銀魂(141話)のあらすじ・ネタバレ・感想~夜兎族、神威と鳳仙の戦い~ | VODの殿堂

アニメ

銀魂(141話)のあらすじ・ネタバレ・感想~夜兎族、神威と鳳仙の戦い~

   
 

タイトル:銀魂(141話)
放送局:テレビ東京
キャスト:坂田銀時/杉田智和、志村新八/阪口大助、神楽/釘宮理恵、近藤勲/千葉進歩、土方十四郎/中井和哉、沖田総悟/鈴村健一、桂小太郎/石田彰など
閲覧したVOD:hulu(2018年11月4日時点では視聴可)

前回の話で、晴太を連れ逃げるように言う月詠と銀時達を、襲った夜兎族。
そのうちの1人は、神楽の兄:神威だった。
今回は、神威と鳳仙が会談をするが、不穏な空気が流れ、2人は戦う。
夜兎族の目的とは、一体なんなのだろうか?
141話のあらすじです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

〈神威と鳳仙の会談〉

神威は春雨の幹部で、最強部隊:第七師団団長だった。
鳳仙は、春雨の前師団長であり、創設者でもある。
神威は、鳳仙の考えが理解出来ず、晴太を人質にし
「ここは貴方が自分の為に作った天国。
女に酔う男は、見れたもんじゃないですな、エロジジィ。
俺は、女や酒はいらない。
修羅の血。
己と同等、それ以上の業なる者の血を持って、初めて俺の魂は潤う。」
と言う。
鳳仙は
「その目、星海坊主に似てるな。」
と、呟いた。

〈鳳仙に挑む星海坊主〉

星海坊主は、昔、鳳仙に戦いを挑み、三日三晩戦いが続き、決着がつかなった。
そんな戦いの幕切れは、星海坊主の
「あの、ウンコしたいんだけど…。」
という言葉だった。
鳳仙は
「貴様に父を超えられるか?」
と、聞くと、神威は
「もう、とっくに超えてるよ。」
と、答え、2人の戦いが始まった。

〈お日さんを取り戻す〉

鳳仙や神威の事を知った銀時は
「ちょっくら、お日さん取り戻しに行ってくる。
どんな場所だろうと、どんな境遇だろうと、太陽はあるんだぜ。
日輪でもねぇ、辻ちゃんの旦那でもねぇ、てめぇのお日さんがよ。
俺達はそいつを見失わねぇように、空を仰ぎ見る事をやめちゃいけねぇんだ。
背筋伸ばして、お天道様真っ直ぐ見て、生きていかなきゃならねぇんだ。
俺達が馬鹿でかいお日さん打ち上げてやる。」
と言うと、月詠は
「わっちも人に頼るばかりじゃなく、てめぇのお日さんを自分で探してみる気になった。」
と言い、一緒に鳳仙達の元へ行く事にした。
銀時が
「帰る所、無くなっても知らねぇぜ?」
と言うと、月詠は
「大丈夫じゃ。だって、主達、吉原を叩き潰してくれるんじゃろう?」
と言う。

〈互角の戦い〉

神威と鳳仙の壮絶な戦いは、力は互角だった。
2人を止めようとする神威の部下:阿伏兎と云業。
阿伏兎は鳳仙を止めるが、腕を切り落とされ、神威を止めようとした云業は神威に殺されてしまった。
阿伏兎は、吉原で力を持った鳳仙が裏切らないか心配で、春雨の上層部の命令で偵察に来た事を伝える。
鳳仙は
「興がさめたわ。この街、ワシの国を奪おうというのであれば、主ら、夜王の真の姿を見る事になるであろう…!」
と、もの凄い迫力で言う。
神威は
「興ざめしたのはこっちだよ。そんなに自分の作ったオモチャが大事か?ならば、そのまま干からびて、死んでいけばいい。あんたは殺すにも値しない。」
と言い、去って行った。
阿伏兎は神威に
「鳳仙と戦えば、春雨の上に殺られるのは、俺達だぜ?」
と言うと、神威は
「その時は、上も俺が皆殺しにするよ。」
と、答えた。
阿伏兎は神威の尻拭いに向かう。

〈百華の攻撃〉

神威と鳳仙が戦っていた入り口を百華が警備していた。
そこに、月詠が新入りのパー子、パチ恵、グラ子を連れて来る。
百華は素直に中に入れるが、すべてお見通しで
「お気をつけて行ってくださいね。死への旅路を…。」
と、呟いた。
鳳仙の元へ進む銀時達の前に、数十人の百華が立ち塞がり、一斉に攻撃する。
月詠が百華達を止め、銀時に進むように言う。

〈阿伏兎と鉢合わせ〉

銀時達は、百華を月詠に任せ、先を急ぐが、阿伏兎と鉢合わせする。
生きていた事に驚く阿伏兎に、神楽は
「おい、寝ぼけてんじゃねぇぞ?
誰が地球産アルカ。こんな田舎もん達と一緒にすんなよ。こちとら根っからのシティ派ネ!」
と、飛びかかるのであった。

感想

神威は鳳仙と仲間だと思っていたのですが、どうやら違うようです。
神威には、敵や味方という概念よりも、自分より強い奴を倒したいという思いの方が強いのでしょう。
自分の部下である云業を殺しても、悪びれもせず、平然としていました。
阿伏兎は、何故そんな神威に仕えるのでしょうね。
今まで鬼兵隊の高杉や万斉の事を悪いと思っていましたが、神威はそれ以上の冷酷さを感じます。
普段は、ニッコリした顔なのですが、目を見開き戦う顔は、狂気を感じます。
神威に勝てる相手など、いるのでしょうか。
今回は、晴太を取り返すというよりも、神威と鳳仙の戦いがメインの話でした。
かなりシリアスなシーンが多く、銀時の助けに向かう台詞もカッコ良かったのですが、ちょいちょい笑いや下ネタを入れていました。
銀時のカッコ良い台詞では「日輪でもねぇ、辻ちゃんの旦那でもねぇ、てめぇのお日さんがよ。」と、ありましたが、最初『ん?辻ちゃんの旦那?』と、意味が分からなかったのですが、杉浦太陽さんの事だと気付いて、爆笑しました。
ここで、そのワードで笑わない人、いないですよ。笑
次回、阿伏兎と神楽が戦います。
阿伏兎は、神楽が神威の妹だと気付いていませんが、殺す覚悟で戦い、神楽の夜兎の血が覚醒してしまいます。
神楽は、正気を失ってしまうのでしょうか。

銀魂を見るならdTVがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
・劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
・銀魂 -ミツバ篇-
・銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-
・映画「銀魂」

dTV

月額500円(税抜)という安さが魅力。国内ドラマも多数配信。dTVオリジナル作品も配信中!

詳細はこちら

dTVを詳しく知りたい方はこちらdTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
銀魂(131話)のあらすじ・ネタバレ・感想~幽霊が集まる温泉旅館~
銀魂(132話)のあらすじ・ネタバレ・感想~温泉旅館をぶっ潰せ~
銀魂(133話)のあらすじ・ネタバレ・感想~銀時の逆襲、成仏するスタンド達~
銀魂(134話)のあらすじ・ネタバレ・感想~約束を守り抜くタゴサク~
銀魂(135話)のあらすじ・ネタバレ・感想~最終回を迎えるギンタマン~
銀魂(136話)のあらすじ・ネタバレ・感想~新しい住まいを探す長谷川~
銀魂(137話)のあらすじ・ネタバレ・感想~さっちゃんと近藤が、お互いの幸せの為に動く~
銀魂(138話)のあらすじ・ネタバレ・感想~プロトタイプの万事屋~
銀魂(139話)のあらすじ・ネタバレ・感想~悲運な少年がスリをする理由~
銀魂(140話)のあらすじ・ネタバレ・感想~月詠の太陽である日輪の存在~
銀魂(142話)のあらすじ・ネタバレ・感想~夜兎の本能が覚醒する神楽~
銀魂(143話)のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと会えた晴太と日輪~
銀魂(144話)のあらすじ・ネタバレ・感想~それぞれが放つ、眩しい太陽の光~
銀魂(145話)のあらすじ・ネタバレ・感想~明かされる、鳳仙と日輪の過去~
銀魂(146話)のあらすじ・ネタバレ・感想~銀時を気に入り、宣戦布告する神威~
銀魂(147話)のあらすじ・ネタバレ・感想~強さを求める新八と神楽~
銀魂(148話)のあらすじ・ネタバレ・感想~土方と沖田が拉致され、死のゲームが始まる~
銀魂(149話)のあらすじ・ネタバレ・感想~地愚蔵を操っていた黒幕の正体~
銀魂(150話)のあらすじ・ネタバレ・感想~銀魂、ついに終了!?~
銀魂(151話)のあらすじ・ネタバレ・感想~床屋を任される万事屋~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP