「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第106話のあらすじ・ネタバレ・感想~"うま"さん、うんと厳しめにね~ | VODの殿堂

アニメ

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第106話のあらすじ・ネタバレ・感想~“うま”さん、うんと厳しめにね~

   
 

タイトル:「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第106話
放送局:TBS系列
キャスト:大平透、堀川亮など
視聴したVOD:dTV(2018年7月31日まで視聴可)

既婚でタレントの水野は、浮気癖がなおらずスキャンダルに悩まされています。
喪黒に相談すると、示談屋を紹介してくれ、スキャンダルをもみ消してくれます。
喪黒は、浮気を繰り返す水野に奥さんを大事にするよう忠告するのですが、どうなるのでしょうか?

「笑ゥせぇるすまん【デジタルリマスター版】」第106話のあらすじです。

『笑ゥせぇるすまん』配信先一覧
動画配信サービス 配信状況 見放題 配信先
U-NEXT 視聴ページ
hulu 視聴ページ
dTV 視聴ページ
Amazonプライム・ビデオ 視聴ページ
※配信状況は2020年3月26日(木)時点のものです。
スポンサーリンク

あらすじ第106話 示談屋

懲りない水野

タレントの水野翔平(みずのしょうへい・35歳)は、同じ事務所の清純派タレントと不倫をしている。

彼女のマンションから一緒に出て来る所を、週刊誌のカメラマンに撮られてしまい、急いで追いかける水野。
怪しい男の服を掴んで「君、フィルムを渡せ!」と言う。

喪黒は「はぁ?何ですかぁ?」とゆっくり振り返る。
水野は、「とぼけるな!」と怒鳴る。
「カメラを持った人なら、そこでタクシーに乗って行きましたよ。おや?あなた、人気タレントの水野翔平さんじゃありませんか!」と言う喪黒。
水野は、名前を言われて慌てる。
喪黒は「さっきの女性は、新しい恋人ですか?」と聞く。
水野は「あ、いや、それは・・・とにかく、ここじゃなんですから」と言う。

バー“魔の巣”へ来た2人。
水野は「彼女は同じ事務所のアイドルタレントなんです。清純さが売り物ですから、僕とのことがバレたら・・・。」と心配する。
「オーッホッホ、あなたは奥さんがいるのに、名うてのスキャンダルメーカーですからねぇ」と言う喪黒。

水野は「僕とのスキャンダル報道で、自殺した女性タレントもいるんです。ですからどうか、このことはご内密に」と頼む。
喪黒は「ご心配なく、私があなたのスキャンダルを解決してあげましょ。申し遅れましたが、私こういう者です。あなたのように、心の隙間にお悩みの方をお助けするのが私の仕事なのです」と名刺を渡す。

示談屋の“うま”

水野は「まさか、弱みを握って揺すろうっていうんじゃ?」と疑う。
喪黒は「とんでもない。ボランティアですから、お金は一銭も頂きません。腕のいい示談屋を紹介するだけです」と話す。

後日、水野の家に示談屋が訪れる。

水野の妻が、お茶を運んでくる。
「喪黒さんに言われて参りました。“うま”と申します。早速ですがお話を聞かせて下さい」と言う“うま”は、かなりのお爺さんでずっと首を振っている。
水野は「はい、お恥ずかしい話なんですが、不倫の現場を写真に撮られまして・・・。」と話す。

「内容はわかりました。では後日」と言ってタクシーで帰って行く“うま”。

水野と妻は「よろしくお願いします」と頭を下げて見送る。
「何だか頼りないお爺さんね」と言う妻。
水野は「妙子、すまんな」と言う。
「仕方ないわ、あなたが駆け出しの役者だった頃に結婚して、有名になってからずっとこの調子だもの。浮気には慣れっこよ。本心からそう思ってるなら、もう浮気なんかしないでちょうだい」と言って家に入る妻。

車に乗っている水野に、喪黒から電話がかかる。
「オーッホッホ、先ほど“うま”さんから連絡がありました。例の写真が表沙汰になることはありませんよ、ご安心下さい」と言う。
水野は「ほんとですか。ありがとうございます。お礼はどのように?」と聞く。
「結構です。ボランティアだと言ったでしょ。あなたの心の隙間が埋まれば私は満足ですので」と言って電話を切る。
水野も電話を切る、その助手席には彼のファンだと言う女が乗っていた。
「今夜は思いきり楽しむか」と、女に言う水野。

女は「まぁ、嬉しい」と水野に甘える。
歩道橋から、水野の車が走り去るのを見ている喪黒。

暫くして水野は、バー“魔の巣”にやってくる。
「喪黒さん、また助けて下さい。まさか、ファンだと言って近づいてきたあの彼女が、業界の大物プロモーターの女房だったなんて」と泣きつく。
喪黒は「懲りないですねぇ、今度は人妻ですか。人妻との情事は最高のスリルですからねぇ」と、呆れて嫌味を言う喪黒。
水野は怒って「からかわないで下さいよ。週刊誌に嗅ぎつけられたみたいなんです。お願いです。また“うま”さんに頼んで下さい。お願いします」と両手をこすり合わせる。
「やれやれ、わかりました。ただし、約束をして下さい。奥さんを大事にして下さい。あんなに素晴らしい奥さんを、ないがしろにするのは許しませんよ」と言う喪黒。
水野は「わかってます。浮気ばかりして苦労をかけていますが、心底女房を愛しています」と言う。

なぜカクテルに?

喪黒から電話で「人妻との一件、カタが付きましたよ」と言われる。
「ありがとうございます。なんとお礼を言っていいのか」と言う水野。
喪黒は「オーッホッホ、それより約束を忘れないように、奥さんを大切にして下さいね」と言って電話を切る。

一人、バーで飲む水野は「はぁ~、これで人生最大の修羅場を乗り切った・・・それにしても、あの爺さんのどこにそんな力があるんだ?」と考える。
ふと、カウンターの端に目をやると、とびきりの美人が一人で飲んでいる。

「あ!」と思った瞬間、女性の隣にいる水野。
「What’s your name?」とカッコつける。
「けい子よ」と言う女性。
水野は「いい名前だ」と言う。
「知りたいのは名前だけ?」と言うけい子。
水野は「君の全てさ」と、結婚指輪を外してカクテルの中に入れる。

けい子の部屋で、水野はひざまずき「君は僕の命だ。君なしでは生きていけない」と言う。

けい子は笑って「今までのお相手にも、同じことを言ってきたんでしょ?」と言ってタバコをふかす。
「いや、神に誓って君は特別なんだ」と言う水野。
けい子は「そう、じゃきちんとしてくれなきゃ嫌よ」と言う。

水野は、妻に離婚届を突きつける。
妻は、サインをして印鑑を押し「これでいいのね?」と言う。
「すまない、約束通り、この家と財産はお前に」と言う水野。

妻は「わかったわ、もうあなたには愛想が尽きました」と言う。

“うま”が敵になる

水野は、けい子のマンションへ行く。
エレベーターのドアが開くと、喪黒がいた。
「あなたに、奥さんを大事にするように言ったのに、約束を破りましたねぇ」と言う喪黒。
水野は「妻にとっては、別れることが一番良かったんです」と弁解する。
喪黒は「そうですか、仕方がなかったんですね?しかし残念ながら、あなたのタレント生命はこれで終わりです。ドーーーーン」と指をさす。

けい子の部屋へ行き「けい子、君にプレゼントがあるんだ。受け取ってくれるね?」と指輪を出す。
「婚約指輪なら受け取れないわ」と言うけい子。
水野の足元に、1枚の写真が落ちて来る。

「あ!この写真は・・・よし子」と言う水野。
けい子は「そう、あなたのために自殺した・・・私の姉なの」と言う。
「ええ?まさか」と驚く水野。
けい子は「私は、姉の復讐のためにあなたに近づいただけなの」と、タバコをふかす。
その時、「水野さん」と“うま”が現れる。

「“うま”さん、どうしてここに?」と聞く水野。
けい子は「この方に全て任せてあるから」と言う。
“うま”が大量の写真を出す。
「これは!」と驚く水野。
“うま”が「これまでのあなたの未発表のスキャンダル写真です。水野さん、諦めなさい。私がゆっくり示談致しましょ」と言う。

水野は、驚きと絶望で声も出ない。

外から見ていた喪黒は「身から出た錆とはいえ、また有能なタレントさんが一人消えることでしょう。残念ですねぇ。モテる悩みってほんとにあるんですねぇ?あ~、モテたいモテたい、モテてみたぁ~い。オーッホッホッホ」と笑う。

感想

こいつは、とんでもない男ですね~。
このオチは軽すぎるんじゃないんでしょうか?
大したことしてなくても、もっとひどい目に遭ってるお客様もいたと思うんですけど。
こんなに言いごたえのない、見え透いたウソを平気でつくような男は許せません。
こんな男と不倫する女も女ですよ。
過去に自殺までしたタレントがいるのに、本当に性懲りもなくまだ浮気が直らないとは。
しかも悪びれもしていないし、反省もしていません。
奥さんを「愛してる」なんてよく言えたもんです。
こんな、どうしようもない亭主のために、頭を下げて・・・。
奥さんは、別れて正解ですよ。
やっぱり人気タレントだけあって、豪邸だし、財産も結構あるでしょう。
それをもらって、新たな人生をスタートさせたらいいと思います。
それにしても、“うま”さんって何者なんでしょうね?
喪黒さんの古い知り合いみたいですが、示談屋としてかなりのやり手みたいです。
けい子さんは、自殺したお姉さんの復讐する機会を、虎視眈々と狙っていたわけですね。
やっと復讐を遂げることができて、良かったと思います。
今後は、自分の幸せを第一に考えて、生きていってほしいと思います。
次回は、高校時代に仲が良かった4人で、たびたび同窓会を開いている男のお話です。
マンネリ化してきたと嘆く男に喪黒は、当時のマドンナを連れて来ます・・・。

スポンサーリンク
 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. アバター
    • カイサ
    • 2018年 11月 29日

    珍しく喪黒側の悪意がない話ですね。たまには弟みたいな行動をとりますよね。

  2. きなこっち
    • きなこっち
    • 2018年 11月 30日

    コメントありがとうございます。
    そうですね。

PAGE TOP