『人外さんの嫁 dアニメストアスペシャルVer. 』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~始まってすらいないww~ | VODの殿堂

アニメ

『人外さんの嫁 dアニメストアスペシャルVer. 』第1話のあらすじ・ネタバレ・感想~始まってすらいないww~

   
 

タイトル:人外さんの嫁dアニメストアスペシャルVer. 第1話 ー人外さんの嫁ー
放送局:TOKYO MXほか
アニメーション制作:サエッタ
キャスト:日ノ輪 泊:山下 大輝/火鞍川 曽良:河西 健吾/木齋橋 壱屋:八代 拓/土清世 徹司:白井 悠介/六・七:新井 里美/担任:森屋 里美
視聴したVOD:dアニメストア(2018年10月22日時点で視聴可)

ZERO-SUMオンラインで配信されている「人外さんの嫁」が、アニメになりました。

ごくごく普通の男子高生・日ノ輪泊は、いつものように学校へ向かうと、担任の先生に呼び出され、あることを告げられるのです。

いったい何がどうしてそうなった!?

あらすじ

人外さんの嫁

いつものように起き、いつものように朝食を食べ、いつものように学校へ向かった日ノ輪泊の人生は、転換期を迎えていた。

「1年B組、日ノ輪くん。日ノ輪泊くん。至急、職員室に来てください。」

校内放送で名前を呼ばれた泊は、教壇に立つ教師に断りを入れてから、職員室へ。
待っていたのは、にこやかな笑顔を浮かべた女教師だった。

「あ、こっちこっち!日ノ輪くん、いきなりなんだけど…。」

「はい」

「あなたの結婚相手が決まりました!」

「え…?」

カネノギさんぽ

「カネノギさんぽ」とは、カネノギさんが東京都内をお散歩する企画。

まずは、一迅社のオフィスをフラフラすることにしたカネノギさん。
しかし、エレベーターのボタンが押せず、少し焦りはしたものの、なんとかボタンを押すことに成功したのだった。

突然始まるQ&A

「どうも~、人外さんの嫁で、日ノ輪泊役を演じている、山下大輝です。」

【この作品の見どころは?】

「見どころって、いろいろあるんじゃないかな、と思うんですけど…僕は、カネノギさんが、コンクリート食べてるところの総集編を全部一気に作ってほしいなって思っています。」

どうやら、山下はカネノギさんがコンクリートを食べるシーンがお気に入りのようだ。

「なんかホントにね、バリボリ食うのよ。めちゃくちゃおいしそうに食べるから、毎回そう言うところが気になるんですけどね。」

この収録時点では、まだそのシーンは完成していないそうだが、山下は期待しているらしい。

「僕的な見どころは、カネノギさんがコンクリート食べてるところです。」

【どの人外さんの嫁になりたい?】

「カネノギさんですかね。やっぱり演じさせてもらってるのが日ノ輪くんっていうのもあると思うんですけど…嫁っていう立場って、どういう立場なんだろうって思ったときに、不思議な感覚だよなって。」

山下は日ノ輪くんを演じていると、むず痒い気持ちになるそうだ。

「カネノギさんってタッパもあって、そして、いざという時にすごい俊敏な、まさに人外らしいファンタジーな動きをするんですよ。」

自分とはかけ離れた存在に、憧れに近い感情を抱いているそうだが、本音は別のところにあった。

「まぁなによりも、実際にその毛並。泊くんをあんなにメロメロにする、そのモフモフ加減っていうのを、実際に味わってみたいなぁっていう、気持も込めて、やっぱりカネノギさんかなって、思います。」

【キャラクターを演じる時に気を付けていること。】

「日ノ輪くんって正直ヤベェ奴なんですよ。なんかちょっとクレイジーな所が結構あって…人って没頭しすぎると、自分じゃ気づかない自分みたいなところが出てくると思うんですよ。」

山下は「みなさんにもあると思うんですよ。」と言葉を続ける。

「カネノギさんに熱中してしまうと、正直まわりがドン引くくらいメロメロな顔してるよとか、そういう部分とかが、意外や意外、誰よりも出るキャラクターだなって思っています。」

「だからこそ、ふり幅みたいなところが、彼を通して、なんか広く出てたらいいなって。」

【ファンの皆様へ一言】

「人外さんの嫁、見てくださっている方、ありがとうございます。

そうだな…すっごいシリアスで心がギリギリするようなっていうような内容にはならないと思いますし、本当にサクッと片手間に見ていただいて、そんで何かしら心にふわっとなごやかな風が吹いたら嬉しいなっていうような、すごく温かい作品なので、皆さん本当に暇なときにサクッと見ていただけると嬉しいなって思います。

(中略)

これからも人外さんの嫁、よろしくお願いします。
ありがとうございました。」

アニメ宣伝担当のカネノギさん日誌

【テレビアニメ、「人外さんの嫁」を一人でも多くの人に見ていただけるよう、日々頑張るカネノギさんを、アニメ宣伝担当の目線でご紹介します。】

この日は、一迅社のCM撮影のため、スタッフと共に公園を訪れたカネノギさん。

【たくさんの人に見られながら…公園のいろんな場所で撮影しました!】

CMは公園だけではなく、神田明神でも撮影したのだ。
門をくぐるために、お辞儀をしなければならず、四苦八苦したものの、無事CMの撮影を終えることができたのであった。

感想

もともと、こちらの作品を最初に知ったのは、イラストや漫画を主に投稿する【Pixiv】でした。
同じ作者が書いた別作品を目当てに閲覧していたのですが、可愛らしい絵姿に心を奪われて読んでみたところ、「続きはないのかな。」と思うくらいハマってしまったのです。

その後、ZERO-SUMオンラインで配信され、書籍化し、ついにアニメ化まで果たしたのですから、本当にすごいと感激したものです。

しかし、第1話の放送にはド肝を抜かれましたね。
私はリアルタイムではなく、dアニメストアで視聴していたのですが、リアルタイム版はアニメ本編しか放送されない5分アニメだったのです。
そんなことを全く知らない私は、「15分ある~」とdアニメストアで視聴を開始し、アニメ本編を見たあと「ここで終わるの!?何も始まってないじゃない!」と思わず叫んでしまいました。

dアニメストアでの表記が、【人外さんの嫁 dアニメストアスペシャルVer.】となっていたので、最後の5分くらいがオマケかなと思っていたら、まさかオマケの方が長いとは(笑)

残念ながら今回は、なぜ嫁に選ばれたのか、人外さんとは何かまったくわかりませんでした。
せめて次回は、嫁に選ばれた理由くらいは放送してほしいと思います。
次回もお楽しみに!

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP