コンビニカレシ 第3話ー水無月ーのあらすじ・ネタバレ・感想~凪瑳がみはるの彼氏?~ | VODの殿堂

アニメ

コンビニカレシ 第3話ー水無月ーのあらすじ・ネタバレ・感想~凪瑳がみはるの彼氏?~

   
 

タイトル:コンビニカレシ 第3話ー水無月ー
放送局:TBS
声優:三島春来・寺島拓篤
真四季みはる・神田沙也加
本田塔羽・鈴村健一
三橋真珠・釘宮理恵
中島帝・立花慎之介
坂本真・竹内駿輔
美木圭一・西山宏太郎
木崎和架・田村ゆかり
明日海夏・神谷浩史
櫻小路正宗・櫻井孝宏
糸川希未・小清水亜美
佐名木凪瑳・梶裕貴
閲覧したVOD:U-NEXT(2018年9月30日までは視聴可)

塔羽が絡んでくることに困っていた真珠を助けるため、みはるは春来に相談しました。
相談を受けた春来は、塔羽にこのことを話します。
翌日、落ち込んでいた塔羽のために、春来はきちんとみはると真珠に塔羽の気持ちを説明します。
春来のお陰で塔羽の気持ちを理解した真珠は、自分の希望を塔羽に伝えます。
塔羽は真珠の希望を受け入れ、最後に握手を求めます。
戸惑っていた真珠でしたが、塔羽と握手をしました。
ようやく塔羽は、真珠との距離を少しだけ縮めることができました。
一方春来は、気になっているみはるとの距離を縮めることができるのでしょうか!?

スポンサーリンク

~あらすじ~

ーコンビニの前ー

走っていた春来は、コンビニの前で止まる。

「おはようございます、今日はお1人ですか?」

坂本がこう声をかける。
返事をした春来は、学校のチャイムが聞こえたため、慌てて走り出す。

ー学校の玄関の前ー

ドン

よそ見をして走っていた春来は、明日海にぶつかってしまう。
明日海は、春来から謝罪を受けた後その場を去る。

ー春来の教室ー

塔羽は病院でみはるが男子生徒と会話しているところを目撃したため、このことを春来に報告する。
春来は淡々と聞いていたため、塔羽はイラついてしまう。
塔羽が去った後、春来は外を見つめて考え事をする。

ー塔羽の教室ー

放課後、塔羽は真珠と一緒にいた。

「放っておきなさいよ、おせっかいだわ、真四季さんだって迷惑よ」

みはるのことを話した塔羽は、真珠にこう言われてしまう。
この時廊下をみはると一緒にいた男子生徒が通る。
塔羽は男子生徒を追いかける。

ー廊下ー

春来は廊下を歩いていた時、明日海が男子生徒達に囲まれている状況を目撃する。

「明日海、お前は生意気なんだよ!」

明日海に対し、男子生徒はこう言い放つ。

「す、すみません通ります」

この時九がこう言いながら横を通る。

バサバサ・・・

九はたくさん持っていた本を床に落とし、謝りながら拾う。

「大丈夫?」

春来は九の元へ駆け寄り、本を拾うのを手伝う。

「何してる、お前ら通行の邪魔だぞ」

本を拾い終えた後、帝と正宗がこう言いながら現れたため、男子生徒達はこの場を去る。

春来は明日海と一緒に帝と正宗に状況を説明することになってしまう。

ー調理室ー

男子生徒を追いかけて来た塔羽は、後から来た真珠と一緒に、調理室前で希未に声をかけられ、パンケーキを食べることになる。
塔羽は希未の話で、料理研究会の部員が2人しかいないことを知る。
この時、病院でみはると一緒にいた男子生徒が料理をしていた。
塔羽は男子生徒は凪瑳といい、料理研究会の部長をしていることを知る。

ー生徒会室ー

帝と正宗は、明日海と春来の話で状況を把握する。
この時明日海は、ペナルティとして体育祭の運営ボランティアを帝に任される。

「というわけだから、君もよろしく」

更に帝はこう話し、春来にも体育祭の運営ボランティアを任せる。

ー病院の廊下ー

凪瑳の後をつけてきた塔羽と真珠は、凪瑳が病室へ入るところを隠れて見ていた。
その後凪瑳が病室から出てきたため、逃げようとする。

「何してるの」

塔羽と真珠は凪瑳に見つかってしまい、声をかけられる。

ー生徒会室ー

春来は明日海と体育祭の運営ボランティアの仕事していた。

「ケガ・・・大丈夫っすか?」

明日海のケガが気になった春来はこう質問した後、明日海の所属する陸上部の話をする。

「別に俺はただ走るだけだ」

淡々と明日海がこう答える。

「俺も泳ぐだけって感じだから、ちょっとわかるかも・・・」

明日海の言葉にハッとした春来は、こう話す。

「好きなんですよ、ただ水を受けたいっていうか」

自分のタイムを褒められた春来は、自分にタイムは関係ないと感じていたため、こう話す。

「俺も走ってるときは、何も考えない」
「目の前の風を受けるだけ」

春来の気持ちに共感した明日海は、こう話す。
体育祭の運営ボランティアの仕事が終わり、生徒会室を出る時、明日海はドアノブに焼きそばパンが入った袋がかかっていたのを見つけ、手に取る。

ー学校の玄関ー

外は雨が降っていた。
明日海と春来は、別々に帰る。

ーコンビニー

春来はビニール傘を購入しようとするが、品切れだったため、ジャンプ傘を購入する。
会計の時、お金がなく戸惑っていた春来の前に、みはるが1000円札を差し出しながら現れる。

ー道端ー

春来は購入したジャンプ傘をさし、みはるは自分の傘をさして一緒に帰っていた。
春来とみはるは体育祭の話で盛り上がる。
中学の話題を出したみはるに対し、春来は驚いてしまう。

「あのさ・・・」

何かを聞こうとした春来は、食べていたアイスを落としてしまう。
制服にアイスがついてしまった春来のために、みはるはハンカチを水に濡らす。
その後みはるは、春来の制服を拭く。

「気にしない?付き合ってる奴・・・」

春来は戸惑いながらみはるを気遣う。

「いないよ」

みはるはこう言いながら、彼氏がいないと説明する。
いつの間にか雨は止んでいたため、みはると春来は空を見上げる。

ー春来の部屋ー

凪瑳が病院にいたのは、前にお世話になった先生に挨拶に来てるだけだった。
そしてみはるとは何度か病院で会って顔見知りなだけだった。
春来は電話で塔羽にこのことを報告されていた。

既に知っていた春来は、知っていたことを伝える。

ー道端ー

ヴーヴーヴー

真珠が1人で歩いている時、スマホに連絡が入る。

~感想~

凪瑳はみはるの彼氏!?・・・なんていう疑惑がかけられていましたが、結局勘違いだったことが判明しました。
ドロドロした展開になることはなく、爽やかな感じであっさりとこの状況が解決しましたね。
そしてゆっくりと、春来とみはるが付き合えるような雰囲気に近づいた感じでした。
一方塔羽と真珠も、意外といい感じに距離を縮めているように感じました。
今回は、このような恋愛に関する展開よりも、個人的にとてもいいなと思えたシーンがありました。
そのシーンは、春来と明日海がそれぞれ自分の部活に対する気持ちを語るシーンです。
そこまで長いシーンではなかったのですが、人とは違うちょっとした自分なりの部活に対するじわじわと感じている熱い気持ちを語り合っていたのがすっごくよかったです!
決して熱く語っているわけでもなければ、熱く共感しているわけでもないのですが、サラッとこのように自分の部活に対する向き合い方を、シェアしているのがとても素敵でした。
コンビニカレシは恋愛だけではなく、このように魅力的なシーンがたくさんちりばめられているアニメなんだなと改めて感じることができました!
次回もコンビニカレシならではの魅力をしっかりと楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP