虹色デイズ 第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~学祭、夏樹は女装をすることに!?~ | VODの殿堂

アニメ

虹色デイズ 第6話のあらすじ・ネタバレ・感想~学祭、夏樹は女装をすることに!?~

   
 

タイトル:虹色デイズ 第6話
放送局:TOKYO MX
声優:羽柴夏樹・松岡禎丞
片倉恵一・島﨑信長
松永智也・江口拓也
直江剛・内山昂輝
小早川杏奈・津田美波
浅井幸子・石上静香
真田泰蔵・浜添伸也
筒井まり・内山夕実
千葉・戸田めぐみ
閲覧したVOD:U-NEXT(2019年1月12日までは視聴可)

夏樹は良い思い出のない中学時代のテニス部の先輩、今川と再会します。
バスケ部の部員達は、今川率いる大学生達にテニスのラケットを奪われてしまい、困っていました。
このテニスのラケットは、テニス部のものでした。
テニスのラケットを帰してもらうために、今川率いる大学生達とテニスの試合をすることになってしまいます。
最初は智也と剛が試合に出ますが、負けてしまいました。
この後夏樹は恵一と試合に出て、見事勝利します。
無事テニスのラケットを返してもらえた夏樹は、恵一と智也、剛にテニス部への入部を促されます。
しかし夏樹はテニス部への入部よりも、恵一と智也、剛との楽しい高校生活を選びました。
この状況で、いよいよ学園祭シーズン到来です!
どのような展開が、夏樹と恵一、智也と剛を待っているのでしょうか!?

~あらすじ~

ー教室ー

杏奈は夏樹と一緒に学祭を回ろうと誘われていた。

「楽しみだなぁ」

杏奈はスマホの画面を見てこうつぶやく。

ー学校のグラウンドー

夏樹と智也は、学祭の準備をしていた。

「俺、着実に大人の階段を登っている気がする」

夏樹は智也にこう話す。
智也が呆れながらなぜなのか質問したため、杏奈に学祭を一緒に回ろうと連絡できたことを夏樹は報告する。

「そんだけ!?」

話を聞いた智也はこう言いながら更に呆れる。
この時バスケ部に劇の助っ人を頼まれた恵一が、新選組の格好で現れる。
そして剛も現れる。

「なんかお前、疲れてねぇ?」

智也は剛にこう話しかける。

「誰かさんのせいで実行委員になったから」

剛は、夏樹を責めながらこう話す。
クラスで実行委員を決める時、立候補がいなかった。
この時夏樹が、今日の日直で決めちゃえばいいという話を恵一にしていたところ、委員長がこの意見を採用してしまう。
この日は剛が日直だったため、実行委員になってしまったのだった。

ーコスプレ喫茶ー

夏樹は杏奈のいるコスプレ喫茶に智也とやって来る。

「テメェらに飲ます茶なんてねぇんだよ」

夏樹と智也の前に現れたまりは、こう言い放つ。
智也は、まりのメイド姿を見て大笑いする。
この時まりを呼びに杏奈が現れる。

「羽柴君」

夏樹の存在に気づいた杏奈は、夏樹に話しかける。
杏奈は席が満席であることを伝えたため、夏樹は他へ行くことを決める。
そして夏樹は、明日杏奈と一緒に学祭を回る予定だったため、この話をする。

「すごい楽しみ」

杏奈が笑顔でこう言ったため、夏樹はときめく。

ー学校のグラウンドー

剛はやっと実行委員の仕事を終え、恵一と話をしていた。

「直江くーん、事件発生ー」

トラブルが発生したため、剛は呼び出される。

「見たよ!劇!やりすぎだったね!」

この時夏樹は智也と一緒に現れ、恵一に劇の感想を伝える。

「小早川さんに素敵な笑顔をいただきました!」

そして夏樹は笑顔でこう話す。
一方智也はまりにひっかかれて顔に傷が出来たことをイラついて話す。

「なっちゃん、ちょっとお願いがあるんだけどー」

戻ってきた剛は、こう言いながら夏樹に話しかける。

ー教室ー

「衣装です」

剛は夏樹にフリフリの洋服を見せてこう話す。
そして、太っているけれどダンス上手なぶーちゃんというクラスの男子生徒が女装コンテストに出る予定だったが、風邪でダウンしたことを剛は説明する。

「お前やれってことです」

剛は夏樹にこう言い放つ。

「俺、実行委員だから」

嫌だという夏樹に対し、剛はこう言いながら圧をかける。
夏樹は隠れていた衣装係に強引に着替えさせられてしまう。

「超ウケる!」
「キモすぎる!」

夏樹の女装姿を見た恵一と智也は、こう言いながら大笑いする。

ーコスプレ喫茶の前ー

夏樹は女装コンテストに出場することになってしまったため、杏奈に学祭を一緒に回れなくなったことを謝る。
女装コンテストに出場することは伝えたくなかったため、クラスの出し物に代理で出ることになったと夏樹は嘘をつく。

「わかった、だったらしょうがないよね」

話を聞いた杏奈は、淡々とこう言いながらその場を去る。
杏奈のクールな対応に、夏樹はボー然としてしまう。

ー教室ー

夏樹は男装で出場する千葉という女子生徒と一緒に、コンテストの打ち合わせをしていた。

ー教室の前の廊下ー

夏樹と千葉がいる教室の前を、杏奈はまりと通る。
この時、夏樹が千葉と仲良く話しているところを杏奈は目撃してしまう。

ーかき氷屋ー

学祭2日目、夏樹は剛からコンテストが1時間遅れでスタートすることを教えてもらう。
夏樹は慌てて杏奈の元へ行く。

ーコスプレ喫茶―

杏奈の前に夏樹が現れる。

「あのね、今日なんだけど・・・」

夏樹は一緒に学祭を回れることになったことを伝えようとするが、杏奈は準備が忙しいと説明し、夏樹を避けようとする。

この時夏樹は、杏奈の表情を見て怒っていたと感じてしまう。

ーかき氷屋ー

夏樹は落ち込んでいた。

「杏奈だしな!」

夏樹が剛に相談していた時、まりがこう言いながら現れる。
この時まりは、杏奈がいなくなったことを説明する。

「あんたのせいよ!あんたのせいで杏奈が落ち込んでたんだから!」

まりのこの言葉に、夏樹はハッとする。

ー学校の中庭ー

杏奈が1人でいた時、恵一と泰蔵が現れる。
杏奈は恵一に鞭を見せてもらう。

「それでなっちゃん叩くと面白いよー♪」

恵一はこう話す。

「羽柴君、何か言ってた?」

杏奈がこう質問する。

「何で?」

恵一は企みながら逆にこう質問する。
この時杏奈は、自分がモヤモヤしていたため、夏樹に冷たい態度を取ってしまったことを打ち明ける。
杏奈の話を聞いた恵一は、夏樹も残念がっていたことを伝える。

「女装コンテストも嫌がってしょうがなかったらしいよー」

恵一のこの言葉で、杏奈は夏樹が女装コンテストに出場することを知る。
この時杏奈を探していた夏樹が現れる。
恵一はいなくなり、杏奈と夏樹は二人っきりになる。

「ごめんなさい、私嫌な態度取って」

夏樹が状況を説明した後、杏奈は謝り、自分のわがままな気持ちを打ち明ける。

「全然です!そう思ってくれて嬉しいし、俺の方こそごめんだし・・・!」

夏樹はこう言った後、杏奈と来年の学祭に一緒に行く約束をする。

「じゃぁ、女装コンテスト頑張ってね!」

この時杏奈がこう言ったため、夏樹は微妙な気持ちになる。

ー教室ー

女装コンテストで夏樹は2位、男装コンテストで千葉は1位になっていた。

 

「「1位2位おめでとうー!」」

夏樹は千葉と一緒に祝福される。
夏樹は、杏奈に女装コンテストに出ることをバラした恵一を責める。
そして夏樹は、写メが欲しいと杏奈に言われたことを泣きながら報告する。

パシャ

恵一と智也、剛は夏樹の女装姿の写真を撮影する。
一方杏奈は、夏樹から写メが来るのを待っていた。

~感想~

夏樹の女装姿、可愛かったですね(笑)
最後まで夏樹は嫌がっていましたが、とても似合っていたと思います。
夏樹の一言のせいで、剛は実行委員になってしまったため、夏樹に女装コンテストの代理を任せたわけですが、この選択は正解だったと思います。
結果として夏樹は、女装コンテストで2位をとっていましたしね。
女装コンテストに出ることになってしまった夏樹は、残念ながら杏奈と一緒に学祭を回ることはできませんでしが、逆にこうなってよかったと思います。
もしこのまま夏樹と杏奈が一緒に学祭を回ったら、杏奈の夏樹に対するモヤモヤする気持ちは浮上せず、あまり関係に進展がなかったのではないでしょうか。
もちろん今回も、夏樹と杏奈が付き合い始めた!というような展開はありませんでしたが、杏奈は自分の気持ちを夏樹へ打ち明けることができました。
とてもいい意味での杏奈のモヤモヤする気持ちを知った夏樹も、嬉しそうでしたしね。
来年の学祭は、夏樹と杏奈が付き合っている状態で学祭を回ることができるといいですね!
そしてまた智也とまりは言い合いをしていましたが、この2人の関係も少しでもいいので夏樹と杏奈のように、恋愛方向に進んでいってくれるといいなと期待しながら、次回の虹色デイズも楽しみたいと思います!

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP