「ゆらぎ荘の幽奈さん」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想〜幽奈のピンチ!?~ | VODの殿堂

アニメ

「ゆらぎ荘の幽奈さん」第7話のあらすじ・ネタバレ・感想〜幽奈のピンチ!?~

   
 

タイトル:「ゆらぎ荘の幽奈さん」第7話
放送局:TOKYO MX
アニメーション制作:マッドハウス
キャスト:冬空コガラシ・小野友樹/湯ノ花幽奈・ 島袋美由利/宮崎千紗希・鈴木絵里/雨野狭霧・高橋李依/覇吐呑子・加隈亜衣/伏黒夜々・小倉唯/仲居ちとせ・原田彩楓/神刀朧・小松未可子/信楽こゆず・春野杏
視聴したVOD:hulu(2018年11月9日時点では配信終了)

「幽奈が成仏したら、ちょっと寂しいかも。」な~んて気持ちに気が付いたコガラシ。
なんと、幽奈が本当にいなくなってしまいます!!
よりによって、ある意味変態に連れ去らわれてしまうらしいのですが・・・。
幽奈のピンチをコガラシは救えるのでしょうか。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。

あらすじ

玄士郎と朧、現る!

温泉郷にて、観光客にカメラのシャッターを押してほしいと頼まれている男がいた。

「おお、これが世に聞く逆ナンというやつか・・・。」

そう呟く男に、「はい?」と困惑気味の女性観光客。
何を勘違いしたのか、二人の女性観光客を「側室」に迎えようと、抱きかかえてしまった。

そこへもう一人、銀髪の者が割り込んでくる。

「おやめください!!」

そう叫び、誘拐男の頭にチョップを食らわせた。
「朧(おぼろ)」と呼ばれるその人物は、「あの者たちはいたって平凡。玄士郎(げんしろう)様の妻にはふさわしくありませぬ。」と言っている。

「そうはいっても、いくらもおるわけでは無かろう。霊力の強い美女など・・・。」

玄士郎たちは、霊力の強い美女を探しているようだ。

やっと悪そうな奴らが登場しましたね。
幽奈さんに登場する人物って、基本的にいい奴ばっかりだったので、最近ちょっと物足りなさを感じてたんですよ。
ヒロインを守るためには、やっぱり悪役必須!
しかし、何者なのでしょうか。

落ち込む幽奈

今朝も幽奈はコガラシの布団に潜り込み、しかもコガラシの足は幽奈のパンティに絡まっている。

「おはようございます~。」と寝ぼけている幽奈だが、状況に気が付くと、コガラシを突き飛ばしてしまった。
「今日もダメでしたか~!!!」と川へ落下するコガラシ。

幽奈は、毎日コガラシを川へ突き落してしまうことに悩んでいた。
「全然変わらない。」と落ち込む幽奈だが、「幽奈、変わった。コガラシが来てから。」と夜々に励まされる。
それを聞き、ちょっと嬉しくなる幽奈。
ちとせから、食卓の醤油が切れてコガラシが困っているかもしれないと聞くと、楽しそうに醤油を取りに行った。

コガラシに幽奈が醤油を届けると、「毎日同じ朝日で起きるなんて、夫婦みたいであこがれるあ~。」とこゆずに言われる。
だがコガラシは、「毎日川に突き落とす嫁がいてたまるか。」と言い、幽奈も「ですよね~。」と苦笑いする。

「お嫁さんに憧れる気持ち、わかりますね~。」とうっとりする幽奈に、コガラシは何か思ったようだ。

久々に、幽奈&コガラシの寝起きショットが来ました!!
それにしても、毎日川に落とされてるなんて、コガラシもよほど辛抱強いですね。

毎日失敗して落ち込む幽奈ですが、確実に「コガラシのために何かしてあげたい!」という気持ちが強くなっているみたいです。
「お嫁さんに~。」の件で、コガラシがまたピクッとしてましたが、幽奈の未練について考えていそうですね。
今度はお嫁さんにしてあげるのかな・・・(笑。

幽奈がさらわれる!?

こゆずの「初めてのお使い」に付き添っている幽奈の姿を見た玄士郎は、一目ぼれしてしまう。

「幽奈と申すか。良い名だ。」

玄士郎に腕をつかまれた幽奈は、「離してくださ~い!」とポルターガイストを起こした。

川に落とされてしまった玄士郎だが、幽奈の霊力の強さを知りますます上機嫌になってしまった。
ふと幽奈は、玄士郎の腕にうろこが生えていることに気が付く。
彼から溢れるパワーにより、川に落ち濡れたはずの着物がいつの間にか乾いていた。

玄士郎は、幽奈を妻に迎えると言い、連れ去ろうとする。
こゆずは思わず、「幽奈ちゃんは、コガラシのお嫁さんなんだから~!!」と叫び、「もう毎晩エッチなことをしている仲なんだからね~。」と言ってしまった。

「幽奈と毎晩毎晩エッチなことを~!?」

こゆずに刺激された玄士郎は、急いで幽奈を城へ連れて行こうとする。

幽奈のポルターガイストをものともしない玄士郎!
腕にうろこがあるという事は、人間ではなさそうですね。

黒龍人、龍雅玄士郎

こゆずは、葉っぱで玄士郎に攻撃を仕掛けるが、朧に止められてしまう。

「不敬がすぎるぞ。子だぬき。」

朧はこゆずにチョップを食らわせようとするが、幽奈がそれを止める。

「私が大人しくついていけばいいんですよね・・・。」

「お使いの途中でいなくなってしまってすいません。家に帰るまではお使いですよ。」

笑顔で言う幽奈に、こゆずは涙を流す。

コガラシが絶対に助けに行くと叫ぶこゆずだが、玄士郎には人間の力など到底及ばないと一蹴されてしまう。
「わが殿は、黒龍人であらせられるからな。」と言う朧。

それを聞き、「コガラシさん。絶対、助けに来ないでください。」と想う幽奈だった。

玄士郎は龍人なんですね。
そして、朧はおつきの人といったところでしょうか。

こんな時にも、笑顔でこゆずの心配をする幽奈、何ていじらしいんでしょう。
しかも、絶対に助けに来てしまうであろうコガラシの身を案じています。
コガラシよ、早く助けに行ってくれ!!

龍雅湖へ向かえ

ゆらぎ荘への帰宅途中、コガラシと狭霧は泣きじゃくるこゆずに出会った。
事情を聞いたコガラシは、すぐに助けに向かおうとする。
能力で小さくなったこゆずは、コガラシの肩にのり、一緒に龍雅湖へと向かう。

狭霧は、龍雅湖の黒龍人のことを知っているようだ。
黒龍人は神的な存在とされ、誅魔忍の中では手に負えない存在らしい。
そのため、誅魔忍としての自分は手を貸せないが、友人として助けに向かうことになった。

狭霧ったら、素直じゃないんだから!
でも、誅魔忍の掟も厳しいんでしょうね。

玄士郎は変態!?

幽奈を城へ連れ帰った玄士郎は、様々なコスプレをさせていた。

「これこそかつて、人間界においてエッチすぎてタブーとされたという古代の遺物。その恥辱に、見事耐えて見せよ!」

そう叫ぶと、幽奈を体操着姿に変身させた。
ブルマを見て感動の涙を流す玄士郎。
その他、次々と衣装を変えさせ、「何を身に着けても可憐よの~。」と鼻の下を伸ばしている。

そこへ朧が現れ、「幽奈様はお忙しいのです。祝言までに、奥方様としての十分な教養を身に着けていただきます。」と玄士郎を止める。

ここへ嫁ぐつもりは無いという幽奈に、コガラシのことが気になるのかと聞く朧。
「とんでもないです。私、幽霊ですし。ドジですし、迷惑ばかりおかけして・・・。」と言う幽奈に、朧は「なおさらこちらに嫁いで良かったのでは?」と言うのだった。

おーーー!!
玄士郎はかなりの変態ではないですか!!
でもなんだか、完全に悪い奴にも思えない(笑。

それよりも、朧の方が気になります。
人の痛いところを鋭く突くような、簡単に言うと冷酷というか。
コガラシへの自分の失敗について悩んでいた幽奈ですので、「こちに嫁いで良かったのでは?」と言う朧の言葉がチクリと刺さったようですね。

龍雅城へ乗り込む

狭霧が結界を解き、地底にある龍雅湖へと向かう3人。
そこには大きな城があり、周りには見張りがたくさんいる。
狭霧は、あらゆるダメージを防いでくれるという任務用のスーツに着替えた。

幽奈を連れ戻したところで、黒龍人は必ず追ってくる。
そうならないために、コガラシはある作戦を思いつくが、3人でひそひそ話をしているところを見つかりそうになってしまった。

狭い場所に隠れるが、狭霧のスーツは極薄素材でできており、コガラシの身体に密着する。
顔をそむけたコガラシの髪の毛がこゆずの鼻に触れ、くしゃみをしてしまった。

意を決した狭霧は、見張りの1人を倒すと、一気に城の上階へと向かっていった。
「なんとか黒龍人の気を引いてくれ!」と言われたコガラシは、堂々と門へ向かうと叫びだす。

「おい!色ボケ黒龍人!!」

玄士郎を挑発するコガラシだが、あっさりと見張りによって捕えらてしまった。

幽奈を返しやがれ

玄士郎の前に差し出されたコガラシは、手錠を付けられ首を抑えられている。

「世の幽奈を辱めた礼をしてやろう。」と言う玄士郎。

「礼なんかいらないから、幽奈を返しやがれ。」と言うコガラシだった。

いつも真っすぐなコガラシ。
ここでも真っすぐ突き進んで、あっさり捕まってしまいました。

直前まで、狭霧たちとひそひそやってたので、何か作戦があるのでしょうか。
狭霧も、コガラシの行動にびっくりしてたので、違うかな・・・。

感想

とんでもない、変態な大物に捕まってしまいました!
しかも、コガラシは捕まってしまうし、どうするんでしょう。
狭霧は幽奈奪還に向かいましたが、あそこには朧がいます。
どんな展開になるのか、楽しみですね。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP