さくらももこ劇場 コジコジ 第19話 おかめちゃんのくらしのあらすじ・ネタバレ・感想~おかめちゃんは、あの飼育の名人でした・・・!~ | VODの殿堂

アニメ

さくらももこ劇場 コジコジ 第19話 おかめちゃんのくらしのあらすじ・ネタバレ・感想~おかめちゃんは、あの飼育の名人でした・・・!~

   
 

タイトル:さくらももこ劇場 コジコジ 第19話 おかめちゃんのくらし
放送局:TBS
声優:コジコジ・青木静香
次郎・高乃麗
ゲラン・西原K太
コロ助・石塚堅
頭花君・石川大介
おかめちゃん・永吉由佳
おかめちゃんの母親・大川千帆
問答えんぴつ・大栗伸慶
問答えんぴつ(女)・橋本潮
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年1月31日までは視聴可)

ブヒブヒとスージーは、ジョニーをアイドルにすることにしました。
皆が芋掘りをしている時、アイドルになったジョニーは、春の君は卵焼きという歌を歌います。
ジョニーが歌い終わった後、ブヒブヒとスージーは、春の君は卵焼きというCDを3000円で売りつける際に、小室哲哉と秋元康のサイン色紙もプレゼントすることにしました。
このことを知ったサイン好きのゲランは、購入してしまいます。
しかしこの小室哲哉と秋元康のサイン色紙は偽物だったため、ゲランはショックを受けてしまいます。
芋堀の帰り道、コジコジが春の君は卵焼きを歌っていたため、次郎とやかん君は驚きます。
この時コジコジが、春の君は卵焼きという歌は、ブヒブヒとスージーに頼まれて自分が作ったことを説明したため、次郎とやかん君はさらに驚いてしまいました。
さて、コジコジの周りで、今回はどのようなことが起こるのでしょうか?

~あらすじ~

ー3年インコ組(セキセイ)ー

次郎とコロ助は、おかめちゃんが地味だという話題をしていた。
この時コジコジが、おかめちゃんにもらったえんぴつを持って現れる。

「そのえんぴつしゃべるんだよ」

コジコジがこう言ったため、次郎は驚く。

一方コロ助は、コジコジにえんぴつをしゃべらせるように命令する。

「おいおいえんぴつ君」

コジコジがえんぴつにこう声をかけたため、えんぴつは返事をする。
えんぴつが本当にしゃべったため、次郎とコロ助は驚く。
えんぴつに興味を持った次郎は、コロ助とおかめちゃんの元へ行く。

「それは、問答えんぴつって言うのよ、問答えんぴつは生き物なの」
「えんぴつだけど生きているの」

おかめちゃんの説明を聞いた次郎とコロ助は驚く。
この時おかめちゃんは、問答えんぴつの全てを教えてあげるため、コジコジと次郎、コロ助を自宅へ招待する。

ーおかめちゃん家の玄関ー

コジコジと次郎、コロ助はおかめちゃんの家にやって来る。

「おかめのお友達が家に来るなんて、何年ぶりかしら!」

おかめちゃんの母親は、こう言いながらコジコジと次郎、コロ助を歓迎する。
この時おかめちゃんの母親は、正月君の結婚が決まったことを話題に出し、おかめちゃんのお婿に正月君はぴったりだったと思っていたことを打ち明ける。

「お母さん、コロ助君ならおかめちゃんにぴったりですよ!」

この時コジコジがこう言ったため、コロ助は焦る。

ーおかめちゃんの部屋ー

おかめちゃんの母親に案内され、コジコジと次郎、コロ助はおかめちゃんの部屋に入る。
おかめちゃんの部屋は、問答えんぴつだらけだったため、次郎とコロ助は驚く。

「驚いた?問答えんぴつを飼育しているの」

おかめちゃんはこう言いながら、問答えんぴつが150匹ほどいることを説明する。
問答えんぴつは、子供の頃は水槽で育て、サナギになったら土の中に埋め、大人になったら植物のように少しずつ伸びてくるということを知り、次郎とコロ助は驚く。
そんな問答えんぴつは、おかめ族にとってはペットとして昔から親しまれている存在だった。
この時おかめちゃんは、壁に飾られている問答えんぴつコンテストで優勝した時の賞状を見て説明する。

「コンテストでは顔の良さと頭の良さが競われるのよ」

さらにおかめちゃんがこう説明したため、次郎は驚く。
問答えんぴつは、名前の通りきちんと問答ができないと価値がないと判断されていた。
説明を聞いていた次郎とコロ助は、優勝した可愛い問答えんぴつを見たいとお願いする。

「あの子はもういないわ」

おかめちゃんはこう言いながら、30万円で売れたことと、問答えんぴつはちょっとしたサイドビジネスになることを説明する。
さらに問答えんぴつに興味を持った次郎とコロ助は、問答えんぴつを育ててみたくなる。
そんな次郎とコロ助のために、おかめちゃんは詳しく問答えんぴつの育て方を説明し、問答えんぴつの月刊誌を渡す。

「ちょっとこの子を見て」

そしておかめちゃんは、自分の問答えんぴつの中で秘蔵にしている問答えんぴつを見せ、教育が大事であることも説明する。
この後、次郎とコロ助はとてもハンサムな問答えんぴつを発見する。

「だめよ、そいつ凄い馬鹿なの」

この時おかめちゃんが次郎とコロ助にこう言ったため、次郎とコロ助は驚く。

「ほ~めてくれて、おならプー!なはははは」

とてもハンサムな問答えんぴつがこう発言したため、次郎とコロ助は、この問答えんぴつはだめだと判断する。

ガチャ・・・

この時おかめちゃんの母親が、お茶を持って現れ、おかめちゃんが問答えんぴつにハマる前は、不思議乾電池にハマっていたことを説明する。
不思議乾電池は、大人になると頭から糸を出す。
この糸が高く売れるのだが、おかめちゃんは繁殖が難しいため飼育するのを断念していた。
この後次郎とコロ助は、おかめちゃんから問答えんぴつの種をもらう。

ー道端ー

コジコジと次郎、コロ助はおかめちゃんの話題をしながら歩いて帰る。
この時コジコジは、問答えんぴつは結局何だったのかと質問するが、次郎とコロ助はうまく答えることができなかった。

ー3年インコ組(セキセイ)ー

2週間後、次郎とコロ助は飼育している問答えんぴつの話題をしていた。
この時次郎とコロ助は、どちらの問答えんぴつが優秀か、おかめちゃんに判断してもらうことにしたため、おかめちゃんの元へ向かう。

「いいわよ、じゃあ放課後、家にもってきてちょうだい、見てあげるから」

おかめちゃんは、次郎とコロ助にこう話す。

ーおかめちゃんの部屋ー

次郎とコロ助は、飼育している問答えんぴつをおかめちゃんに見せていた。

「だめね!どいつもこいつも不細工な馬鹿ばっかり!」
「コンテストに出したら、笑い者よ!」

次郎とコロ助の飼育している問答えんぴつを見たおかめちゃんがこう言ったため、次郎とコロ助はショックを受ける。

~感想~

おかめちゃん、とてもインパクトのあるキャラクターでしたね!(笑)
そんなおかめちゃんが飼育している問答えんぴつも、さらにインパクトのあるものでした・・・!
次郎とコロ助は、問答えんぴつに興味を持つのですが、この次郎とコロ助の気持ちもよくわかります。
もしこの世に存在するなら、1度は飼育してみたいですよね!
おかめちゃんは、ただ適当に趣味で問答えんぴつを育てているのではなく、コンテストで優勝するほどの実力を持っているなんて、とてもすごいなぁと感じました。
学校では暗い印象のおかめちゃんですが、そんなおかめちゃんにこんな才能があるとは・・・。
もしかしたらおかめちゃんは、将来問答えんぴつの飼育だけで生きていくことができるのかもしれませんね(笑)
次郎とコロ助は、おかめちゃんから問答えんぴつを育てたいと思っていましたが、おかめちゃんの家へ一緒に行ったコジコジも、どうせなら育てて見てほしかったなと思いました。
もし、コジコジが問答えんぴつを育てたら、とってもユニークな問答えんぴつが誕生したかもしれませんしね(笑)
おかめちゃんのように、クラスにいるキャラクター達がどんどんメインとなる展開を、これから先も期待したいですね!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP