「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第111話のあらすじ・ネタバレ・感想~まぁ!玉腰さん~ | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第111話のあらすじ・ネタバレ・感想~まぁ!玉腰さん~

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第111話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、浦和めぐみなど
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日まで視聴可)

今まで男運がなかったと嘆くOLの典江に、喪黒は幸運のスカーフを渡します。
すると、途端にモテキが訪れ、2人のステキな男性からプロポーズされます。
どちらにしようか迷っている典江は、取引先の御曹司からデートに誘われて・・・?

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第111話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第111話 男運

過去の話

OLの玉腰典江(たまこしのりえ・28歳)は、カフェバーであおるようにお酒を飲んでいる。
「風邪ひきますよ」と、服をかけてやる喪黒福造。
「まぁ」と驚く典江。
喪黒は隣に座り「オーッホッホ、先ほどから様子を拝見してましたが、あんな無茶な飲み方はいけませんなぁ。余程のご事情がおありのようですな。よろしかったら、お話し下さいませんか?ご相談に乗りますよ」と言う。
典江は「あなたは、一体?」と聞く。

名刺を渡し「これは失礼、私はこういう者です。ボランティアで、あなたのような心の隙間にお悩みの方をお助けしているのです。私に話せばきっと気持ちがスッキリしますよ」と言う喪黒。
典江は「私、結婚まで約束していた彼がいたんですが、彼は私を捨てて、逆玉の輿に乗ったんです」と話す。
喪黒は「ひどい男もいたもんですなぁ」と言う。

「こんな目に遭うのは1度や2度じゃありません。マザコン男や、デートに来る途中に倒れて亡くなった男、妻子持ちなのにそれを隠して近づいてきた男…私って本当に男運が悪い女なんです」と言う典江。

幸運のスカーフ

喪黒は「そんなことありません。今までは、ボタンを掛け違っていただけですよ。いい物をプレゼントしましょう。つけていれば必ず男運が開けるという、幸運のスカーフです」とカバンからスカーフを取り出す。

典江は「そんな高級なもの頂けません」と言う。
「ボランティアですから、気にしないで下さい。このスカーフは、きっとあなたに幸運をもたらすことでしょう。オーッホッホッホ」と笑う喪黒。

会社で江利に「典ちゃん、この契約書を成金商事まで届けてくれないか?」と言われる。
「はい」と返事をする典江。

江利は「お、ステキなスカーフだね。それが良く似合う典ちゃんもステキだぜ。この契約がまとまったら、2人だけでお祝いの乾杯でもするか」と言う。
「まぁ!」と赤くなる典江は、まんざらでもなさそうだ。

成金商事で「それでは、この契約書をご確認下さい」と書類を渡す典江。
担当の槍手は「わざわざご苦労様です。あ、ステキなスカーフをしていますね」と言う。

典江は赤くなって「まぁ、ありがとうございます」と言う。
槍手は「今回の取引では、大変お世話になりました。お礼にお食事にお誘いしたいのですが・・・それに、ぜひあなたと、2人きりでゆっくり話がしたい」と言う。
典江は、頬を押えて「まぁ」と言う。

バー“魔の巣”で喪黒と会う典江。
喪黒は、男2人の調査報告書を見せて「どちらも仕事先での評判、将来性、健康状態において非の打ち所がありません」と言う。

典江は「よく調べましたね~」と感心する。
「2人とも、あなたを裏切ったり倒れて死ぬようなことはありませんなぁ」と言う喪黒。
典江は「ありがとうございました」と言う。
「いえいえ、あなたの心の隙間が埋まればそれで満足です。ただし、約束して下さい。どちらの男性を選ぶかはあなたの自由ですが、デートの時は、そのスカーフを必ず身に着けて下さい。決して外すことのないように!」と言う喪黒。
典江は「ええ、私の幸運のお守りですものね」と、スカーフを触る。

モテキ到来

江利と乾杯をする典江。
「取引の成功、おめでとうございます」と言う典江。

江利は「ありがとう。ところで、一つ頼みがあるんだ。君との付き合いを結婚前提に考えたいんだ」と言う。
典江は頬を赤くして「まぁ!」と驚く。
「返事は、今度会う時に聞かせてくれ。いい返事を待ってるぜ」と言う江利。

ダンスホールで、槍手と踊る典江。

槍手は「典江さん、一つお願いがあるのですが。僕のために会社を辞めてくれませんか?僕の妻になってほしいのです」と言う。
「まぁ!」と驚く典江。
槍手は「答えは、今度会うまでの宿題にしておきます」と言う。

家でシャワーをしながら「いっぺんに2人からプロポーズされるなんて」と嬉しいけど悩む典江。
傍らには、幸運のスカーフが・・・。

翌日会社で、「玉腰くん、応接室にコーヒーを頼む。取引先の御曹司だから粗相のないようにな」と言う部長。
応接室へコーヒーを持っていき「間もなく部長が参りますから、少々お待ち下さい」と言う典江。
御曹司は「君が、いてくれたらいくらでも待つよ」と言う。
典江は「は?」と驚く。

御曹司は「君、会社が終わったらどこか遊びに行かないか?」と言う。
典江は「そ、そんな急に言われても」と困惑する。
「イヤだ、と言ったら部長に頼んで、僕と付き合うようにしてもらうぞぉ。オッケーだよね」と屈託のない笑顔で言う。

会社が終わって、結局、御曹司とデートをする典江。
ゲームセンターで遊んで、船上レストランで食事、ドライブをして車の中で話をする。

私じゃないんです

御曹司は「そうそう、君にぜひ渡したいものがあるんだ」と大きなダイヤが散りばめられたネックレスを出す。
典江は「まぁ!こんな高価のもの。わ、私・・・。」と言うが、頭の中で江利と槍手が消える。

「安物のダイヤだから遠慮しなくていいよ。さぁ」と首にかけてくれる御曹司。
その時、幸運のスカーフは外れている。
御曹司は「ステキだよ」と言って典江にキスをする。
車の近くを、喪黒の帽子が飛んでいく。

マンションの前まで送ってもらい彼を見送ったあと、喪黒に呼び止められる。
「玉腰さん」
「あ、喪黒さん」
喪黒は「あなた、私の忠告を聞かずあのスカーフを外してデートしてましたねぇ」と言う。

「あ、これは、彼がどうしてもと言うので仕方なかったんです」と言う典江。
喪黒は「残念ですが、私の忠告を無視した以上、もうどうなっても知りません。ドーーーーン」と指をさす。

エレベーターの前で、気がついた典江は「喪黒さん、私・・・。」と言うが喪黒の姿はどこにもなかった。

しかし、次の瞬間、ダイヤのネックレスが突然、典江の首を締め付ける。
ネックレスが上へ上へと典江を吊り上げていく。
カバンが落ちて幸運のスカーフの矢印の模様が、無情にも上へ上がれと言っているように見える。

典江は天井近くまで吊り上げられ「ああ、う、う~」と苦しむ。

外にいる喪黒のそばを、役目を終えたかのように幸運のスカーフが舞う。
「あ~あ、ダイヤの魔力には勝てませんでしたねぇ。いいえ、私だってまさかこんなことになるなんて、思ってもいませんでしたよ。え?嘘?オーッホッホッホ」と笑う。

感想

まさか、こんなことになるなんて・・・思ってたはずですよ、喪黒さん。
幸運のスカーフを外したのは、ネックレスをつけてあげた御曹司だと思うんですが、そこはちゃんとスカーフの上からつけてもらえば良かったですね。
今さら言っても遅いんですが。
どうも、典江さんは惚れっぽい性格のようです。
誰でも彼でも、自分に好意を持ってくれる男性を好きになって、即オッケーしてしまう傾向にありますね。
だから、男運が悪いんじゃなくてちゃんと見極めないから、そんな男とばかり付き合ってきたように思います。
しかし、今回幸運のスカーフをを着けてからは、江利さんと、槍手さんという甲乙つけがたい男性2人に言い寄られ、なかなか決められずにいた典江さん。
二股交際していたってことですよね。
優柔不断な典江さん。
そこへ、御曹司が登場して、しかもデートに誘われたら、典江さんの性格上ついて行きますわねぇ。
でも、この御曹司はチャラ男です。
結婚する気なんて全くなさそうですし、万が一結婚できたとしても、女癖が悪そうで一生泣かされるでしょう。
御曹司なんて無視して、江利さんか槍手さんにしておけばよかったのに・・・。
その後、典江さんは一体どうなったのでしょう・・・?
ぎりぎりのところで、床に落とされ助かった、と思いたいですね。
次回は、共働きで妻の方が忙しく、家事の分担を要求された男のお話です。
喪黒は、掃除、洗濯、料理、何をやってもダメな男に“主夫”のカルチャースクールを紹介します。

 

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. アバター
    • カイサ
    • 2019年 2月 02日

    ろくろ首とキリン……客紹介でオチの伏線が張られてますね

PAGE TOP