3D彼女 リアルガール episode☆7 「オレと二人の女子の件について。」のあらすじ・ネタバレ・感想~色葉がまさかのヤキモチ!~ | VODの殿堂

アニメ

3D彼女 リアルガール episode☆7 「オレと二人の女子の件について。」のあらすじ・ネタバレ・感想~色葉がまさかのヤキモチ!~

   
 

タイトル:3D彼女 リアルガール episode☆7 「オレと二人の女子の件について。」
放送局:日本テレビ
声優:五十嵐色葉・芹澤優
筒井光・上西哲平
伊東悠人・蒼井翔太
石野ありさ・津田美波
高梨ミツヤ・寺島拓篤
綾戸純恵・上田麗奈
えぞみち・神田沙也加
閲覧したVOD:U-NEXT(2018年12月31日までは視聴可)

筒井は色葉と喧嘩中、伊東とも喧嘩をしてしまいました。
この時筒井は孤独感を感じ、辛い気持ちでいっぱいになってしまいます。
後日筒井は、伊東にきちんと自分の気持ちを打ち明け、謝罪したため、仲直りをすることができました。
さらに筒井は色葉の家の前へ行き、色葉に自分の気持ちを打ち明けます。
一方色葉は、筒井を自分の部屋に招き、怒っている気持ちを説明します。
お陰で筒井と色葉は、無事仲直りをすることができました。
これで平和が訪れるかと思っていましたが、色葉は学校で筒井が綾戸と一緒にいるところを目撃してしまい、ショックを受けてしまいます。
せっかく仲直りをすることができた筒井と色葉でしたが、2人の関係はどうなってしまうのでしょうか!?

~あらすじ~

ー学校の屋上ー

色葉は筒井と綾戸の関係に対し、ヤキモチを焼いていることを石野に打ち明ける。
この時石野は、可愛くヤキモチを焼けば筒井なんて言うことを聞くとアドバイスする。

ー体育館横の廊下ー

色葉は筒井を呼び出し、なぜ綾戸としゃべっているのか質問する。

「どうして私には俺に近づくなって言って、あの子とは楽しそうに・・・」

色葉はこう話す。
一方筒井は、戸惑ってしまい何も言い返すことができなかった。

「こんなの全然可愛くない・・・」

この時色葉は寂しそうにこうつぶやき、この場を去ろうとするが、筒井に腕を掴まれる。
筒井は綾戸との関係を説明しようとするが、色葉は強引にその場を去ってしまう。

ー教室の前の廊下ー

走ってきた色葉は、窓から土いじりをしている綾戸を発見する。

ー学校の中庭ー

綾戸がいることに気づいていなかった女子生徒達が、バケツの水を捨てる。
綾戸はバケツの水をかぶってしまう。
この後色葉は、綾戸の元へ現れ、ハンカチを渡す。

「本当に、2人とも素敵で、憧れちゃいます」

綾戸はお礼を言った後、筒井と色葉のことを褒める。

「私は、全然そんな素敵な人じゃありません・・・」

色葉は否定した後、この場を去ってしまう。
綾戸は最後までお礼を言っていた。

ー筒井の教室ー

筒井は石野の忠告を思い出して悩んでいた。

「なーにうだうだしてんだべさ!」

この時えぞみちがこう言いながら現れ、筒井に活を入れる。

ー公園ー

色葉は綾戸との出来事を筒井に説明する。

「なんか、つっつんに似てた」

そして色葉はこう言った後、謝る。

「可愛かったじゃん」

この時筒井は、今日の色葉の行動に対し、こう話す。
照れた色葉は、1人で走って行ってしまう。

ー筒井の教室ー

筒井の前に石野が現れる。
この時石野は、筒井に綾戸のことを問い詰める。

「あのー!」

この状況で、綾戸が教室に入って来る。

「先輩はやっぱりリア充なんですね!」

筒井と石野を見た綾戸は、驚きながらこう話す。

「あんた、筒井の浮気相手じゃない!!」

石野が綾戸にこう言い放ったため、筒井は驚く。
綾戸は否定した後、石野がきれいだと褒める。

「筒井、いい子だった」

綾戸の発言を聞いた石野は、態度を変えてこう話す。
この時綾戸は、ジャガイモ団子のお礼にトマトを持ってきたことを説明する。
この状況で伊東が現れるものの、綾戸を見た途端、伊東は人見知りのため教室を出て行ってしまう。

ー学校の中庭ー

筒井がトマトゼリーを作ってきたため、色葉と伊東、石野と綾戸は集まっていた。

「私、いても大丈夫ですか?」

この時綾戸は、伊東に質問するが、伊東は何も答えなかった。
一方筒井は、綾戸がナスを持ってきていたため、気を使ったことを注意するが、綾戸は持ってこないと手持ち無沙汰だと思う気持ちを打ち明ける。

「綾戸さん、本当に何も持ってこなくていいんだ」
「好きな時にちょっと話したいときに、話しかけていいし、まざっていいんだ」

筒井のこの言葉に綾戸はハッとする。

ーーーどうして先輩の周りは、こんなにも温かいんでしょうか。

綾戸はこう思いながら、泣いてしまう。

「はい、ハンカチ」

この時伊東がハンカチを差し出す。
翌日、筒井は土いじりをしている綾戸の前に現れる。
この時筒井は、綾戸の頭に何かついていたため、取ろうとする。

「ごめん、これは毛虫だ、触れない!」

筒井がこう言ったため、綾戸は自分の頭についている毛虫を取る。

ー学校の廊下ー

筒井の前に色葉が現れる。
色葉は明日は休みなため、筒井の明日の予定を尋ねる。
この時筒井は、伊東と秋葉原へ行くことを伝えた後、色葉も誘うが断られてしまう。

ー筒井の家の玄関ー

筒井は母親に、洋服を買うようにすすめられる。
最初は断っていた筒井だったが、買うことにする。

ー秋葉原の道端ー

筒井と伊東は、ファッション雑誌を見ながら洋服選びに苦戦していた。
この時ミツヤが通りかかる。

「俺を、おしゃれにしてくれ」

筒井はミツヤにお願いする。

ー洋服屋ー

筒井はミツヤに洋服を選んでもらう。

ー秋葉原の道端ー

筒井と伊東、ミツヤは洋服を選んだ後、歩いていた。

「こんにちはー♪メイドカフェオープンしましたー♪」

この時メイドの格好をした綾戸にティッシュを配られる。
綾戸はメガネをかけていなかったため、目がよく見えず、伊東をじっと見つめる。
ようやく伊東だと気付いた綾戸は驚いてしまう。
メガネをかけた綾戸は、欲しいフィギュアがあったため、短期でメイドカフェのティッシュ配りのバイトをしていることを説明する。
この時綾戸は、通りかかった男性2人に絡まれる。
綾戸は困っていたが、上手くかわすことができない。

「その手を離せ」

この時筒井は、綾戸の前に立ち、こう言い放つ。
筒井のお陰で男性2人は去っていく。

ー公園ー

夕方、伊東と歩いていた筒井は、色葉のことが浮かんだため、色葉を呼び出していた。

「つっつん、どうしたの急に」

色葉は驚きながら筒井の前に現れる。

「今日、会えなくてごめん」

筒井は色葉に謝る。

「いいのに」

色葉はこう言いながら笑う。
この時筒井は、色葉にズボンの丈を指摘されたため、ミツヤとの出来事を説明する。

ー道端ー

筒井と伊東は登校中、綾戸に遭遇する。
綾戸は昨日のお礼を言った後、走って行ってしまう。

ー筒井の教室ー

「自然、マイナスイオン、肉、なんか文句あるの?」

石野はこう言いながら、筒井と色葉、伊東をキャンプへ誘う。

この時石野は、叔父が別荘を持っているため、この時期に掃除へ行くとお小遣いがもらえるという事情を説明する。
そして石野は、筒井にミツヤを呼べとお願いする。
この状況でキャンプへ行くことに反対していたのは筒井だけだったため、キャンプへ行くことが決まる。

ー歩道橋ー

ーーーあの子も、呼んだらダメかなぁ。

伊東は1人でこう考えていた。

~感想~

筒井は、色葉と出会ってから、本当に変わりましたよね。
筒井の母親の発言がきっかけでしたが、筒井は偶然会ったミツヤに洋服を選んでもらったり、秋葉原の帰りに色葉を呼び出したり・・・。
お陰で筒井は、最初はただのオタク男子だったのですが、次第にリア充男子に変化してきているように感じました。
恋愛をすると、女はキレイになるという言葉がありますが、この言葉のように、男も変わっていくものなんですよね。
もちろん変わっていくという言葉は、いい意味で変わっていくことと悪い意味で変わっていくことという、両極端さもあるのですが、筒井の場合はとてもいい方向に変わっていますよね。
このことから、筒井は色葉ととてもいい恋愛をしているということが言えるわけですから、観ているこっちも何だか嬉しくなってしまいますよね!
これから先も、筒井の更なるリア充男子への変化も、とても楽しみです!
一方石野は、相変わらずミツヤのことが気になっているようで・・・(笑)強引にキャンプへミツヤを誘えと、筒井にお願いしていましたね。
本当に筒井がミツヤを呼ぶのかどうか、とても気になります。
そして歩道橋で伊東は、誰のことを思い浮かべて考えていたのでしょうか!?
次回は気になる部分がとても多いので、早く観たいですね!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP