さくらももこ劇場 コジコジ 第48話 ドーデスのお城 大ピンチのあらすじ・ネタバレ・感想~ドーデスのお城とメルヘンの国が大ピンチ!?~ | VODの殿堂

アニメ

さくらももこ劇場 コジコジ 第48話 ドーデスのお城 大ピンチのあらすじ・ネタバレ・感想~ドーデスのお城とメルヘンの国が大ピンチ!?~

   
 

タイトル:さくらももこ劇場 コジコジ 第48話 ドーデスのお城 大ピンチ
放送局:TBS
声優:コジコジ・青木静香
次郎・高乃麗
ゲラン・西原K太
コロ助・石塚堅
やかん君・秋山じゅん
ドーデス・いずみ尚
頭花君・石川大介
カメ吉・上別府仁資
ルル・宮城満希子
吾作・木内力也
スパイダー仮面・高橋広樹
ウェイトレス・田中涼子
テル子・菅原文
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年1月31日までは視聴可)

サラサラ君が転入してきました。
サラサラ君は、ペロちゃんに一目ぼれをしていたので、やかん君は焦ります。
一方ペロちゃんは、サラサラ君の行動に困惑していました。
帰り道、サラサラ君は、ブヒブヒとスージーにお金をよこせと脅されますが、独自のペースで追い返します。
そんなサラサラ君の性格に、見ていた次郎とコロ助は圧倒されていた時、コジコジはサラサラ君の名前を2度も間違えます。
コジコジに名前を間違えたサラサラ君は、固まってしまいました。
強烈なキャラクターであるサラサラ君ですら、コジコジを上回ることはできなかったのです。
今回は、強烈なキャラクターが登場したメルヘンの国に、また新たなキャラクターが登場しますよ!

~あらすじ~

ードーデスの城を見渡せる場所ー

スパイダー仮面はメルヘンの国を支配するため、まずはドーデスの城を支配しようと企んでいた。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

ゲランはドーデスを喫茶店へ誘う。
しかしゲランは、雷の指導をしなければいけないため、断る。
結局コジコジと次郎、コロ助と一緒にゲランは喫茶店へ行くことになる。

ードーデスの城ー

城へ戻ったドーデスは、スパイダー仮面が城に乱入し、城を乗っ取ると言いながら大えばりしていることを城にいる者達から報告される。
この時ドーデスは、スパイダー仮面が雷発生装置を1台奪い、脅していることを聞いて驚く。
ドーデスは城にいる者達と一緒に、スパイダー仮面の元へ向かう。

ードーデスの城の中庭ー

ドーデスは、スパイダー仮面に会う。

「俺様はな、この城を乗っ取ろうとしているんだ!そしてこの城を乗っ取った後は、このメルヘンの国も全部乗っ取ってやるのだ!」

スパイダー仮面はこう言いながらえばる。
そしてスパイダー仮面は、下手な真似をしたら雷発生装置で殺すと脅す。

ー喫茶店ー

コジコジと次郎、コロ助とゲラン、やかん君とカメ吉、頭花君とルル、吾作は喫茶店にいた。
皆、オープンテラスだったため、気持ちよさを感じていた。
この場所からドーデスの城が見えたため、ゲランと次郎、コロ助はドーデスの話題をしていた。

「ドーデスに手を振ってみよう!おーい!おーい!」

この時コジコジが現れ、こう言いながら手を振り始める。

 

ードーデスの城の中庭ー

スパイダー仮面は、カフェで誰かが手を振っていることに気づき、ドーデス達が他の人に連絡を取って攻撃しようとしているのではないかと疑い始める。
ドーデスは連絡を取っていることを否定したため、スパイダーマンは安心する。

ー喫茶店ー

お茶を持ってきたウェイトレスが美人だったため、やかん君は沸騰する。

ードーデスの城の中庭ー

スパイダー仮面は、やかん君の沸騰した湯気を見て、戦いの合図ののろしだと勘違いしてしまう。

ー喫茶店ー

コジコジとカメ吉は、やかん君のお茶を飲んでいた。
この時コジコジは、やかん君の真似をして沸騰する。

ードーデスの城の中庭ー

スパイダー仮面は、コジコジがやかん君の真似をして沸騰した蒸気を見て、また煙が上がっているとイラついてしまう。

「え?なんで?」

ドーデスは不思議に思っていたが、スパイダー仮面は怒り出す。

「蜘蛛の糸、発射!!!」

スパイダー仮面は、お尻から絡まると大変なことになる蜘蛛の糸を出そうとするが、おならを出してしまう。
恥ずかしい思いをしたスパイダー仮面は、ついに雷発生装置を使うことにする。
ドーデスはスパイダー仮面を止めようとするが、スパイダー仮面は雷発生装置を使おうとする。

「あれれ?いったいどうすりゃ動くんだ?」

しかしスパイダー仮面は操作が分からないため、こう言いながら困惑する。
このタイミングで、城にいる者達が、スパイダー仮面を捕まえようとする。

「なんだお前ら!俺様に向かってくるとは生意気な!」

この時スパイダー仮面はこう言いながら、お尻からついに蜘蛛の糸を出し、城にいる者達を蜘蛛の糸で捕えてしまう。

ー喫茶店ー

コジコジは、ウェイトレスにやかん君の真似を褒められていた。
この時コロ助に何かやって見せてやれと言われたコジコジは、ゲランの真似をする。

「凄い!」

ウェイトレスが驚いた後、ゲランも驚く。
ゲランの真似をしたコジコジは、顔を光らせる。

ードーデスの城の中庭ー

スパイダー仮面は、ゲランの真似をしたコジコジが光らせた光を見て、何かの合図だと思ってしまう。

「困ったな、さっきから向こうで何をやっているんだろう・・・」

この状況でドーデスはこう言いながら、困ってしまう。
スパイダー仮面は、ドーデスが誤魔化していると思ってしまったため、ドーデスと言い合いになる。
そしてこの後、ドーデスはスパイダー仮面を説得しようとするが、説得することはできなかった。
ついにスパイダー仮面が雷発生装置を発射させようとする。
この時ドーデスは走り、スパイダー仮面の元へ向かうが、スパイダー仮面が蜘蛛の糸を出したため、捕まってしまう。
この状況でスパイダー仮面は、ドーデスの命が欲しいのなら雷発生装置の使い方を教えろと城にいる者達を脅す。

「だめだ!絶対に教えてはいかん!」

ドーデスがこう言い放ったため、城にいる者達は何もすることができなかった。
一方スパイダー仮面は口を開き、ドーデスを殺そうとする。

「赤色のボタンを押せば、雷が発射される・・・」

城にいる者は、悔しそうにこう話す。
スパイダー仮面は、喫茶店へ雷発生装置を発射することができることを喜んでいた。

ー喫茶店ー

コジコジはコロ助の真似をしていた。
そんなコジコジを見て、ウェイトレスは大喜びしていた。
次にコジコジは、カメ吉の真似をする。

「やかん君、やかん君、お茶をくれ」

カメ吉の真似をしたコジコジがこう言ったため、皆笑う。
この時カメ吉は、もっとかっこよく真似してほしいと希望を出す。

「それでは必殺カメの思い出をやりますのでごじゃいます」

コジコジはこう言った後、必殺カメの思い出の真似を始める。
皆はポーズが全く同じであることに対し驚いた後、セリフも同じだったため、さらに驚く。

ードーデスの城の中庭ー

「いざ、発射!」

ドーデスと城にいる者達が止める中、ついにスパイダー仮面は、雷発生装置のスイッチを押す。
雷発生装置は、喫茶店の方へ雷を放つ。

ー喫茶店ー

「うわあぁぁぁぁ!」

カメ吉の真似をしているコジコジは、こう叫びながら必殺カメの思い出を発射する。
コジコジの発射した必殺カメの思い出は、雷発生装置が放った雷と衝突し、消える。

ードーデスの城の中庭ー

スパイダー仮面は、爆発しなかったため驚く。
一方ドーデスも不思議に思っていた。

ー喫茶店ー

皆は、コジコジが必殺カメの思い出を発射したと思っていたが、気のせいだと感じてしまっていた。

「うんうん」

コジコジは皆の話を聞いて、ただただ頷いていた。

ードーデスの城の中庭ー

イラついたスパイダー仮面は、雷発生装置でもう1発、雷を発射させようとするが、元々1発しか雷が残っていなかったため、発射させることができなかった。
この時スパイダー仮面は、蜘蛛の糸を出そうとするが、蜘蛛の糸を使いすぎてしまい、もうおならしか出すことができなかった。
スパイダー仮面は、捕まり、無事解決する。

 

 

ー道端ー

コジコジと次郎、コロ助とゲラン、やかん君とカメ吉、頭花君とルル、吾作は、自分達が呑気に過ごしている間も、ドーデスは一生懸命雷の指導をしていて偉いという話題をしながら歩いて帰っていた。

~感想~

スパイダー仮面の出現で、メルヘンの国は大ピンチ!という状況に陰では陥っていましたね。
スパイダー仮面は、まずはドーデスの城を支配しようと考え、奮闘していましたが、結局捕まってしまいました。
ドーデスは、城にいる者達と一緒に、スパイダー仮面と戦っていました。
一方コジコジは、喫茶店でゆったりと皆の真似をして、楽しいひと時を過ごしていましたね。
しかし、ただ楽しいひと時を過ごしているというだけではありませんでした。
さり気なく、スパイダー仮面を捕まえることに協力していた行動をとっていたのですから、凄いですよね(笑)
必殺カメの思い出を発射したコジコジは、スパイダー仮面が雷発生装置で放った雷から、皆を守ったのです。
このように全く違う場所にいたにもかかわらず、やりとりがつながっていたのはとても面白かったです!
コジコジは喫茶店、ドーデスは自分の城で、スパイダー仮面と戦っていたわけですから(笑)
この状況でコジコジが本当にスパイダー仮面の存在に気づいていたのか、いなかったのかについては結局分からないままでしたが、謎の多いコジコジならもしかしたら気づいていたのかもしれませんね!
今回もコジコジはとてもいい行動をしたのですが、結局この行動は誰も知らないままだったのが、ちょっと残念でした・・・。
そんなコジコジの行動が、次回も楽しみです。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP