事に思うあまり、過保護になっている優しい爺やの様な感じです。
次回、茂茂の叔父:徳川定定が登場します。
遊び人だった定定が、鈴蘭の想い人なのでしょうか。
また、この話からどう松陽先生の死に繋がっていくのかに、注目です。

銀魂を見るならdTVがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
・劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
・銀魂 -ミツバ篇-(実写ドラマ)
・銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-(実写ドラマ)
・銀魂(実写版映画)
・銀魂2 掟は破るためにこそある(実写版映画)

dTV

月額500円(税抜)という安さが魅力。国内ドラマも多数配信。dTVオリジナル作品も配信中!

詳細はこちら

dTVを詳しく知りたい方はこちらdTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
銀魂(247話)のあらすじ・ネタバレ・感想~為五郎へ送る無口な手紙~
銀魂(248話)のあらすじ・ネタバレ・感想~マダオ、少女の為にクイズ番組に出場する~
銀魂(249話)のあらすじ・ネタバレ・感想~外道丸からの贈り物~
銀魂(250話)のあらすじ・ネタバレ・感想~お年玉の中身~
銀魂(251話)のあらすじ・ネタバレ・感想~コタツの中に、広がる宇宙~
銀魂(252話)のあらすじ・ネタバレ・感想~最終回に、誠意を込めて謝罪する~
銀魂(253話)のあらすじ・ネタバレ・感想~忘れ去られる銀時、慕われる金時~
銀魂(254話)のあらすじ・ネタバレ・感想~忘れた記憶を取り戻そうと頑張る銀時~
銀魂(255話)のあらすじ・ネタバレ・感想~金でも銀でもなく、友を信じる~
銀魂(256話)のあらすじ・ネタバレ・感想~絆で繋がる仲間~
銀魂(258話)のあらすじ・ネタバレ・感想~舞蔵の夢物語、死よりも重い約束~
銀魂(259話)のあらすじ・ネタバレ・感想~身体の自由が奪われた銀時の叫び~
銀魂(260話)のあらすじ・ネタバレ・感想~松陽先生との約束を護り抜く~
銀魂(261話)のあらすじ・ネタバレ・感想~皆が繋いでくれた約束を果たす舞蔵~
銀魂(262話)のあらすじ・ネタバレ・感想~半身サイボーグになってしまったアニキ~
銀魂(263話)のあらすじ・ネタバレ・感想~仲間の為、頭を下げる銀時~
銀魂(264話)のあらすじ・ネタバレ・感想~泣きたい時ほど、笑っていよう~
銀魂(265話:第2期延長戦最終回)のあらすじ・ネタバレ・感想~子犬の飼い主を探す定春~
銀魂(266話)のあらすじ・ネタバレ・感想~万事屋以外の時間が止まる~
銀魂(267話)のあらすじ・ネタバレ・感想~電池を離さない土方の手~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP