虹色デイズ 第22話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついに杏奈が夏樹にキスのことを聞く時が来る!?~ | VODの殿堂

アニメ

虹色デイズ 第22話のあらすじ・ネタバレ・感想~ついに杏奈が夏樹にキスのことを聞く時が来る!?~

   
 

タイトル:虹色デイズ 第22話
放送局:TOKYO MX
声優:羽柴夏樹・松岡禎丞
片倉恵一・島﨑信長
松永智也・江口拓也
直江剛・内山昂輝
小早川杏奈・津田美波
浅井幸子・石上静香
筒井まり・内山夕実
夏樹の母親・石田嘉代
松永希美・茅野愛衣
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年1月12日までは視聴可)

大晦日、夏樹はやっと元気になりました。
夏樹は杏奈へ元気になったことをラインで伝えます。
一方杏奈は、まりと一緒に家で過ごしていました。
杏奈は夏樹のラインを読み、夏樹が元気になったことに対し安心しましたが、キスをしたことについて何も触れられていなかったため、気になっていました。
初詣で夏樹と遭遇するかもと思った杏奈は、この時夏樹に遭遇したら、キスをしたことを質問しようと決意しました。
一方夏樹は、恵一に初詣へ誘われますが、断ってしまいました。
この状況で恵一と智也は、希美も交えて3人で初詣に行くことになります。
初詣に来ている杏奈とまり、恵一と智也、希美は遭遇するのでしょうか!?

『虹色デイズ』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT
hulu
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年1月2日(木)時点のものです。

~あらすじ~

ー神社の境内ー

まりは寒さと人の多さに微妙な気持ちになっていたが、逆に人が多いため、智也達に遭遇しないで済むと考え直し、元気になる。

「まりさーん、杏奈さーん」

この時後ろから希美が声をかける。
杏奈はショックを受ける。
新年のあいさつを交わした後、杏奈は、剛とゆきりんはイベントで東京に行っていることと、夏樹は病み上がりのため来なかったことを恵一から教えてもらう。
杏奈は少し残念そうな反応をする。

「残念?」

恵一は杏奈に質問する。

「申し訳ないことしたなと思って・・・」

杏奈はこう言った後、再び恵一に夏樹を運んだお礼を伝える。

ーーー来れないなら、しょうがないよね、会う予定もないし・・・。

杏奈はこう思いながら、夏樹にキスのことをどうやって質問しようか悩んでいた。
この時杏奈は、何かをひらめく。

ー夏樹の家のリビングー

夏樹は暇だと思いながら、テレビの前で年越しそばを食べていた。

 

 

この時夏樹のスマホに、剛から新年の挨拶と、剛とゆきりんが一緒に写った写真が送られてくる。

ーーー小早川さんとこんな風になれる日は来るのだろうか。

夏樹はこう思いながらスマホを見ていた時、杏奈から電話がかかってくる。

「もしもし!」

夏樹は電話に出る。
杏奈が新年のあいさつをした後、体調を気遣ってくれたため、夏樹はテンションが上がる。
この時杏奈は、智也達と一緒にいることを夏樹へ伝える。

ーーー知らなかった、ずるいー!

夏樹はこう思いながらショックを受ける。
そんな夏樹に対し、杏奈は健康祈願のお守りを買ったことを伝える。

「だから、近いうちに渡せたらと思って・・・空いてる日とかある?」

杏奈がこう質問する。

「なんなら今日でも・・・あぁ、今日はもう無理か」

夏樹はいつでもいいと答えながら、こう話す。
杏奈は夏樹の体調を気遣った後、もう少ししたら行こうかなと告げる。
夏樹は家に来てもらうのは悪いと感じたため、待ち合わせ場所を伝える。
40分後くらいに会うことを決め、電話を切る。

ー夏樹の部屋ー

慌てて夏樹は出かける準備を始める。
この時夏樹は、杏奈へプレゼントを直接渡すことができ、きちんと謝ることができると安心していた。

ーーーわざわざお守りって、優しいなあ・・・。

夏樹は杏奈の優しさに感動する。

ー地下鉄の駅ー

「あ、小早川さーん」

マスク姿の夏樹が、杏奈を発見して声をかけながら手を振る。
新年の挨拶を交わした後、杏奈は夏樹に何かを話そうとするが、夏樹が話しかけてきたため、驚く。
夏樹は、24日に迷惑をかけてしまったことを杏奈へ謝る。

「これからは気を付けるので、だから・・・」

そして夏樹は、こう話し続ける。

ーーーだから?

杏奈はこう思いながら、夏樹の次の発言を待っていた。

「今年も、よろしくお願いします」

夏樹は少し悩みながら、こう話す。

「よろしく」

杏奈は笑顔で答える。
2人でベンチに座った後、杏奈は聞きたいことがあると口にする。

「・・・あれのこと」

杏奈のこの言葉に、夏樹はハッとする。

「これ、渡しそびれたプレゼントです」

そして夏樹はこう言いながら、慌ててバッグの中からプレゼントを取り出し、杏奈へ渡す。

「え?ありが、とう・・・」

杏奈は少し戸惑いながらプレゼントを受け取り、お守りを渡す。

「気を使ってくれてありがとう」

夏樹は杏奈にお礼を伝える。

ーーーあれ、何かが違うような・・・。

この時杏奈はこう思っていた。

「ていうか、その前の手袋貰ったあたりから、もう記憶がぼやぼやで・・・」

夏樹は記憶が曖昧であることを話題に出す。
杏奈は、夏樹が倒れるすぐ前のことも何も覚えていないことを知る。
結局杏奈は夏樹にキスされたことを、話題に出さなかった。
この時杏奈が乗る電車の最終列車が来るというアナウンスが流れたため、夏樹と杏奈は解散する。

「あーよかった」

1人になった夏樹は、杏奈がいつも通りだったため、安心していた。

ーーー結局、去年は告白できなかったけど、今年は、もっといいことがありますように。

夏樹はお守りを見つめながら、こう思っていた。

ー地下鉄の中ー

杏奈は夏樹が元気になって安心していた。

ーーーいつも通り・・・あの事、覚えてなかった。

この時杏奈はこう思いながら、キスされたのは自分の勘違いなのかもしれないと考え始める。

ーーーううん、私は覚えてる。

そして杏奈はこう思い、夏樹が覚えていなかったため、杏奈はどうしたらいいのかわからず悩んでしまう。

ーーーいろんな気持ちが混ざって分からないよ。

杏奈は悲しい気持ちになり、こう思いながら涙を流す。

~感想~

杏奈は夏樹に、なぜキスをしたのか問いただすことはできませんでしたね・・・。
神社に来なかった夏樹のために、杏奈がお守りを口実に夏樹と会う約束をしたのは凄いなと思いました。
杏奈、なかなかやりますね・・・!
一方夏樹も、杏奈と会うことができるようになったので、喜んでいました。
年明けに、夏樹と杏奈が会えてよかったなーと思って観ていたのですが、ちょっとしたすれ違いが生じてしまいましたね。
とても深刻なものではないのですが、夏樹は24日、杏奈へキスしたことを全く覚えていなかったため、杏奈は戸惑ってしまいます。
そんな杏奈の気持ちに気づくこともなく(まぁ、記憶がないので気づかないのは仕方がないとは思うのですが・・・)呑気に夏樹は、杏奈と会えて安心している状況です。
このまま夏樹と杏奈は解散してしまったのですが、解散した後に杏奈はとても悩んでいましたね。
杏奈は自分の気持ちが分からなくなっているようですが、これは夏樹のことが好きだからなんだよって本当に教えてあげたいくらいです(笑)
そして早く夏樹と杏奈が、剛とゆきりんのように幸せな日々を過ごしてほしいなと思って観ているのですが、次回はそうなってくれるのでしょうか?
この状況で、夏樹が杏奈にキスをしたことを知る時がくるのかどうか、気になりますね。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP