「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第120話のあらすじ・ネタバレ・感想~矢和井さんが手に入れた究極の愛~ | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第120話のあらすじ・ネタバレ・感想~矢和井さんが手に入れた究極の愛~

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第120話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、柏倉つとむなど
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日まで視聴可)

ガールフレンドの絹子に、いつもバカにされているデザイナーの矢和井。
ある日絹子は、矢和井そっちのけで複数の男と談笑します。
傷ついた矢和井は、喪黒にダミーの彼女を紹介されます・・・。

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第120話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第120話 ダミイ

こりゃ、ダミだぁ

デザイナーの矢和井一夫(やわいかずお・31歳)は、1人バーで飲んでいる。
やたら時計を見る矢和井に「お待ち合わせですか?お相手が、ずい分遅れてるようですねぇ」と声をかける喪黒。

「ええ、8時の約束なんですが」と言う矢和井。
喪黒は「もう、1時間も過ぎてるじゃありませんか!」と言う。
「でも、彼女は必ず来てくれます」と言う矢和井。
喪黒は「あなた、彼女になめられてるんですよ。男と女の力関係は、相対的なものです。一方が出れば、一方が下がる。あなた方の場合、どんどんあなたが下がるから、彼女がワガママをどんどん出して来てるんですよ」と言う。
矢和井は「彼女は、そんな人じゃありませんよ」と言う。

話を聞いていたママが「矢和井ちゃん、そのお客さんの言う通りよ。矢和井ちゃんが優し過ぎるから、なめられてるのよ。まるで女王様気取りじゃないの」と言う。
「ほら、ごらんなさい。ここらで、ビシッと言わないと、女王様のしもべになってしまいますよ」と言う喪黒。
そこへ、絹子がドアを開けて入って来る。
喪黒は矢和井に「いいですね!ビシッと。何時だと思ってるんだーって」と耳打ちする。

矢和井は「絹子さん!」と立ち上がる。
絹子は、きつい口調で「なによ!」と言う。
ゴクリと唾を飲み「何か飲みます?」と、聞く矢和井。
喪黒とママは、ガクッとなる。
「いらないわ、車を待たせてあるの。行くわよ」と言ってサッサと歩いて行く。
「はい!」とついて行く矢和井。

透明人間?

車に乗った絹子は「1時間も待たされて怒ってるんでしょ?」と聞く。
矢和井は「そんな事ないですよ、多少遅くなっても約束通り来てくれたんですから。僕はこうやって絹子さんと一緒にいられるだけで、夢見てるみたいなんです」と言う。
絹子は、満足そうに矢和井を見る。
ディスコへ、入って行く絹子。
絹子は、男が3人座っている席に行き「ハーイ」と手を上げる。

絹子は矢和井を「これ、私のボーイフレンド」と紹介する。
「矢和井です、よろしく」と挨拶する。
男たちは、矢和井を無視して「絹子ちゃん、ここ座って。席取っといたよ。とりあえず1杯いこうよ」と言う。
絹子は「矢和井ちゃん、その辺に座って」と言う。
矢和井は、隣のテーブルに1人で座る。

絹子と男たちは、矢和井の存在が全く見えないかのように会話を続ける。
暫く、1人で飲んでいたが、いたたまれず絹子に「僕お先に」と言う。
絹子は「あ、そう。じゃまたね」と言って、男たちと会話を続ける。
雨に濡れながら、たたずんでいる矢和井。

喪黒が、傘を差し掛け「心に大きな隙間が出来てしまったようですなぁ」と言う。

ダミーがいい女過ぎて

バー“魔の巣”へ来た2人。
「今日はさすがに堪えました。でも、ボーイフレンド3人も待たせていたのに、なんで僕を誘ったんでしょう?」と言う矢和井。

喪黒は「それは女のサガですよ。あなたを連れ歩いて、ステキな彼氏がいっぱいいる事を見せびらかしたいのでしょう」と言う。
矢和井は「このまま、生殺しの状態が続けば、どうにかなってしまいそうだ」と頭を抱える。
「わかりました。私が何とか致しましょ」と言う喪黒。
矢和井は「あなたは一体?」と聞く。
喪黒は名刺を渡し「申し遅れましたが、私こういう者です。私にお任せを。オーッホッホッホ」と笑う。

この前のディスコで男2人と飲んでいる絹子。
矢和井を呼び出したが、なかなか来ない矢和井にイライラしている。
「こんばんは」と矢和井が声をかける。
「遅いじゃない!」と絹子が振り向く。
矢和井を見て「ああ!」と驚く絹子と男たち。

矢和井は、ステキな女性を同伴していた。
「ガールフレンドのジミーだ」と言う矢和井。
ハーフの女性は「ジミー・コリンズデス」と名乗る。
ジミーは、喪黒が用意したダミーの彼女だった。
喪黒に言われた通り、同じことを絹子にしてやる矢和井。
絹子を無視して、ジミーと楽しそうに会話をし、時々軽くをハグする。
じっと見ている絹子。
「それじゃあ、みなさん、お先に失礼」と言って、腕を組んで立ち去る矢和井とジミー。

男たちが「ヒュ~」「彼、やるね」と言う。
絹子は、眉をひそめる。
外に出た矢和井とジミーはここで別れる。

ジミーの役目は終わりだが、最後に頬にキスをしてくれてボーっとなる矢和井。

ジミーこそが本物だった

バー“魔の巣”で喪黒に報告をする矢和井。
「効果てき面です。彼女が『今度は、2人きりでデートしたい』って言ってきました」と言う矢和井。
喪黒は「あの手の女性は、ちょっと嫉妬させたらその気になりますからねぇ」と言う。
矢和井は「今では断然、僕の方が優位に立ってます。それもこれも、ジミーちゃんのお陰です・・・喪黒さん!もう一度だけ、ジミーちゃんに会わせてもらえませんか?」と言い出す。
「何を言ってるんですか。彼女は、あくまでダミーです。役目は終わりました」と言う喪黒。

矢和井は「ちょっと待って下さい。今、ジミーちゃんがいなくなったら、僕1人でうまくやれるかどうか・・・だからせめて、もう1回だけでも」と両手を合わせて頼む。
喪黒は「では、もう一度だけ会わせてあげましょ。その代わり、どんなことになっても、知りませんからね。ドーーーーン」と指をさす。

絹子は怒って、矢和井のマンションを訪ねる。
ドアに手をかけると「愛してる・・・。」と矢和井の声が聞こえる。
部屋に入り「矢和井ちゃん、あなたって」と文句を言おうとするが、飛び込んできた光景に驚く。

そこには、SMの世界が広がっていた。

ジミーが仮面をつけて、矢和井にムチを打っている。

打たれている矢和井の背中は、傷だらけになり「ジミーちゃん、最高だよ~」と言っている。
ジミーは「ジョオウサマト、オヨビ」とひたすらムチを打つ。

矢和井は、幸せそうに「女王さまぁ~~」と叫ぶ。

外から見ていた喪黒は「人の愛の形は、複雑怪奇。それぞれなんですねぇ。その道の人に言わせれば、SMこそが究極の愛なんだそうですけど。私にはさっぱりわかりません。オーッホッホッホ」と笑う。

感想

最後は、とっても幸せそうだったんですから、ハッピーエンドですね。
これこそ、矢和井さんが求めていた愛だったんでしょう。
ダミーが、本物になってしまいました。
ジミーさんは、自分がダミー役を引き受けて、矢和井さんに会ったとき、矢和井さんの素質を見抜いていたんだと思います。
だから、別れ際に頬にキスして、早く本当に自分に気づいてほしいというメッセージを残したんでしょう。
ジミーさんの思惑通りになりましたね。
ジミーさんも、本当の自分を発揮できるんですから、何も言うことはないでしょう。
絹子さんは、自分を慕ってくれる矢和井さんが、好きだったんだと思います。
絶対に矢和井さんの方からは、離れないだろうと思っていたそのおごりが、結局、矢和井さんを遠ざけてしまいました。
自業自得と言ってもいいでしょう。
でも、SMに驚く絹子さんは、ちょっと可愛かったです。
これを境に、好きな男性には、素直に接することが出来ればいいと思います。
SMに目覚めた矢和井さんは、もう絹子さんに戻ることはないでしょうからきれいさっぱり諦めて、新しい恋を見つけてほしいですね。
それとも、絹子さんもSMに転身したりして・・・。
次回は、営業でバリバリ働いていたのに急に仕事がない課へ移動になった男のお話です。
やる気を失くした男は、喪黒に相談します。

 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. アバター
    • カイサ
    • 2018年 11月 27日

    原作ドラマ版だとダミィの女性が実はゲイの男性だったというレンタル彼女よりか遥かにマシなオチでした。客がマゾヒストに目覚めるオチはもう1つありまして帰ッテキタ収録の欲望の行方です。どちらとも心奪われた女性が実はドSで妻や恋人に見られるという共通点があります。

  2. きなこっち
    • きなこっち
    • 2018年 11月 28日

    コメントありがとうございます。
    なるほど、そうなんですね。

PAGE TOP