さくらももこ劇場 コジコジ 第53話 ひとりぐらしをしたいのあらすじ・ネタバレ・感想~メルヘンの国でも、1人暮らしに憧れる~ | VODの殿堂

アニメ

さくらももこ劇場 コジコジ 第53話 ひとりぐらしをしたいのあらすじ・ネタバレ・感想~メルヘンの国でも、1人暮らしに憧れる~

   
 

タイトル:さくらももこ劇場 コジコジ 第53話 ひとりぐらしをしたい
放送局:TBS
声優:コジコジ・青木静香
次郎・高乃麗
ゲラン・西原K太
コロ助・石塚堅
やかん君・秋山じゅん
カメ吉・上別府仁資
頭花君・石川大介
ジョニー・池田桂子
ハレハレ・天神有海
ルル・宮城満希子
うめばち姫・雪絵れな
おかめちゃん・永吉由佳
次郎の母親・青山佳代
おかめちゃんの母親・大川千帆
ハレハレの父親・宮澤正
ハレハレの母親・大塚智子
先生・西松和彦
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年1月31日までは視聴可)

うめばち姫の頭に、梅の花が咲いてしまいました。
この状況にうめばち姫はショックを受けてしまいますが、うめばち姫の父親も昔同じ経験をしていたことを知ります。
翌日、うめばち姫は学校で梅の花が枯れ、木が落ちます。
この時梅の実が1つできていたため、この梅の実を埋めることにしました。
梅の実を埋めた時、コジコジが御祈りをしたため、梅の実はぐんぐん成長し、たくさんの梅の実が成りました。
この梅の実で梅干を作り、皆で分けました。
さて、うめばち姫の頭に梅の花が咲いた状況が一件落着し、今度はどんなことが起こるのでしょうか!?

『さくらももこ劇場 コジコジ』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月17日(木)時点のものです。

~あらすじ~

ー次郎の家ー

次郎は朝ご飯を食べている時、次郎の母親に部屋を散らかしたため、片付けろと叱る。
イラついた次郎は反抗し、学校へ行く。

ー道端ー

コジコジとコロ助に遭遇した次郎は、朝の出来事を説明する。
この時次郎は、1人暮らしのコジコジとコロ助を羨ましがる。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

おかめちゃんは1人暮らしの特集が組まれている雑誌を読んでいた。

「おかめちゃん、1人暮らしをしたいの?」

この時ルルがこう質問しながら現れたため、おかめちゃんは1人暮らしをしたいという気持ちを打ち明ける。

この状況でうめばち姫も現れ、1人暮らしへの憧れを話している時、コジコジも次郎のことを話しながら現れる。
そしてハレハレと次郎も現れ、話に加わる。

「ジョニーと一緒に住めばいいじゃない!」

ルルがハレハレにこう言ったため、ハレハレとジョニーは照れる。
さらにうめばち姫も、ルームメイトが流行っていることを口にする。

「ルームメイトなら、男同士でもいいんだね!」

この時コジコジがこう言ったため、ハレハレとジョニーは意識してしまう。
この後もルルとうめばち姫は、ハレハレとジョニーにルームメイトの話をしていた。

ー道端ー

コジコジと次郎、コロ助と頭花君、うめばち姫は一緒に帰っていた。
この時不動産屋の前にいるおかめちゃんを発見する。
皆はおかめちゃんに声をかける。

「大体の相場を見ているのよ」

おかめちゃんはこう答えた後、相場を説明する。

「ギリギリでも3万ね、もう少しゆとりをもって楽しく生活するには、5、6万かかるわね」

おかめちゃんがさらにこう言ったため、次郎と頭花君は親のありがたさを感じる。

「独立したいのなら、自分で生活できるだけの実力を持たなければだめよ」

おかめちゃんはこう言いながら、計画して貯金をしなければだめだと指摘する。
この時うめばち姫に褒められたおかめちゃんは、最近おかめクリームの販売を始めたことも説明する。
おかめクリームとは、顔や手に塗ると、おかめのように肌がツルツルで白くなるクリームだった。
一方次郎と頭花君は、おかめちゃんを見習わなければと感じていた。

ー次郎の家ー

次郎は母親に片付けなかったことを理由に、漫画を処分される。

「くっそー!俺も1人暮らししてやる!」

次郎は1人でこう決意する。

ーコロ助の家ー

夜、次郎は相談に乗ってもらうため、コロ助の家へやって来る。
次郎はコロ助に1人暮らしをしようと思っている気持ちを打ち明け、母親との出来事を愚痴る。

「君みたいにだらしがない奴は、親と暮らしていた方がいいんじゃないかな」

次郎の話を聞いたコロ助は、次郎にこう話す。

ーおかめちゃんの部屋ー

おかめちゃんの母親が現れ、机の上に1人暮らしの本があったことを口にする。

「お母さんには関係ないでしょ!」

おかめちゃんがイラついてこう言った後、母親は1人暮らしを反対するが、おかめちゃんの1人暮らしをする決意は変わらなかった。
母親が父親を呼んだため、父親も現れる。
この時おかめちゃんは、父親にも1人暮らしを反対されてしまうが、おかめちゃんの気持ちは変わらなかった。

ーあざらしヶ丘ー

コジコジはジョニーと一緒にいた。

「ねぇ、皆なんで家に住んでいるの?」

家がないコジコジは、ジョニーにこう質問する。

「荷物や家族もいるし、生活があると、落ち着く場所がいるんだと思うよ」

ジョニーがこう答える。

「じゃあ、コジコジやジョニーは生活がないんだね」

コジコジがこう言ったため、ジョニーは同意する。
さらにコジコジは、生活があるのとないのはどっちがいいのかを質問する。
この時ジョニーは答えが分からなかったため、メルヘンの国なら別になくてもいい気がするという気持ちを打ち明ける。

ーハレハレの家ー

ハレハレはハレハレの祖父と父親、母親に1人暮らしの話題が学校で出たことを口にする。
この時ハレハレは、ジョニーとのルームメイトの話題を出すが、話だけで終わってしまう。

ー海岸ー

コジコジとジョニーは、月を眺めていた。
この時コジコジが、月の上で眠ろうとしていたためジョニーは羨ましがる。

「じゃぁ連れて行ってあげるね」

コジコジはこう言って、ジョニーの手を掴み、飛んで月へ向かう。

ーおかめちゃんの部屋ー

おかめちゃんは、おかめちゃんの父親と母親に引っ越す家を見つけたことと、今度の日曜日に引っ越し屋が来ることを報告し、父親と母親を部屋から追い出す。

ーコロ助の家ー

次郎はコロ助にお金が貯まるまで、同棲させてほしいとお願いする。

「いや、悪いけど断るね」

コロ助は、お金が貯まるのがいつなのか分からないことを理由に断る。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

おかめちゃんは、うめばち姫と話をしていた。
この時頭花君が現れ、おかめちゃんに物件のことを質問する。
おかめちゃんは、昨日の不動屋さんで物件を見つけたことと、今度の日曜日に引っ越すことを報告する。

「俺はまだまだできそうもないや」

この時次郎が現れこう口にする。

「あーあ、わしも1人暮らししたいな」

さらにゲランがこう言いながら現れる。
次郎はゲランが1人暮らしをしていたと思っていたため驚く。
ゲランは、太陽の城の王様で、たくさんの家来や妻がいることを説明する。

「1人暮らしもいいけど、僕やコジコジのように家を持たないのもいいもんだよ」

この状況でジョニーがこう言いながら現れ、昨日コジコジと月で寝て、とても気持ちがよかったことを説明する。

「僕、当分このままでいいや」

そしてジョニーがこう言ったため、離れた場所で話を聞いていたハレハレは、自分もこのままジョニーを静かに見守ることを決意する。

「1人暮らしをしている僕らから言わせれば、そんないいものでもないよな」

この状況でカメ吉がこう言ったため、やかん君も同意し、1人の寂しさや家事の面倒臭さを口にする。

「やかん君も、ペロちゃんがお嫁にくれば楽しくなるね!」

一方カメ吉は、正月君のように結婚すればいいと話題を出した後、こう話す。
ペロちゃんとの結婚を妄想したやかん君は、沸騰したため、コジコジとカメ吉はお茶を飲む。

ー職員室ー

おかめちゃんは、先生に1人暮らしをとめられていた。

「先生にも、私の1人暮らしをとめる権利なんてないわ」

おかめちゃんがこう言いながら自分の意見を伝えたため、先生はきつくとめることができなかった。

ーおかめちゃんの家の前ー

日曜日、引っ越し業者がおかめちゃんの荷物を運び出していた。
この時通りかかったコジコジと次郎、頭花君は、この様子を見ていた。
一方おかめちゃんの父親と母親は、引っ越し業者のトラックの横で泣いていた。
この状況でおかめちゃんは、父親と母親を気にせず、淡々と引っ越しの作業をしていた。

「やっぱ、おかめちゃんのようにならなきゃだめだよな~」

頭花君はこう話し、コジコジと次郎と一緒にその場を去る。
この後、おかめちゃんも引っ越し業者のトラックに乗り、出発する。

 

 

~感想~

やっぱりメルヘンの国でも、1人暮らしに対する憧れってあるものなんですね!
次郎も1人暮らしをしたいと思ったため、コロ助に相談したりしていましたが、結局1人暮らしをすることを断念してしまいました。
一方おかめちゃんは、しっかりと貯金もあったため、着々とおかめちゃんの父親や母親の反対を押し切り、1人暮らしの準備をすすめていっていました。
先生にも1人暮らしをとめられそうになっていたおかめちゃんでしたが、先生にも自分の意思をしっかり伝えていましたね。
おかめちゃんって、本当に自分の意思を曲げないタイプなんだなと感じました。
結局おかめちゃんは、1人暮らしをするという気持ちを変えず、本当に行動に起こしてしまいました。
そんなおかめちゃんが、1人暮らしをスタートし、一体どのような生活を送るのかとても気になります。
この状況で、家がないコジコジとジョニーは、家がないなりにとても快適な生活を過ごしていましたね。
メルヘンの国だからこそできる生活なのですが、この生活も自由でとてもいいなと思いました!
今回のコジコジでは、それぞれの様々なライフスタイルを一部ではありますが、覗くことが出来てとても楽しかったです!
次回のコジコジでも、またそれぞれの様々なライフスタイルを覗けることを期待したいですね。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP