3D彼女 リアルガール episode☆1 「俺があいつと出会ってしまった件について。」のあらすじ・ネタバレ・感想~色葉に惹かれる筒井~ | VODの殿堂

アニメ

3D彼女 リアルガール episode☆1 「俺があいつと出会ってしまった件について。」のあらすじ・ネタバレ・感想~色葉に惹かれる筒井~

   
 

タイトル:3D彼女 リアルガール episode☆1 「俺があいつと出会ってしまった件について。」
放送局:日本テレビ
声優:五十嵐色葉・芹澤優
筒井光・上西哲平
伊東悠人・蒼井翔太
石野ありさ・津田美波
高梨ミツヤ・寺島拓篤
綾戸純恵・上田麗奈
えぞみち・神田沙也加
ミカ・前田玲奈
筒井の母親(筒井紀江)・橘U子
閲覧したVOD:U-NEXT(2018年12月31日までは視聴可)

3D彼女 リアルガールは、那波マオ先生の3D彼女という漫画のアニメです。
デザート(講談社)では、2011年9月号から2016年7月号まで連載されていました。
そんな3D彼女の単行本は、全12巻となっており、累計発行部数は130万部を突破しています。(2018年5月時点で、紙媒体と電子媒体の合計による累計発行部数)
また、3D彼女 リアルガールの新装版も発売されています。
そして2018年9月14日には、実写映画も公開予定です。
主演は中条あやみさん、佐野勇斗さんとなっています。
このように実写映画だけではなく、アニメでは第2シーズンも2019年1月より放送が決定しているので、ますます3D彼女 リアルガールから目が離せません!
そんな3D彼女 リアルガールの主人公であるオタク男子・筒井は、ヒロインの色葉と、どのような恋愛を繰り広げるのでしょうか!?

~あらすじ~

ー学校の玄関ー

筒井は遅刻をしてしまう。
色葉も遅刻をしていたため、一緒にプール掃除をすることになる。

ーーー3次元の女の嫌な所ばっかり集めたような、俺の最も嫌いなタイプ!

筒井は色葉に対し、こう思っていた。

「その前髪、気持ち悪くない?」

この時色葉は、筒井にこう話し、さっさと行ってしまう。
筒井はボー然とする。

ー筒井の教室ー

筒井は自分の席で、色葉に言われた言葉に対し、イラついていた。

「気にするな、筒井!我々は我々の世界を生きればいいじゃないか」

いきなり伊東が現れ、筒井にこう話す。
この後筒井は、授業を受けながら色葉はプールには現れないと考えていた。

ープールー

筒井は色葉が掃除をしていたため、驚く。

「ゴミすくって塩素入れたら終わりだから」

色葉はこう言った後、筒井に掃除道具を渡す。
この時色葉がバランスを崩してしまい、筒井は一緒にプールへ落ちる。

ーーーなんだこの状況・・・!

プールの中で筒井はこう思いながら、朝、えぞみちのアニメを観ていた時のことを思い出していた。

「いつまで浮かんでるの~?」

浮かんでいる筒井に対し、既にプールから上がった色葉はこう声をかける。
筒井は上がった後、色葉にイラつく。
色葉がシャツを脱いで水を絞っていたため驚く。

「え?キャミ着てるけど?」

色葉が淡々と答えたため、筒井は噂通り色葉はとんでもない女だと思ってしまう。
そして色葉に童貞かと聞かれた筒井は、童貞だったためイラつきながら反発する。

「童貞だってだけでキモいなど発するお前らを一生涯軽蔑するんだ!俺は!」

筒井がこう言った後、色葉はキモいとは言っていないと否定する。

「言っただろ、貴様!」

筒井はこう言い放つが、色葉は発言したことを覚えていなかった。

「よく分かんないけど、恋とかした方がいいよ」

色葉は筒井にこう話しかけたため、筒井は反発する。
この時色葉は、一度帰って着替えることにする。

「そりゃよかった、気が楽だ、もう話すこともないだろうがお元気で」

筒井は冷たい表情で色葉に別れを告げる。

「君も頑張って貞操守って、立派な魔法使いになってね」

色葉はこう言いながら、その場を去る。
筒井はボー然としてしまう。

ーファストフード店ー

筒井は伊東とゲームをしていた。
伊東に恋の話題をするが、伊東も恋をしたことはなかった。
この時筒井の中学時代の同級生・ミカが現れる。

「魔法少女~とか言っちゃって、相変わらずキモいんだ!」

同窓会以来であることを言った後、ミカはこう話す。
ミカは一緒にいた友達に、筒井の中学時代を教える。

「やっぱ友達もオタクなんだ~」

そしてミカは、伊東に対しこう話した後、伊東がかぶっている帽子を指摘する。
この時筒井は立ち上がり、伊東を庇う。
ミカはイラつき、反発する。

ーーー好きなことをやってるのは、みんな一緒なのに。

筒井は、なぜいつもこんな風に言われなければいけないのか、考えていた。
この時色葉が現れる。

「何この不細工な人達、まさかつっつんの友達?」

色葉は、ミカ達にこう言い放つ。
ミカは失礼だと反発する。

「えー、怒った顔が余計ひどい、可哀想」
「気持ち悪いから、どっか行ってくんない?」

色葉は淡々とこう話す。
ミカは捨て台詞を吐いて、友達と去ってしまう。
この後筒井と伊東と一緒に、色葉も座る。

「え、待って君ら何?」

伊東が筒井と色葉に質問する。

「「なんでもない」」

筒井と色葉は、声を揃えてこう答える。
この時筒井は、色葉からキモいと言われていることを話題に出す。

「それ思い出したんだけど、前髪目に入って気持ち悪くないのかなって」

色葉はこう答えたため、筒井は気が抜ける。

「あ、その帽子、かわいい」

そして色葉は、伊東の被っている帽子を褒める。
伊東は喜ぶ。
この後色葉は、去ってしまう。

「もしかして、あいついい奴か?」

筒井が伊東に質問する。

「僕には限りなくいい人に見えるけど」

伊東はかわいいと言ってもらえたため、こう答える。

ー学校の廊下ー

「おはよう」

筒井の前を歩いていた色葉が振り向いて挨拶をする。
筒井は戸惑いながら、手を挙げる。
休み時間、筒井は色葉が男子生徒とキスしていたところを目撃する。
この後別の男子生徒が現れ、二股が原因で色葉が男と修羅場になってしまう。
色葉が叩かれ、強引に男に引っ張られる。

「うおおおぉぉぉぉ!」

筒井は叫びながら、持っていた棒を男子生徒の腕にぶつける。

「つっつんそいつ空手部!無理だよー」

色葉がこう言い放つ。

「当たり前だろ!俺がケンカで勝つわけないだろ!」

筒井はこう言いながら、色葉に逃げるように促す。

バシッ!

この時筒井は、男子生徒に蹴られて倒れる。
男子生徒は色葉を連れて去ろうとする。
筒井は男子生徒の足を掴む。

ドカッ!

筒井は男子生徒に蹴っ飛ばされるが、また立ち上がり、男子生徒に立ち向かう。
夕方、倒れていた筒井が目を開けると、目の前には色葉がいた。

「大丈夫だから行ってくれる?」

筒井がこう言った時、色葉は筒井の手をつなぎ、キスをする。
この時筒井は、色葉が違う男とキスをしていたことを思い出す。

「行けよ」

筒井は色葉にこう話すが、色葉は行こうとしなかったため、後で保健室に行くと告げ、色葉を納得させる。

「わかった」

色葉は歩いて行ってしまう。

ーーーこんな感情、初めてで手に負えない・・・。

この時筒井は、涙目になりながらこう思っていた。

ー筒井の教室ー

筒井の顔のケガを伊東が心配していた。
この時色葉が現れる。

「つっつん、私と付き合って」

色葉がこう言ってきたため、筒井は驚く。
クラスメイト達も驚いていた。

「俺にだってちゃんとプライドあんだよ!」

筒井は色葉に怒り出す。
色葉は無言で教室を出る。

ー病院の前ー

筒井は父親の血圧の薬を貰った後、スマホを見ていた。
この時ベンチに座り、泣いている色葉を発見する。
泣いた後、色葉は歩き始める。

ー道端ー

筒井は色葉の後をつけていた。

ー本屋ー

筒井は色葉を追って本屋にいた。
この時色葉は、店員に万引き犯と間違われてしまう。

「離してよブス!」

色葉は腕を掴んだ店員にこう言い放つ。
そして色葉は、バッグの中を全てばら撒き、キャミソール姿になり、スカートを脱ごうとする。

ーーーダメだ、あいつと関わるとロクなことねぇ・・・。

筒井はこう思いながら、逃げようとする。

(あんたそれでも男なの!?腰抜けぇ!)

この時筒井は、えぞみちの発言を思い出す。

「こいつじゃありません!」

筒井はこう叫びながら、色葉の前に立って色葉を庇う。
そして今まで色葉をつけていたことを筒井は説明する。
筒井の説明を聞いた店員は、筒井の行動に引きながら納得する。

ーカフェの前ー

雨が降っていたため、筒井と色葉は雨宿りをしていた。
この時筒井は色葉にお礼を言われる。

「お前、なんで病院で泣いてたんだ?」

筒井は色葉に質問する。

「まぁ、こんな顔してても、何でも思い通りに行くわけじゃないってことかな、私も」

色葉はこう答える。
筒井は色葉に折りたたみ傘を貸す。

「昨日はごめんね、付き合おうなんて言っちゃって」

色葉は折りたたみ傘を開きながら謝った後、学校と本屋で筒井が助けてくれた時涙が出そうになったことを伝え、帰ってしまう。

ー学校の玄関ー

筒井は風邪を引いてしまい、また遅刻してしまう。
色葉は風邪を引いてヨロヨロ歩いていた筒井のために、わざと遅刻をしていた。
筒井と色葉は、またプール掃除をすることになる。

「風邪、私のせいだね」

色葉はこう話すが、筒井は否定する。
この時色葉は、筒井を下駄箱に押し当て、筒井のマスクを取る。

「その風邪、私がもらう」

色葉は筒井にこう言ってキスをする。
そして色葉は、筒井に自分のおでこを軽く当てる。

「今日、プール掃除私がやるから」

色葉は手を振りながらこう言って、歩いて行ってしまう。
筒井はその場に座り込んでしまう。
この時伊東が現れる。

「俺いいのかな?」

筒井はどうしていいか分からない気持ちを伊東に相談する。
伊東は筒井を元気づける。

ープールー

色葉は掃除をしていた。
この時筒井が現れる。

「俺と付き合ってください」

筒井は色葉に告白する。

筒井の告白を聞いた色葉は両手を広げる。
筒井は色葉の元へ行き、2人は抱き合う。

「私ね、半年後転校するんだ、短い間だけどよろしくね」

この後色葉がこう言ったため、筒井は真っ白になる。

~感想~

3D彼女 リアルガール、最初からびっくりする展開でしたね!
オタクな筒井と色葉は、真逆なタイプの人間なのですが、真逆なタイプだからこその会話のテンポが絶妙だなと感じました。
筒井がどんどん色葉のペースに巻き込まれていくのがよく分かります。
最初は色葉のことを苦手だと感じていた筒井も、だんだん色葉のことが気になっていきました。
色葉が男子生徒と修羅場になっていた時、筒井は色葉を助けようとしましたが、結局弱いので自分がやられてしまいます。
本来なら、ここでかっこよく筒井が色葉を助けることが出来ればよかったんですけどね(笑)
それでも逃げずに立ち向かった筒井は、とても勇気がある人間だと感じました。
そんな筒井に対し、色葉は教室で告白をするわけですが、筒井は告白を受け入れませんでした。
クラスメイト達がいる前で、筒井に告白をしてしまうなんて、本当に色葉ってマイペースですよね(笑)
そんな色葉の魅力にどんどん引き込まれていった筒井が、色葉に告白をするとは・・・!
何だかんだ言って、筒井って積極的ですよね。
このまま幸せな筒井と色葉の学校生活がしばらく続くのかなと思いきや、色葉の最後の発言には驚きました(笑)
このストーリー展開の早さも、凄くいいなと思いました。
これから先、どのような展開が待っているのでしょうか、とても楽しみです!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP