さくらももこ劇場 コジコジ 第20話 カメ吉君 お茶断ちをするのあらすじ・ネタバレ・感想~お茶断ちをすることになったカメ吉~ | VODの殿堂

アニメ

さくらももこ劇場 コジコジ 第20話 カメ吉君 お茶断ちをするのあらすじ・ネタバレ・感想~お茶断ちをすることになったカメ吉~

   
 

タイトル:さくらももこ劇場 コジコジ 第20話 カメ吉君 お茶断ちをする
放送局:TBS
声優:コジコジ・青木静香
次郎・高乃麗
コロ助・石塚堅
ハレハレ・天神有海
ジョニー・池田桂子
カメ吉・上別府仁資
やかん君・秋山じゅん
ペロちゃん・大塚智子
テル子・菅原文
カメ大明神・うすいたかやす
トミー・徳永悦子
うさ子・石田よう子
スージー・TARAKO
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年1月31日までは視聴可)

コジコジは次郎とコロ助と一緒に、おかめちゃんの家に問答えんぴつを見に行くことになりました。
この時次郎とコロ助は、詳しくおかめちゃんに問答えんぴつの話を聞き、問答えんぴつを育てることにします。
2週間後、次郎とコロ助は、自分達が飼育している問答えんぴつをおかめちゃんに見てもらうことにして、おかめちゃんの家へ自分達が飼育している問答えんぴつを持って遊びに行きます。
次郎とコロ助の飼育している問答えんぴつを見たおかめちゃんは、とても厳しい判断を下しました。
このおかめちゃんの判断に、次郎とコロ助はショックを受けてしまいます。
さて、今回はどんな展開が待っているのでしょうか!?

~あらすじ~

ーカメ吉の部屋ー

カメ吉が寝ている時、カメ大明神が現れる。

「何か御用でも?」

カメ吉は驚いた後、カメ大明神にどうして現れたのか質問する。

「カメ吉よ、わしはどのくらい偉いか?」

この時カメ大明神がこう質問する。

「は?」

カメ吉は、カメ大明神の質問に対し、こう反応したため、さらにカメ大明神がイラつきながら同じことを質問する。

「カメの仲間の中で1番・・・」

カメ吉は呆れながらこう答える。
次にカメ大明神は、カメの仲間ではない人達と比べた時の偉さを質問してきたため、カメ吉は呆れつつもカメ大明神の立派さを伝える。

「いいか!しばらくの間、お茶断ちをせい!」

この時カメ大明神は、以前カメ吉が必殺カメの思い出を失敗したことを責め、こう言い放つ。
カメ吉はショックを受けてしまう。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

カメ吉は、しばらくお茶が飲めないことをコジコジとテル子に伝える。

「まあまあ、お茶でも飲んで一休みしなよ」

この時コジコジはこう言いながら、カメ吉にお茶を出したため、カメ吉は落ち込んでしまう。
一方テル子は、やかん君のことを心配するが、カメ吉はやかん君にはこのことを伝えないでほしいとお願いする。
この状況でキャンディーを食べ始めたコジコジの前に、次郎が現れる。
コジコジは、次郎にカメ吉がお茶を飲むことができないことを教えてしまう。

「コジコジ!やたら言っちゃだめだよ!」

カメ吉はコジコジを注意した後、次郎に修行のためでこうなったことを説明する。
この状況で、自分の席にいたやかん君が沸騰する。
やかん君は、トミーとうさ子にお茶を淹れてあげる。
この時トミーは、カメ吉が来ないことを不思議に思う。

「えぇ!?嘘だろ!」

やかん君も、こう言いながら驚く。
一方カメ吉は、テル子に目の毒だと言われ、場所を移動していた。
この時スージーがやかん君の前に現れ、カメ吉はやかん君のお茶に飽きたと嘘を吹き込む。

ーーー飽きたのか!?カメ吉君は俺のお茶に飽きたのか・・・!?

やかん君はこう思いながら落ち込んでしまう。
スージーが去った後、トミーとうさ子はやかん君を元気づける。
この後、やかん君は3回沸騰したが、カメ吉がお茶を飲みにこなかったことをトミーに打ち明ける。

「俺、とりあえずジュースでも出す練習するよ・・・」

やかん君は職業を変えようと考えた後、落ち込みながらこう話す。
慌てながらトミーは、やかん君にカメ吉に理由を教えてもらえばいいとアドバイスする。

「やかんくーん!ばいばーい!また明日ね!」

この時ペロちゃんがやかん君に挨拶したため、やかん君は沸騰してしまう。
沸騰後、やかん君はさらに落ち込む。

ー道端ー

カメ吉は、コジコジと次郎、テル子と一緒に帰っていた。
この時トミーが現れ、カメ吉にやかん君の状況を説明する。

ーやかん君の家ー

やかん君はジュースを出す練習をしていた。

「やかん君!」

この時慌ててカメ吉がコジコジと次郎、テル子とトミーと一緒に現れる。
やかん君は、少しオレンジジュースを出すことができたことを報告する。

「カメ吉君、俺これからももっと色々出せるように努力するから、どうか見捨てたりしないでくれ」

やかん君がこう言ったため、カメ吉は修行でお茶断ちをしていると報告する。

「カメ吉君、そうだったのか・・・!」

ようやく状況を理解したやかん君は、涙目になりながら納得する。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

カメ吉がお茶断ちをしてから3ヵ月になる。
一方やかん君も、カメ吉に遠慮して沸騰の回数を1日1回に押さえていた。
この時コジコジと次郎、ハレハレとジョニーは、自分が何を断つことが1番辛いかという話題をする。

ーーージョニーかも!

ハレハレはいろいろなことを考えた後、こう思う。
一方次郎はゲームを断つことが辛いという結論にたどり着く。

ーカメ吉の家ー

スピードの曲を聴こうとしていたカメ吉の前に、カメ大明神が現れる。
カメ大明神はスピードの曲を聴こうとしたことを指摘した後、お茶断ちを続けろと命令し、消えてしまう。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

コジコジと次郎、ハレハレとジョニーは、カメ吉のことを心配していた。
この時コジコジは、カメ大明神のところへ行き、カメ吉がお茶を飲めるように頼むことを決める。

「じゃぁ行ってくるよ♪」

コジコジはこう言いながら、カメ大明神の元へ向かう。
一方次郎とハレハレ、ジョニーはそんなコジコジを心配していた。

ーカメ大明神の家の前ー

「おーい!カメ大明神!」

コジコジがカメ大明神を呼んだため、カメ大明神が出てくる。

「カメ吉君にお茶を飲ませてあげなよ」

コジコジはカメ大明神にこうお願いする。
カメ大明神は、まだできないと伝え、自分も修行のひとつとして酒断ちをした経験を説明する。
カメ大明神が話をしている途中で、コジコジはハエを追いかけまわして遊んでいた。
イラついたカメ大明神は注意しようとするが、コジコジは全く気にせず自分のペースで話をすすめる。
さらにイラついたカメ大明神は、コジコジにも1番好きなものを断てと命令する。

「カメ吉の代わりにおぬしがやるならカメ吉を許す」

そしてカメ大明神は、こう言い放つ。

「ない」

この時コジコジがこう答えたため、カメ大明神はこれを理由にコジコジが修行を逃れようとしていると感じてしまう。

「じゃあ、全部、全部1番好き」

この後コジコジがこう答えたため、カメ大明神はぎょっとしつつも、全部を断ってもらうことにする。

「じゃあ、今から断つよ!さん!はいっ!」

コジコジはこう言いながら、全部を断つ。
すると周り全てが消えかかってしまっていることに気づいたカメ大明神は驚いてしまう。

「もうじき全部消えちゃうよ、空も星も、カメ大明神っていう人も!」

この時コジコジが淡々とこう説明する。

「な!なんだと!?」

カメ大明神はこう言いながら、焦ってしまう。

「すまん!わしが悪かった!頼むから消さないでくれー!」

慌ててカメ大明神は謝りながら、土下座をする。

「あ、そう、じゃあやめる!ん!」

コジコジはこう言った後、目を瞑り、全てを消すのをやめる。
全てが元通りになったため、カメ大明神は安心する。
この状況で再びコジコジは、カメ吉のお茶断ちをやめてもいいかと質問したため、カメ大明神はお茶断ちをやめてもいいという許可を出す。
そしてカメ大明神は、カメ吉へのお土産としてお茶をコジコジに渡す。
コジコジは、空を飛んで帰っていく。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

コジコジは次郎にお土産のお茶を渡しながら、カメ大明神が許してくれたことを報告する。
次郎は驚いていた。
この時やかん君が沸騰したため、トミーとうさ子と一緒にカメ吉もお茶を飲む。
久しぶりにお茶を飲んだカメ吉は、感動する。
一方ハレハレとコロ助、テル子は、昨日の夕方、一瞬景色がかすんだことを話題にしていた。
この話を聞いていたトミーも現れ、同意していた。

~感想~

自分の1番好きなものを断つって、本当に辛いですよね。
カメ吉は本当にやかん君のお茶が大好きなので、この状況はいくら修行だといっても、辛かったと思います・・・。
もし自分がカメ吉の立場で、好きなものを断たなければいけないという状況になってしまったら、ここまでカメ吉のように断ち続けることはできないかもしれないなと思いました(笑)
こう考えると、本当にカメ吉の意志の強さ、とても立派ですよね!
一方そんなカメ吉のために、コジコジはカメ大明神の元へ行き、お茶断ちをやめる許可をもらいます。
この時見せてくれた、コジコジの不思議な魔法・・・本当にすごかったですよね!
まさかコジコジに、そんな素晴らしい能力があるとは、びっくりしました。
コジコジが全部を断つと決めた途端、ぶわっと周り全てが消えかかる・・・これ、実際にあったら本当に恐ろしい出来事ですよね。
結果的に、カメ大明神も恐ろしさを感じ、あっさりとカメ吉のお茶断ちをやめる許可を出し、お土産のお茶まで差し出す始末です。
あのカメ大明神もこのような態度になってしまうなんて・・・。
本当にコジコジの凄さを今回改めて違う視点から知ることが出来たように感じました。
次回もコジコジの新たな一面が発見できるといいですね!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP