アイカツ!3rdシーズン 第108話のあらすじ・ネタバレ・感想~【LoLi GoThiC】のドレスって本当に可愛い~ | VODの殿堂

アニメ

アイカツ!3rdシーズン 第108話のあらすじ・ネタバレ・感想~【LoLi GoThiC】のドレスって本当に可愛い~

   
 

タイトル:アイカツ!3rdシーズン 第108話 ー想いはリンゴにこめてー
放送局:テレビ東京ほか
アニメーション制作:サンライズ
キャスト:大空あかり:下地紫野/氷上スミレ:和久井 優/新条ひなき:石川由依/星宮いちご:諸星すみれ
視聴VOD:dアニメストア(2018年8月23日時点で視聴可)

あかりが嬉しそうにプレミアムドレスを眺める姿を見て、スミレもプレミアムドレスを手に入れたいと考えるようになりました。
しかしスミレが好きなブランド【LoLi GoThiC】のデザイナー、は一筋縄ではいかない人物です。
プレミアムドレスを手に入れるため、夢小路魔夜の試練に立ち向かい、スミレは無事プレミアムドレスを手に入れることができるのでしょうか?

藤堂ユリカが大好きなブランド【LoLi GoThiC】のプレミアムドレスとは、いったいどのようなドレスなのでしょうか?
1stシーズンでユリカも挑戦した試練に、スミレが挑戦する姿は必見です!

『アイカツ!』3rdシーズン配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月24日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

私も出会いたい

プレミアムドレスを手に入れ、嬉しそうな笑みをこぼすあかりを見たスミレが「私も出会いたいな。」と言葉をこぼす。

「あかりちゃんを見てると、自分のプレミアムドレスを持つ嬉しさがすごく伝わってくる。私も素敵なプレミアムドレスに出会いたいの。」

スミレもあかりのようにプレミアムドレスを手に入れられるよう、頑張ることを決意したのだった。

ユリカの元へ

【LoLi GoThiC】はクールタイプのブランド。
ゴシック&ロリータをテーマに、ダークカラーを基調として、中世ヨーロッパ貴族を思わせる華やかなラインや、クモの巣などのダークモチーフを使用してデザインされたブランドである。
ひなきの母から得た情報によると、【LoLi GoThiC】は近々プレミアムドレスを発表することになっているそうだ。
しかし、トップデザイナーである夢小路魔夜は気難しいと有名であり、気に入ったアイドルにしかプレミアムドレスを託すことはない。

「ここはデザイナーさんとも仲良しの、藤堂ユリカ先輩を頼るしかないね。」

3人は、さっそく野外ロケ中のユリカの元へ手土産を持って出向くことに。
休憩中だったユリカは、あかりたちが大好物【来来軒のニンニクラーメン】を持ってきていたことにすぐ気が付き、慌てた様子で控え室に連れ込んだのである。

「いくら私の好物だからといって、人前に持ってきちゃだめよ!ファンの皆さんは私のヴァンパイアキャラを楽しんでくださってるんだから。」

ユリカはしっかり後輩を叱ったあと、ラーメンは美味しくいただいたのであった。

「で、今日はどうしたの?」

「はい、あの…私は【LoLi GoThiC】のファンで、それで…、それで新しいプレミアムドレスが発表になるって聞いて…。」

スミレの言葉で、ユリカは3人の目的を察したようだ。

「今度の【LoLi GoThiC】の新作プレミアムドレスのテーマは白雪姫。」

「白雪姫!」

白雪姫といえば、その美しさに嫉妬した義母に毒りんごを食べさせられ死んだように眠らされるという物語。

「【LoLi GoThiC】のダークなイメージと白雪姫のちょっぴり残酷な世界観…きっと似合うはず!」

ハッキリと答えたスミレにユリカも同意し、ちょうど完成したプレミアムドレスを見に魔夜の元を訪れる予定があることを告げる。

「あなたにその気があるなら連れて行かないこともなくってよ。」

「はい!」

りんご

夢小路魔夜は甘いものが好きと聞いたスミレは、お土産に焼きりんごを作って持っていくことに。
「白雪姫といえば、りんごでしょ?」とスミレは楽しそうに告げるが、白雪姫に出てくるりんごは毒りんごである。

「白雪姫のドレスにつけるかな~?」

あかりとひなきは心配そうに告げるが、スミレは「【LoLi GoThiC】にはついてる気がするんだ。」と自信満々であった。

試練

ユリカの案内で、あかり、スミレ、ひなきは【LoLi GoThiC】のアトリエがある魔夜の屋敷へ。

「新顔が来たようだね。」

おどろおどろしい雰囲気にたじろぐ3人に、「怖くて本当は逃げて帰りたかったけど、仲間が一緒だから頑張れた。」と初めて屋敷を訪れた時のことをユリカは語る。

「【LoLi GoThiC】のドレスは魔夜さんの魂!そのプレミアムドレスを着ていいのは、このブランドを愛し、理解し、その世界の住人になれる者だけ。私はそう思ってる。」

ユリカの喝に背中を押されたスミレは、魔夜の元へ案内するコウモリを追って屋敷の中へ足を踏み入れる。
そこからは試練の連続であった。
まず最初にスミレの前に現れたのは、白雪姫に登場する魔女。

「そこのお嬢さん、綺麗な髪飾りやくしはいらんかね?」

スミレは煌びやかなアクセサリーに心を奪われそうになるが、あかりとひなきが魔女を止めたので無事第一関門を突破した。

次に現れたのは、7人の小人。

「お嬢さん、この先には恐ろしい魔物が住んでいる。わしらはこれからランチなんじゃが、美味しいパンとスープを一緒にどうかね?」

「ありがとう。でも行かなくちゃ。」

スミレはハッキリと断って、まっすぐ魔夜の元に走っていく。

次の試練は、【LoLi GoThiC】のドレスを纏ったアイドルの写真が並べられた廊下で行われる。

「さぁ~て、このドレスの名はわかるかな?」

「これはゴスマジックコーデ!私が初めてみた【LoLi GoThiC】のドレス。」
スミレは他のドレスも完璧に答え、先へと駆け出して行った。

「すごい全問正解だ。」

「やるわね。」

スミレが進んだ先にあったのは、大きな鏡だった。

「鏡よ鏡。世界で一番【LoLi GoThiC】のドレスが好きなのは誰?」

「世界で一番…それは…。」

スミレの姿を映していた鏡に、ユリカの姿が浮かび上がる。

「世界で一番好きなのは?」

「確かに今は藤堂先輩にかなわないかもしれない。でも、それでも…いつかはきっと!!」

その決意を感じたのか、仕掛け扉が開きスミレは魔夜の元へ走り出す。

LoLi GoThiC

「この子が氷の華?」

「自己紹介なさい。」

魔夜の隣に立つユリカに促され、スミレは「スターライト学園中等部1年、氷上スミレです。」と言葉を発する。

「ふーん…君がね。」

魔夜はそう言ったあと指を慣らし、完成したばかりのプレミアムドレスを出す。

「魔夜さんデザインのスノ―プリンセスコーデ。ついさっき出来上がったばかりの新作よ。」

白雪姫をイメージして作られたドレスには、スミレの予想どおりりんごのモチーフが付けられていた。

「実はそのりんご、つけるかどうか最後まで迷ったんだ。」

物語で白雪姫を危機に陥れるのは、毒りんごだからだ。

「白雪姫のドレスにつけるのはどうかな?って。正直に言っていいんだよ。」

「変じゃ、変じゃありません!!」

そういってスミレが取り出したのは、頑張って作った焼きりんごである。

「お口にあえばいいんですが…」

そこへ遅れていたあかりとひなきも到着し、スミレが言ったように「ドレスにリンゴがついてる。」とはしゃぎ始めたのである。

「私、氷上スミレがあのドレスを着ているところが見てみたい。魔夜さんもそう思ってるんでしょ?」

「フフ…ユリカはいい先輩になったね。」

魔夜はドレスをカード化してスミレに手渡す。

「あなたに任せる。素敵に着こなして。

「スノープリンセスコーデ。私の、初めてのプレミアムドレス!」

タルト・タタン

プレミアムドレスを手にしたスミレは、フィッティングルームへ。
ステージで歌うのは、【タルト・タタン】だ。

ステージを終えた翌日、試練を乗り越え手に入れたプレミアムドレスに、スミレは笑顔をこぼすのであった。

感想

前回登場した【Dreamy Crown】も好きですが、私はやっぱり【LoLi GoThiC】が好きです。
本編の登場率でも、天羽あすか、瀬名翼の次に夢小路魔夜は多いと思います。

あかりがプレミアムドレスを手に入れたことで、スミレも自分だけのプレミアムドレスが欲しくなったわけですが、そこにあるのは嫉妬ではなく頑張って手に入れようという前向きな気持ちでした。

アニメでは割と簡単に入手できているイメージがあるプレミアムドレスですが、1stシーズンではそれを手に入れるまでに色々なことがありました。
表面に出しませんが、嫉妬する描写もあったのですが、そういう演出はもう受けないと判断されたのでしょうね。
2ndシーズンからは、羨ましいではなく、自分も頑張るんだって表現に変わっていったのです。

さて、第108話で私が注目したいのは、ユリカの成長ですね。
以前のユリカなら、絶対にプレミアムドレスを譲ったりすることはなかったはずです。
けれど、彼女はかつての自分のように【LoLi GoThiC】に憧れるスミレの情熱をくみ取ったのでしょう。
「ユリカはいい先輩になったね。」と褒められた時の笑顔は本当に可愛いです。

さて、次回は同級生で最後のメインキャラ、紅林珠璃の登場です。
熱く熱くアイカツをする彼女の情熱に、圧倒されるあかりたちに注目してください。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP