3D彼女 リアルガール episode☆8 「オレにはキャンプがハイレベルイベントだった件について。」のあらすじ・ネタバレ・感想~綾戸の気持ちが明らかに・・・!~   | VODの殿堂

アニメ

3D彼女 リアルガール episode☆8 「オレにはキャンプがハイレベルイベントだった件について。」のあらすじ・ネタバレ・感想~綾戸の気持ちが明らかに・・・!~  

   
 

タイトル:3D彼女 リアルガール episode☆8 「オレにはキャンプがハイレベルイベントだった件について。」
放送局:日本テレビ
声優:五十嵐色葉・芹澤優
筒井光・上西哲平
伊東悠人・蒼井翔太
石野ありさ・津田美波
高梨ミツヤ・寺島拓篤
綾戸純恵・上田麗奈
えぞみち・神田沙也加
閲覧したVOD:U-NEXT(2018年12月31日までは視聴可)

筒井と綾戸が仲良くしているところを目撃してしまった色葉は、ヤキモチを焼いてしまいます。
お陰で色葉は筒井と微妙な状況になってしまいますが、筒井ときちんと話し合うことができたため、仲直りをすることができました。
一方筒井は、伊東と秋葉原にいた時、ミツヤと遭遇します。
ミツヤに洋服を選んでもらった後、筒井はメイドの格好をして短期でティッシュ配りのバイトをしている綾戸と遭遇し、驚きます。
この時筒井は、男性2人組に絡まれた綾戸を助けました。
この後筒井は、色葉のことを思い出したため、公園に色葉を呼び出し、2人の時間を過ごします。
翌日、筒井は石野に強引にキャンプへ行くことを提案されます。
伊東と色葉もいる状況で、反対していたのは筒井だけだったため、キャンプへ行くことが決まってしまいました。
果たしてキャンプで、どのような展開が待っているのでしょうか!?

~あらすじ~

ー石野の叔父の別荘のバルコニーー

「俺は、なぜこんなところにいるんだ」

掃除中、ミツヤはこうぼやいていた。

「俺に借りがあるからだ」

ミツヤのぼやきを聞いた筒井は、こう話す。

ー石野の叔父の別荘のリビングー

石野と色葉、伊東と綾戸は掃除をしていた。

ーーー良かった、綾戸さんも誘って。

石野と話している綾戸が笑っていたため、伊東はこう思っていた。

ー石野の叔父の別荘の庭ー

全員でバーベキューをするため、準備を始める。
筒井と色葉はセッティングをすることになり、石野と伊東、ミツヤと綾戸は材料の準備をすることになる。

ー外の流し場ー

伊東と綾戸は、野菜の皮をむいていた。
一方石野とミツヤは、バーベキューの材料を串にさしていた。

「なんか私達、熟練した夫婦みたいだね!」

石野はときめいた状態でミツヤにこう話す。
この時石野は、好きな子や彼女についてミツヤに質問する。

「悪いけど、石野さんは全然好みじゃない」

石野に自分はどうかと質問されたミツヤは、こう答える。
ショックを受けた石野は、参考までにどこがぐっと来ないのかを質問する。

「色気が感じられない」
「なんか面倒くさそう」
「裏表ありそう」

ミツヤはハッキリと答えるが、石野がさらにショックを受けてしまったため謝る。
この状況で石野が自分のモテなさを嘆く。
この後、全員でカレーを食べ終えた後、片づけを始める。
色葉がお皿を洗っている時、ミツヤが現れる。

「でも今は、悪かねぇと思ってるよ、俺はプライド高いの自覚してるから、アイツにはそんなこと言ってやんねぇけど」

ミツヤは筒井にロリコン疑惑をかけたことを謝罪し、筒井に対する気持ちの変化を説明する。

「あなたが最後まで保身に走っていたこと、ずっと許さないから」

この時色葉はこう話した後、せっかくキャンプに来たため、ツンケンしてても仕方がないと気持ちを切り替える。

ー川辺ー

石野と伊東、ミツヤと綾戸は釣りをしていた。
筒井と色葉はこの様子を見ていた。

ーーーこんな不思議な子、見たことないな。

今までの綾戸を振り返り、伊東はこう思っていた。
この時石野が変な物を釣ってしまったため慌てる。
慌てた石野は綾戸とぶつかり、2人は川に落ちる。
夕方、火を起こして全員で釣った魚を食べる。

ー外の流し場ー

伊東は綾戸のことが好きだという気持ちにようやく気付いたため、筒井に打ち明けてみようと決意する。

ー石野の叔父の別荘のキッチンー

綾戸がヤカンを落として火傷してしまう。
筒井は綾戸の手を水で冷やす。
この時色葉を見た綾戸は、慌てて筒井から手を離す。
そんな綾戸の様子を見た伊東は、氷をミツヤに渡してその場を去ってしまう。
ミツヤの持ってきた薬で筒井は手当てをするが、綾戸は顔が赤かった。
この様子を見た色葉もその場を去ってしまう。

ー石野の叔父の別荘のバルコニーー

色葉と伊東は、落ち込んでいた。
この時石野が現れる。
伊東は戻るが、色葉はまだ残っていた。
石野は色葉にタオルをかける。
石野は色葉が筒井に対し、モヤモヤしていることに気づいていた。

「悪気がない人に怒ったら、自分が小さくなっちゃうもんね」

石野がこう言ったため、色葉も以前綾戸のことを筒井に口にした時、微妙な空気になってしまった事を打ち明ける。

「その時、その時、言っていかないと、また大変なことになるよ」

石野はこうアドバイスる。

ー石野の叔父の別荘の寝室ー

全員でトランプをしていた時、綾戸は熱っぽかったため休んでいた。
寝ている綾戸の横に色葉は付き添っていた。

「五十嵐さん、すみません・・・」

綾戸は起き上がり、以前色葉に借りたハンカチを返す。

「だめなんです、私・・・!」

色葉はハンカチを返さなくてもいいと発言するが、綾戸は泣きながらこう言い放ち、強引にハンカチを色葉に渡そうとする。

ー石野の叔父の別荘の廊下ー

色葉は歩いている時、筒井と遭遇する。
筒井は綾戸を心配していた。

「見てもらって悪いな」

筒井がこう言ったため、色葉はなぜ筒井が謝るのかと発言し、つっかかる。
この時色葉は泣き出してしまったため、筒井は驚く。

「つっつんのせいでこうなってるんだよ、バカ!」

色葉は泣きながらこう叫び、外へ飛び出してしまう。
この時石野が現れ、筒井を蹴飛ばす。

「あんたのその鈍いの、いい加減治らないわけ!?」

そして石野はこう怒鳴り、筒井に色葉を追いかけさせる。

ー森の中ー

色葉は泣きながら悩んでいた。

ー石野の叔父の別荘の前ー

全員で色葉を探していた。

「また知らない間にあいつを傷つけた」

この時筒井はこう言いながら悩んでしまう。

「言っとくけどな、悪いと分かってやってる奴より、悪気ねぇほうがタチ悪いんだよ」

ミツヤは筒井にこう言い放つ。
この時筒井は、色葉を探すため、森の中へ走っていく。
土地勘のない筒井を心配した石野は、筒井を追いかける。

ー石野の叔父の別荘のリビングー

「私のせいだ・・・」

伊東とミツヤに色葉がいなくなったことを聞かされた綾戸はこうつぶやく。
この時綾戸は、筒井のことが好きだと色葉に話したことを打ち明ける。

「あのさ、それ、こういう時に言わなきゃいけなかった?」

ミツヤが綾戸にこう質問する。
綾戸は色葉に自分の気持ちを悟られていると思っていたと、泣きながら説明する。

「あの2人に割り込もうとしているの?」

さらにミツヤは、綾戸にこう質問する。
綾戸は戸惑ってしまう。

「高梨君にだけは言われたくないと思う!」

この時伊東がこう言い放つ。
ミツヤはため息をついた後、筒井と色葉の不器用さを指摘する。

ー森の中ー

筒井と石野は一緒に色葉を探していた。
この時筒井は、今周りにいてくれる人達を大事にしたいと思っている気持ちを打ち明ける。

「五十嵐さんは、あんたにどうされたかったと思う?」

石野は筒井に質問する。
答えが浮かばなかった筒井は、色葉を探すため先に行ってしまう。

ーーーこれからも、こうしてアイツを無意識に傷つけていくんだろうか。

この時筒井は、こう思ってしまう。

~感想~

 

筒井と色葉の関係は、ここ最近本当にうまくいきませんね・・・。
今回も、すんなり仲直りをすると思っていたのですが、こじれた状態になってしまいました。
綾戸は筒井のことが好きですが、筒井はこの気持ちに気づいていないようですね。
筒井のある意味無神経な行動に、少し観ていてもやっとしました(笑)
筒井と石野が色葉を探しに行っている時、ミツヤは綾戸に鋭い発言をしていたのがとても印象的でしたね。
筒井と色葉の幸せを願っている自分としては、ミツヤが綾戸へかけた言葉は、とても良かったなと思いました!
一方伊東は、綾戸のことが好きなため、ミツヤを注意します。
綾戸は筒井のことが好きだということを知ってしまった伊東にとって、この状況は辛いですよね。
今回のキャンプに綾戸が参加しなければ、きっと筒井と色葉も、こじれた状況になることがなく、楽しいキャンプだったねという感じで終わることが出来たのかなと思うと、ちょっと残念ですね。
色葉がいなくなったことを知った綾戸は、ショックを受けて自分を責めていましたが、色葉が戻ってきた後、綾戸はどのような態度で色葉に接するのでしょうか。
そしてこの状況で、筒井と色葉の関係がどうなってしまうのかもとても気になります!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP