『人外さんの嫁 dアニメストアスペシャルVer. 』第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~とっても幸せな結婚式~ | VODの殿堂

アニメ

『人外さんの嫁 dアニメストアスペシャルVer. 』第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~とっても幸せな結婚式~

   
 

タイトル:人外さんの嫁dアニメストアスペシャルVer. 第6話 ー指輪の交換ー
放送局:TOKYO MXほか
アニメーション制作:サエッタ
キャスト:日ノ輪 泊:山下 大輝/火鞍川 曽良:河西 健吾/木齋橋 壱屋:八代 拓/土清世 徹司:白井 悠介/六・七:新井 里美/担任:森屋 里美
視聴したVOD:dアニメストア(2018年11月15 日時点で視聴可)

戸籍を得るために『偽装結婚』をする夫婦が増えているということで、カネノギさんと泊にも疑いの目が受けられます。
当初、カネノギさんとの結婚に戸惑いを見せていた泊も、今では立派な人外さんの嫁であり、疑われたことに怒りを隠せない様子です。

泊は疑いを晴らすため、教師の助言により、結婚を証明するものとして結婚式を行うことになりました。
果たして、どんな結婚式になるのでしょうか?

あらすじ

偽装結婚

「唐突ですが、偽装結婚が問題となっています。」

職員室に呼び出された泊に、教師は唐突に告げた。
どうやら最近偽装結婚をする夫婦が増加しているようで、泊とカネノギさんにも「何らかの証明がほしい。」との通達は役所から届いたのである。

「し、信じられません!!カネノギさんと俺との仲を疑うなんて!!うぅ…っ。」

「変わったわね、日ノ輪くん。」

涙をこぼしながら、疑われたことにショックを受ける泊に教師はしみじみとそう告げる。
しかし、これ以上疑われないためにも、何らかの証明を役所に提示したほうがよいらしく、教師は泊の前にあるものを提示した。

「ここはひとつ、お式の写真でも撮ってみたらどうかしら?」

「結婚指輪…先生…俺…っ恥ずかしくて!嬉しくて!死にそうでーす!!」

「本当に変わったわね、日ノ輪くん!」

結婚式

カネノギさんと泊の結婚式は、体育館で生徒たちに祝福されながら行われることに。

それを見ていた木齋橋は、自分も指輪交換をしたいと妄想を膨らまし、火鞍川は自分の指輪を見つめ、フワ井に尋ねることに。

「フワ井、俺たちの結婚指輪どこにやった?」

「おい、抜けたぞ!?」

「フワ井ー!?」

火鞍川の質問に顔色を悪くしたフワ井の体から、ごっそり毛が抜け落ちる。

一方、カネノギさんと泊の結婚式は滞りなく進行しており、ついに指輪交換の時間になった。

「あれって証明が必要なのかよ!?どう見てもアツアツだろ!」

「キィーッ!」

「皆さん、本日は本当にありがとうございました!最高の思い出ができました!」

指輪交換を終えた二人は、生徒たちに感謝の意を表する。
そのあと、カネノギさんにお姫様抱っこをされ、体育館を飛び出した。

「俺たち、幸せになりまーす!」

結婚式2

放課後、木齋橋はツキツカに自分たちの結婚式について尋ねることに。
しかし、ツキツカは木齋橋の花嫁姿を想像し「こわい」と返したのであった。

一方、近くにいた火鞍川はフワ井に、指輪を失くしたことに文句を言い続けていた。
けれども指輪はなくなったわけではなく、フワ井の傘に引っかかっていただけなのである。

「あった!あったぞフワ井ー!っていうか俺がそこに結んどいたんだったー!」

「お前が嫌だって言うなら、指輪交換でいいや。おい、左手出せ。」

木齋橋は差し出された包帯に指輪をはめるが、それはすぐに地面に落ちてしまったのであった。

そのころ、結婚式を終えたカネノギさんと泊は、幸せいっぱいで帰路についていた。
カネノギさんの腰には、空き缶がまだくくり付けられている。

(カネノギさんたら、カラカラまだつけてる。いつまでも~結婚アピール続けるなんて~俺困っちゃうよ~。)

「うふふふ!うふふふ!うふふふ!」

カネノギさんぽ

今回カネノギさんが訪れたのは、「人外さんの嫁」のアフレコスタジオ。

カネノギさんはジッとスタジオの中を見つめているようですが、中ではちょうど収録が行われている様子。
順調に進む収録風景に、カネノギさんもアニメの完成が楽しみらしい。

フワ井を書くぞー!

今回ペンを取ったのは、火鞍川役の河西である。

火鞍川の夫、フワ井を描くそうだ。

河西「黒目が大きいんです。」

ホワイトボードに河西が向かう間、カネノギさんは隣で踊っているようだ。

河西「口?…口なんだっけな?」

首をかしげながら口を描いたところ、周囲から苦笑されている。

「そんなでした?」

河西「そうなんです…いいんです!」

そう言って河西はどんどん書いていくが、今のところ周囲に笑われている。

河西「フワ井、忘れちゃいけないのが…ハゲ。カサ。」

そう言いながら、「ハゲ」「カサ」とホワイトボードに書く。

「書いちゃったよ。」

「できた!!フワ井でーす!…拍手して!」

完成した絵をカネノギさんがジッと見つめたあと、河西に背中を向ける。

「そっぽむいちゃった。」

河西「フワ…フワ井ですよ!カネノギさん!」

カネノギさんはくるっと振り返り、河西の頭をそっと撫でる。

河西「あ、慰めてくれてる!ありがとうカネノギさん。」

アニメ宣伝担当のカネノギさん日誌

今回は、モンチッチと一緒にカネノギさんぬいぐるみを紹介。

完成したカネノギさんぬいぐるみは、とってもかわいいです。

その後二人はモンチッチ公園へ。

【モンチッチといっぱい遊んで、お腹がすいたカネノギさんでした!】

感想

第6話にして、いよいよ泊くんがクレイジーになってきましたね。
最初は突然結婚相手が決まったと告げられ、さらにそれが人間ではない存在だと知り、すごく戸惑った様子を見せていましたけれど、もうすっかり立派な嫁ですね。
泊くんの変貌は、先生にとってたいへん喜ばしいことだったようで、サムズアップで祝福していましたし、結婚式の最中もバシャバシャ写真を撮影していました。
きっとこの先生はすごくいい人なんだろうと感じられたのですが、忘れてはいけないのは卒業アルバムを「嫁カタログ」として使用していることですね。
この先生が率先してやっていることではないでしょうが、人外さんの存在は何か?なぜ人外さんが指定した相手は結婚しなければならないのか、そのことを誰も不思議に思っていないのか、などなど、謎はまだまだたくさんあります。
でもアニメを見ていると、そんな些細なこと忘れてしまいなさいよという気持ちにすらなるんですから、本当に不思議な作品ですね。

そして「お絵かきコーナー」ですが、今回は予想通り火鞍川役の河西さんでしたね。
カネノギさんは本物が隣にいるので書きやすかったですが、フワ井はなかなか難しいので、微妙な出来栄えでしたね(笑)
次回は木齋橋でしょうから、どんな絵になるか、今から楽しみにしておきましょう。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP