「ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダースエジプト編」第27話のあらすじ・ネタバレ・感想~花京院一時リタイア~ | VODの殿堂

アニメ

「ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダースエジプト編」第27話のあらすじ・ネタバレ・感想~花京院一時リタイア~

   
 

タイトル:「ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダースエジプト編」第27話
放送局:TOKYO MX他
キャスト:空条承太郎:小野大輔、ジョセフ・ジョースター:石塚運昇、モハメド・アヴドゥル:三宅健太、ジャン・ピエール・ポルナレフ:小松史法、イギー:福圓美里、オインゴ:保村真、ボインゴ:くまいもとこなど
視聴したVOD:dTV(2018年11月13日時点では視聴可)

ゲブ神という水のスタンドを操るンドゥールを倒した承太郎は、エジプト“9栄神”という謎のスタンド使いがゆく手に潜んでいると知ります。
新たなスタンド使いか、ボインゴという少年が持っている漫画は、近い将来起こることが描かれていました。
今回、漫画に新しいストーリーが現れジョセフたちが、カフェで毒入りの紅茶を飲むことがわかります。
そのカフェに先回りするボインゴと、オインゴの兄弟は?

「ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース」第27話のあらすじです。

『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース エジプト編』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月25日(金)時点のものです。

あらすじ第27話 「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴ

花京院が?

バスに乗ったボインゴは「あ、新しいページが現れた・・・ぞ」
『仲良し兄弟の次なる冒険は、アスワンの町に入ると?おおいたぞ、にっくき5人の敵がいるぞ。奴らは話し合っています。
奴らがあまりに心配しているので、毒入りの紅茶を飲んでしまいました。ゴクッ』

ボインゴは、ニヤッと笑って「おに・・いちゃん」と言って漫画を見せる。
オインゴは「ヘッヘッヘッヘッヘ、毒を盛ればいいのか。弟よ、俺たちは、無敵の兄弟だ。お前の未来が見えるスタンドと、俺のこの顔のスタンドがあれば・・・変身能力。奴らは皆殺しよ。俺たちのカードは書物の神トト、創造の神クヌム、オインゴボインゴブラザーズ」と言う。
オインゴは、承太郎たちが入るであろうカフェの店主を殺し、自分が店主のふりをする。

ボインゴが「僕のスタンド、書物の神トトの予言は、必ず当たる。ウケウキウコケウコケウヒャヒャウコケ」と変な笑いをする。

ジョセフ、承太郎、ポルナレフが歩きながら話している。
「アヴドゥルは幸い急所を外れていたから、明日にでも退院できそうだが、花京院は暫く入院が必要になるらしい」と話すジョセフ。
承太郎が「残念だが花京院は、この旅をリタイアせざるを得ないな」と言う。
3人はカフェに入ることに。

イギーやったね!

ポルナレフは、紅茶を注文するが、ジョセフが栓の開いてないコーラに変える。
しかし、コーラが冷えてないことが判明し、店を変えることになり立ち上がる。
ところが、向かいの店が火事で移動ができなくなり、やっぱりこの店で紅茶を飲むことにする。

紅茶が来て口に含んだ瞬間、イギーが他の客のケーキを食べて怒られ、紅茶をブーッと吐き出す3人は、逃げたイギーを追いかけて出て行く。
「もうちょっとだったのに」と、悔しがるオインゴ。

次の漫画が出て来る。
『ジョースターたち3人は、車でアヴドゥルと花京院の病院に行きます。
オインゴは、車にオレンジに見せかけた爆弾を仕掛けていました。
承太郎は、吹っ飛ばされ顔が真っ二つ。血を流してリタイアだぁ』
オインゴがジョセフたちの車にオレンジ爆弾をセットしていると、ジョセフとポルナレフが来てしまい、とっさに承太郎の顔に変身し承太郎のふりをする。

ジョセフが「なんだ、承太郎か。直接病院に行くんじゃなかったのか。学ランはどうした?」と聞く。
「クリーニングに出してある」と切り抜ける。
ポルナレフが「そうか、じゃ早く車に乗れ」と乗せられてしまうオインゴ。
「まさか、顔が真っ二つになる承太郎っていうのは、俺?」
これは危ないと爆弾オレンジを窓から捨てるが、イギーが拾ってくわえて来てしまう。

タバコ芸

車の中で「タバコに火をつけて、口に入れる特技をやってくれ」と言い出すポルナレフ。
それくらいなら出来ると「いいぜ、簡単だぜ」と返事をする。
「よぉし!5本で頼むぜ」と言われ慌てるオインゴ。
しかし、出来なかったら偽物だとバレると思い(やってやる!)と決意する。

5本のタバコに火をつけ、アチ、アチ、と言いながら口に入れる。
(やったー!やったぞー。人間死ぬ気になれば何でもできる)と思うオインゴ。
ポルナレフが、ジュースを差し出し「それで火を消さずにジュースを飲んだよな?」と言う。
どうにも我慢しきれず「ウギャーー」とタバコを吐き出すオインゴ。
(失敗したー、弟よ、そのページを破り捨ててくれー!)と願う。
ポルナレフが「今日のお前、ほんとに変だぜ」と言う。
オインゴは「ちょっと体調が悪くて」と返すが、次は何を言われるか心配でたまらない。
ポルナレフは「承太郎、てめぇ、左親指を上に組んでるな!」と叫ぶ。
(困った。本物の承太郎は右親指が上なのか?やばい、どうやって誤魔化す?)と考える。
ポルナレフは「ワハハハハ、その手の組み方は、お前の前世は女だって証拠だよん」と笑う。
「俺は右親指が上だから、男だって占いだもんねー」と得意そうに言う。

ジョセフが「ほんとか?俺は自然に左が上になるぞぉ」とやってみる。
「ジョースターさんも、間違いなく前世は女だね」と言うポルナレフ。
ジョセフが「なぁにが間違いなくだ、どうやって証明するんだよぉ?ガハハハハハハ」
「ワハハハハハハ」と、大笑いする2人。
オインゴは、下を向き(本当に胃が痛くなってきた。こいつらといるとマジで寿命が縮む。腹の調子が悪いと言うぞ)と前を向く。
今度はポルナレフが「承太郎、オレンジの丸ごと一口食いの競争しようぜ」と爆弾入りのオレンジをかじる真似をする。
オインゴは「あーーー!そのオレンジはやめた方がいい。イギーが拾って来たやつだし、ドブに落ちていたやつかも」と言うが全く動じない。

名コンビ

もう埒が明かなくなり「腹が痛い。もう我慢できねぇ、早くここで降ろしてくれぇ」と必死で言って車から降りるオインゴ。
「待てい!承太郎!」と、ジョセフとポルナレフに睨まれ凍りつく・・・。
「・・・・・・・・・・・。」

「ほれ!紙だ」とペーパーを差し出され、ひったくって逃げるように走り出すオインゴ。
「ついに逃げてやったぞ~」とうれし涙を流す。

ポルナレフは「このオレンジ、本当にドブに落ちてたのかも?どうしよう、ジョースターさん」と聞く。
ジョセフは「捨てればぁ?」と言う。
ポルナレフがポーンッと捨てた先は、オインゴの足元。
踏んでしまったオインゴ、爆発して血だらけになる。
そこへ来たボインゴが「おにいちゃん、しっかりして。僕一人で奴らを殺す」と言う。
「内気なお前が・・・成長したな」と涙ぐむオインゴ。
だがそこに以前、兄弟が財布を盗んだ男が来て「こいつらだ、僕を殴って財布を盗んだ奴らだ。みんな、メタクソに殴ってくれたら礼ははずむぜ」と助っ人を連れて来る。
ボコボコにやられて、自立どころでなくなったボインゴ。
ジョセフたちが病院に着くと、承太郎が前を歩いている。
「承太郎、お前早すぎるぜ、車より先に着くとは。クリーニングも仕上がったのか?」と聞くジョセフ。
そこへ救急車で運ばれて来るオインゴとボインゴ。

『兄弟は仲良くリタイアしてしまいました。承太郎たちは、襲われたことさえ気づかず闘いは終わっていたのです。チャンチャン』
つづく

感想

前回を見る限りでは、すごく謎の多い、怖い兄弟かと思ったら、全然違いました。
ずっこけてるというか、おまぬけというか・・・。
その割に、カフェの店主をあっさり殺してしまうという怖ろしい面も持ってるんですよね~。
DIOが、雇っただけのことはあるという感じです。
弟は、近い未来が読めて、兄貴は顔が七変化するという立派な能力があるのに、もっといい方に使えばいいのにと思いました。
悪いことに使っていたら、能力も台無し、もったいないです。
それこそ、災害時に役立つと思うんですよ。
地震が来る前にみんなに「建物から避難しなさい」とか、教えられるじゃないですか。
兄貴も、犯罪者を見かけたら「こんな顔でした」とモンタージュ写真を作るのに協力もできますしね。
命が助かったんですから、今後はスタンドの能力を人のために使ってほしいと思います。
ポルナレフとジョセフは、性格が似ているのか楽天的といいますか、すごくいいコンビですね。
本当に承太郎が本人だと思っていたのかは、ちょっと疑問ですが。
実は、偽物だとわかっていて、あそこまで惚けていたのかなぁと思ったり・・・。
みんなの命を救った、イギーもナイスでした。
次回、花京院を見舞った一行。
失明の心配もなく傷はすぐに治るということで一安心するのですが・・・。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP