銀魂(71話)のあらすじ・ネタバレ・感想~初めて出来た人間の友達~ | VODの殿堂

アニメ

銀魂(71話)のあらすじ・ネタバレ・感想~初めて出来た人間の友達~

   
 

タイトル:銀魂(71話)
放送局:テレビ東京
キャスト:坂田銀時/杉田智和、志村新八/阪口大助、神楽/釘宮理恵、近藤勲/千葉進歩、土方十四郎/中井和哉、沖田総悟/鈴村健一、桂小太郎/石田彰など
閲覧したVOD:hulu(2018年8月6日時点では視聴可)

前回の話では、林博士は娘である芙蓉の命を永遠にする為、データ化していた。
林博士自身もデータ化し、伍丸弐號として存在していた。
江戸をカラクリで支配したい伍丸弐號は、ターミナルを占拠する。
今回、新八を捕えられている銀時は、助けに向かう。
人格を持った最強のカラクリを倒す事が出来るのだろうか!?
71話のあらすじです。

スポンサーリンク

あらすじ

〈生きていてと願うカラクリ〉

江戸の支配を目論む伍丸弐號の元へ急ぐ銀時、神楽、定春、源外。
銀時は巨大カラクリメイドの襲撃により、神楽達とはぐれてしまう。
芙蓉データが移行された参丸伍號:卵さんは、神楽を探そうとする銀時を止め
「行ってはいけません。なぜなら、あの人達は生きているからです。あの方達なら生きていると…、生きていて欲しいと…。」
と言う。
銀時は卵さんを伴って、伍丸弐號のいる奥へ進んだ。

〈喜ぶ伍丸弐號〉

伍丸弍號は、林博士の魂が宿っていたが、いつしか人格が崩壊し、カラクリの魂に支配されていた。
しかし、芙蓉プロジェクトの最初のカラクリである卵さんだけは、芙蓉の感情が芽生えつつあった。
伍丸弐號は
「もう2度と寂しい思いはさせない!もうすぐ世界は、芙蓉の大好きだった友達しかいなくなるんだ。」
と、喜んでいた。

〈林博士の命令〉

伍丸弐號の言葉を聞き、銀時は
「それは違うだろ?全部てめぇの為だろ?寂しかったのは、てめぇだろ、流山。」
と言う。
銀時の言葉を無視し、伍丸弐號は卵さんに
「さぁ、おいで。」
と言うが、卵さんは
「残念ながら、貴方を博士とは認められません。林博士の命により、伍丸弐號を破壊します。私が全ての終止符を打ちます。それが私の役目です。」
と言い、銀時と共に飛びかかった。

〈最強のカラクリ〉

林博士が伍丸弐號になったのは、自分の苦しみから逃れる為だった。
寂しさ、娘を殺してしまった罪悪感、孤独などを受け入れる事が出来ず、自らカラクリになったのだ。
これに気付いた卵さんは、伍丸弍號を破壊しようとするが、突然、体が動かなくなった。
伍丸弐號は
「素晴らしい。私に逆らう程、どんどん新しい感情が芽生え、人間に近づいていく。…だが、少々おイタが過ぎたようだな?」
と言い、卵さんを殺そうとする。
銀時が伍丸弐號の腕と頭を斬り落とし、阻止する。
しかし、伍丸弐號の腕と頭は再生され
「残念だな。私の中枢は頭部にはないんだ。私の中枢は1ミクロンにも満たない。それを体から探し出して、破壊するなど、無理な事。」
と言い、銀時を吹き飛ばし、腹を突き刺す。
銀時は口から血を流した。

〈新八の言葉〉

新八が伍丸弐號に飛びかかるが、感情を失った卵さんが、伍丸弐號の命令により新八を突き落とし、殺す。
銀時は
「何でも思い通りに従う娘。
自分を1人ぼっちにしない娘。
決して死なない娘。
ずっと一緒にいてくれる娘。
てめぇが欲しかったのは、娘なんかじゃねぇ!
何でも思い通りに従うただのメイドだ!」
と言うと、神楽、源外、源外が作ったメイド服を着たカラクリが、伍丸弐號を集中砲撃する。
逃げようとする伍丸弐號を、卵さんが羽交い締めにし、止める。
卵さんは
「私のマスターは貴方じゃない。あの方達です!護るべきものを護れずに生き残っても、死ぬんです。一旦護ると決めた事は、何が何でも守り通す!」
と言う。
卵さんは新八を殺したフリをし、助けていたのだ。

〈伍丸弐號消滅〉

銀時は、伍丸弐號の頭を突き刺し
「江戸中のエネルギーが収束した、この光の束にぶち込めば、てめぇのセコい魂もチリ焼けるだろ?」
と言い、ターミナルのエネルギーに押しやった。
伍丸弐號は
「私を1人にしないでくれー!芙蓉ー!」
と言い、銀時を道連れにしようとするが、卵さんが阻止し
「さようなら。お父さん…。」
と言い、涙を流し、伍丸弐號は消滅した。

〈苦しむ卵さん〉

卵さんは
「これで良かったのでしょうか。私の中の芙蓉様は、笑ってくれません。不安定で、思考回路も上手く働きません。これが苦しいという感情ですか?どうすれば、このバグから復旧出来るのですか?」
と聞く。
銀時は
「バグじゃねぇよ。それはお前が正常に機能している証拠だ。だから、逃げる事も恐れる事もねぇ。その苦しみの中に大事なもんがあるって事を、忘れちゃいけねぇ。」
と言い、神楽が卵さんの涙を拭いてあげた。

〈本当の友達〉

光の収束場所が暴発し、ターミナルが崩れかけていた。
源外が修理しようとしていたが、卵さんが経路を塞ぎ
「博士が起こした事態です。家政婦である私が何とかします。皆さんは、逃げてください!」
と言い、1人ターミナルに残った。
残ろうとする新八と神楽を、銀時が無理矢理連れて、脱出する。
無線で卵さんは
「ずっと皆んなの中で生き続けるから、忘れないでね。お父さん、私、カラクリじゃない本当の友達が出来たよ。」
と言い、暴発を止め、そのまま消滅した。
新八と神楽はかなり落ち込み、銀時は卵さんの生首を持ち帰っていた。
生首の卵さんは、全てのデータを失っていたが、侍という言葉だけは覚えており
「侍は、私の大切な友達です。」
と、言うのであった。

感想

林博士が作ったカラクリは大人気でしたが、リコールされたものもたくさんありました。
リコール対象となったカラクリが伍丸弐號の手下として、襲撃してきたのですが、リコールの理由が、鎌倉の大仏の首を折った為でした。
大仏の首を折る力があるって凄いし、完全な不良品ですよね。
でも、攻撃する手下としては優秀でした。
林博士も可哀想な人でしたね。
娘を失ないたくない気持ち、寂しい気持ちがごちゃまぜになって、芙蓉を蘇らせる為に、カラクリに必死になっていました。
全て芙蓉の為を思ってやった事だと思っていたのですが、芙蓉や周りの人間からすれば、全て林博士自身の為にしている行動でした。
周りに止めてくれる人や家族、仲間がいれば、こんな事にならなかったのに、可哀想です。
伍丸弐號を消滅させ、銀時達とも良い関係になったので、今後も登場するキャラクターなのかと思ったのですが、消滅してしまいました。
初めて出来た友達を護る為に、自分を犠牲にする卵さんはカッコ良く、侍らしくて涙が出ました。
卵さんのデータが残っているカラクリは消滅しましたが、生首の卵さんだけは消滅しなかったので、今度も登場してほしいですね。
次回は、二本立てです。
定春の様子がおかしく、恋の相手を求めていると考えた神楽が、定春をメイクアップし、ドッグランに出掛けます。
もう一本は、銀時と桂が自動車教習所へ行きます。
笑える展開になりそうなので、楽しみです。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
PAGE TOP