「ゆらぎ荘の幽奈さん」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想〜ぬいぐるみの怪~ | VODの殿堂

アニメ

「ゆらぎ荘の幽奈さん」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想〜ぬいぐるみの怪~

   
 

タイトル:「ゆらぎ荘の幽奈さん」第3話のあらすじ・ネタバレ・感想〜ぬいぐるみの怪~
放送局:TOKYO MX
アニメーション制作:マッドハウス
キャスト:冬空コガラシ・小野友樹/湯ノ花幽奈・ 島袋美由利/宮崎千紗希・鈴木絵里/雨野狭霧・高橋李依/覇吐呑子・加隈亜衣/伏黒夜々・小倉唯/仲居ちとせ・原田彩楓/神刀朧・小松未可子/信楽こゆず・春野杏
視聴したVOD:hulu(2018年11月9日時点では配信終了)

コガラシの学校へついてきてしまった幽奈は、早速事件を起こしてしまう様です。
しかしそのおかげで、クラスメイトから相談を持ち掛けられるようなのですが・・・。
コガラシは無事に事件を解決できるのでしょうか!?

あらすじ

高校入学

幽奈が朝目覚めると、居るはずのコガラシがいいない。
焦る幽奈は、浴衣がはだけたままの格好で、コガラシを探し回る。

「コガラシさ~ん!」

飛び回る幽奈に、「はしたないですよ。」とたしなめるちとせ。

今日はコガラシの高校入学式で、彼はすでに出かけていた。
「これが俺の通う高校か!」と、感極まるコガラシ。
霊のせいで、小中と散々な目に会っていたため、今度こそまともな青春を送りたいと思っていた。

そこへ現れた幽奈。
「お祝いしたくて。」と、ついてきてしまったのだ。
一瞬焦るが、幽奈の姿は他の人には見えず、幽奈の身体を女子高生が通過していく。

抱きついているのがコガラシではなくて枕だと気が付いた幽奈。
自分のお尻の下にコガラシがいないか確認しています(笑。
コガラシがいたらいたで、「いや~~!」ってなるのに、いないと寂しいんですね。

普通の人にはおばけに見えると言っていましたが、どうやらほとんどの人には見えない様子です。
第一話で、コガラシは幽奈の胸を触っちゃいましたので、幽奈の身体に触れるはずですが、女子高生は素通りしていました。
見える人にしか触れないのかな??

幽奈のお着替え

コガラシは、前の席の聡に、同じクラスに「宮崎千紗希(みやざき ちさき)」がいることを教えられる。
アイドル並みのルックスを持ち、何度もスカウトされているが、断り続けている美少女だ。

コガラシが千紗希の方を見ると、幽奈が神妙な面持ちで千紗希のスカートを見ている。
そして、「ここはどうなっているのでしょう」と、千紗希のスカートをめくってしまった。
慌てて止めに入ったコガラシだが、皆にスカートをめくった犯人だと勘違いされてしまう。

幽奈の浴衣は幽体の一部で、念じればどんな服装にもなれるため、制服の作りを調べたかったらしい。
念じ始めた幽奈に、「幽体の一部ってことは、いつも素っ裸と同じってことか?」と聞くコガラシ。

素っ裸を想像してしまった幽奈は、教室で裸になってしまった。
恥ずかしくなった幽奈は、ポルターガイストを起こしてしまう。

あの浴衣は、幽奈のイメージだったのか!
じゃあ、第一話でセッカンに攻撃された時、幽奈の浴衣がボロボロになってたのも、幽奈のイメージなのか??

「幽体の一部=素っ裸」って発想は面白いですけど、幽奈にそんなこと言ったらどうなるかわかりそうなものなのに。
ドジなコガラシです。

自己紹介

入学早々、スカートめくり犯のレッテルを貼られてしまったコガラシだが、自己紹介でケジメをつけることにする。
自分は霊能力者で、先ほどの騒ぎは自分についている霊が引き起こしたポルターガイストだと言い出したのだ。
まじめな顔で謝るコガラシだが、「スカートめくりの次は、中二病かよ~。」とクラスメイトに呆れられる。
ただ一人、千紗希だけは意味ありげな視線を向けていた。

コガラシは結構まじめな奴なんですね。
それがわかってるから、幽奈もやたらとなついているのかな。
コガラシの隣で一生懸命謝っている幽奈、可愛い~。
千紗希は「霊能力者」って聞いてハッとした感じの表情をしていましたが、もしかして、彼女も見える系女子なんでしょうか・・・。

千紗希の相談

千紗希に呼び出されたコガラシは、ウルウルした目で見つめられ、ドキッとしてしまう。
「あなたしかいないと思って!」と言い出す千紗希。
幽奈は、まるで自分がいないかのような空気にモヤモヤする。

だが、千紗希の相談が心霊現象についてだと知り、ほっとする幽奈。
突然湯船の中からぬいぐるみが現れたり、部屋の中をぬいぐるみが飛び回るという怪奇現象に悩まされているらしい。
「困ってるクラスメイトをほっとけない。」というコガラシは、千紗希の家へ行ってみようと提案する。
そんなコガラシに、「コガラシ君、エッチじゃん・・・。」と戸惑う千紗希だった。

まあ、心霊現象の相談だとは思いましたが、幽奈はヤキモキしてましたね。
早速の依頼に答えようとするコガラシですが、家に来ると聞いた千紗希の反応は「え?」って感じでしたよね。
スカートめくりされた男子を家に上げるなんて、確かに心配ですよね。
じゃあ、何のために相談したの?って気もしますけど。

ぬいぐるみに異常はない?

自分の部屋にコガラシを連れてきた千紗希は、「もしもコガラシ君が狼だったら・・・。」と、勝手に変な妄想を繰り広げていた。
だがコガラシは淡々と話を進めるため、千紗希も警戒心を和らげる。

早速除霊を開始したコガラシは、千紗希のぬいぐるみを片っ端から殴り始めた。
当然千紗希には怒られ、幽奈にも「大切にしているぬいぐるみに!」と怒られてしまう。
もしもぬいぐるみに霊がついている場合、コガラシの一撃でぬいぐるみから追い出せるはずなのだが、何も出てこない。

コガラシは幽奈に、ぬいぐるみの中を透視するよう頼む。
「誰かいるの?」と不思議がる千紗希に、「学校でも話しただろ。悪い奴じゃないから心配するな。」と返す。

自分のせいでコガラシに迷惑をかけた幽奈は、ぬいぐるみを透視してコガラシの役に立とうと意気込むが、ふいにぬいぐるみに睨まれ、ポルターガイストを起こしてしまう。
落下したコガラシは千紗希を押し倒す形になり、まるで千紗希の妄想の様な状況に陥ってしまった。

やっぱりこうなっちゃうのね~。
しかも今度は、正真正銘の生身の人間、しかも美人。
千紗希も、ちょっとエッチな妄想癖がありそうじゃないですか?
コガラシとしては、このシチュエーションに慣れつつありそうですが、千紗希には刺激が強いかも!

霊糸線をたどれ!

千紗希は、コガラシを追い返したものの、「悪いことしちゃったかな?」と少しだけ後悔していた。
「もうこの子たち、動き回ったりしないかな・・・。」と心配していると、突然後ろからぬいぐるみたちに襲われてしまう。
鋭い爪で、千紗希のパジャマをビリビリにしてしまうぬいぐるみたち。

そこへコガラシが現れ、ぬいぐるみに一撃を食らわせる。
帰ったふりをして、再びぬいぐるみが暴れだすのを見張っていたのだ。
コガラシが握りつぶしたぬいぐるみからは、霊糸線が伸びており、幽奈がその線をたどっていた。
線の先にはぬいぐるみを操る犯人がいるはずだ。
コガラシは千紗希を抱きかかえると、自分たちも線の先へと向かっていった。

人形怖いよ~。
しかも、なぜかパジャマをびりびりにするなんて、エロい妖怪の仕業なのか??
追い出されたのに、千紗希の家を見張ってるなんて、コガラシもお人好しですな。

犯人の正体

霊糸線の先には、フードを被った不気味な男がいた。
「少しくらい霊能力が使えるからと言って、いい気になるな!」と言う男は、葉っぱから恐ろしい巨人を創り出す。
だがコガラシは、一撃で巨人を沈めてしまった。

犯人は急に慌てだし、本当の姿を現した。

なんと可愛らしい女の子・・・に見えますけど、女の子なのかな。
最初ぬいぐるみに見えたので、千紗希が粗末に扱ったぬいぐるみの仕業かと思いましたけど、またもや妖怪の類ですかね。

こゆずの悩み

犯人の正体は、化け狸の里から来た「白楽こゆず(しがらき こゆず)」という少女だった。
化け狸の里の掟では、10歳になったら里を出て自立しなくてはいけないらしい。
通常は皆変化の術を使い、人間界に溶け込んでいるが、こゆずは変化が上手くできず、落ち込んでいた。

こゆずは、自分に足りない物は「おっぱい」だと思っており、巨乳の千紗希に出会い、研究していたのだ。
千紗希の胸を見ることが出来るのも最後かと思い、ぬいぐるみを使ってパジャマをびりびりにしてしまったらしい。

「私の胸でいいなら・・・。」と歩み寄る千紗希。
こゆずは感激し、千紗希が羽織っていたコガラシの学ランの前を開いてしまう。
憧れの千紗希の胸を見て満面の笑みを浮かべるこゆず。

「コガラシ君、見たでしょ・・・。」と真っ赤になる千紗希に、またも「エッチ」の烙印を押されてしまうコガラシだった。

やっぱり、パジャマをびりびりにしたのは、おっぱいが見たかったからなのか。
僕って言ってますけど、女の子みたいですね。
大人の女性に化けられないのはおっぱいが無い身体と思っているみたいですが、それだけではないような・・・。
でもいつか、立派なおっぱいを手に入れてほしいものです。

千紗希からのお礼

ゆらぎ荘でしばらく生活することになったこゆずは、呑子や狭霧の胸を研究し、とても楽しそうにしていた。
それを聞いた千紗希は安心し、コガラシにお礼のクッキーを渡す。
久しぶりのおやつに大感激のコガラシ。
「幽奈さんにもよろしくね。」と言われ、幽奈も思わず嬉しくなる。

学校にまでついてくるとコガラシの迷惑になると、幽奈はゆらぎ荘へ戻ろうとする。
だがコガラシは、「幽奈のおかげで、千紗希とこゆずが友達になれた。」と前向きだ。
千紗希のクッキーを幽奈に勧めると、「お供えしてもらえれば味わえます。」と言う幽奈。
二人で千紗希のクッキーを楽しんでいた。

珍しく、平和なエンディングでしたね。
幽奈が学校についてくることを許したコガラシですので、これからも二人で悪霊退治するのかな?
千紗希と幽奈は、いわゆるライバルになるのかな~と思いましたが、お友達の方向に進みそうですね♪
いつか千紗希にも幽奈の姿が見えるといいな。

感想

幽奈の学校デビューも無事?終わりました。
というか、幽奈は元女子高生ですよね??
幽霊歴が長いそうですが、いわゆる女子高生とかいない時代からの幽霊なのでしょうか・・・。
そういえば、結局幽奈のセーラー服姿は見ることが出来ませんでした・・・。
残念。

次のお話は、狭霧と夜々のお話の二本立てみたいですね。
狭霧の忍者の秘密、気になります!

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP