「デスノート」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~最大の敵現る~ | VODの殿堂

アニメ

「デスノート」第2話のあらすじ・ネタバレ・感想~最大の敵現る~

   
 

タイトル:「デスノート」第2話
放送局:日本テレビ・他
放送期間:2006年10月4日~2007年6月27日
アニメーション制作:MADHOUSE
キャスト:夜神月・宮野真守、/リューク・中村獅童/L・山口勝平/弥海砂・平野綾/ワタリ・小林清志/夜神総一郎・内田直哉/松田桃太・内藤玲/ニア・日高のり子/メロ・佐々木望/魅上照・松風雅也/高田清美・岡村麻純
閲覧したVOD:hulu(2017年11月2日時点で無制限)

名前を書かれた人間は死ぬという死のノート「デスノート」拾ったライトは、悪人のいない理想の世界「新世界」を創るため、次々と犯罪者を裁いていた。ライトの思惑通り、誰かが犯罪者を始末しているという噂は広まり、謎の探偵「L」も捜査に乗り出す。ライトに宣戦布告するLに注目です!

『デスノート』(アニメ)配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2019年10月21日(月)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ

裁きを続けるライト

外では優等生を演じながら、家ではできる限りデスノートで裁きを続けるライト。
そこへ、妹の粧裕が勉強を教えたほしいと部屋にやってくる。
「今ノートに触った人間は俺の姿が見える」と言うリュークに、なぜそんな大切なことを今言うのかとイラつくライト。
デスノートに触った人間には死神の姿が見えてしまうということを知ったライトは、後に引き出しに仕掛けをし、いざとなったらノートが燃え上がるように細工する。
デスノートを持った人間が困るのがノートの隠し場所だというリュークは、ライトの賢さに感心する。

 

デスノートに関するルールがどんどん増えてきますね。
いや、最初からルールは決まってるんですけど、リューク小出しにしすぎ。
しかし、ノートを燃やしてしまうとは考えましたね。
リュークの言う通り、いくらノートとはいえ、普通ならドキドキして持っていられません。
実際ライトも、仕掛けを作るまでは、帰宅するや否やノートを確認していましたからね。
ますます落ち着いて犯罪者裁きができるようになったことでしょう。

謎の探偵「L」

一方、ICPO(国際刑事警察機構会議)では、捜査中や留置所にいる犯罪者が次々と「心臓麻痺」で死んでいくことについての議論が交わされていた。
死刑になっても仕方ない犯罪者ばかりだから問題ないという者もいれば、殺人以外の何物でもないという者もいる。
すると誰かが、名前も顔も居場所すら知らない「L」に解決してもらおうと提案する。
Lはどんな事件でも解決してしまう謎の探偵で、彼に関する評価は賛否両論。

だがそこへ、「ワタリ」という唯一Lと連絡が取れる人物が現れ、「Lはとっくに捜査に乗り出している」と言う。
LはPCの音声を通し、「かつてない凶悪な許しがたい犯罪。」そして、「犯人が日本に潜伏している可能性が高い。近々直接対決をする。」と言う。

 

ついに出ました!
これだけ犯罪者が殺されていたら、さすがにおかしいって思いますよね。
ここまではライトの思うつぼ。
しかし、Lの存在はきっと想定外でしょう。
自分よりも賢い人間なんていないと思っていそうなライトですから、Lの切り返しにどう対応するのか見ものです。

Lの半端ない推理力

世間では悪人裁きをしている人間がいるという噂が広まり、「KILA(キラ)」と呼ばれていた。
ホームページまで出来上がり、表面には出さないが心の中ではキラを肯定しているというライト。
するとその時、テレビに全世界同時放送の緊急ニュースが流れ、世界中の警察を動かすことができるという人物が映る。

リンド・エル・テイラーと名乗るその人物はキラを否定し、逆上したライトはノートに名前を書き込む。
40秒後に死亡したリンド・エル・テイラー。
しかしその人物は、Lの用意した影武者だった。
驚いたLだが、「私を殺してみろ」と言う。
Lの顔も本名も知らないライトは、Lを殺すことができない。
「殺すことができない人物もいるようだな」と言うL。
しかもそのニュースは、日本の関東地方にしか放送されておらず、ライトの居場所まである程度特定されてしまった。
Lは、一連の殺人の発端が、通り魔の立てこもり事件の時だと見抜いていたのだ。
お互いに顔も名前もわからないライトとL。
2人の対決が始まろうとしていた。

 

いや~今回は完全にLの方が上手でしたね。
他の人間がどうしようもない議論をしている間に、ここまで絞ってしまうなんて。
今回顔も名前も見せていない自分が殺されなかったということで、殺しの条件もある程度知られてしまったでしょう。
しかし、悔しがるどころか、ますますやる気を出すライト、かなりの負けず嫌いですね。

まとめ

今回はLの勝利で終わりましたが、ライトも黙ってはいないでしょう。
しかし、日本では本格的にキラの捜査が始まってしまいます。
ライトとLの対決も激化しそうです。
第3話では、死神リュークが「死神の目」の取引を持ち掛けますが、果たしてライトはどうするのでしょうか!?

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP