銀魂(100話)のあらすじ・ネタバレ・感想~全てのボケに対応するツッコミ~ | VODの殿堂

アニメ

銀魂(100話)のあらすじ・ネタバレ・感想~全てのボケに対応するツッコミ~

   
 

タイトル:銀魂(100話)
放送局:テレビ東京
キャスト:坂田銀時/杉田智和、志村新八/阪口大助、神楽/釘宮理恵、近藤勲/千葉進歩、土方十四郎/中井和哉、沖田総悟/鈴村健一、桂小太郎/石田彰など
閲覧したVOD:hulu(2018年9月5日時点では視聴可)

前回の話で、最新ゲーム機を手に入れる為に、真選組と勝負する事になった万事屋一行。
結局、ゲーム機は手に入れる事が出来ないまま、販売中止となってしまった。
今回は、銀時が売れない漫画家と出会う。
3年目に突入した銀魂だが、記念すべき100話目がこんな話でいいのか!?
100話のあらすじです。

『銀魂(3年目)』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月18日(金)時点のものです。

前回のあらすじをチェックするならこちら

スポンサーリンク

あらすじ

〈銀時編集者〉

電車でジャンプを読んでいる銀時。
全く面白くないギンタマンを読み
「まだこの漫画、連載してんのかよ。いい加減、辞めさせろよ!絶対、俺が編集した方が売れるね。」
と、愚痴る。
隣に座っていた男性は、ギンタマンの担当編集者:小西で
「君は、ギンタマンの何が悪いって言うんだい?」
と、反論する。
小西は、編集長に
「仕事も身長も、中学生並。次回の読者アンケートが最悪だったら、お前もギンタマンと一緒に、ジャンプから消えてもらうぞ!」
と、怒られ、落ち込んでいた。
小西は銀時に
「てめぇが編集やってみろよ!僕はこの仕事に向いてない…。元々、あんまり漫画が好きじゃないんだ。僕みたいなのが、人を楽しませる漫画を作れる訳ないんだ。」
と言う。
銀時は
「俺にやらせろよ。ジャンプ歴20年の俺が優勝、努力、勝利のなんたるかを教えてやる!」
と言い、やる気を見せていた。

〈天知の風貌〉

銀時は、ギンタマンの作者:天知の部屋を訪れる。
部屋は足の踏み場がないほど汚かった。
銀時が思い描く漫画家は、タワーマンションに住んでいて、贅沢していると思っていたので、全く違う生活に驚いていた。
奥の部屋に天知がいた。
天知はゴリラで、部屋にウンチが転がっていた。

〈的確な指摘〉

銀時は、ギンタマンの悪い部分を指摘する。
指摘が的確で、天知と小西は納得していた。
しかし、新しい案が思い浮かばない銀時は、ドラゴンボールをパクった案を出し、小西は
「あんた、ジャンプ歴20年だろ!?色んな所から苦情が来るよ!」
と、怒る。

〈ツッコミを伝授する〉

銀時は、人気漫画には、ボケとツッコミが大事だと熱弁する。
ツッコミは、やり過ぎてもダメ、少な過ぎても、読者が理解出来ない場合もある為、気をつけるよう教える。
ツッコミの仕方を教える為に、新八が現れる。
新八は、全てのボケを処理できるツッコミ『どんだけー!』を、伝授する。

〈成功を収める小西〉

小西は『どんだけー!』というツッコミに納得していなかったが、銀時の教えを守り、ギンタマンを連載した。
ギンタマンは大人気になり、その年の流行語大賞が『どんだけー!』に決まり、小西は取材を受ける。
小西は
「ただ、ガムシャラに仕事してきただけです。
自分の面白いと思う事を、とことん考えて、とことん追及してほしいね。
それが成功を掴む、1番の近道なんじゃないかな?
最後に、僕に大切な事を教えてくれた友人達に一言、言いたい。
…どんだけー!」
と言う。
銀時は、家でギンタマンを読んでおり
「相変わらず、面白くねぇな。早く終わんねぇかな、ギンタマン。」
と、呟くのであった。

感想

小西を怒る編集長は、小西の背の低い所を馬鹿にしていました。
完全にパワハラですよね。
しかも、小西のズボンを脱がして「どうせ、チン◯も小さいんだろ?…って、なんでここだけデカいんだよ!そういう所もムカつくんだよ!」って、完全に嫉妬ですよね。
こんな上司、嫌過ぎです。
ジャンプ愛読歴20年の銀時は、面白い漫画になるように指摘していました。
その指摘が的確すぎて、私も感心しました。
例えば、売れる漫画は、シルエットだけでも、誰か分かるほど特徴があるそうです。
ドラゴンボールの悟空や、ワンピースのルフィ、デスノートのリュークなど、参考に出来る人気アニメを紹介していました。
銀魂のアニメは、3年目を迎え、パクり過ぎで、心配になってきました。
アニメは、原作がジャンプに載ってから、随分時間が経ってからの放送になるので、流行語大賞が『どんだけー』って、古過ぎですよね。
私はHuluで観ているので、それよりも古い言葉なので、共感出来ませんでした。笑
次回は、真選組動乱編がスタートします。
実写版映画銀魂2で、三浦春馬さんが演じている伊東鴨太郎が登場します。
土方が手に入れた妖刀の呪いで、土方は軟弱化してしまいます。
伊東鴨太郎は、敵か味方か、どちらなのでしょうか。

銀魂を見るならdTVがオススメ!

配信中のシリーズ
・劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
・劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
・銀魂 -ミツバ篇-(実写ドラマ)
・銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-(実写ドラマ)
・銀魂(実写版映画)
・銀魂2 掟は破るためにこそある(実写版映画)

dTV

月額500円(税抜)という安さが魅力。国内ドラマも多数配信。dTVオリジナル作品も配信中!

詳細はこちら

dTVを詳しく知りたい方はこちらdTVの無料お試しから月額料金、登録・解約手順


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます
銀魂(90話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ナースの恋を応援する〜
銀魂(91話)のあらすじ・ネタバレ・感想~激太りする女達~
銀魂(92話)のあらすじ・ネタバレ・感想~臆病な暗殺者、亀参上~
銀魂(93話)のあらすじ・ネタバレ・感想~好きな人、好きになった方がいい人、どちらを選ぶのが幸せなのか~
銀魂(94話)のあらすじ・ネタバレ・感想~誤認逮捕される長谷川~
銀魂(95話)のあらすじ・ネタバレ・感想~大事な日に着る、思い出のスーツ~
銀魂(96話)のあらすじ・ネタバレ・感想~長すぎるコマーシャル~
銀魂(97話)のあらすじ・ネタバレ・感想~キャサリンを信用するお登勢~
銀魂(98話)のあらすじ・ネタバレ・感想~最新ゲーム機を手に入れろ~
銀魂(99話)のあらすじ・ネタバレ・感想~ゲームの結末はわからないから面白い~
銀魂(101話)のあらすじ・ネタバレ・感想~妖刀の呪いにより、へたれになる土方~
銀魂(102話)のあらすじ・ネタバレ・感想~土方、最初で最後の頼み~
銀魂(103話)のあらすじ・ネタバレ・感想~鬼の副長、復活~
銀魂(104話)のあらすじ・ネタバレ・感想~鴨太郎がずっと求めていたもの~
銀魂(105話)のあらすじ・ネタバレ・感想~やっと絆で繋がった鴨太郎~
銀魂(106話)のあらすじ・ネタバレ・感想~息子の為に戦うエースストライカー~
銀魂(107話)のあらすじ・ネタバレ・感想~5年間、顔を合わせていない親子~
銀魂(108話)のあらすじ・ネタバレ・感想~大事な人を護る為についた嘘~
銀魂(109話)のあらすじ・ネタバレ・感想~難問過ぎる攘夷浪士試験~
銀魂(110話)のあらすじ・ネタバレ・感想~脱獄計画をぶち壊す桂~

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP