銀魂(218話)のあらすじ・ネタバレ・感想~カニの美味しい食べ方~ | VODの殿堂

アニメ

銀魂(218話)のあらすじ・ネタバレ・感想~カニの美味しい食べ方~

   
 

タイトル:銀魂(218話)
放送局:テレビ東京
キャスト:坂田銀時/杉田智和、志村新八/阪口大助、神楽/釘宮理恵、近藤勲/千葉進歩、土方十四郎/中井和哉、沖田総悟/鈴村健一、桂小太郎/石田彰など
閲覧したVOD:hulu(2018年12月27日時点では視聴可)

前回の話で、プールの監視員をしていた銀時。
そこに、将軍:茂茂がお忍びでやって来た。
茂茂はプールを楽しんでいたが、最後には、桂に蹴り飛ばされてしまった。
今回は、お登勢から貰ったカニを銀時達が食べる。
他の者達よりも、多くカニを食したい銀時達の騙し合いに注目!
218話のあらすじです。

『銀魂’ 』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月18日(金)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

〈カニを貰う〉

お登勢がカニを1杯くれた。
銀時は、新八と神楽の3人で食べる為に、食卓を囲む。
身が詰まって美味しい部分である足が10本ある為、1人3本ずつとしても、1本余ってしまう。
平等に分けるには、どうすればいいかと3人は考えていた。
その時、停電し、真っ暗になる。
新八がブレーカーを直しに行き、電気が点くと、カニの脚が1本なくなっていた。

〈つまみ食いする2人〉

新八が他の2人を問い詰めると、銀時の口から血が出ていた。
銀時は暗闇の中、カニの殻ごと食べていたのだ。
しらばっくれる銀時を放っておき、また停電した時に対処できるように、ロウソクを用意し、カニを剥こうとする。
再び停電し、ロウソクの灯りのおかげで、手元にあるカニは無事だと思った。
しかし、電気が点くと、カニの脚が全てなくなっていた。
銀時と神楽は
「ロウソクとカニの脚を間違えた…。ロウソクの近くに、カニを置いていた新八が悪いな。」
と、新八のせいにし、悪びれもしない。

〈ハサミの定義〉

残るのは、ハサミの部分と甲羅だ。
銀時は甲羅の中のカニ味噌狙いで、新八にハサミの部分を勧める。
しかし、新八は銀時の作戦を読んでおり
「しょうがないな。じゃあ、僕は胴体で我慢しますね。」
と言い、甲羅を自分のものにした。
甲羅の中を開けると、カニ味噌どころか、身ひとつも入っていなかった。
全て銀時の罠で、甲羅の中身は全て銀時が取り除いていたのだ。
銀時がハサミの部分を貰おうとすると、神楽が爪下を食べていた。
神楽は
「銀ちゃん、物好きアルナ。そんなにハサミが好きアルカ?ハサミの下の方が身がいっぱいついてるのに、変なの。」
と言う。
ハサミと言っても、親爪だけの事ではなく、親爪と爪下部分を合わせてハサミだと思い、発言していた銀時は
『確かに、厳密にハサミと言えば、先端の親爪の部分を指す。だからといって、まさかこんな分け方をするとは…!』
と、屈辱の表情を浮かべた。

〈カニ味噌雑炊鍋〉

銀時は雑炊を作り、そこにカニ味噌を入れようとする。
新八はカニの身を一口も食べられなかったが、カニの殻で出汁をとり、カニ鍋を作った。
カニの出汁がよく出ている鍋の匂いを嗅いだ銀時は、カニ雑炊よりもカニ鍋にそそられる。
新八が銀時を誘惑し、2人の戦いが終わるかと思われたが、神楽がカニ鍋の中にカニ雑炊、カニ味噌を入れ
「もういいや、あとはお前達にやるアル。」
と言い、部屋を出て行った。
カニ味噌の良さが分からない神楽を放っておき、銀時と新八はカニ味噌雑炊鍋を食べ、無言になる。
銀時は
「なんか生臭くて、イマイチ。カニカマの方がいいな…。」
と言う。
無残な食べ方をされたカニは、流し台に捨てられるのであった。

感想

以前はすき焼きの肉の取り合いで、戦争のような戦いや心理戦をしていましたが、今回は平和に始まりました。
1人3本ずつで、余った1本をジャンケンとかで分けるのかなと思ったのですが、全く違いました。
口から血を出しても、他の2人よりも、多くカニを食べたい銀時は、意地汚いですね。
神楽もロウソクとカニを間違えたと言い訳していましたが、まずロウソクは食べませんし、言い訳が下手過ぎます。
銀時はカニ味噌狙いと見せかけて、裏の裏をかいて、新八を欺いていました。
結果、カニの親爪の部分だけを神楽から貰ったのですが、神楽は何も知らないフリをして、結構やる女の子ですね。笑
お登勢は知り合いから、カニをたくさん貰い、銀時にお裾分けする時に、銀時が「いっぱいくれ!」と言うと、カニを1杯だけくれました。
いっぱい=1杯を間違えたようです。
生きているカニは1匹と数えますが、死んでいるカニは1杯と数えるようです。
今回の話は、ただのカニの取り合いだけだったのですが、カニの部位の名称やカニの数え方を学ぶ事が出来ました。
次回は、人間サンドバッグになり、殴られ、お金を稼ぐ元プロボクサーが登場します。
素人のパンチは全く効かず、殴られても平気な男ですが、神楽が客として現れます。
この男は、無事なのでしょうか。

銀魂を見るならdTVがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
・劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
・銀魂 -ミツバ篇-(実写ドラマ)
・銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-(実写ドラマ)
・銀魂(実写版映画)
・銀魂2 掟は破るためにこそある(実写版映画)

dTV

月額500円(税抜)という安さが魅力。国内ドラマも多数配信。dTVオリジナル作品も配信中!

詳細はこちら

dTVを詳しく知りたい方はこちらdTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
銀魂(208話)のあらすじ・ネタバレ・感想~殺し屋専門の殺し屋VS必殺万事屋~
銀魂(209話)のあらすじ・ネタバレ・感想~劇場版銀魂2、白夜叉降誕のやるやる詐欺~
銀魂(210話)のあらすじ・ネタバレ・感想~かぶき町四天王の町内会議~
銀魂(211話)のあらすじ・ネタバレ・感想~次郎長に襲いかかる銀時、まさに白夜叉~
銀魂(212話)のあらすじ・ネタバレ・感想~護りたいものがひとつになった最強お登勢一家~
銀魂(213話)のあらすじ・ネタバレ・感想~かぶき町、全面戦争開始~
銀魂(214話)のあらすじ・ネタバレ・感想~約束を果たし、昔の次郎長に戻る~
銀魂(215話)のあらすじ・ネタバレ・感想~神威を助ける高杉~
銀魂(216話)のあらすじ・ネタバレ・感想~仕事の尊さを伝えたい大人達~
銀魂(217話)のあらすじ・ネタバレ・感想~将軍、プールの思い出~
銀魂(219話)のあらすじ・ネタバレ・感想~殴られ屋の末路~
銀魂(220話)のあらすじ・ネタバレ・感想~屁怒絽ファミリーに江戸流の風呂の入り方を教える~
銀魂(221話)のあらすじ・ネタバレ・感想~猿の名付け~
銀魂(222話)のあらすじ・ネタバレ・感想~九兵衛に会いたい寿限無~
銀魂(223話)のあらすじ・ネタバレ・感想~松平の屋敷に潜入する桂~
銀魂(224話)のあらすじ・ネタバレ・感想~再生されたブルー霊子~
銀魂(225話)のあらすじ・ネタバレ・感想~冤罪で監獄にぶち込まれる銀時~
銀魂(226話)のあらすじ・ネタバレ・感想~米裏から爺さんへの手紙~
銀魂(227話)のあらすじ・ネタバレ・感想~万事屋VSスケット団、真の何でも屋を決める~
銀魂(228話)のあらすじ・ネタバレ・感想~愛チョリスで得た2次元の彼女~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP